出会った本、映画の感想。日々のこと。

by august22

海岸通りのぶどう色

d0109373_23413657.jpg久し振りに巨峰を頂きました。



爪の間が葡萄色。 








まだまだ昼間は暑いですねぇ。
通勤電車から見える小学校のプール。朝の光を受けてきらきら光る水。
何度、忍び込んで 飛び込みたーい!と思うことか・・・ (^_^;))))))


タイトルは懐かしき資生堂のキャンペーンコピー。調べてみたら、74年ですって!! 
当時は機能や成分効果よりもイメージ戦略真っ盛りでコピーがどれも印象的でした。
まだメイクをしない頃はお化粧にあこがれました。
インウイの『美しく立っていることができますか』は思わず立ち止まらせる力のあるものでした。CMナレーションでの「その口紅の色はとてもきれいと、ポトスの葉が声をかけた」なんて、まさに詩で、うっとりしちゃいました。
『微笑の法則』のサブコピー?は確か「月も星もあなたの微笑みを中心に回っているのです」とか言ったと思うんですが、随分大胆だなぁと感じたのを思い出します。
映像も映画のワンシーンのようでした。
『時間よとまれ まぶしい肌に』は珍しく複数のモデル起用で、昨今の海外ドラマみたいで。
『ゆれる、まなざし』の真行寺君枝さんなどは圧巻でした。

by august22moon | 2008-08-20 01:23 | おいしいもの | Comments(0)