紫陽花

雨がぽしゃぽしゃ降ってゐます。
d0109373_21184318.jpg







心象の明滅をきれぎれに降る透明な雨です。
d0109373_21192992.jpg






ぬれるのはすぎなやすいば、ひのきの髪は延び過ぎました。
d0109373_21205198.jpg







私の胸腔は暗くて熱く、もう醗酵をはじめたんぢゃないかと思ひます。
d0109373_21201669.jpg







雨にぬれた緑のどてのこっちを
d0109373_21261714.jpg







ゴム引きの青泥いろのマントが、ゆっくりゆっくり行くといふのは
d0109373_21223917.jpg







実にこれはつらいことなのです。
d0109373_21421830.jpg







宮沢賢治 「春と修羅 補遺 『手簡』 」
by august22moon | 2011-06-13 23:59 | 季節 | Comments(0)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22
プロフィールを見る