桜色の雑記帳

august22.exblog.jp

出会った本、映画の感想。日々のこと。

♪ And she keeps calling me back again

誕生日の翌日夜に、にわか雨がありまして。
窓を閉めようと慌てて向ったら、棚の角に足の小指を強かに打ちましてね。
空間把握しているはずの部屋で棚や柱に小指ぶつけるって、まれにあるじゃないですか?
(あ・・・ありません?)
怒りの向けどころのない痛みを堪えて窓を閉めてから、ふと見ると、切れて血が出てるじゃないですか。
床にも血の跡。余計に痛くなってきたぁー
どうやら、棚の下段の扉の蝶番にぶつけたもよう。そんなとこにぶつけるの初めてですよ、もうもう。
友人からは「廊下で転んだり階段踏み外したりにも注意しなきゃいかん年齢よ」と警告されました。
部屋では一年中裸足でいるもので、それもまずかったですね。


d0109373_238313.jpgさて。これは少し前のこと。
友人お薦めのお蕎麦屋さんへ行きました。
閑静な住宅街の路地を入ったところにありました。
『石碾蕎麦 おもだか』さんです。















涼しげな佇まいです。
d0109373_2331551.jpg





玄関で靴を脱いで引き戸を開けて入ったフロアは板の間。
木の風合いを活かした椅子とテーブルが緩やかで優しいフォルムで。
高い天井に微かにスイングジャズが流れていました。
茶色の和紙のブラインドが強い陽射しを鎮めています。
カフェみたいですね。とても居心地の良い店内です。
厨房との境は本棚。池波正太郎のグルメ本から「龍馬がゆく」「夜明け前」などが置かれていました。
おや、湊かなえの「贖罪」なんてのもありますぞ。
玄関には新聞や雑誌も置かれていましたっけ。
(許可を得て撮らせていただきました。ありがとうございますなんて仰って下さって、恐縮です)
d0109373_2311469.jpg





昼時をだいぶ過ぎてしまいましたがまだ大丈夫でした。よかった~
最初に出してくださったそば茶の香りがいいですこと。
粗挽きと微粉の「二種もり」をいただきました。こちらは粗挽き。
写真では見え難いですが、淡い若草色。
d0109373_2324752.jpg





(若いひとの中には麺類が啜れないと聞きますが、私は普通に啜れると思っておりますんです。
ところが、粗挽き蕎麦が啜り難いわけではないのに、なぜか舌を咬んじゃって・・・いってー
妹が先日、白玉を喉に詰まらせ掛けたのを嘲笑してたんですが、ひとのこと笑えませんわ。
はぁ・・・やんなちゃう)
d0109373_23412538.jpg





食べ終える頃あいを見計らって、微粉のもりそばを出してくださいました。
お蕎麦について詳しくはないのですが、汁は辛味も少なくダシが強く立つほどでもない・・・気がしました。
どちらもお蕎麦が長め。
量も充分ありますのでけっこう満腹になりますね。
(盛り方に乱れがあるのは、ひとくち頂いた後だからです。念のため)
d0109373_23482284.jpg





平日限定のセットは、お蕎麦に野菜の小天丼が付きます。
つゆが濃いめなので美味しいー
d0109373_2349785.jpg





d0109373_2359664.jpgたいへん美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。




















d0109373_14922100.jpgさて、御殿場の『虎屋菓寮』さんへ。知人への贈りものを購入ついでに・・・

















御殿場店限定の「レモンティーあんみつ」
帝国ホテル内の『虎屋菓寮』さんでも限定でいただけるようですが、こちらは水羊羹かな?が富士山型です。

添えられた濃い目のお煎茶がとても美味しかったです。
d0109373_0145687.jpg





紅茶のゼリーと水羊羹、真ん中は白餡。お豆も柔らかく炊けてます。
レモンシロップをかけていただく、楽しい一品。
先に出された麦茶に入れてもとお薦めくださったので試してみました。
酸味が強くないので美味しく頂けました。
d0109373_0293164.jpg






こちらは「宇治金時」のかき氷。お抹茶が濃くて美味しい!
底に小豆餡がた~っぷり。
餡子の美味しさはさすがに絶品です。
ごちそうさまでした。
d0109373_034586.jpg





東山にある『とらや工房』は見事な庭園が楽しめるのですが、こちらは街中とはいえ木々で囲った裏庭があり、その先にある藍沢神社の杜を借景に、落ち着ける「眺めのいい」空間です。
いろんなことを考えてモヤモヤな日を甘くあま~く過ごして、お腹いっぱい。
d0109373_0413352.jpg






d0109373_0533832.jpgささ、御殿場まで来たのですからもちろん『ロバギター』さんです。

店内にある雑誌「ku:nel」の06年のバックナンバーを読みました。
スローライフ提唱な雑誌なのに近付くサッカーW杯ドイツ大会にちなんで、ドイツの元・サッカー選手を取材したページがありました。
東西に分断された時代。その才能に亡命を恐れた政府から監視され、海外のクラブの目に届かないように国際大会出場も禁止され、地方の小クラブに飛ばされた悲運の選手の現在を追った記事。
こんなふうに政治に翻弄されたアスリートは多かったのでしょうね。なんと理不尽な。
65歳の今もシニアクラブでボールを追い、優しそうな奥さんと暮らし、地元クラブチームの試合の日は仲間たちとパブでビール片手にTV観戦する、サッカー漬けの日々。
苦難の日々も蹴飛ばして、幸せそうな笑顔に慰められました。
いい記事でした。・・・「ku:nel」、記事の幅が広いんですねぇ。





d0109373_054421.jpgcharaの可愛い歌声を聴きながらホットスパイスミルクティーとバターリーミルクティー。

帰り際にビートルズのインスト曲が聴こえたのですが、なんだっけ?
もちろん知ってる曲だったんですが、忘れちゃった。「I've just seen a face 」だったかしら?
たまに聴くビートルズもいいですね。

♪ Falling, yes I am falling. And she keeps calling me back again.


タイトル :ビートルズ 『夢の人』
by august22moon | 2015-08-24 22:59 | おいしいもの | Comments(0)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22