<   2007年 03月 ( 44 )   > この月の画像一覧

ガルシア・マルケス 『予告された殺人の記録』

ガルシア・マルケス著作で初めて読んだ作品。ジャケ買いならぬタイトル買い。これでマルケスに夢中になりました。 読んでから映画化(87年)されていたことを思い出しました。映画雑誌の紹介記事を読んだだけでしたが、サンティアゴ・ナサール役に、あのアラン・ドロンとナタリー・ドロンの息子アントニー・ドロン。(写真を見ただけでも巧くなさそ・・・と感じた記憶が)結婚相手バヤルド役にルパート・エヴェレット(!)
妹の結婚が破談になったのはプレイボーイのサンティアゴのせいだと、双子の兄はサンティアゴを探しまわるが、そんなことは露ほども知らぬ彼はお祭り騒ぎの披露宴で呑んで浮かれ町中を遊びまわっていたので、兄弟は擦れ違い続ける。やがて町中の知るところとなったが、なんとか救おうと探し回る友人が彼の家へ一旦戻ったがため、息子が無事戻ってきたと勘違いした母親が、双子が入ってこないよう門を閉めちゃうんです・・・。
実際の事件を基に創作されたようです。
推理小説の形でいて独特の幻想的な描写もありますが、他の小説と比べるとこの作品だけ異質な感じです。


More
by august22moon | 2007-03-31 02:38 | 読書 | Comments(0)

妹「こんなの買ってみた~」

やっぱりあった『チャーリーとチョコレート工場』のチョコd0109373_21472215.jpgd0109373_21535738.jpgd0109373_21475351.jpg




 




↑お土産はいつも
食べかけでないかい?(笑)                あら♪ウィリー・ウォンカ♪        
ちょっと持っただけで溶けてく、やわらかチョコです。おいっしい~(*^∇^*)☆

d0109373_2324495.jpgその妹は今宵
1泊旅行の旅支度と
プレゼントラッピングを
同時にこなそうと忙しいようです。

← ラッピング用のリボンや端布の入った箱と
  いつものバッグと同サイズの旅行バッグ。


プレゼントはなにを?
by august22moon | 2007-03-29 22:50 | おいしいもの | Comments(0)

小粋な花束って・・・?

春は別れの季節。
妹が、お世話になった上司へお花のお餞別を贈ることに。
メールで発注できる時代になったのね~
PCで、ズダダダダダッとラピットファイアー(笑)でメールする妹。
 
以前にも、お祝いの花を発注して後で見たら、まったく伝えたイメージ通りでは
なかったとガッカリしていたので、今回はどう発注するの?と尋ねると・・・
 
O色とO色のお花で、小粋に
 
・・・・それは、伝わりにくいと思う。

by august22moon | 2007-03-29 20:49 | 季節 | Comments(2)

観劇の記憶 『オトコとおとこ』

’06 6月26日 文学座アトリエにて観劇の思い出話d0109373_16552655.jpg
川村毅作品は『ハムレットクローン』を’04 11月にプレヴューで観ていたんですが、冒頭、古川悦史さんが「君が代」を歌いながら自転車に乗って出てきたところで「うわっダメだ。苦手だ・・・」。
さらに女優さんがスタンドマイクでリビドー!を連呼するモノローグを叫ぶわ、女優3人が無表情で髪を振り乱して踊るわ・・・。前衛的なお芝居は、私の無知蒙昧なアタマでは理解不能。どう努力してもダメなの。と散々な思い出があるので迷ったんですが、これは観てよかった。小林勝也さん、圧巻でした。

このお話の基になっている、航空会社の組合問題は、山崎豊子『沈まぬ太陽』を読んでいて大筋は知っていたし、主人公が巻き込まれるハイジャック事件に関する本も何冊か読んでいたので、どんな解釈で描かれるか興味がありました。
当日は観客席に浅野和之さんの姿も。


More
by august22moon | 2007-03-29 19:53 | 観劇 | Comments(0)

枕元に。

 『眠る5分まえに見る本』というミニ写真集を置いてあります。
並木道とか・・・       アンの家とか・・・    きれいな木の実たちとか・・・
d0109373_250810.jpgd0109373_2511276.jpgd0109373_2514044.jpg








これも、他の本を探していて出てきた本。(5冊出てきた)河出書房から93~94年に出版されたシリーズ。全10巻。 美しい海外の風景を見て、うっとり穏やかな気分で眠りましょうってことなんですね。
by august22moon | 2007-03-29 01:58 | 読書 | Comments(0)

カレンと北島とおーいずみさん

んったく~オリンピック予選と世界水泳がなんで重なるの。
チャンネルぴこぴこ大忙しでした。
ジュビロ応援団といたしましては、カレンがスタメンでないのは
残念でしたが、後半投入されてからのパスは良かったんじゃないでしょうか。
なんで、平山と2トップじゃないのかな~
北島の50M決勝に間に合ったけど、残念な結果でした。
200Mでリベンジだ!
d0109373_1444384.jpg
さてさて深夜は『水曜どうでしょう』新作・第四夜。
ボローニャからピサの斜塔のあるフィレンツェへ。
左ハンドルにマニュアル車で数百メートル進むだけで3度のエンスト。斜塔を見つけた時の藤村&鈴井さんの大騒ぎにも大笑い。大泉さんの相変わらずのボヤキも全開。
夜中に爆笑しちゃいました。  

代表戦を横目に慌てて作った、この陽気になぜか煮込みうどん。
なのに妹は帰りの電車内で、プレッツェルが止まらず食欲ないですって!
んまぁ・・・どれどれ・・・あら美味しい♪でもこれポッキーとどう違うの?
 
by august22moon | 2007-03-29 01:50 | テレビ | Comments(0)

イプシロン

d0109373_0534947.jpg『やっぱり猫が好き』を探していたら、
福永武彦の 『廃市』 を発見。
これは、大林宣彦監督で映画化されたんですよね。
柳川という街の情緒や、夏の風景が心地よい映像美。
ラスト、「列車は陽の照りつける晩夏の原野を喘ぎながら走って行く」映像とモノローグがとても印象に残っています。
小林聡美さんが、妹の安子役。小林さんの声は吹き替えになってますよね?あの高い声は違う感じ・・・。原作のイメージの快活という部分は合ってるけど鬘も似合ってないし、お抹茶をたてる古風な一面がある安子にはちょっと違うかな?と見ていました。
心中してしまった夫の通夜の席で、妻の郁代が妹に対して、夫をあなたに譲るつもりだったのにと心情を吐露するのを、始めのうち俯いて黙って耐えている表情は、隠し続けていた情念や影を感じさせて、良かったと記憶しています。
確か、原作とは違って、安子は姉に反論しなかったように記憶してるんですが。
「記憶は嘘をつく」からなぁ

by august22moon | 2007-03-28 01:25 | 映画 | Comments(0)

『やっぱり猫が好き07』 

 ♪果てしな~く
油断してた~昨晩スペシャル版の放送があるとは知らなかったので、びっくり。
深夜版からのファンなので、映画『かもめ食堂』のポスターを初めて見た時も
あれ!?レイちゃんは?室井さんもいれば『猫好き』トリオ復活なのになんて思ったほど。

実は過去作品でも、三谷作品か木皿作品でないスペシャル版だと
どうもストーリーにキレが感じられず、いまひとつだなぁと私としては期待はずれが
多いんですが・・・。まぁ、恩田三姉妹のシットコムが見られればいいのだ!

今回は(あくまで)一応時代劇設定。 インテリアもアイデア満載で愉快。
頼みの綱の、三女優のアドリブも全開。楽しいスペシャル版でした。
おかあさん的存在のかやの姉さん役もたいさんのセリフ回しが好きです。
「そんなに走るとまた転ぶよー」とか、巧い。
レイちゃん役室井さんの、はちゃめちゃなアドリブに、どうリアクションすんのよ~と
ばかりに笑っちゃっても、しっかり返す。さすが、元・劇団3○○看板女優!

DVD発売の宣伝コメントの
「見所は?」 「拳、腰浮かせ」 「傘かしげ」 ってのが、爆笑~!
あれだけ時代考証無関係にやっちゃってて、シレッと江戸しぐさを挙げる
お笑いセンス、最高です。 

d0109373_19415114.jpg
この本以外にも、シナリオと、実際に3人が喋ったほとんど
アドリブのセリフを並べて記載されて、3人の鼎談も乗ってる本
があったんだけど二台の本棚と二箇所の本の山を探したけど、
みつからない・・・(涙)
 
さんとわまみ~♪ 

by august22moon | 2007-03-27 20:09 | テレビ | Comments(0)

ホラ、アレなんだっけ?が口癖になってきたぞ

d0109373_23154498.jpg
cafe Leggero  (カフェ・レジェロ)
のプレッツェルと・・・なんとかブレッド。
「なんてゆう名前か忘れた」
ここの、クロックムッシュがお気にで、よく行くらしい。
この2品も好きでよく買うらしい・・・のに、なんで忘れる。

by august22moon | 2007-03-26 23:22 | おいしいもの | Comments(0)

世にも奇妙な物語SP放映記念(笑)

いや~今日は暖かかった。上着脱いで歩いてました。

さて、特にオカルト(って言葉も最近聞きませんが)好きってわけじゃありません。
ちょびっと興味はありますが。
何度か摩訶不思議な経験はありますが、その中でも観劇の際の不思議体験で
ずーっと気になっていた事があったので。

More
by august22moon | 2007-03-26 18:54 | 観劇 | Comments(2)