桜色の雑記帳

august22.exblog.jp

出会った本、映画の感想。日々のこと。

カテゴリ:映画( 308 )

d0109373_125337.jpg先日、面白い映画にムービープラスで偶然出会いまして。
邦題は なんともはや、なタイトルですが、原題は『Dick』。
ニクソンのことですね。
実は冒頭を見逃してるのですが、面白かったのは後半。
K・ダンスト(ベッツィー)とミッシェル・ウィリアムズ(アーリーン)主演。
15歳のアーリーンと親友のベッツィーは夜中に家を抜け出してファンレター(?)を投函しに行ったところで、偶然ウォーターゲートビルで起きた不法侵入騒ぎに遭遇。もちろんニクソンらが加担した民主党盗聴事件なわけで。
翌日ホワイトハウス見学中を補佐官らが「昨夜のコたちだ!」と騒然。
(と、このあたりから見始めました。)
おまけに官邸内で迷い、賄賂の金やら何台ものシュレッダーで書類処分中を目撃。
しかし、どうもこのふたり、まったくコトの重要性に気づいていないばかりかオツムが少々弱いらしいと解るや、丸め込むためにふたりを大統領の飼い犬が懐いたのを利用し散歩係に任命。
併せてアドバイザーの任も与えるから官邸内で見聞きしたことは極秘だよと言われたのに、有頂天のふたりは、あっさり翌日クラス全員の前で発表。
もちろん一笑に付されるんですが。
そのうちアーリーンは大統領に恋してしまう。
大統領に気持ちを打ち明けるため、秘書のデスク内のテープに切ない気持ちを訴える。
これも、意図的に部分消去されていたと判明する事実のパロディーですね。
巻き戻して録音を確かめようとすると、先に録音されていた執務室内の会話が。
そこには、大統領の差別発言ほか罵詈雑言、飼い犬にまで八つ当たり発言が延々。
百年の恋も冷めちゃったアーリーンが大統領に詰め寄る。
犬好きでもないのに、犬が好きだなんてウソをついて許せない!(そこかい!)
君たちの素性は全て調査済みだと脅す大統領に、ベッツィーが
成績も?(だから~そこかい!?)

乙女心を傷つけられたアーリーンは大統領を懲らしめようとベッツィーと企む。
折りしも盗聴疑惑を書いたポスト紙の記者のことも罵ってたから、その新聞記者にバラしちゃおうと、ワシントンポストのボブ・ウッドワード記者(ウィル・フェレル)にTEL。

さて。ここからがわたくしとしましては最高に面白かった部分です。
事件のパロディーではなく、映画『大統領の陰謀』のパロディーが展開してゆきます。
B・ウッドワードとカール・バーンスタインが傑作。でこぼこコンビ。
やり過ぎず、オトボケ連発なのが良かった。

最初は半信半疑だったけど、ベッツィーが言ったクリープという単語に飛び上がる。
(もちろんまったく違う意味で言ったんだけど、なんて言ったか失念。)
CREEP!?大統領再選委員会の略のCREEPか!?やはり関係していたのか!と。
同じく事件に興味を持っていたバーンスタインがこれを聞きつけ近寄ってくる。
このバーンスタイン役ブルース・マックロックがまた可笑しい。
頭を振っても動かぬ長髪の裾を払ったり、終始無表情の上目遣いで怪しげ。

電話中にちょっかいを出すバーンスタインに言うセリフの字幕もまた傑作。
通話の邪魔をするな。やめろよ。 「すごく痛い。」 (すごくって・・・)
で。名前は?と聞かれベッツィーが思いついた偽名が
ちょうど兄が観に行ったところを父親に見つかって叱られていたポルノ映画のタイトル。
「ディープスロート」 !! 
で、会っちゃうんでうんですねぇ。夜の地下駐車場で。会ってみたら女の子なんで
「何歳だ?」
「23歳よ」
「ふたり合わせてか?」
99年の作品ですから、まだ当時はこの情報提供者がFBI 副長官だったことは判ってないんですよね。
辻褄が合わないながらも、取材と一致する部分もあるんでちょっと信じちゃう。
で、女の子ふたりを付け狙うバンのサイドに書かれているのが「plumber unit」。
コレも大統領支配下の工作員のコードネーム。
他にも、ふたりの記者がJ・ロバーズ演じるブラッドリー主幹が脚をデスクに乗せて原稿を読むという、同じシーンがあったり。
10数えるからこちらの調べた情報が正しくてYESなら電話を切らないでと提案し、
電話を切らないことに小躍りするシーンは、
実は母親が最近コソコソなにしてるのと部屋に来ちゃったので話せなかっただけ。
公立図書館で、膨大な量の貸し出しカードから証拠を探すふたりの記者の気の遠くなるような作業を俯瞰で捕らえ、カメラが高い天井へぐんぐん引いていくシーンは、
女の子ふたりを追って現れた高校の図書室の高くない天井から俯瞰・・・(笑)
しかも、レポートの提出期限が迫ってるんだから邪魔しないで!と女の子に怒られちゃったり・・・
映画では、ふたりの記者がタイプを叩き続け告発取材が続いている、という場面で終わりますが、ここでは逆に喝采で迎えられ喜色満面に編集部内を闊歩する・・・。
とパロディー満載。

サイケ全盛期の女の子ふたりのカラフルファッションや
同様にカラフルなインテリアも雑誌で取り上げられそうな、楽しい映画。

まあとにかく、映画化権を獲得したR・レッドフォードと
獲得出来なかった(と報道されてたと記憶している)D・ホフマンの抑えた演技。
特に、真実を答えているか読み取ろうと相手の目を見つめるD・ホフマンの目。
静かな興奮を呼ぶ演出が印象的な、この映画をリアルタイムで観て
(ポスト編集部内の白い壁に白文字の字幕が重なって泣かされた~)
TV放映も何度も見返すほどの私にとっては、チョー愉快なパロディーでございました。

さて、明日は(もう今日か)いよいよ『ヴェニスの商人』千秋楽。
by august22moon | 2007-09-30 01:27 | 映画 | Comments(0)
d0109373_11402198.jpg遂に、やっと、観て来ました。2時間以上もあっという間。ディカプリオ扮する元・傭兵アーチャーと、ジャイモン・フンスー扮するソロモンが出会うまで畳み掛けるような展開、街中にRPG飛びまくる内戦、
武装ヘリの空爆などアクションシーンの迫力は抜群でした。








d0109373_0341487.jpgディカプリオはもちろん好演。力演。イントネーションは当然のこととして
演出やカメラワークの巧みさも相まって、元・傭兵らしい隙の無い切れ味鋭い身のこなしが見事でした。特に武装ヘリの攻撃の中をマシンガンを打ちまくりながら駆け抜けるシーンは迫力がありました。 が。自分の生い立ちを話すシーンだけは、どうもそんな悲惨な過去があるように見えなくて。 
女性ジャーナリスト・マディーに「アメリカ人ってのは・・・」という嘲弄に続けて、デマカセを言ってるのかと思ってしまうほど、なんか似合わない気がしてしまいました。
そのシーンの演技自体、相変わらずの巧さを感じるものだったし上滑りという感じでは決してないのですが。
陰とかストイックさが感じられないんですよね。どんなに上手い芝居を見せられても。
まだ『仮面の男』 で幽閉されていた男の不幸を背負った顔立ちのほうが似合って見えたかな。
私個人の持つディカプリオに対する先入観とか固定観念なんでしょうね。
(あの時は カスパー・ハウザーなんか演じたら面白そう!なんて思ったっけ。ドイツ系だし)

d0109373_063963.jpgジャイモン・フンスーは助演というよりもうほぼ主演。
朴訥な人柄が良く表現されていて、脅えた表情や直情的な感情の現れ、
ホテルのドアボーイの職を得て不器用なお辞儀の仕事ぶりなど上手い。
また、無事にアフリカを脱出した後、街のショーウインドーに飾られたダイヤのネックレスを覗き込む表情。血が涙が流される元凶である石が、そんな残酷な悲劇などこの世には無いというように絢爛と輝いている。
これがあの石の流れ着く姿なのかと信じられないという眼差しも良かった。
家族を地獄に陥れたRUFのリーダーを空爆の混乱に追い詰めるシーンではもう完全に感情移入してしまって、頭の中で、ヤレー!ヤッチマ・・・(自粛) 面じゃなくて辺を使えー!(あ、言っちゃった)なんて物騒なこと叫んじゃいました(笑)
仲買人が格納庫のライトにピンクダイヤをかざすシーンもいい。そこにはもう「アフリカ」は存在しない。

アーチャーが、マディーに衛星電話しながら見る、飛び去るセスナが美しい緑をバックに飛ぶ白い鳥のように見えて美しかった。
アーチャーが絶命前「神が見放した」土地から、おしゃれな水辺のカフェにいるマディーへ電話をする場面。その背景の落差が恐ろしい。電話で繋がってしまうのって残酷。

それにしても。ライカのシャッターの音ってなぜあんなに哀しい音なのだろう。

私の持ってるちっちゃ~いダイヤの指輪もペンダントもこんな血や涙を流させていませんようにと見つめ直してしまいます。
「紛争ダイヤ」を流通させない為には先ず消費者の拒否であると問題提起がなされていますが、本当に合法的に流通しているものなのか確実な確認の術がないのが不安。

by august22moon | 2007-05-11 23:59 | 映画 | Comments(2)
d0109373_16533425.jpgいやそれはオカシイでしょーというカリカチュアした部分ももちろんあるけれど。
コメディーとして観て可笑しくていいのだって感じです。ま、『家族ゲーム』の森田監督作品ですからね。
弟の性格付けが愉快で気に入っちゃった♪
まず、小学校の校務員というのがこの男の生き方を表していますよね。
子供がいない放課後の場面ばかりなのも、子供が好きだからという理由で校務員になったのではないということを表しているし。
競争社会とも出世欲とも無縁の、健全で清潔な場の基盤となる役割がしたかったのではと思わせるんですよね。それを誠実に生真面目に勤め上げている。
TV画面から目を離さなくていいようにストローでコーヒー牛乳を飲むとか、
小袋をチャキチャキ切ってリスみたいに食べるとかの独特のこだわりも勿論ある。
ただ仲がいいだけじゃない。不倫の片棒を担いでいるようだと兄を軽蔑するし
体感温度が違う一緒に住めないよーと時には文句も言う。
俳優が演じてないことで新鮮に感じられました。

兄、明信も主張先の工場で見送られる場面が特に可笑しい。
まさに有り得ないぐらい笑顔で手を振り、中には走って見送りに来る社員まで。
仕事が上手く行ってごきげんなおにーちゃん。ホテルから弟に電話して「いいな~一日の終わりにこうして話せる相手がいるって」
「さ、本読んでだんだん眠くなろ♪」には爆笑。

寂しいとき慰めあうのは兄弟なんだから当たり前。
兄弟なんだから楽しいのは当たり前と、誰憚ることなく一緒にいる。
私たちは、「いまだに一緒に遊んでるじゃん」 と、
そんな隣人のようすを眺めて見ては、ソレもアリかもねと安心材料にしちゃうんですな。

タライに気を取られて、上手くひっくり返ったポップコーンカップにびっくり。

by august22moon | 2007-04-25 20:24 | 映画 | Comments(0)
d0109373_0475311.jpgBSで 『ベニスに死す』 を放映していて思い出しました。
こ~んなマニアックなビデオを持ってました。
71年イタリア国営放送製作 30分ほどの短編なんですが、ヴィスコンティがリド島のオテル・デ・バンや路地裏をロケハンする姿や、タジオ・オーディションの模様を記録したドキュメンタリーです。
大規模に行われるも難航したタジオ役オーディション。
トーマス・マンが実際に同ホテルで遭遇したと言われていて、原作にあるギリシャ古代ローマ彫刻・刺を抜く少年」のようで‘アッシェンバッハの行為を正当化する’ほどの完璧な造形美である金髪碧眼の12歳の子を求めて、若者の集うスケート場へ出向いたり、ワルシャワでは学校まで訪れますが実際12歳ではかなり幼い。ジュリエットを13歳の子が演じられないのと同様、現代の12歳が、芸術家(アッシェンバッハ)を魅了するのは無理だったでしょうね。
タジオにはほど遠い風貌の少年が結構来て、全然違うっ!と見ながらツッコミまくりです。
ストックホルムのオーディションで遂にビョルン・アンドレセンが現れます。
やはり気品と謎めいた雰囲気はずば抜けていますが「背が高いな。驚いた。」と背が高すぎることを理由に一旦は見送られます。

このオーディションでは、全て見抜かれそうな厳しい目の巨匠に、セーターを脱いでと言われ怪訝な顔をするところが面白い。緊張してるのか気乗りしていないような表情。
映画より音楽好きな当時15歳(55年生まれ)のアンドレセンの自然な表情が見られるのですが、不思議なことに、大人と子供の狭間のこの少年には、満面の笑みが似合わないんですよね。演技経験もなくカメラに不慣れということを除いても。
70年代の少年俳優写真集が(なぜか)家にあって、ギターを弾く姿やら部屋で寛ぐアンドレセンの写真と共に生い立ちも取材されてましたが、幼い時に父は出奔。そのショックで母は亡くなるという随分不幸な生い立ちで、祖母のもとで育ったようです。
とにかく。巨匠は、一瞬で老芸術家を魅了し翻弄させる蠱惑的な少年タジオと
遂に出会ったのでした。


余談ですが。『シックスセンス』のオスメント君は『スターウォーズ』アナキン役のオーディションを受けていて落選。アナキン役を勝ち取ったジェイク・ロイド君はコール少年役に落選していたとか。
by august22moon | 2007-04-25 06:44 | 映画 | Comments(2)
’01 のドイツ映画。原題は『Bella Martha (英題 Mostly Marth)』 
マーサ(マルティナ・ゲデック)はハンブルグの仏料理店の腕のいいシェフ。ガイドによると、マーサは人に心を開かないとなっていましたが確かに少々無愛想。オーナーばかりか時にはお客さんともやりあっちゃうし。シェフとして仕事に厳しく頑固なんですが、料理や食べることに喜びを感じていない。
見抜いたオーナーはセラピーを義務付けますが、鼻であしらったようにセラピストに料理なんて持っていってしまう。
作った料理の始末に困り、引越してきた男性(結構いい人)に振る舞う。
当然相手はお返しに食事やデートに誘うんだけど、それは断っちゃう。 

オーダーを確認するフリして話を聞いてるマリオです。 
d0109373_441327.jpg









そして。冬の北ドイツの街に太陽の国イタリアからひとりの料理人がやって来ます。


More
by august22moon | 2007-04-08 02:14 | 映画 | Comments(0)
11人いる!? そして誰もいなくなった?
この映画の面白さを説明するとそのままネタバレになっちゃうので
難しいんですよね。
公開当時、もどかしい気持ちでとにかく面白いから観て!と薦めたら
わが地元ではなんと1週間で上映終了。

初めはなぜかエドワード・ノートン主演と勘違いしていて
映画が始まってから、ジョン・キューザックじゃん! 
なぜ勘違いしてたのかいまだに謎である。  妹曰く 「単なる大ボケでしょ」 とほほ
(そういえば、ノートンが二重人格者役「真実の行方」は当初ディカプリオがキャスティング
されてたんですよね。)

多重人格者演技を見せられるのは苦手ですが、この映画は、どんでんがえしがあって
観客が最後に多重人格者だったと判るという手法でおもしろく観ました。
・・・でも 誕生日は別々じゃないのかなぁ まあ、どこかで気付かなきゃいかんしね
『ビリー・ミリガン』を読んだ人なら、この結末は楽しめるんじゃないでしょうか。
ビリーの場合、意外な人格が殺人犯だったのと同様
意外な人格が犯人だったという結末。

主題とは無関係ですが、傷をソーイングセットの糸(!)で応急処置する場面があって
モーテルの支配人が、ベージュの糸があったらよかったんだけど、なんて真剣に
言ってるトコが可笑しかった。

レイ・リオッタの怪しさが秀逸。巧い!

by august22moon | 2007-04-01 02:16 | 映画 | Comments(0)

イプシロン

d0109373_0534947.jpg『やっぱり猫が好き』を探していたら、
福永武彦の 『廃市』 を発見。
これは、大林宣彦監督で映画化されたんですよね。
柳川という街の情緒や、夏の風景が心地よい映像美。
ラスト、「列車は陽の照りつける晩夏の原野を喘ぎながら走って行く」映像とモノローグがとても印象に残っています。
小林聡美さんが、妹の安子役。小林さんの声は吹き替えになってますよね?あの高い声は違う感じ・・・。原作のイメージの快活という部分は合ってるけど鬘も似合ってないし、お抹茶をたてる古風な一面がある安子にはちょっと違うかな?と見ていました。
心中してしまった夫の通夜の席で、妻の郁代が妹に対して、夫をあなたに譲るつもりだったのにと心情を吐露するのを、始めのうち俯いて黙って耐えている表情は、隠し続けていた情念や影を感じさせて、良かったと記憶しています。
確か、原作とは違って、安子は姉に反論しなかったように記憶してるんですが。
「記憶は嘘をつく」からなぁ

by august22moon | 2007-03-28 01:25 | 映画 | Comments(0)
  「遂に」 と 「やっぱり」 d0109373_2215970.jpg
『ディパーテッド』がオスカーとは、ちょっと意外でした。
外国映画のリメイクであることを忘れさせるような、オールスターキャスト。
『インファナル・アフェア』ファンは見比べてしまうでしょうが、私は、魅力的なキャストで『インファナル・アフェア』とは別作品の感覚で観ました。
それでもオスカーにはリメイク作品であることがネックになるのでは?と思い、『バベル』あたりがゴールデングローブに続き受賞するんじゃないかと思ってました。 
 
At last!という感じのスコセッシ監督は、封筒をダブルチェックしてくれなんてはしゃいで。前回はかなりショックを受けてたそうですし、めでたし、めでたし。
コッポラ・ルーカス・スピルバーグにコメディーチックなスピーチさせて、
「僕、貰ってないよ」には、もう爆笑でした。

それにしても取れませんね、ディカプリオ。悲運。
GG賞は2作品ノミネートされても取れなかったし。上手いことは折り紙つきなのですから、こうなったらアクションものより、文芸作品・コスチュームもので勝負してはいかがでしょう。
その年の他のノミニーにもよりますが・・・。デ・ニーロ、D・ホフマンクラスの超演技派久々ノミネートとぶつかっちゃったりしたら・・・・。
F・ウイテカーの震えながらのスピーチも感動的でしたが、
H・ミレンの「I’ll give you the Queen」とオスカーを掲げるのも、かっこよかった。
 
女優たちの、うっとりするようなドレス姿は、今年も『La chambre verte』さんが
ご紹介してくださっているのを、昨年に続いて楽しみに拝見しました。

昨年、シャンパンカラーのドレスが素敵だったナオミ・ワッツ。インタビューでは皆ひとりで写させるのに、なぜよりによってニコールと並んじゃったんでしょう。
しかも、アカデミーでは淡い色合いのドレスを選ぶことが多いニコールの目の覚めるような真紅は、以前カンヌでも赤系を着てましたが、いや、もう圧巻。
なにを着ても圧巻ですが(笑)
02年かな?薄いピンクの花びらを重ねたようなシャネルのドレスのほうが、好きかな。
d0109373_1505580.jpg

GG賞では、レース?のブラックドレスで、可愛い大人の装いだったケイト・ブランシェット
裾とショルダー部分に技アリのドレス。煌き具合も素敵。
 
・・・と、今年も「素敵」連発、うっとりの一夜だったのでした。 
 

実はピーター・ジャクソンとマイケル・ムーアを間違えそうなのに、また似た人が、会場にいて混乱。(「パンズ・ラビリンス」デル・トロ監督)







 
by august22moon | 2007-02-27 01:58 | 映画 | Comments(0)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22