「石畳はどこですか?」

ようやく週末と1日が重なったので、「お月参り」。
小雨が降ったり止んだりの天気でしたが、それでも熱海は相変わらずの賑わい。
妹がお気に入りの伊豆山神社へお参りして
d0109373_16392340.jpg





来宮神社も天候関係なく参拝客の方多し
d0109373_16445599.jpg





それから、かなり遅いランチを芦ノ湖のほとりにある『絹引きの里』さんで、いつものカツ丼と絹引うどんのセットをいただこうと、元箱根へ。
こちらは天ぷらのセットもあり店内もすっきりと和の雰囲気のせいか、外国人のお客さんが多いのです。
私と妹ひとってはラッキーフードなので、毎回このセットです。

さて、入店前。お店近くの坂を上ったところにある駐車場へ車を停めると、坂を下って来た家族連れに声を掛けられました。
「イシダタミ ハ ドコデスカ?」
一見日本人と見紛うお顔立ちで、10歳前後の息子さん娘さんを連れた4人家族のおとうさまに道を尋ねられました。
しかし困った、我々も観光客同然でこの辺りは不案内。
1枚紙の観光ガイドを広げると、そこには古い石畳の写真。まるで熊野古道のような。
残念ながらお役に立てそうもないので、100mほど下がった大鳥居の側のバスターミナルにはガイドさんらしき人たちが居たのを見かけていましたので、そこまで行って尋ねたほうがいいでしょうと一緒に坂を下りました。
歩きながら、どちらからお越しですかと伺うと「オーストラリアからです」と。
ガイドさんに事情を説明し、石畳なる場所を案内して頂くことにして、はばないすで~と、その場を去りました。
この後小山町の浅間さんまで行く予定でいて、あまり時間に余裕も無かったもので。

『絹引きの里』さんではお席に周辺のガイドマップが置かれていましたので、石畳ってどこなんだろうと探すと・・・
マップの隅っこに細い路地。「旧街道(石畳)」。これだー!なんと、あの御家族と出会った坂を上った先ではありませんか。
細い小道なので見つけられなくて戻って来られたんでしょうね。
知らなかったから仕方ないのですが、来た道を戻る破目に陥ったわけですね。
なんだか申し訳なかったねぇ。しかも小雨の中で。辿り着いたかなぁと思い巡らせながら、カツ丼わしわし頂くのでありました。
満腹のおかげで悔いも少し癒えまして、駐車場への坂を上る途中でふと右手の斜面に目をやると・・・
「旧街道(石畳)へ 400m」
小さい立て札が!木々の枝の間に立て札が!
わぁぁ・・・ここに案内板あるじゃないのぉ~

どうして私たちって、よく知らないところでばかり道を尋ねられるのかねぇ・・・

さて、なんとか社務所が開いてる時間に間に合って小山町の東口本宮浅間神社に到着。
紅葉した桜の葉が落ちて、こちらはすっかり秋です。 

d0109373_17333456.jpg





d0109373_17363724.jpg

by august22moon | 2016-10-02 23:00 | 季節 | Comments(0)