出会った本、映画の感想。日々のこと。

by august22

笑う心象

昨晩のこと。
非常に怖い夢をみて明け方に目が覚めちゃいました。
それがまた随分とリアルで笑っちゃうほどな内容でしたの。
度々悪夢を見るのは、ストレスが溜まっているのが原因とか聞きますが、最近は仕事も順調で、ショーモナイ上司のシューモナイ絡みも、最近は適度にスルーできるようになって、重荷にならなくなってきましたし。

ブログの匿名性を崩さない程度に、ざっくり記してみますと・・・上司から、本社にある課のTEL番号を尋ねられたのです。
でもこれがなぜか思い出せない。慌ててTEL番号一覧を取りだすとこれがまったく別の書類が入っている。
上司は番号を記憶してないのかと怒りだす。自分だって、なのにね。
首から下げている社員証の裏に、入社当時まだ憶えられなかったTEL番号を書いてあったのに、それもなくなっている。
上司の怒りは頂点に達していて大暴れ。普段は穏やかな方だけに余計にパニック。
別の課はなぜかドアに鍵がかかって開かない。
私は、向こうからTELするしかないと本社まで走るんですが、なぜかスリッパ履きなので走り難い。
スリッパを捨てて走って着いた本社はなぜか、お寺。
薄暗いお寺に飛び込むのですが、皆さん仕事ではなく様々に訳の分からないコトしてる。
で、こちらの言うことを聞いてくれない。無視。
別の課に頼もうと、裏口へ回るもそこはさらに暗い。なぜか私、「そうだ、裏手にはクマがいて危険なんだっけ」。・・・これは寝る前に見たニュースの記憶が残っていたせいですね。
でも急がないといけないと、なにやら黒い物体がいる気配の中を突っ切る。
シカでした」なんて「水曜どうでしょう」を今思い出しました。
で、建物の角にぶつかったりして突き進む。
飛び込んだ課のフロアは・・・本堂みたいで、まるっきりいつもの社内じゃなくなっている。
しかも。三和土部分に水が張られて、そこに見えたのはまるきりホラー映画なので割愛。
振り切って入ったフロアには大勢の人が居るのに、私の声を聞いてくれるひとは誰もいない・・・

そんな夢でございました。
短縮ダイヤルに入っていない、たまにしか掛けないTEL番号はまったく記憶していないという密かな不安が、夢となってしまったのかしら。

ってなわけでございまして、ラーメンです。

d0109373_21543680.jpgマイブームの味噌はありませんが、『めんりすと』さんです。

















白湯塩ラーメンの「し・お・ら・あ」
d0109373_21552423.jpg





こってり系ですが、しつこくない白湯醤油ラーメンの「く・ろ・ど・り」
d0109373_2156697.jpg




親子連れのお客さんの1歳くらいの女の子が振り向いてニッコリ通り越して爆笑の笑顔を向けてくださったのが嬉しいような複雑な気分でございました。

茹で餃子はポン酢がジュレですよ。つるんと美味しい。
d0109373_2211534.jpg





研修中のプレートを付けたコが、緊張のせいかカミカミで微笑ましかったです。
スープまで完食です。とっても美味しく頂きました。
ごちそうさまでした。

by august22moon | 2014-04-30 22:41 | おいしいもの | Comments(0)