出会った本、映画の感想。日々のこと。

by august22

羽住英一郎監督作 『暗殺教室』

d0109373_23535243.png前日から急にクシャミ頻発ですが断じて花粉症ではありません。

殺せんせーの声聞きたさと、検索で偶然に某タレント氏に似た俳優は誰?という一言を発見し、これは鋼太郎さんのことに違いない!監督の前作『ワイルド7』にもドラマ『MOZU』にも出ていましたし。
しかしながら、春休みに入ったこの時期にアイドルさん初主演ですから、さぞファンの女の子たちで溢れているんだろうなと思われ。
案の定、昼の回は満席だったと友人からの情報を得まして、夜の回で行きましたがそれでもかなりの入り。さすがじゃにーずさんです。

主演の山田涼介さんの演技は初めて拝見。まつ毛が濃くて女の子みたいなんですねぇ。
人気なのも頷けるきれいさですね。
原作はまったく知らないのですが、殺せんせーって多弁なんですね。
ほぼ喋りっ放しで内気なキャラの主役・渚君より圧倒的に多いセリフ量。
先生だから授業もするわけで、分裂して生徒ひとりづつに個人指導する場面もそれぞれに喋っていたようで。
エンドクレジットの出し方も捻り過ぎで逆に目立ってしまい、物議を醸さないですかね。だいじょぶですかね。にのさん好きとしては構いませんが。
独特な口調が、萬斎師が演じたポアロみたいに聞こえました。
文字では見当がつき難い嘲笑や、「エル」のごとく句点をずらした喋りもあってコメディ要素のみ。
いろいろと事情がありそうなのを散りばめてはいますが、まだ表面的な特徴を紹介してるだけなので、『鉄コン筋クリート』のシロの時のように表現力の幅を楽しむまでには至りません。
「よくぞここまで」の時の声の落差は・・・ ん~よかったのかな?

さて、鋼太郎さんですが、菅田将暉さん演じる業(カルマ!)君の前の担任・大野先生役。
2シーンのみの出演でしたが、それだけでも満足でした。
業君の学校不信を根付かせる重要な役柄。
そこだけ少年ジャンプっぽさが消えて、緊張感を生んだのはさすがです。
ちょっとアドリブっぽいセリフもあって楽しかったです。甘党なのね。
エンドクレジットでお馴染み(らしい)、オフショット。鋼太郎さんもちょこっと登場。
・・・しかしこの露出量。ファンには嬉しいですがちょっと多すぎて、連ドラや2時間ドラマのゲスト出演まで追いかけ切れませんわ。

『るろうに剣心』等の佐藤直紀氏の音楽がダイナミックで疾走感があって、かっこよかったです。
登場人物すべての声に遠近感が無いのと、夏の場面なのに女生徒たちが制服の上着を着たままなのが気になりました。
ラストに To be continued で続編もあるんですね。
変容前の姿って素顔が出るのかしら。そしたらオバサンまた見に行かないと。


朝晩はまだ肌寒いですが、昼間は暖かかったです。
金星はだいぶ離れてしまったけれど、微かに光るのはアルデバラン?
星がきれいな夜でした。

d0109373_20048.jpg






映画
by august22moon | 2015-03-26 22:52 | 映画 | Comments(0)