出会った本、映画の感想。日々のこと。

by august22

鈴木雅之監督作 『プリンセス トヨトミ』

d0109373_22544480.jpg見て来たんですが・・・。
旭と鳥居を性別を変えたのが失敗ではないかと思いました。
天然キャラが巧く嵌る綾瀬さんが演じるのはとても面白いんです。
性別が違うことで省略しなくてはならない部分は映画の尺合わせには好都合でしょう。
でもやはり、女性だからということに意味があるって部分を残したほうが良かったんじゃないでしょうか。

組事務所に乗り込むのもなぜ替えちゃったのかしら。
そうすれば鳥居が匿う理由が成立して、肝心の「大阪国」が立ち上がる切っ掛けも、単なる勘違いにならなかったのに。
第一、なぜOJOのリストを紛れ込ませたのかの理由が・・・理由がぁ・・・。
それにあの富士山の位置。あれちゃんと沼津を過ぎた辺りなのでしょうか。若干違和感。


脚色は残念でしたが、
茶子役の沢木ルカさんは、只者ではない雰囲気を持った女の子には適役な顔立ち。
オーラがあるという言葉は好きではないけれど、そんな感じ。
茶子が組事務所に乗り込むのに、金属バットをリュックから抜き取って刀抜いてるみたいに見せてるのは、かの時代を連想させる意味を持たせていていいですね。

大輔役の森永悠希くんも原作ほどふっくらしていなかったけれどとっても良かった。かわいいし。
学校から帰った大輔が2階へ上がって行く時、階段を上がるどんどんという音があったんですが、それがなんかとっても良かったんです。親の言う事聞かないで子供が階段駆け上がって行くって、家庭の日常を感じさせて。

d0109373_23235625.jpg




堤さんは役を引き寄せる力があるので、松平という男を膨らませて魅力的な人物になっていました。
最初と最後、あれは堤さんだったんですね。
現在と過去をリンクさせて面白いアイデアですね。
カメオ出演の玉木さんは1シーンでよかったのに、2度は出過ぎでしょう。

d0109373_23342726.jpg









d0109373_23531559.jpgやっぱり、お好み焼き食べたくなっちゃいます~。
(大阪のひとって「お好み」って言うんですね。)
綾瀬さん美味しそうに食べるんですもの。
でもどこも開いてないのでコンビニのタコ焼き。

by august22moon | 2011-06-05 00:36 | 映画 | Comments(0)