「決然として月天子」

今宵は仲秋の名月。久し振りの満月です。
19時前には低い所にもう大きな月が出ていたんですが、22時近くには雲が掛って、時折顔を見せる程度になってしまいました。
d0109373_15104863.jpg

























d0109373_1471876.jpgあ、出てきました。



























d0109373_0352965.jpg東の雲間に木星もチカリ。


























朝方に蝉の声も聞こえなくなり、昼間はまだ夏日が続いていますが、夜には虫の声が聞かれ夜風も涼やかになってきました。
d0109373_1525249.jpg
























d0109373_1545723.jpg今宵は評判の和菓子屋さんのお団子でも頂こうかしら♪ と思ったら、評判のお団子は毎回午前中で完売しちゃってるらしいよーとのこと。
しょぼくれてスーパーでもちもちのどら焼きを買って帰るのでした~。

街灯の届かない月影の落ちる窓辺で、虫の声に包まれて

もぐもぐ。











タイトル : 宮沢賢治『月天賛歌』
「決然として月天子 山をいでたち給ひつゝ その横雲の黒雲の さだめの席に入りませりけり」

by august22moon | 2011-09-12 22:34 | 季節 | Comments(0)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22
プロフィールを見る