桜色の雑記帳

august22.exblog.jp

出会った本、映画の感想。日々のこと。

「町を遠く離れ、晩夏の原野を喘ぎながら・・・」

d0109373_0594187.jpg天気予報では曇りで

15時頃から雨となっていましたのに


















ほぼ快晴でたいへんな暑さになった日曜、月曜の盆入りを前にお墓参りに行きました。
先ずはご先祖さまのところへ。
ここはまったく日陰がないので、ここだけでバテてしまいました。
d0109373_12076.jpg





途中、コンビニでアイス買って、車内でとりあえず汗を引かせて、次は親のお寺さんへ。
d0109373_16432.jpg





こちらは水場に桜や橘の木蔭があって涼しい風を感じられます。
d0109373_1103614.jpg





d0109373_1135243.jpgでも墓地のほうは炎天下なので、墓石もあっちあち

















d0109373_1395832.jpg





d0109373_141782.jpg






d0109373_1295441.jpg汗だくバテバテで帰宅。
夜になってから精霊棚用のお花を取りに行ったのですが、八重咲きのトルコぎきょうの枝ぶりが良かったのもあって、ちょっと余ってしまいました。
来年からはアレンジメント2台にしようかしら。
葉っぱのゴミも出ませんし。
折れているものも何本かあったのですが、その心配もありませんし。












d0109373_1514132.jpg







それから、私がぼたもち作って、妹はつみだんご作って
d0109373_1313230.jpgd0109373_13243.jpg




















去年はでれ~となってしまいましたが、今年はまずまず。
余分に出来たお団子に余った餡子をつけて食べました。

疲れちゃって、21時から見頃のペルセウス流星群も見る元気ございません。

d0109373_1331067.jpgd0109373_1333376.jpg





















d0109373_1344622.jpgタイトル : 福永武彦『廃市』
「汽車は、町を遠く離れ、晩夏の原野を喘ぎながら走ってゆくばかりだった」
 
by august22moon | 2012-08-13 00:05 | 季節 | Comments(0)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22