Thy will be done

本日は、昨晩のお通夜に続き、ご近所の葬儀に隣組としてお手伝いに。
昨今は葬祭会社が殆ど仕切ってくれているので
隣組の私たちは、精進落としの席にお料理をセッティングしたりお茶を出したりお片づけをしたりぐらいなんですが。

ウチの近所は古くから住んでいる方が多いので、付き合いも長く、その分お話も弾むようで・・・。場所が場所だけに、そんなに盛り上がっていいの?というぐらいにお話に花が咲いてらっしゃいまして。勝手にヒヤヒヤ。

帰りには、余ったお菓子類を皆で分けてくださいとの施主さんからのご厚意で
袋一杯にお菓子を頂戴してきました。

お亡くなりになったのは90代のおばあさま。
数回しかお会いしたことはありませんでしたが、溌溂とされていたと記憶しています。

会場の近くにはウチのご先祖さんのお墓もあるので、ちょいとお参り。
風もなく穏やかに晴れた日でした。
Commented by ametomidori at 2007-12-19 12:30
お手伝い御苦労様でした。
私も少し前に○○セレモニーホールのようなところのお通夜に出席しましたがほんとうにセレモニーなのだと実感。
そこで出席の方達のおしゃべりの声に閉口しました。
お別れの席なのだからもうちょっとなんとか、、。

亡くなられたおばあさまのご冥福をお祈りしたいと思います。
Commented by august22moon at 2007-12-19 20:50
ametomidoriさんも同じ経験をされたのですね。
こうゆう方々って多いのかもしれませんね。
ご遺族や故人に失礼ではないかと思うんですが。
困ったものですねぇ

「セレモニー」。私も本当にそう感じました。
なんだか儀式全てがドライで。
厳粛さは守って欲しいと残念な気持ちになりました。

コメント、本当にありがとうございました。




by august22moon | 2007-12-19 00:00 | 出来事 | Comments(2)