ほーむすいーとほーむ

毎週欠かさず見るTVドラマってないんですが、『ゴーイングマイホーム』は久し振りに欠かさず見ているドラマです。
『清盛』は10時からのBSの再放送がなくなって、時々見忘れてしまうんですが。


(神戸発のスイーツ屋さんなんですって。『ケーニヒス クローネ』さんのスイーツです)
d0109373_23441872.jpg






d0109373_23271564.jpg映画のフィルムのように加工した映像も、ゆったりしたスローペースで進むお話しも、

(フルーツの下は生クリームとオレンジゼリー)



















仕事を持つ妻やちゃっかり強かな部下や問題山積の多感な娘や父親の病気やその隠された面とか、

(マロンプリンと、モンブランです。
ちょっと凝ったお味になっていて、とっても美味しい♪)

d0109373_23291945.jpgd0109373_23295192.jpg



















現実的問題もなぞっていながら、そこに伝承というファンタジーを盛り込んで異質なドラマになっています。
基本、長回しで。カメラ切り変わっているけれど。
だから、噛んじゃったり笑っちゃったりしてもそのまま芝居を続けさせているとこなんて、実に面白い。

小柄なバカリズム氏と長身の阿部さんをバス停で並ばせたり
飄々とした芝居の新井浩文さんが思わず吹いちゃったり
西田敏行さんが全編セリフじゃないみたいに喋ったり
「野田ともうします」の江口のりこさんが野田っぽかったり
阿部サダヲさんがいつもどおりだったり
宮崎あおいさんの持った花束がワレモコウだったり
村の子供に双子がいたり

事件も、入院した父親に若い女性がお見舞いに表れた・・・というくらい。
その関係もなかなか判明しない。

それに、家族間や仲間との会話がしっかり長いのが、特徴。
人間、ときに要点以外に長々と喋っちゃうじゃないですか。
あれです。
ちゃんと、会話の始まりから終わりまでを追っているんです。

唐沢さんだったらもっと変わってただろうなぁ。あ、でも奥さん役代えなくちゃならないか、とか。
堤さんだったら?とか。
沙江みたいにあんなケロッとカラリとしてる女性っているのかしらね、とか。
面白がってるわりには、そんなことも考えながら。


(梅干しの壺みたいなのに入ってますぞ。
「美濃焼きの壺で焼き上げたチョコ味のアルテナ」・・・ですって。
アテルナ???
木のスプーンが付いてました)

「壺、思うんですよねー」 
d0109373_23394197.jpg




食べてみたところを追記。
栗がいっぱいでした。

d0109373_0375033.jpgd0109373_0375891.jpg
by august22moon | 2012-11-21 00:56 | おいしいもの | Comments(0)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22
プロフィールを見る