出会った本、映画の感想。日々のこと。

by august22

「ワタシハゼンタイナニヲタズネテ」

秋のお彼岸中唯一の公休を観劇日にあててしまったので、ちょっと早めにお参り。
d0109373_1815243.jpgd0109373_1817961.jpg





















d0109373_18524365.jpg蝉しぐれの木立もありますが、どこからか木犀の香りがしてきました。
確か去年この辺りにあったはず、と近づいてみたら・・・
銀木犀がぽつぽつと咲いていました。


















d0109373_18194153.jpgお寺さんの水場でバケツにお水を張っていっる時、背後の山門からお子さんの声で「すみませーん。ボールとらせてくださーい」。
振り向くと体操着姿の小学生の男子児童クン。
塀をこえて入り込んだボールを取りに来たんですが、「すみませーん。とれなーい」。
どれどれ?と声のする方へ行ってみたのですが、ボールが落ちた辺りは、草取りした雑草をかなり広い範囲で積んで置いてある場所。危ないからオバサンが見てあげるよとは言ったものの、積み上げた雑草が小山のようになり丈の長い草も生えちゃっているのでボールを探すのは無理。数歩踏み込むとバッタがピョンピョン。
ボール見えないねー。
ほどなく、おかあさんがやって来て諦めようということになりました。
ボクちゃん、おかあさんに促されたものの、きちんと両手を腿に当てて「ありがとうございました」とお辞儀。イエイエお役に立てなくてごめんね。

さて、供花はりんどう・トルコギキョウ・スターチスにベルテッセン。









d0109373_18592533.jpgそしていつか薄明は黄昏に入りかわられ、苔の花も赤ぐろく見え西の山稜の上のそらばかりかすかに黄いろに濁りました。
(宮沢賢治「インドラの網」より)


タイトルも『インドラの網』
「私は全体何をたずねてこんな気圏の上の方、きんきん痛む空気の中をあるいているのか。」

by august22moon | 2009-09-17 19:58 | 季節 | Comments(0)