桜色の雑記帳

august22.exblog.jp

出会った本、映画の感想。日々のこと。

ドゥニ・ヴィルヌーブ監督作 『メッセージ』

d0109373_20215831.jpg『ブレードランナー』最新作も控えて、ここ数年注目監督の作品を初体験です。
アカデミー賞作品賞・監督賞にノミネートされただけあって、心に染み入る「メッセージ」を持った作品でした。

地球外生命体の乗りものの形状が話題ですが、どんなにフォルムが変わっても、やはりどうしてもあのモノリスは連想させてしまいます。宙に浮いてると尚更に。

ストーリーを文字に起こすと、ありがちな宇宙人との遭遇譚なんですが、煽ることもせず静々と進んでいくし、また主演のエイミー・アダムスの丁寧な演技が、現実味を増幅させました。

最初のうちは、エイミー・アダムス演じるルイーズは、過去の思い出に囚われているのかと思っていました。
過去の悲劇が、彼女の翳りとなっているのだと。
でもそのフラッシュバックが未来の姿だったとは、驚きというより絶望的。
そんな結末なら教えてくれなくてもいいのに。
乙姫さまがなぜ玉手箱を贈ったのかと同じくらい疑問。

異星人たちの語る「3000年後」に何が起こるのか。
3000年も先のことをなぜ知らせに来たのか。
いや待て、それは、地球時間なの?
まるで神の時計じゃないの

なぜルイーズに未来を見せたのか
他の11ヶ所には同じフラッシュバックが起こったひとがいたのかな
ルイーズだけが選ばれたのか

彼女が翻訳し理解し自覚した「武器」は「言葉」。
その言葉で、国も動かせた。

行く先に、栄光も幸福も絶望も、どこにあるのか分かってしまっている。
でも、未来が分かっていれば、その一瞬を大切に生きられる。
「ノンゼロサムゲーム」
選択し、未来に身を委ねた、エイミー・アダムスの表情が素晴らしかった。

静かな語り口で、さまざまに考えさせてくれる。
いい時間でした。



映画
by august22moon | 2017-05-27 23:00 | 映画 | Comments(0)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22