「霜雲りの空の下」

銀鼠色の空からは今にも雪が舞い落ちてきそう。寒い一日になりました。
霜が降りた土が盛り上がっていました。
桜の枝には固く小さな蕾。
d0109373_21303148.jpg





















d0109373_21313712.jpg





















夕方、行きたいお店はまだ夜営業前で入れず。
湯気がたって暖かそうな店内が見えて『丸亀製麺』さんに飛び込んでしまいました。
初めてなのでシステムが分からずドキドキ(笑)
前のお客さんの注文によーく耳を傾けて・・・

揚げたてが目の前に出て思わず取った桜えびのかきあげと海老天と半熟卵天。
d0109373_21355875.jpg





















妹は風邪のせいか胃の調子もあまりよくないので少なめ、のつもり。
南瓜天と半熟卵天と、お稲荷さん。
ところがお天麩羅は半分しか食べられなかったようで、私が頂くことに。
私もちょっと胃の調子が万全ではなかったんですが。
d0109373_21425394.jpg





















暖まるね~これで小松菜あたりあればねーなんて頂いていると、衝撃の場面に遭遇。
ネギを、これ以上無理ってほど限界ぎりぎり山盛りに乗せている方がいらしたんです。
私も妹もネギが苦手で、ねぎ玉牛丼を見ただけでもビックリなので余計に衝撃的でしたの(笑)



タイトル : 芥川龍之介「寒さ」
by august22moon | 2011-01-15 22:55 | 季節 | Comments(0)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22
プロフィールを見る