カテゴリ:季節( 589 )

春散歩

三月に三日の晴れなしで不安定なお天気が繰り返されていましたが、春コートにすればよかったと悔やむほどいいお天気で、日陰を探してしまうほどでした。
『Jun kobo bakery』さんへ。開店5分前に到着して相変わらず既に店内満員!
d0109373_19121289.jpg






さて、所用ついでにちょっとお散歩と、路地裏へ回りました。
平日なのに広小路から本町の大通りは人出も多かったのですが、路地にも結構ひとが歩いていて賑やか。
d0109373_23562014.jpg






地図を手に町中のポイントをウォーキングされているグループがいましたが、大きなボストンバッグを持って歩く旅行者の方々もいました。
若い人たちも漫ろ歩いておいでです。春ですねぇ
通りかかった学生服専門店が超満員!春です。
d0109373_08559.jpg







「搗屋のみち」という案内碑を発見。
今でいう精米所のことで、御殿川の流れを利用した水車で挽いていたんですね。
周辺にはいまでもお米屋さんがありました。
石畳の路地に入ると早速、細い水路がありました。直ぐ近くの白滝公園の湧水から御殿川に繋がる細い水路が住宅の間を縫うように走っています。底まで透き通ってきれいです。

そういえば、本町の大通りを一歩入ると、こんなところにもあるのかと驚くような住宅と住宅の隙間に細い水路が現れましたっけ。
まさに太宰の「老ハイデルベルヒ」の一文どおり「町中を水量たっぷりの澄んだ小川が、それこそ蜘蛛の巣のように・・・駆けめぐり」です。
d0109373_16235917.jpg






三島は「せせらぎの街」を謳っていますが、さらさらではなくジャブジャブと結構な音量。
せせらぎの音は安眠やヒーリング効果もあるそうですが・・・。
溺れる夢見ないかしら
d0109373_16244069.jpg







途中の交差点を左折して御殿川にかかる芝浦橋を渡ると、「水辺の文学碑」が並ぶ桜川沿いの歩道に出ます。
d0109373_2338037.jpg







さて。ブラ❍モリ後、三嶋大社へ寄ってみましたら、なんと観光バスで団体さんがお着きになったところ。
他にも参拝の方々で拝殿はこの行列。平日なのに。
拝殿前でUターンされた女性。「私はまだ喪中だから」
「もう鳥居くぐって来ちゃったじゃない」
(・ ・) ぉ?

後ろに立った女性たちが、参拝の仕方を迷って「お参りの仕方が書いてないね」「前のひとに倣ってやればいいのよ」「一回、二回礼してる」「一回じゃないの?」「ここは大社だからじゃない?神社は一礼でしょ?」
参拝に集中できない~(笑)

池のほとりで、鳩の餌を撒いている方々がいて、鳩たちが大集合。
なんと総門の上にとまった鳩までも、一斉に頭上をかすめて飛んでくるので周辺は大騒ぎ。
通路が鳩で塞がれているので、東側の鳥居へ回るのでありました。
ちなみに、「搗屋の道」をそのまま辿ると・・・圓明寺の裏手を回って赤橋に出るわけですな。ふむふむ
d0109373_18401060.jpg







d0109373_21534229.jpg






その後、『喫茶リマ』さんで、スイングジャズを聴きながらモカをいただいてひとやすみ。
顔が日に焼けたんじゃないかというほどの陽射しでした。
d0109373_23393957.jpg






さらに気温が上がって20℃と上着も要らないほどいいお天気になった春のお彼岸入り日。
先日は遠くに雲があったんですが、遠くまですっきり青空。暑いっ
富士山はこんな感じ。電線越しですけど
d0109373_21542211.jpg








先に親戚のお墓参り。青空に聳え立つトルコギキョウ。
親のには祥月命日に活けた分に少し足して
わっさ~となっちゃいました。
(のど飴はお布施のお返しに頂いたもの)
d0109373_2156629.jpg

by august22moon | 2016-03-17 22:44 | 季節 | Comments(0)

明日の底が白くなった

地元は晴れていましたが、北の方面は雲に覆われていたので、これは雪見日和と、おでかけ。

御殿場市に入ると風景が一変。畑や車の屋根に雪が積もっていました。
小山町に入るとさらに辺り一面の雪景色。
あちこちのお宅で玄関先を雪かきされています。事業所の広い駐車場では小型ユンボで雪かき。
コンビニでも従業員さんが雪かき。たいへんだー
バスを降りた瞬間ちょっと滑って乙女な声を出してしまいガテンな声より一層恥ずかしいのでありました。
歩道を注意深くソロソロと歩きます。
d0109373_0221570.jpg





境内では氏子さんが雪かきの最中。
あれ?この時もちょっと雪降ってたのかな?
d0109373_18105752.jpg






拝殿前の手水舎の柄杓に氷。左の柄杓には滴じゃありませんよ氷柱状態。
駐車場の先の富士山も雪雲に覆われていました。
近くの演習場からドッカーンと砲弾の音が何度も聞こえました。まさに爆音。
雪はさらさらのパウダースノー。
d0109373_040421.jpg





拝殿前へ戻った頃に雪がさらに凄いことに。
♪ こなーゆきー、ねえ

県内でこれだけの降雪に出会えるのはまずここだけですし、他の参拝の方もおらずひとり占め状態でついつい嬉しくなっちゃいます。
♪ こころまでしろーく、そめられたならー
d0109373_1223050.jpg






雪かきを終えられた氏子さんが、「拝殿の裏も雪かいたから見られますよ。きれいですよー」と、声かけて下さいました。
d0109373_0534115.jpg





粉雪を纏って清閑
d0109373_0545333.jpg




雪のお似合いになるお社です。
d0109373_172792.jpg





傘も用意して来たのですが、もったいなくて差せずにいたら、身体ばかりかトートバッグにも雪がびっしり。

なんだか立ち去り難く
d0109373_175162.jpg





d0109373_121259.jpg





d0109373_181676.jpg




30分も走ると嘘のように陽が射して、歩道にも家々の庭や木々にも残雪は少ししか見られなくなりました。
御殿場市駅近辺も雪はまったく残っていません。恐るべし小山町。

さてさて。友人から教えられたお店でランチです。
地元新聞社主催の人気投票で丼もの1位になった、カツ丼が人気のお店があるそうな。
ネットで確認したら、かなりの人気店のもようで行ってみることにしました。
老舗定食屋『にく友』さんです。
おばさんひとりで大丈夫かしらーと緊張気味に暖廉をくぐると・・・
とても柔和な、ほっとする笑顔のおかみさんが応対してくださいました。
案内されたテーブルはストーブの横。爪先が冷え切っていたので直ぐ側のストーブがありがたかったです。
私の入店に前後して10人ほどのお客さんのほとんどが、カツ丼をオーダー。
「本日のランチ。ホイコーロー定食」も非常に惹かれたんですが、今日のところはカツ丼です。‘ファーストオーダー’カツ丼です。

蓋を開けると湯気がほわわ~。端のコロモがサクッとしてました。すそのポークというお肉を使っているとか。堅くない!タレは甘過ぎず。卵の白身が生ではないのが個人的には好みなのでよかったです。
胃がまだ本調子じゃないのに、ごはん少なめとお願いし忘れて、かなり厳しいことになってしまいましたが、たいへん美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

ごはん少なめをお願いし忘れたのは、あるものが目に入っちゃったからなのです。
右下の、スツールに掛けられたタオル。
d0109373_1547223.jpg






d0109373_212392.jpgJapo・・・
じゃ、ジャポニズムー!?なんですとー!
わーお子さんが行かれたのかなーどこのドームでしょうかーいいないいなー

お会計の際に伺おうにも、益々お忙しくなって伺えないのでありました。















さ、パンパカのお腹を抱えて『ロバギター』さんでお食後のお茶だーと歩きだしたのですが、この状態ではミルクティーが入るかと心配になってきましてね。
消化しようと少し回り途したりして。確か薬屋さんがあったはずと振り向く視線のその先に赤く「薬」の文字。
店頭でさっそく服用。少し歩いて、落ち着いた感じになったので、いざ入店です。
いつものホットスパイスミルクティーがいつものように美味しくいただけました。
りんごと木苺が夢に出そうですがスイーツは諦めました。うう・・・

リネンのハンカチを購入。やさしい肌触り。
d0109373_362512.jpg






店内にはオーナーさんが土曜日にライブを企画されている「The END」さんのライブCDが流れていました。愉快な中にもメッセージ性のある歌詞は、オーナーさんも仰るとおり70~80年代のフォークを思わせます。
「のびのびシーンズ工場」という歌が「パン屋再襲撃」みたいで面白かったです。
ライブ地に因んだ歌詞にアレンジしたりするそうで、ステージと客席のその日にしか生まれない化学反応を大事にされるところは、小林秀雄の「・・・気心の知れぬ見物と協力して・・・生きている世界を作り出す」を思い出させました。
MCも楽しく、ファッションも独特だそうな。
あまり商業的に活動しないのを信条とされているミュージシャンで、そこがまたファンの飢餓感を煽ってライブが大人気なのだそうです。当のオーナーさんもライブを聴きに長野へ遠征されたほど。
今回企画されたライブでも、東京から遠征されてくるお客さんもいるそうです。凄い!

愉しいお話しに、(空調の微風を受けてですが)
小瓶に差された粉雪色のアリストロメリアもうふふと微笑んで揺れたのでした。

♪ feelin' groovy ~
d0109373_37047.jpg

by august22moon | 2016-02-26 21:00 | 季節 | Comments(0)

節分祭

午後遅くに『ロバギター』さんへ。
ホットスパイスミルクティーと「本日のスイーツ」からキャラメルリンゴマフィンをいただきました。
すごーく美味しかったぁー!薄紙のカップに着いたキャラメルまでしっかりすくって頂くのでありました。
おかわりにラズベリーカフェラテ。あー、しあわせー
ごちそうさまでした。
d0109373_23103774.jpg





(2個あったなぁ・・・)
d0109373_0281019.jpg






d0109373_2357151.jpgこの日、嬉しい出会いがありました。
長くリンクさせて頂いているブログ「チャコの楽しい毎日」のチャコさんに偶然お会いできたのです。
ロバさんがご紹介くださって、お話しもさせていただきました。
最近はFacebookへ移行されているそうですが、ブログのままの溌剌と明るく楽しいお人柄の方で、お会いできてとっても嬉しかったです。

















さて、夕方5時から小山町の冨士浅間神社さんで開催の節分祭へ。2度目の参戦。
開始までまだ時間がありましたので、先に参拝をしましたが、社殿や末社に向けて「福は~うち」と唱えながら豆を撒いていらっしゃる方々が。
ほほ~そうゆう風習があるんですねぇ。豆が当たらないように参拝するのでありました。
今年の豆まきは、社殿ではなく楼門前で行われました。
参道脇は雪が固まって少し凍っていて足元注意。
氏子青年会の方のご挨拶の後、年男の方々がこの拡声器で一言づつご挨拶されたのですが、なぜか度々サイレンモードに入ってしまい、ウ~~。そのたびに笑いが起こって愉しく始まりました。
今回はお餅沢山とれましたぞ。豆は3個。足元に結構来たんですけどね、周囲のママさんたち早い早い。
しかも予めしゃがんでる。確かにどうせ拾うわけですからね。
今年も2個かと思ったら、ポケットに1個入ってたのを後で発見。拾ってすぐ入れてたんですね。
飴も2個(1個は空中で掴んだ!自分的には快挙)拾いましたが、始まった途端に驚いて泣き出しちゃった目の前のお嬢ちゃんにお裾分け。
安心して下さい、私の顔を見ても泣かれませんでしたよ。うむ、大儀。と頷いて受け取ってくださいましたよ。ほ。
10分ほどで終了。
d0109373_0515875.jpg








帰りに社務所でお札を頂いた際に、社務所内でお汁粉を振る舞っているのでどうぞと薦めて頂きました。温かくて甘くて冷えた身体に沁み渡るありがたさ。冬のお汁粉最強です。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

豆まきが始まった頃から雪がちらつき始めたのですが、この頃には粉雪がかなり舞い始めました。さすが「静岡県のチベット」「極東の地」。
バス停で待っていると、迷彩服の自衛隊員の方が何人か通る。すぐ近くに冨士駐屯地がありますからね。
しかし、仄暗い歩道を帽子を目深に被って、目元まで黒っぽいネックウォーマーみたいなもので覆っていると、か、顔がない!?ひと?生きてる?と、浅間神社のお隣は護国神社ですしね。ちょっとドキドキしちゃうのでありました。
暗がりで顔は出してほしいわぁ。夜戦やないんやから
バスはなぜか20分遅れでようやく到着。つま先が冷え冷えカチンコチン

今年の恵方巻きは、『ロバギター』さん近くの宅配鮨専門店『三崎や』さんの太巻きにしました。
昨年の古本市開催の時に古書店さんが取り寄せてらした太巻きが美味しそうで。
元々、恵方巻きというメニューは無いところを恵方巻き風に七種の具で仕上げてくださいました。
従来メニューのカットされている太巻きはもっと太い(とてもかぶりつけない)からか、3種類の細巻きも添えてくださいました。しかもお吸い物付き!
大満足の美味しさでした。ごちそうさまでした。
今度は普通のお寿司を買ってみましょ。

おみくじは大吉だったし、なんとなく幸せな一日。

d0109373_0522710.jpg

by august22moon | 2016-02-05 23:11 | 季節 | Comments(0)

通りゃんせ

さてさてSALEですSALEです。街はたいへんな人出。大賑わい。
お気に入りのセレクトショップやメーカーをくまなくチェック。しかし一番気になるのが、人の持ったバッグだったりするんですよね。SALE商品見ながらこの方のバッグ素敵だわぁってこと多し、です。
歩き疲れて、今年初の『つきさむ』さんでひとやすみです。
稲穂だけのシンプルなしめ飾りがオーナーさんらしい。

ガトーショコラと、少し温められたマフィンをいただきました。
こちらのマフィンはフォークなしで食べるってとこがまたいいですね。がぶり
とっても美味しくいただきました。ごちそうさまでした。
d0109373_18145863.jpg






山好きのオーナーさんも富士山の雪が少ないことに言及されていましたが、12月が暖かかったせいか11月に積った雪もほとんど溶けています。
特に静岡市側から見た山肌には雪が少ないですね。
d0109373_18202362.jpg






d0109373_18173218.jpg






4日は初詣ツアーです。まずは妹の崇拝神社である伊豆山神社に初詣。
妹としては三が日に行ってみたかったようですが、SALEやらお年始やら駅伝やらございますのでね、仕方がありません。
午前中に急な来客で出発が遅くなったうえに、地元が予想以上に渋滞で時間がかかってしまいました。

警備員さんに指示され、隣接する小学校グラウンドの臨時駐車場へ。
車がぎりぎりすれ違える市道は、急こう配なうえに急カーブ。
そろそろと進入するなり、なんと正面から路線バスが!
後続車もあるので運転手さんに戻ってとハンドサインされ、慌ててバックするのでありました。熱海恐るべし。

小学校は鎮守の杜の隣りにあります。たびたび子供たちの歓声が聞こえていましたっけ。
グラウンドは二方面がコンクリで補正した高い崖。見上げるその斜面にはマンション。野球厳禁ですね。
一部円柱の柱に支えられたスリリングなマンションでした。
急坂を戻ると、いつもの鳥居からの180段の石段が6段増えるし(笑)
(約237段の法多山よりはまだ楽です)
社務所に飾られたお伊勢さんの注連縄も新しくなっていました。
高台なので風がありますが、まるで春風。コート無しでも大丈夫なほどぽかぽか陽気でした。
d0109373_1850657.jpg






来宮神社も、臨時駐車場は裏手の小学校グラウンド。
こちらも斜面に建っているので背後の高台に建つ住宅に見降ろされています。
こちらも野球厳禁。
駅からも近いせいか参拝客で賑やかでした。本殿かなり斜めりました。
大楠の側、社務所の屋上に臨時のお札所ができていました。
地元ニュースで必ず年末の風物詩として紹介される「まゆ玉」。TVで見る以上に色鮮やかです。
d0109373_18331694.jpg







ささ、時間がありません。芦ノ湖へ向かいます。
梅園はちらほら咲き始めています。特に入り口前は結構咲いちゃってますよ。

芦ノ湖ではまだ駅伝の名残が見られました。
d0109373_18584852.jpg






駅伝好きの妹は、「この給水ポイントで寮長が、かみの君にお水渡してたんだ」と感慨深げ。

それまではスムースでしたが、さすがに神社が近付いてくると渋滞し始めました。
しかし参道脇の小さな駐車スペースに差しかかった時、目前で1台出たのですぐさま入庫。らっきー

2,3日は駅伝開催で交通規制があるので、元旦若しくは4日にずらして参拝される方が多いんですね。
鳥居前のお札所で先にご朱印をお願いし、本殿へ上がってびっくり、もう夕方なのにまだ大行列でした。
d0109373_1902317.jpg





d0109373_1945248.jpg






一旦、お札所に降りて御朱印帳を受け取り、改めて90段の石段を上って本殿への行列に並びました。
行列は増えておらず、10分ほどで参拝できました。
時間も遅く臨時お札所が閉まっていたので、本殿前のお札所は大混雑。広くない本殿前は大賑わい。
夕方ですら混んでいるんですから昼間はいかばかりか。三が日はさらに凄い混み具合だったことでしょうね。人気のほどが改めて分かりました。

帰る頃には日も暮れて、灯篭やライトの灯りで幻想的な雰囲気になりました。
d0109373_1975452.jpg







d0109373_19132297.jpgもちろん、フランクと大判焼きは忘れずに。

冬の夜の大判焼きは最強です鉄板です。餡子が燃えてあちちです。

by august22moon | 2016-01-06 23:27 | 季節 | Comments(0)

迎春

本年も宜しくお願いします。
d0109373_18254633.jpg





ぽかぽか
雲ひとつない、いいお天気の元旦です。
d0109373_18264168.jpg






古札やお飾りを、今年は町内の稲荷神社に納めさせていただくことにしました。
ぽつぽつと参拝客さんがいらして、長閑です。
混雑する大きな神社よりも、こんなふうに静かな神社のほうがお正月らしい感じでいいですね。
本殿前の階段には師走大祓に撒かれた紙吹雪の跡がありました。
お子さんを連れた若いおかあさんが、「ちゃんと幼稚園へ通えますよ~うにってお願いしようね~」とナムナム。お母さんを真似して、ちょこんと膝を折ってお辞儀するようすが可愛らしい。
その後おみくじの文を読んで聞かせてらっしゃる声が聞こえてきました。
d0109373_18302426.jpg






中学校では元旦からなにやらイベントがあったらしく、多くの人が集まっていました。
ドサクサに紛れて懐かしい校舎を覗いてみました。

テニスコートは変らず。その隣りはバレーボールコートでしたが、サッカー練習場に変っていました。
体育館も耐震工事が施されて外壁が変りましたが、入口扉や外階段などは昔のまま。
水飲み場は多分全然変わってないと思われ。
昇降口隣りの印刷室は大きくなっていて、窓越しにコピー機が見えました。
そりゃそうですよね。当時はガリ版刷りくらいしかなかったですもの。
d0109373_18421042.jpg




d0109373_19205351.jpg






大晦日は、Jさんたちのカウコンを(シュージとアキラ復活に大喜びで)見てから真夜中の三嶋大社へ初詣。
20年以上前からこんな大晦日の夜更かしが恒例になりました。
厳しい寒さでしたが風もなく、参道の人だかりに入ると寒さも感じません。
相変わらずご機嫌な若者たちで賑わっていましたが、例年より参拝客は少なめで、規制もなくすんなり本殿で参拝できました。
d0109373_18584420.jpg






本殿東側にの御守りやお札を売る販売コーナーを見ていたところ、照明が突然消えてしまいました。
巫女さんたち少しも慌てず騒がず。慣れてるのか?(笑)
舞殿四方に設置された照明の灯りが辛うじて届く仄暗さで良く見えないので、お客さんたちが各自、スマホのライトで照らしながらお買いもの。
10分ほどしてようやく点きました。

それからフランクフルト頂いて、シュガーピーナッツ買って、帰路に。
『ベン・ハー』後半をウトウト見ながら就寝。  
d0109373_19181711.jpg






大晦日に花屋さんへ行ったら、もう見事になんにもなくて、結局いつもと同じになっちゃった。
実のところ、母方の祖父母や叔父叔母の墓参では、いつも早目に誰かが来ているので、お花も少なめに用意して行ったところ、まだ誰も来てなくて花立て空っぽ。
予定より多めに活けたので、自宅の分が少なくなっちゃったのが真相。
どのみち出掛けてばかりなので、いつものことながらお正月設えが雑(苦笑)
恥ずかしながら神棚の三尺を初めて取り換えて、お札も町内会で初めて取り寄せたので、それで充分な気がしちゃったのかもしれません。
ただ氏神様のお札はなぜか稲荷神社と八幡神社の両社届いたのがよくわからないんですよね。
住んでいる地区の氏神様は八幡様なんですが。

元日の昼はそれぞれにお年始に出掛け、夜になってなんとなく食べようかねな、おせち。
紀文のミニマムなセットを盛るだけ。
暮れに畑から取れたての葉まできれいなダイコンを頂いたので、年末にお味噌汁、煮物、葉をパスタの具にし、お雑煮に入れて、ニンジンとサラダにして完食。
妹が作ってくれるお雑煮はいいかげんに撮ったので、ぶちゃくなってしまったスマン。
母もそうでしたが、それ以上に年々、具が薄~くなっていきます。なぜだろう。
今年も紅白の丸餅。丸く見えませんが丸餅です。
d0109373_23241236.jpg








d0109373_032184.jpg左は、三島駒。
真ん中は冨士浅間神社の干支土鈴。可愛いから十二支揃えて置いておこうかと思います。
右は妹が買った三島大社の干支木彫。桐の箱に入っていて、開けたらとってもいい香りでした。

元日に気付いたのですが、コンデジの液晶モニターの右下隅っこに、小さな緑や黄色の模様が出ていたんです。最初はお正月だから門松みたいなアイコンが出た?なんて言ってたんですが、どうやら液晶漏れ。
がっくり。










さて2日。
箱根駅伝の好きな妹は、「うー感動するー神野くんよかったあ~」と往路ゴールまで見てしまい、予定大幅に変って午後も遅い時間になって親のお寺さんに新年のご挨拶へ。

それだけで帰るつもりが、やっぱり三が日の間に行こうと冨士浅間神社へ初詣。
私はもう少し先にと思っていたのですが、大晦日には曇っていて富士山も見られなかったし。
Uターンラッシュなのか渋滞にも合って着いたのは16時を回ってしまいましたが、参拝の方も結構いらっしゃいました。
楼門前には師走大祓に撒かれた紙吹雪が落ちていました。
一度伺ってみたいなぁと呟きはするけれどカウコンなんて見てたらダメよね
d0109373_113156.jpg






d0109373_1502452.jpg






d0109373_1163531.jpg





新しい御朱印帳と御守りをいただいて、古い御守りを納めました。
d0109373_1173412.jpg





もう暮れちゃうからと、富士山は先に撮りました。
d0109373_15390.jpg






10分ほど居ただけですが、その間に富士山越えの飛行機が何機も通りました。
d0109373_1195565.jpg





まるで帰省ラッシュですね。
d0109373_1213980.jpg





「18時半からにしこりくんがTV出るから間に合うように帰らねば~」
d0109373_1223074.jpg




でも、ゆにくろのSALEはちょっと寄りたーい

d0109373_1224747.jpg
  
by august22moon | 2016-01-02 23:50 | 季節 | Comments(0)

大晦日

あっと言う間に大晦日。
d0109373_2220326.jpg





頂上しか雲に隠れていなかったのに
どんどん雲に隠れてしまいました。
d0109373_22211247.jpg





午前中に須走浅間神社へ
d0109373_22291937.jpg





d0109373_22371183.jpg来年の干支の土鈴を頂きに。





















免震構造なのかジャンプしたら揺れました。
d0109373_22281391.jpg




それから親のお墓参り。
千両の1本の枝ぶりに四苦八苦。
ナツミカンの木の下にある石鉢に白い椿の枝。なんて風情があるんでしょう。
たわわに実った柚子の実をふたつ、お願いして頂戴しました。
お寺のマチルダさん「冬至は終わったし、ダイダイでもないのに何に使うのやら」
てへへ。ダイダイ代わりにちょっと置くだけなの。
d0109373_22403194.jpg





本堂2階のテラスから、ようやく富士山も見え始めました。
d0109373_22553035.jpg





d0109373_22575858.jpgそれから、年越し蕎麦を頂きに蕎麦『宗』さんへ伺ったのですが既に完売。
それではと、祖父母のお墓参りを済ませて、夜営業が始まる時間に再度訪問。




















d0109373_2312068.jpgもりそばの大盛りを頂きました。

久し振りに頂いて美味しかったぁ

ごちそうさまでした。













今年も拙い文を温かく見守っていただきまして、ありがとうございました。
毎年のことですが、心浮き立つようなこと、絶望の淵に突き落とされるようなこと、さまざまな事がありました。
歳も重ねると、読み返した時にまたあの日の無念が蘇るのも面倒だと思うようになり、カラ元気を装った文章も記してみました。
結構そんなことでも上手く笑顔を作るための種にはなるようです。

そんなこんなで今年も終わります。
皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。
d0109373_2341310.jpg

by august22moon | 2015-12-31 21:00 | 季節 | Comments(0)

暮れる陽を歩く

風はあるけれど気持ちのいい晴れの日。
d0109373_1545279.jpg





『つきさむ』さんへ。
年内営業は30日までですが、年末に行けるのはこの日が最後。
ランチなしの12時半から開店なので油断しておりましたら、ほぼ満席。
1席空いていましたが、次々とお客さんが来ては諦めて帰られるほどに大盛況。
ホテトサラダサンドとチキンとチーズのホットアンドを頂きました。
d0109373_15463525.jpg





コーヒーのおかわりをお願いするのに、空カップを持って行ったら、カウンター壁越しに美味しそうなマフィン発見。
限定メニューの「かぼちゃのマフィン」でした。
オーナーさん「ちょっと失敗しちゃって・・・」とクランブル部分を指してご謙遜。
生地に練り込んであるのではなく、中にクリーム系チーズと層になって入っていました。
南瓜本来の甘味が活きて美味しい!
満足満足、ごちそうさまでした。
d0109373_15511535.jpg





さて、前日には出掛けるのが遅くなってしまい諦めた箱根神社へやっぱり行きたいというので、向うことにしました。
明るい時間にこの方角から見る富士山は貴重。
浅間大社から望めるのと同じ三峰形ですね。
d0109373_15575970.jpg





芦ノ湖のゴール地点に人だかり。スポーツウエア姿でしたから選手たちかもしれず迷いましたが、停まっていたらますます遅くなっちゃうと我慢。
夕方になってしまいましたが、参拝客で賑わう箱根神社に到着。
柄杓からじかにお水を飲んじゃう外国人のひとたちで手水舎はしばらく待たないといけない状態。

特に欧米系や中東系の方々が多くいらっしゃいました。
d0109373_1615021.jpg





何度でも~
d0109373_163183.jpg




帰路、夕陽が美しかったので
d0109373_1650138.jpg





今月14日にオープンした「MISHIMA SKYWALK」という富士山が展望できる歩行者専用吊り橋に立ち寄ってみました。
といっても夜ですので、吊り橋の見える展望台みのですけれど。
d0109373_1692526.jpg






昼間、車中から撮った吊り橋。
きょうはさぞいい眺めだったことでしょう。
d0109373_16271235.jpg






お土産屋さんのある「スカイガーデン」のテラスへ上がってみましたが、吊り橋だけで、ちょうど富士山は見えない位置。ここから見えていたら吊り橋作った意味ないですもんね。
稜線をオレンジ色の帯が続いて、街の灯りが瞬きはじめて、とても美しい景色が見られました。
d0109373_16264057.jpg





夕飯の買い物と一緒に神棚用の三尺や輪じめを購入して、細々とお正月準備。

ナッツ類やドライフィグまで入って、ずっしり重かった『JUN kobo bakery』さんのシュトーレンの残りを夜食に、全日本フィギュアの女子フリーを見ました。
村上選手の演技直後の表情に思わず、運営側が音楽流すのにミスでもあったのかと勘違いしちゃいました。
殿も現役時代に度々陥った混乱。それも含めての練習はしているのでしょうけれど。
直前でのプログラムの変更も災いしたか、転倒で抜けたジャンプのリカバーに迷ってしまったみたいですね。
1度くらいの重複は勘弁してくれないかなぁ・・・。
でもそれで真央ちゃんがなんとか出場権獲得という・・・なんとも複雑。

これは御殿場で開催のクリスマスマーケットで購入した日に撮ったものなので、この日でおしまい。
お店では平日にしか販売されないので諦めていたのですが、御殿場で開催のクリスカスマーケットでいただけてよかった~
大事に食べ過ぎてクリスマス過ぎてもまだ残してしまいましたが、たいへん美味しく頂きました。

d0109373_16405629.jpg
by august22moon | 2015-12-29 23:00 | 季節 | Comments(0)

星たちのパレード

いいお天気の日。
妹お気に入りの伊豆山神社へ今年最後のお参りです。
今年初めて購入した御朱印帳は浅間大社のものだったのですが、来年用のご朱印帳はこちらのにすることにしたようです。
続いて参拝した来宮神社は、参拝客さんで大賑わい。
(一段落したところで玉砂利の補充です)
駐車場の誘導に3輪スクーターで急坂を往復されているおじさま大忙し。
時々お見かけするこの「おじさま」、本殿内に正装でいらした方と同一人物だという友人の証言あり。
神主さまかもしれません。御苦労さまです。
d0109373_12454184.jpg







年末恒例の箱根駅伝往路ゴール地点の下見(笑)です。
もう芦ノ湖周辺には各大学の幟が立てられていました。
宿泊所となるホテルにも応援横断幕。
なんとこの日は某大学の駅伝部の学生さんが記念撮影中でした。
駅伝選手なのに流行りのポーズしちゃうところはやはり若さですねぇ。微笑ましい
がんばってくださーいと声を掛けさせていただいたら、一礼されて「ありがとうございます!」
ん~爽やかだー
d0109373_12322441.jpg




富士山方面だけ雲がかかって見えませんが、いいお天気。
この日は風も少しあって、寒い寒い。
d0109373_12375443.jpg





遅いランチを芦ノ湖前の「綿引きの里」さんで。
味噌こんにゃくと、お蕎麦かうどんが選べるカツ丼セット。
とっても美味しく頂きました。ごちそうさまでした。
ほかほかの温泉まんじゅうを大勢の方が買ってらっしゃるのに遭遇。
寒い湖畔を歩いていると、惹かれちゃいますよね。
お腹いっぱいなのに、わたしもわたしもー 
d0109373_12515416.jpg






さて、コースを下見しつつ妹は「ここがすごい登りなんだ」「ここで抜かれちゃったんだよねー」としみじみ。
冨士屋ホテルまでやってきました。
カフェラウンジは混んでいたので諦めて、お年始用のお土産などを購入。
大好物のペカンナッツ。こちらのが一番好きなんです。もっと大きいサイズがあればいいのになぁ
d0109373_1312522.jpg





陽も傾いて来ました。
帰路の杓子峠は寒風吹いて厳しい寒さ。
中ッ国言葉で話す数人の方が歓声を上げながら様々なポーズで延々撮り続けるので、あまりの寒さに車内に戻って順番待ち(笑)
d0109373_13135597.jpg





芦ノ湖ではほとんど見えなかったのですが、だいぶ雲がなくなりました。
d0109373_1318320.jpg





三国峠。
風が冷たーい
d0109373_13191689.jpg




夕陽に照らされたこの眺めも素晴らしい。
寒くてゆっくりしてはいられませんが、爽快な気分になれる展望です。

人も居なかったのですが、寒くて手早くポーズとってましたら・・・
先ほどの中ッ国の方々が追い付いて来たので、撤収(笑)
d0109373_13203629.jpg





d0109373_13253023.jpg




箱根スカイラインを下った途中の左手に小道があって、そこで三脚を立てて撮影をされている方たちを見たことがありました。
よほど眺めがいいのだろうと我々も停まってみました。
落ち葉が積って通るひともいないような小道ですが、道路からすぐの場所には雑草に覆われ朽ちた門扉があり、その先の平らになっている所が撮影する方たちが居たところ。
眼下に御殿場の街が見降ろせて、富士山も一望。
そこから直ぐ急な左カーブの下り坂になって錆びて歪んだガードレールが続いていました。

確かに眺めは最高です。これは天気のいい日は素晴らしい写真が撮れそうですね。
d0109373_13262445.jpg





d0109373_13495251.jpg





なんだか「JIN」先生が見下ろした町の光景か・・・否「北の国から」の大晦日みたい。あれは深夜だけど。
さよ~なら~1980ね~ん
『ロバ』さーーん、これから行きまーーす

さて。今年営業最終日の『ロバギター』さんに到着です。
箱根ほど寒くはないのですが、それでも赤々と燃えたストーブの火をありがたく感じます。
ホットスパイスミルクティーとバターリーミルクティーを頂きました。
この日のBGMは、若々しい声のトム・ウェイツ。
きょうは年内営業最後なのでこのアルバムを選んだと教えてくださったのは、「Closing Time」というデビューアルバム。
かっこいいー
明け方のフリーウエイが浮かぶ歌詞ですが、夜に置き換えて
♪ Stars beginning to shine, and I lead the parade
としても詩的描写が美しく心にしみる歌詞。

ごちそうさまでした。
年末のご挨拶をして。また来年も宜しくお願いいたします。
d0109373_13582346.jpg





d0109373_1502046.jpgすっかり暮れた街の向こう、稜線すれすれに暖かそうな大きい昨日の満月が昇っていました。
山に隠れたり、乗っかったり。

by august22moon | 2015-12-28 23:30 | 季節 | Comments(0)

霜あがりに雨が降るなり

偶然通りかかった恩賜公園楽寿園の正門前が見事な紅葉でした。
もう12月も中旬になるというのにようやく見頃。
d0109373_22144710.jpg





外国人の方も写真撮ってました。
d0109373_22193115.jpg





朝晩はさすがに冷え込んでいますが、この日は曇りでしたが気温が17度。
昼間はまだそれほど寒くない日々。
11日の金曜日は前夜からの強風が続いて時折土砂降りで、電車のダイヤも乱れました。風に雲が飛ばされて青空がのぞくようになると、気温が24度近くまで上昇。夜になってもコートも要らない陽気でした。
d0109373_22203578.jpg






d0109373_2221315.jpg






d0109373_22504016.jpg






今年の妹の誕生日に贈ったアレンジメント。
どうやら青がラッキーカラーらしいのよと言ってたので、水色か青のお花を中心に『ジヴェルニー』さんでお願いしましたら、美しいグラデーションに仕上げてくださいました。
d0109373_114573.jpg







こちらお友達からいただいたアレンジメント。
深紅のバラが部屋中に芳醇な香りを放っています。
もう少し経ったらアマリリスがポンポンポンッと開くでしょう
d0109373_036161.jpg





ケーキは『ペドノンヌ』さんのショコラシフォン。食べきりサイズにしてみました。

予約したケーキを受け取りに伺ったら、お店の壁に貼られた写真に目がとまりましたんですけどね。
こちらの大きなバースデーケーキを前に立つ男性ふたりの写真。
真っ先に気付いたのはサンドイッチマンの方。そのお隣りで笑顔でなにかご挨拶している風なのが、三島を舞台にした学園ドラマで主演されたJのお方だと後になって気付きました。撮影期間中にお誕生日が来て、こちらのケーキで祝ったんですね。
d0109373_0335577.jpg

by august22moon | 2015-12-12 22:13 | 季節 | Comments(0)

紅葉祭

これは先日の薄曇りの日。
いかにも秋って風景。
d0109373_2085652.jpg





さて、小雨降る週末。
小山町の冨士東口浅間神社で紅葉祭りが開催されましたので伺ってみました。
思えば初めてこちらへ参拝した時が偶然にも紅葉祭りの日だったのでした。
須走までの道の両脇は、秋色に染まった林が続きます。
流石に寒さ厳しい小山町だけに、紅葉も鮮やか。
警戒して来ましたが、それほど寒くもありませんでした。
d0109373_21284190.jpg





d0109373_2126128.jpg





小雨ですが賑わってました。
西側の林の中には竹灯篭が準備されていますが、今回はちょっと無理かな?残念ですねぇ
d0109373_2140055.jpg






d0109373_21344895.jpg






d0109373_20234121.jpg





つき立てのお餅が振る舞われていました。やわらかで美味しい♪
おにぎり2個入りでなんと100円。
くださいな~と近付くと、皆さんちょうどお湯のみに一升瓶からお酒を注いでらっしゃる最中(笑)
外に長時間いると寒いですものね、温まらなくちゃですものね。待ちます待ちます。
じゃぶじゃぶ呑んじゃってください。
d0109373_21225557.jpg






d0109373_20513745.jpg







天候のために野点と踊りは社務所内で催されていました。愉しそうな掛け声が外まで聞こえていましたので、ちょこっと拝見。
鳴子を持った青い法被姿は「防人踊り隊」さん。その名の通り、自衛隊員の方々だそうです。
よさこい踊りって盛り上がりますねぇ楽しかった~
最前列のお子さんは手拍子したりヘドバンまでしてりノリノリ
私に気付くと、よだちゃん垂らしつつ可愛くハイハイして近寄って来てくれました。
先日、正面から歩いて来る私に気付くなりおかあさんの手を放し「こっちからいく」とUターンされるという相変わらずのお子さまの敵状態でしたので。
う、嬉しい(涙)
しかし、おかあさまが気遣って「すみません」と寸でのところで取り押さえ(笑)
d0109373_21144071.jpg






まだまだ盛り上がっていたのですが、『ロバギター』さん行かなくちゃですのでね。

オーナーさんがストーブ点けてくださいました。暖か~
d0109373_2144921.jpg





ホットスパイスミルクティーと
本日のスイーツは、「小豆とショコラのパウンドケーキ」と迷ったんですが「あったかいスイートポテト バニラアイス添え」をいただきました。
d0109373_2151144.jpg





暖かいお部屋でアイスです。
ほくほくスイートポテトにはレーズンも入って美味しいですこと
おイモ本来の甘味を活かしたやさしい味わいでワンホールいけちゃう系です。
もいっこあるかなぁと何気にケースを伺うくいしんぼです。
d0109373_21514014.jpg





d0109373_21543596.jpgは~しあわせな締めくくりでした~

ごちそうさまでした!




















d0109373_18343980.jpg祥月命日の供花は、妹なら選ばんであろう赤とピンクの金魚草を活けてみちゃいましたわ。
これという花が無かったせいもありますが。

















d0109373_18373550.jpgのんびりしてたら陽はあっというまに落ちて、空に三日月。

ひとり路地を歩いていたりすると、自分を取り巻く今の状況は、予想もできなかったなぁとしみじみ考えてしまいます。
5年前も。さらに20年前となると尚更。こんな私がこんな心情を抱えてこんなところに立っているとは。
きっと来年も再来年も、今の私には想像もつかない私が歩いているんでしょうね。













昨日からの雨が止んでも湿度も気温も下がらず、暖かい一日。
d0109373_18381539.jpg

by august22moon | 2015-11-15 23:03 | 季節 | Comments(0)