出会った本、映画の感想。日々のこと。

by august22

カテゴリ:季節( 586 )

彼岸入り

友人と『ビアリッツカフェ』さんへ。
木曜日の夜中は豪雨ともいえる土砂降りと家が震動するほどの雷で目が覚めました。
午前3時には、津波注意報が海岸沿いの沼津市で発令されていました。
沼津市在住の友人によると、午前3時にサイレンが鳴り、防災無線で避難を呼び掛けていたそう。
私の住む地区でも、1度だけ防災無線で避難がどうのと放送されたのですが、ちょうど土砂降りの最中で、何を言っているか聞き取れなくて、私たちが避難するべきなのかと、一瞬緊張。
海岸沿いにお住まいの方々はさぞ眠れない夜だったことでしょう。
翌朝7時頃には雨もすっかりあがって青空も見え、暑いくらいでした。

マスターさんは8月に研修で渡仏。
店名と同じビアリッツの地名が入った灰皿や楊枝入れは研修の合間に見つけたとか。
十字のマークは、ラウブル(バスク十字)と呼ばれるバスクの象徴とされているマークなんだそうです。

帰りはイスタンブールの空港でトランジットに5時間もかかったので、疲れたとか。
その際見つけたと仰る、鮮やかな花柄のお皿はパン皿に使われていました。
d0109373_23562917.jpg





白はカリフォルニアワイン。seaglassという名前。ラベルがきれい。ボトルの青も美しい。
で、話し込んで『鬼と呼ばれた男』も、あらしさんも見逃して、酔い酔いで帰宅。
d0109373_183294.jpg






さて。お彼岸の入りでございます。
ご先祖さんのお参りして、イトコと叔母のお参りして、親のところへ。
薄曇りで涼しくお参り日和。
今年は母の十七回忌。日程が決まったのでお願いにあがったら、住職から来年の父の三十三回忌は命日も1日違いなので合同であげて構わないとのことで11月にお願いすることにしました。
その日までに喪服のウエストサイズを落とさなきゃ。去年着たら跡が付くほど厳しかったんですよね。
キャンディー「ミルクの国」はお布施のお返しに頂きました。
ご先祖さんへはバラ色のトルコギキョウと赤紫と青紫のりんどうを供え、親戚にはクリーム色で縁がアプリコットピンクのトルコギキョウ。
イトコは高校時代にバレー部だったので、20年ぶりに世界と対等に戦えるようになった全日本の試合を楽しんでるかね?どうかね君から見た石川選手は?なんて涼しい風に吹かれながら呼びかけて。
d0109373_0302391.jpg





夕方になって妹が、甘味処へ行きたいと言いだしまして。
数件当たるも、閉店時間だったり素朴すぎたり。
結局、『村上屋』さんで、おはぎやみたらしだんごを買って帰りました。

夕飯は「丼ものが食べたい」とも言いだしまして。
三島・沼津ではコレというお店が見当たらず、どうしようと車を走らせていると、『弥次喜多』の看板が目に入りました。
『藤堂』新店舗のお隣り。平町かな?380号線沿い。開店祝いの花もまだいきいきと咲いている所を見ると、開店したばかりのもよう。
以前は下香貫のお店にはよく伺ったのですが、最近はすっかりご無沙汰。久し振りにボリューム満点のフライものを頂いてみることにしました。
ひれかつ定食と海鮮フライ定食です。あさりのお味噌汁とごはん、香の物が付きます。
山もりの千切りキャベツは相変わらず。ポテトサラダが添えられていたんですが、今は別売りなんですね。
美味しかったからオーダーしてみようかと思ったのですが、とても食べ切れそうになくて諦めました。
食器も盛り付けもちょっと味気ないけれど、美味しさとボリュームは相変わらず。
ヒレカツは1枚をカットしたものではなく、塊が4個。柔らか~
テーブルにはゴマ塩が常備されていたんですが、こちらには無いんですね。
とっても美味しくいただきました。
なんと、この日がオープン初日だったとか。なんだか縁起がいいわぁ。
ごちそうさまでした。
お腹いっぱいすぎて、おはぎはとても食べられませんて
d0109373_1113029.jpg

by august22moon | 2015-09-20 23:51 | 季節 | Comments(0)

「去る音の夜がふかい」

子供シャギリの山車に遭遇。
この日は夏祭りも中日。可愛い掛け声が路地に響いていました。

中日は、頼朝公が源氏復興を祈願し旗揚げの日を例祭の日としたことに因んで、頼朝旗揚げ行列が催されます。
芸能人さんに頼朝公を演じて頂くんですが、この暑いのに鎧着せられて、申し訳なくなりますねぇ
6~7年前の沢村一樹さんは兜まで被らされてました。
でも、お顔に汗をかいてないようだったと、その時見物した友人も驚いていました。
冷えピタいっぱいくっつけているんでしょうか。
風間トオルさんの時も猛烈に蒸し暑かったのに涼しげでした。さすが俳優さんです。

その年は16時に大社を出発して、30分後位に広小路駅前を通過したのを私も見物したのですが、友人によると今年の頼朝公役・筧利夫さんご一行は、随分早くに通過してしまったそうな。
筧さん、はやっ
d0109373_16331245.jpg





d0109373_16304366.jpg16日、夕方に送り火。
迎え火よりいい感じに炎があがりましたよ。

夜には、精霊棚も少しお片付け。
昼間は省エネ温度でクーラーを点けっ放しにしておいたのですが、お花半分はしおしお。
まだ元気な薄いピンクのトルコキキョウは仏壇に供えました。
今年から、環境問題を鑑みて精霊送りが廃止され、お供え物は各戸で可燃ゴミと一緒に処分することになりました。
茄子の牛、きゅうりの午、積み団子、鬼灯は、半紙に包んでお線香を3本添えて更に紙袋に入れて、可燃ゴミの収集日に出します。
お線香を入れるのは、生ゴミと一緒に出すのが憚られるようならと知人からのアドバイス。
真言宗ではお線香を3本立てるので3本入れることにしました。

翌日は断続的に大雨が降って、涼しい一日になりました。
 


タイトル : 山頭火
by august22moon | 2015-08-17 22:29 | 季節 | Comments(0)

篠笛の風

d0109373_2532522.jpgさて、土曜日は親戚のお墓参り。
妹が行かれなかったご先祖のお墓にお線香をあげてから、叔母とイトコのお墓参りへ。
こちらのお寺の墓地は所々に木陰があるので少しは楽なんですが、到着した時間にまだ太陽は木に隠れておらず、日照りの中でのお参り。
汗が滴り落ちます。ナダル並みだよー(当日、ロジャーズカップのナダルvs錦織戦を見ていたので)













ダメだ~登れそうにないーと
毎年泣きごと言いながらさらに上の親戚のお墓へ。
日傘を差してはいても、帰宅後に指輪や腕時計の跡が白く残るほど日焼けしちゃってました。
d0109373_2583693.jpgd0109373_2585513.jpg























d0109373_324377.jpg母の祥月命日でもあるので、ちょこっとお参りしまして。汗だくで帰宅。

















d0109373_355237.jpg





三嶋大社夏祭りの初日なので、夜になってからお出かけ。

まず『ビアリッツ』さんへ。満席でしたので外に設けられたお席で生です。
d0109373_37430.jpgd0109373_3163529.jpg























d0109373_3272816.jpg駅前広場での競り合いに向う山車も通ります。


















さて、大社前で行われる当番町の山車のシャギリ競り合い見物へ。
当番町以外の据え置き山車が大社までの通りに並んで、シャギリが始まりました。
寿町の篠笛のお兄さんがかっこいいーなど言いながら人混みを進みます。
d0109373_1682563.jpg





交差点では涼しい風も通りましたが、すでに汗だく。
d0109373_1621213.jpg






鳥居の先の階段から見物したかったのですが、すでにたいへんな混雑。
なんとかスペースをみつけたらそこは実行委員さんたちが合図を送る場所でした。
提灯の合図で競り合いが始まります。
d0109373_3363134.jpg






今年の当番町は大社町・日の出町・東町・南二日町・東本町1丁目・東本町2丁目。
中央町は社頭据え置きなんですね。
当番町は昼間からの演奏が3日間続くとか。たいへんだぁ

威勢のいい屋台囃子に汗だくなのも忘れます。
d0109373_3473484.jpg





小休止が入ったところで、広小路駅前のシャギリ競り合いを見に移動。
d0109373_355234.jpg





こちらも大勢の見物客がいましたが、社頭よりは少し空いているので見物も楽です。
d0109373_357536.jpg





d0109373_423585.jpgと、勇壮な屋台囃子を堪能して、さっき見かけた石焼きのフランクフルトが気にかかり・・・
モグモグしながら、再び『ビアリッツ』さん前で、もう一杯飲んじゃう?などと話していたところで
友人と久し振りに再会。
ちょっと会わないうちに、お子さんも大きくなって背も伸びちゃって・・・しみじみ














d0109373_4105434.jpg飲みかけですがサングリアと生ビールで、お疲れさま。

はぁ~、よく汗をかいた一日でした。

帰路、あちこちの町内会詰所で打ち上げの楽しそうな声。

by august22moon | 2015-08-15 23:16 | 季節 | Comments(0)
5月や10月のように過ごし易い季節ならばいいのにと毎年恨めしく思うお盆がやってまいりました。
ご住職が棚経に来て下さる予定日が今年も入り日前日の12日。
しかし来訪予定時刻が8時から10時というお知らせが郵送されてきてびっくり。
20分ほど早くいらしたこともあったので、遅くとも7時半には準備を完了させておかねばまりません。
d0109373_19324739.jpg







積み団子担当の妹が珍しく「お水入れ過ぎちゃったー、失敗ー」。
再び粉を買いに行き作り直したり(余ったおだんごは夜食)。
おはぎの餡がぱっさぱさになっちゃったりなんてことがあれど、なんとか前夜に準備は整いました。
d0109373_19111260.jpg




朝、お膳や果物などを出して準備完了。
朝食もささっと済ませ待つ。ただただ待つ、のであります。
一服するのも台所の換気扇下で、玄関前の物音に聞き耳立てながら。
ロジャーズカップのLIVE放映や一昨年の決勝戦など見つつ、ひたすら待つ。
結局、おみえになったのは9時20分頃。

なんと8日(土)から棚経に回ってらしゃるそうで、「土・日でも構わない?」と仰るではありませんか。
5日も前になるということでしょうか!?
檀家さんが多いのですから仕方ないんでしょうけれど・・・盆入りにもう一回精霊棚を作り直さないといけないのもなぁ・・・
d0109373_19153411.jpg





d0109373_19532789.jpgさてその後、
親のお参りへ。


遠くには入道雲が出て、山も雲に覆われていましたが、頭上は雲ひとつなく炎天。
時折涼しい風は吹きましたが、汗だく。














d0109373_112464.jpg暑さに手拭いを頬被り。
『天城越え』のハナ被りとも言う、のは私だけ。
「あにさ~ん」

明日の入り日に改めて来たいのでお花は少なめに。














d0109373_23364648.jpgささ、『ロバギター』さんで涼みましょ。

御殿場はさすがにちょっと涼しい
















本日のスイーツから「杏仁豆腐、桃と中国茶のシロップ」をいただきます。
いやもう見た目が可愛い。
杏仁豆腐は中国茶のシロップに合って甘味も抑えられて美味しい。
よく見られる固めにつるんとした食感ではなく柔らか。
桃もおいしー
d0109373_23403989.jpg





d0109373_23461174.jpgガラスの器がレトロで素敵。
ちょうど雑誌で、古い家の魅力を活かした住まい方の特集記事を読んでいたところ。
一昔前のかき氷もこんな器でしたね。
















d0109373_2354495.jpg冷たい飲み物にしようか迷いましたが、やっぱりバターリーミルクティーとホットスパイスミルクティー。
お盆前の平日なのにお客さんはひっきりなしの盛況でした。
ごちそうさまでした。

県内のカフェを紹介した本があったので拝見。
『ロバ』さんももちろん紹介されているのですが、オーナーさん肩と髪の毛しか写ってない。
ハンサムさんなんだからどーんとアップで載せちゃえばいいのにねぇなんて言いながら見ていましたら、こんなところに?というほど意外な場所に雑貨屋さんがあるのを発見。
遠回りにもならない場所だったので、行ってみることにしました。










d0109373_0112772.jpg雑貨屋『tasse』さん。
毎年、桜の頃にはお花見に来る小学校のグランド沿いに走る線路の踏切前。
新幹線高架もすぐ側。まさに隠れ家。
店前の路地は、国道からの抜け道として利用されているようで、タクシーがひっきりなし。

入ってびっくり。中川政七商店やminaの布小物、ittalaやALABIAやファイヤーキングなどの食器類、キッチン小物、ガラス小物、文具などなど。
カジュアルウエア、ソックス、ストールなどファッション類まで。
静岡の『Fosset』さん以上に充実の品揃えで、拝見しているだけで楽しい。
入り口扉からは小学校のグランドが目の前。濃い緑の葉が茂った桜も目の前。

入り口左手には椅子とテーブルがあって、その隣りのSALE品を拝見しようと進むと・・・テーブルの向こうから可愛い脚がにょきっと上がりました。
ソファに男の子が寝転がっていたのです。
オーナーさんの息子さんとのこと。「夏休み、ってやつです(笑)」
それから息子さんは静かに積み木で遊び始めました。
ふと見ると今度はソファに立って積み木を高く積み上げていました。凄いねー上手に積めたねぇ。
「えれべーたー」
おお。なるほどー。
しばらく商品を拝見していると今度はさらに高く積みあげたその頂上に、なんということでしょうなにやらフィギュアが置かれているではありませんか~。
それなあに?「おーず」。
ああ、仮面ライダーオーズね。おばさんちょっと知ってるぞ。
「うちゅうへとぶのにへるめっとがいるからオーズはうちゅうへいける」
みたいなご説明が。発射台になったのねなるほどなるほど

帰宅後にブログを拝見したら、土・日・祝日がお休みだとか。
素敵なお店は大概が日・祝日休み。有給摂らないと行けない。
店主さんに小さいお子さんがいらしたり主婦だったりすると、仕方ないですよねぇ。
でも『蕎麦・宗』さんなんて男性店主なのに、ランチ営業だけ。
長く土・日も盆暮れもなく出勤していたせいで、休日定休日とされる店舗に、横綱相撲やねぇとそっと嘆息するのであります。
次に来れるのは、ぼくちゃんが「冬休みってやつです」の頃かな?


翌日の盆入りは、ロジャーズカップの3セット目で途中棄権したバブリンを見送ってから、ご先祖と親族のお墓へお参り。
夜中の雨が上がって蒸し暑い曇り空でしたが、お墓に到着してしばらくすると雲切れがして強い陽が射してきて汗噴出。
近くのバス停にちょうどバスが来たので飛び乗って、親のお墓へ。
お寺近くの花屋さんで供花を買い足そうと、路地に入ると小学生が飛び出して翔け抜けて行きました。
路地裏は夏休みを満喫する小学生の天下。

お寺は盆参りの方々で賑やか。
前日刺した香花の葉がほとんど茶色く枯れてしまっていたので、戻って香花購入。やれやれ。
また曇ってきていたのですが、途中通り雨があってその後一段と涼しくなりました。
お参りの皆さんが急な雨に慌てて退散されるのを後目に、差した傘から腕だけ出して汗を洗い流す。

照って曇って降っての一日。
d0109373_140978.jpg






d0109373_1445740.jpg「もう来てるから。い・ら・な・い~」って言ってるであろう時間ですが、妹の帰宅を待って点火。


夜中にまた少し雨が降って、夜風はだいぶ涼しくなりました。

















d0109373_1575358.jpgタイトル : 山頭火「其中日記(七)」
by august22moon | 2015-08-14 22:41 | 季節 | Comments(0)

月と花火

d0109373_040114.jpg24日に鰻を食べそこなったので、ランチでうな丼。
ランチセットになっていて、魚の竜田揚げが乗ったミニサラダがついてました。
暑さに負けルナ。











夜、町内のお祭りへ。
風はあるのですが、通りに入っただけで物凄い暑さ。
下段左は協和発酵キリンの従業員さんチーム。
音楽に乗りながらの掛け声の〆は「一番搾り!」
先頭に立つ方たちがめちゃくちゃダンスが巧くて見惚れてしまいました。
d0109373_019332.jpg





三島の『唐良里』さんでアイスコーヒーと珈琲かき氷。
歩いて汗だくだったのですが、かき氷で汗がひきました。
美味しいコロッケで地元でも人気のお肉屋さんのコロッケとハムたまごコロッケと、三島餃子はお持ち帰り。
帰り道で再びかき氷。もうね、いくらでもかき氷入っちゃうでしたよ
d0109373_0253119.jpg





さてさて、今年も知人宅のパーティーにお邪魔しました。
皆さん知り合いのチームの踊りを見に行っているのにまだ食べてるの図、みたいですが。
ちょうど皆さんが席を立ったところに到着しただけなんです。
d0109373_0302315.jpg





夜風が気持ちいい場所で、今年初めての花火を見物。
d0109373_034332.jpg






(づんちゃんみたいに巧く撮れないー)
d0109373_0353172.jpg





背後は昨晩ブルームーンだった赤い月。
d0109373_036432.jpg

by august22moon | 2015-08-02 00:16 | 季節 | Comments(0)

その景色

長い1週間でした。
ついに昼間の気温が33度超えとなり
日中に仕事で移動するのに以前は頑張って徒歩で挑んでいたのですが
月・火とバスを利用。
少しは楽だろうと思ったのに都合のいい到着場所ではないがために
たいして汗の量も変わらなかったりして。

d0109373_10115198.jpg





今週は月曜の午前中から職場で衝撃的な事案が発生。
でも夕方に直接確認したところではニュアンスが少々異なっていて
まだ一縷の望みも救いも感じられたので
それほど気に病むこともないと思い込んでいました。
しかし翌日になって先輩はどうやら決定的であるとの受け止め方。
でもまだ私の受けた「ニュアンスの違い」は残されている状況。
その先輩の言葉からも楽観的でよいのではないかという印象。
ただその先輩は言葉が足りない時があるので安心はできない。
なぜもっと詳しく確認しない?もう一歩突っ込んでみないのかということが日常茶飯事。
「聞けなくなっちゃって」が口癖なのが分かっているので特に確認するべきだったのですが
他の業務でバタバタして機を逸してしまった。
それにきっと私の解釈のほうが正しいに違いないと思い込みたい自分もいる。
d0109373_10124255.jpg





なんだか大丈夫なんじゃね?という根拠のない第六感。
根拠はないけれど冷静に考えても矛盾は見当たらないその感が見せる世界。
その景色に間違いはないと思っている。
答えが出るのは9月。
(写真はブルームーン一日前の14日目の月。
8時頃までは朧月夜で,うす雲をオレンジ色に広く染めていました。)

d0109373_10122051.jpg

by august22moon | 2015-08-01 23:00 | 季節 | Comments(0)

雨仕度

台風襲来直前にようやく見えた夏山らしい富士山。
d0109373_23451142.jpg





この日は社内健康診断の日でした。
真夏だと言うのに10時間以上お水一滴も飲めないなんて。むぅ
昨年は炎天下に移動してすぐに血圧測定していただいて、3回測り直してもまだ高くなってしまいまして。
後ろは行列になってしまうし。
今年は早目に行って涼んでから測定していただくことにしまして、無事2回で合格数値内。
最近は採血する時に腕に巻くゴムに金属クリップみたいな器具が着いているんですね。
尚更に痛い気がしますです。
体重は毎年少しづつ増えているのは自覚がありますが、身長は毎年少しづつ減っていますの。
バリウムで気持ち悪~くなりながら、まずは一服して、カルピスウォーター(最近のお気に入り)をごくごく。
食べておかないと夜までもたないので、膨らんだお腹のままランチ。
d0109373_2348238.jpg






実は初めてレインブーツを購入しましたんです。
今までは濡れてもいいような靴で通勤していたのですが、先々週の土砂降りでつくづく必要だと痛感。
ロングブーツタイプは似合わないし、ショートブーツ丈で探しましたらネット通販でお安い品をみつけまして。
こうゆうのって届くと晴れが続いたりするんだよねーと言ってましたが、届いた翌日からまた雨。
台風も近付いて来て、またしばらく降り続きそうです。
履き心地に慣れないうえに、つま先が細めのタイプにしたら、幅広の足のわたくしめには少々きつめで、歩き難いことになっております。 
d0109373_23595939.jpg






思えば、学生時代にスーパーでバイトしていた頃に
精肉部門へお手伝いに行った時に履いた、白いゴム長靴以来ですわー。

d0109373_05311.jpg

by august22moon | 2015-07-16 23:37 | 季節 | Comments(0)

光る夜

薄暮の小山町へ到着。さすがに肌寒かったです。
d0109373_23121262.jpg





d0109373_23274423.jpg







d0109373_025528.jpgこの日は午前中から富士山東口本宮浅間神社さんの例大祭が催された日。
夜に境内で開催されるお祭りだけ拝見。




















屋台も出て賑やかです。
d0109373_23324780.jpg





d0109373_23335425.jpg昼間のパレードにも参加された、沼津よさこい祭りの「日専連ぬまづ鳴子隊」と「オールスター」のコラボダンスが披露されました。
エグザイルの曲かな?ダンスかっこいいー
















d0109373_23431926.jpg随神門前にロープが張られ照明も落とされ、消防隊員や世話役の方々が周囲に待機して、遠州新居手筒花火保存会のみなさんによる手筒花火が奉納されます。
先ずお子さんたちによるミニ手筒花火体験。
3-40人くらいだったでしょうか。
いいなぁやってみたかったわぁ













d0109373_23524792.jpg






d0109373_23541699.jpgさて、お子さんたちが終わって再び真っ暗となった境内に赤々と種火が灯された後・・・


















始まりましたー
d0109373_23561991.jpg





仕方ないのですが、石灯籠の傘と世話役さんの肩越しに見る状態でしたので花火の頂点が見えない時もありました。
しかもほぼ消防士さんのシルエット入り。
d0109373_23571862.jpg





この猿田彦花火というのはお囃子も入るのが特徴なんですって。
最後に爆発のように底が抜けることもありません。
d0109373_23584475.jpg





d0109373_0253100.jpg





d0109373_033414.jpg





木々に燃え移るんじゃないかハラハラするほど高く炎が噴き上がります。
d0109373_041099.jpg






d0109373_05355.jpg





最後は一際明るくて、きらきら火の粉が舞って、歓声もひときわ高く挙がりました。
d0109373_085592.jpg




凄い迫力でした。かっこよかったですー。
初めて拝見したのですが、こんなに美しいとは思いませんでした。。
これは諏訪神社のお祭りも行ってみたくなります。
d0109373_0122888.jpg





遠州舘山寺愛宕神社で奉納される手筒花火は、「地元では打ち上げ後の空筒は、火の用心・家内安全の厄除けとして、家の軒下に奉られ、各商店では、商売繁盛のご利益ありと、店頭に飾られています。(遠州舘山寺手筒花火保存会HP)」なのだそうです。
d0109373_027964.jpgd0109373_0273765.jpg




















d0109373_0494786.jpg石畳一面に黒い粉が。
花火師さんが「てっこだよ。てっこ」
黒色火薬に含まれる鉄粉がこのように残るのだそうです。
でもこの後、拝殿に改めて参拝に向った時はもう踏み散らかされて無くなっていました。


















d0109373_0335490.jpgその後、屋台でおうどんを頂いたり(美味しかったです!)
日本酒はあまり飲んだことないのにお神酒にこころ揺れたり(杉のいい香りだけ嗅がせていただきました)
短い時間でしたが、春祭りを楽しんできました。

















仄暗い駐車場から見上げた夜空には星がいっぱい。
東の低いところに欠け始めた月が煌々。

d0109373_104892.jpg





d0109373_0532467.jpg
 
by august22moon | 2015-05-07 21:11 | 季節 | Comments(0)

それぞれの祀り

この日はいいお天気で。いいお天気過ぎて暑いくらい。
気温はなんと28℃
d0109373_23161877.jpg





d0109373_23183489.jpg風はさわやかで5月らしいお天気です。



















d0109373_23224374.jpgまずは腹ごしらえと、ずっと行こうと思いながら行けなかったお店へ向っていたのに、途中で「ああ、この店気になってたんだー」と急遽予定変更。

「天龍飯店」さんという中華料理屋さんへ入ってしまいました。

いったいいつになったら行くのやら
















ちょうどランチタイムのお客さんたちが引けて入れ替わりに入りました。
内も中華屋さんって感じです。広東めんと五目をいただきました。たいへん美味しくいただきました。
TVではだっしゅ島。随分と見てなかったら島生活になったのね。

少し開けられた窓から爽やかな風。
d0109373_23213538.jpg





さてそれから、まだ桜も見られる小山町の
d0109373_02671.jpg





東口本宮冨士浅間神社へ。
駐車場へ車を停めて、「鎌倉往還」の径を通って一の鳥居へ回ります。
根上がり松のある木立の地面には薄紫色のスミレがいっぱい。
d0109373_23432813.jpg





d0109373_0271533.jpg山吹も満開です。
















こちらへ初めて参拝した時はもう11月でした。
雪の神社も静謐な趣きでいいのですが、やはり陽射したっぷりの日に参拝したくて。
d0109373_23493592.jpg






親子連れやカップルで参拝の方々、パパとお散歩に来たお子さんが楼門の辺りをハイハイしてたりと、明るく長閑な境内です。
ようやくひとが引けて拝殿をパシャパシャ
スマホで撮るとたいがい木陰や逆光で薄暗くしか写らないのですが、画面をタップすると明るく写るって今回ようやく分かりました。やあねぇ
d0109373_23515314.jpg





手水舎のお水も凍ってません。
木立を抜ける風も気持ちがいい

社務所には5日の例大祭のポスターが貼られていました。
夜は手筒花火も見られて、お子さんが手筒花火体験もできるそうです。
手筒花火は何時頃かうかがいましたら、自分の子供に体験参加させようと思ってる親に見えたようで(そりゃそうですね)。
「6時までに来ていただいて、当日申し込んで頂けば大丈夫ですよ」
自分がやってみたいのだとは遂に言えず。
d0109373_033330.jpg






d0109373_0122617.jpg富士山を撮ろうとカメラを向けても陽射しが眩しすぎて画面がまったく見えない。

踊っているのではありません。富士山の位置を説明してるところです。














収まってました。
d0109373_0244845.jpg






d0109373_1534785.jpgそして『ロバギター』さんです。

















d0109373_118332.jpgアイスラテと、初夏の陽気ですがホットスパイスミルクティー


















案の定気持ちよくなってきちゃって
本読んだふりのまま2度ほどうとうと
ああこの心地好さは、完璧なお昼寝環境だわーと、うとうと
d0109373_1565219.jpg





いかんいかん。冷たいもので目を覚まそうと、たんぽぽアフォガード。おいしー
d0109373_1554057.jpg






d0109373_15721100.jpg






d0109373_043385.jpgお天気一転して雨の日。
『つきさむ』さんへ、5月のごはんをいただきに伺いました。



















雑穀のつくね、ニンジンとマンゴーの和え物、グリーンサラダ、マカロニサラダ、かぼちゃの煮物。
つくねにはパプリカ、レンコン、ひじき入り。美味しい!!
かぼちゃには葱とショウガを飴色に炒めたものが掛けられていて、かぼちゃの甘味を抑えています。
これは美味しい。真似しよう。
お味噌汁のお味噌が変ったかな?麦麹味噌みたいでした。
d0109373_0472564.jpg




コーヒーと、デザートの紅茶ロール。
d0109373_054697.jpg





d0109373_0562170.jpg壁には畦地梅太郎氏の絵。甘くないチョイスが山好きのオーナーさんらしい。
BGMはピアノ曲。店内の空気がさらにきれいになります。

コーヒーのおかわりもいただいてのんびり。
たいへん美味しくいただきました。ごちそうさまでした。















d0109373_132377.jpg紺屋町の通りではサンバ隊が小雨の中でもエキサイティングな演奏とダンスを披露されていました。
露出度の高いお衣裳のダンサーさんの辺りはカメラマンさんが多くて、かわいいお子さんの所でようやく1枚。

街中どこも凄い人出でどちらも大混雑。ひとやすみしようにもどちらも大盛況。

そんな中、トピを被った方々が小雨の中で傘もささずにネパール大地震の救援募金をされていました。
募金される方が多かったです。
GWの長閑な日々につい忘れそうになっていました。










で、『つきさむ』さんへ戻ってひとやすみひとやすみ。
スイーツも全て売り切れでしたので、コーヒーだけいただきました。
ごちそうさまでした。

d0109373_172077.jpgd0109373_173996.jpg
by august22moon | 2015-05-04 23:46 | 季節 | Comments(0)

「星々と靴ずれ」

「お寺のすずらんが満開だったよー」と妹からの写メを見て
d0109373_23122389.jpg







d0109373_23134531.jpg生垣に沢山のすずらんを植えられているお宅へ伺ってみました。
昨年までよりだいぶ減って土が見えていますねぇ
お譲りしちゃったのでしょうか。まだ蕾もみえない葉もあって少し早かったのかな?

でも、変らずすばらしい香りです。














d0109373_23184117.jpg






d0109373_23193531.jpg






d0109373_23204184.jpg








d0109373_014711.jpgもう5月。
4月はあっという間に過ぎて行った感じで、業務自体はスムースに、滞りなく進んでホッとしてる月末です。
しかし今月は人間関係でさまざまなゴタゴタがありました。
ひとが集まれば必ずどんな職場でも起こることではあります。
幸い我が職場は穏やかなひとが多いんです。しかし激しい方がいないわけではないんですねぇ。
そうゆう方が暴走しても、鎮静するのをじっと待つタイプの方が多いのです。所謂、草食系。
そんな雰囲気に暴走ライダーさんも諦めてくださるのか、数日もすれば穏やかな職場が戻ってきます。
い、いいのかな?ダイジョブかな?平熱に下がったのかな?とひとりドキドキする私なのでありました。
怒っているのが恥ずかしくなるような穏やかな、ソウユウヒトニワタシハナリタイ、否そうならなくては、なのであります。
(写真はいつかのスタスキー&ハッチ)








d0109373_1201346.jpgタイトル : 『手紙』
by august22moon | 2015-05-01 23:01 | 季節 | Comments(0)