「みんな聞いてー」

たとえば、ですね
映画の話なんかしていて、俳優さんの名前が出て来ないことってあるじゃないですか
特にそうゆうことが多いお年頃ではありますが。

(春霞みに浮かんだような富士山を眺めながら熱海へ)
d0109373_20372140.jpg





俳優さんの名前が出て来ない時は、代表作の役名で誤魔化したりします。
マキシマスとか(なぜかラッセル・クロウの名前が出て来ない日々がありました)。

印象深い役がある俳優さんは、ワザと、ジャク・バウワーとか、ハーマイオニーとか言ってるわけです。
そのほうが楽しいからかな。
窪田正孝さんを「朝市」と呼び続けいる友人もいます。

でもさすがに、ヒラマサさんとか家森くんとか浦ちゃんとは呼ばない。です

(伊豆山神社は台湾桜がもうすぐ満開)
d0109373_20501347.jpg





印象的なセリフを呼称として使う時もあります。
「ちょっと聞いてー」がその代表格です。
平岡祐太さんが映画『スウィングガールズ』で、何度か言うセリフなんですけどね。
ほぼデビュー作のようでまだ初々しい芝居なんですが、そこが素朴な田舎の青年らしい。
自由闊達な女子たちに静粛願うのはたいへんそうですが、生徒会長なのか皆から信頼されているので、穏やかな呼びかけでも皆ちゃんと言うことをきくという役どころが似合っていました。
で、いまだに画面に出てくると、「お、『ちょっと聞いてー』だ」とね、言っております。

(伊豆山の後に参拝した来宮神社の拝殿前で、4人の若者が横一列に立ちはだかっておりました。お先にと脇を通った時に、4人お内のひとりがスマホで参拝の仕方を検索しておりました。「にれいにはくしゅいちれい・・・」。微笑ましい。御神木をお参りして社務所へ入ると、4人は既に喫茶コーナーでひと休みの最中。微笑ましいったらございません)
d0109373_21435432.jpg




「ぷよん」と呼んでいるスターはんもおりますが
それはまた次回。

by august22moon | 2017-03-08 23:00 | 季節 | Comments(0)