<   2007年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

コクーン 『 カリギュラ 』 30日東京千秋楽観劇

d0109373_2310498.jpg私自身の最終日でもあります。
もう観られないのが残念なほど、魅力的な舞台でした。

4回の観劇ごとに 「こんにちは カイウス」 から 「月を探しに」 までの会話場面の、エリコンの切なさに涙。
救いたいのに、こうして寄り添って話しを聞くしかない無念さが切ない。

「以前のおまえのほうが趣味がよかったぞ」
横田さんの演じる人物はいつも、その深いサブテキストで、セリフの行間を豊かなアイデアで膨らませ、過去や表に出ない生活まで透けて見えるようですが、奴隷時代のこと、カイウスとの出会い、宮廷に上がる経緯を知りたくなるようでした。言葉や態度の奥に‘エリコンの歴史’が見えました。
ケレアが知る、以前のエリコンってどんなだったんだろう。

カイウスを見送って溜息をつくときは28日は顔を覆っていましたが、両手のひらを祈るような形で合わせて。この時の表情はほんとうに素晴らしい。繊細な表現はさすがです。
この部屋に入ってくるところでのことですが・・・。戸口に立って変わり果てた姿のカイウスを愕然と見つめ(この表情もまた、いい)右手を戸口に掛ける仕草をするところで、あれ?いつもより前に立ってるぞと思ったら・・・右手が戸口に届かない(笑) ちょっとですけどね。 ちょっと体勢を戻すようにして右手を伸ばしてました。
・・・あまりにも些細なコトでした(苦笑)

晩餐の場面では、カイウスがケレアとエリコンの間まで歩いてきて、テーブルの上にぼろぼろ口の中の食べ物をこぼしたのを、前席の貴族のナイフを取って床に掃き落として、乱暴に返していました。不敵な笑みと共に。


「千の新しい傷口から血を流し続けるあのひとを・・・」
カイウスに向ける優しい眼差しとは、まったく逆に憎悪と敵意むき出しで
ケレアや貴族らに向けた鋭い視線に、カイウスへの愛情が強く現れていました。

d0109373_1563336.jpg晩餐前、決起し、テーブルやイスを倒し出て行こうとする貴族たちを冷静に説き伏せるケレアが、倒れていないテーブルに腰を掛けようとすると、テーブルがグラグラ。
この後、カリギュラが乗らなかった?そのテーブル。大丈夫?と わくわく・・・いやヒヤヒヤ。でも残念 いや大丈夫でした。(笑)

シピオンの勝地涼くんはいいですね~ 純真で。苦悩し続ける若き詩人にはぴったり。
若村さん演じるセゾニアが虚空を大きくかき抱く仕草の哀しさにも
毎回、涙がでました。さすがの巧さ。
どんなに愛を注いでも遂に手の届かないところへ行ってしまったカイウスの、まだ心を通わせていた頃の思い出を抱きしめていたのかもしれません。
小栗くんも若村さんの演技に呼応するように、愛の前にすらもがき苦しむカイウスの哀しさが
回を増すごとに巧く表現できてきたように感じました。

言葉の一文字にまで、繊細に深く感情を表現する役者さんたちがいると
どうしても小栗くんのセリフに、もう少し細やかに情感を込めて欲しいと残念に感じる部分もありました。
怒涛の露出(笑)で小栗人気に拍車を掛け、チケットの入手が困難となるほどの舞台となったためか、どうしても「小栗旬という俳優」を見てしまいました。
舞台上に、エリコンが生きていた。シピオンも、セゾニアも生きていた。
でも、カリギュラは・・・。
それでも、公演期間後半には心に響いてくるセリフもありました。
表現も多彩になり、特に楽の今日、財政案をセゾニアの膝枕のまま提案する場面で、セゾニアの手を弄ぶ演技が特に良かった。あれくらい淫らでもいいんじゃないかと。

小栗くんに、この役をもっと練り上げる時間があったら、どうだったでしょう。
荒削りだからこそ苦悩する皇帝の‘若さ’が出て良かったのかもしれないけれど。
(楽まで声を潰さなかったのは偉い。あとは「笑い声」が出せるようになれば・・・。)

カーテンコールは4回。
小栗くん、右手を痛めたのかな?下がる時、右手をちょっと気にしてました。
2回目からスタオベ。2階席まで総立ち。
小栗くんが蜷川さんを引き連れて。笑顔の蜷川さん。
手を繋ぎ合ってお辞儀をする時、横田さんはお隣の廣田さんの手を強く握手するように握ってました。その時の廣田さんの笑顔もさわやか~
最後に、若き座長の提案で全員が一列になってのカテコ。
横田さんの満面の笑みと握り締めた手に、自信と達成感が現れているようでした。
膝を高くあげてオチャメに小走りで出てきたり、
両手で大きく投げキスをして、場内の歓声がひと際大きくなっていましいた。


休憩時間の喫煙所では、宮藤官九郎さん、瑛太さん、池内博之さんをお見かけしました。
ほんわか~って表情が可愛らしい瑛太さん、クドカンさんに貰い煙草(笑)
銘柄を見せて、「これでいいですか?」
続けて、「全然わかんない・・・」と小声で苦笑。
当代きっての人気作家なのにこの自然体。好きだ~クドカンさん。
にやにや笑いが止まりませんでしたよぉ


d0109373_0555289.jpg帰りの東京駅。崎陽軒の売り場にはスーツ姿の社員さん?
お弁当はいつもどおり売られていましたので、対応のため派遣されてたのかな?
ビールのお供に、というよりもお夕飯に
「まい泉」のひれかつサンド。やわらか~

by august22moon | 2007-11-30 23:07 | 観劇 | Comments(4)

コクーン 『 カリギュラ 』 28日マチネ観劇

3回目でしゅ♪
地元では午前中、小雨がパラついていました。
渋谷は、暖かめ。平日の昼間でも若者で溢れていますのね。

さて。本日も立ち見まで。相変わらずの盛況。
今日は2階席でしたが、開演前の係員さんの注意事項の声って
大声じゃないのに2階までよく届くんですねぇ。
劇場構造の素晴らしさに改めて感心。
でも、ケータイバイブ鳴ってました。なぜなんでしょう?なぜ切らないの?

もう何度観ても、「こんにちは カイウス」から始まる
会話場面は涙を誘う素晴らしい場面だと思います。
ぐったりしたカイウスを、驚きと哀しみの混じった表情で見つめる横顔。
両手を組み合わせて落ち着いた様子で
静かにカイウスの傷に心で触れようとする慈愛に満ちた横顔。
カイウスを見送って、両手で顔を覆う溜息の仕草まで
エリコンの涙が見えるようです。

疲労困憊なのに、応える声は平静。
カミュの凄さを痛感。恐ろしい作家だ(笑)

「月を探しに」 は、さらりと。
これが反って、カイウスに思いが伝わらない無念さが強調されました。

自らの過去を話し、心に傷を負っているカイウスを、
千の傷口から血を流し続けるひとをと庇い自分が盾となることを改めて明かす。
ケレアに「これでおまえは敵の顔を見た」と嘲笑する表情。
シピオンに、カイウスの気持ちを充分理解している存在であることを話す不敵な表情。
ピカレスクな雰囲気の役柄は、真骨頂?お似合いです(笑)
エクステも絵になる風貌の魅力を増強。
揺るぎない完成された演技は、やはり、流石。
晩餐の場面で、先頭で出てきた給仕係りの方がエリコンの衣装の裾を
ちょっと踏んじゃって、どきり。
振り向いて睨みつける演技に転換は、さすがの機転。

パンをくわえてカリギュラを追ってゆくトコ、
豪放磊落な人物であることがうまく現れていて、好きです。

長谷川さんの舞台は『キッチン』を観ていましたが
失礼ながら印象になくて(苦笑)
(『シェイクスピア・ソナタ』の舞台中継も観ましたが・・・)
原作より若く、カリギュラと同世代の設定で悩み続けるシピオンと対照的に描かれているんですね。遠見には西島秀俊さんに雰囲気が似ているように見えましたが、
なんとも落ち着いた台詞回しで。軍人というより新鋭政治家。
勝地くんの巧さは知っていましたが、長谷川さんも巧い。
髪型を、もう少しこの時代らしくしても良かったのに。

小栗くんは、エリコンが置いていった暗殺計画者の名前が書かれたタブレットを持って大きく溜息をついたり、ラストの鏡に向かう場面で、無言で鏡に映った自分を何度も指差し続けた演技は、今回初めて観た仕草でしたが、これが内面を端的に表現して巧いと思いました。
「孤独は歯軋りでいっぱいだ」
やり場の無い感情の表現も心に響いてきました。
残り4公演ですが、まだ声を潰すこともないようでなにより。
きょうも観客を惹き付ける演技でした。
それから。細かいことですが・・・セゾニアの膝枕で新財政案を捲くし立てる場面。
右手の指先をぴったり床につけていて、身体を支えるように見えていたのが
指の甲側を床につけて、腕をだらりと垂らす型に変わっていたのが良かったです。
セリフの暴戻さに合わない気がしていたので。

晩餐の場面では、ワインをガラガラゴックン
無作法で狂気を装う‘芝居’ですが・・・

それは・・・『タイタス』 アフタートークでもおやりになってらした・・・

21日の暗殺の場面では、
切られるカリギュラの動きと刺客の飛び出しが合わない瞬間があったり
血のりが少なすぎ?と思いましたが
今日は血のりも充分(笑) 表情が活きました。

カテコの横田さん、
ひと際大きくなった喝采に、アリガトウゴザイマスと最敬礼。
一度消えたネオン管が再び点いて2度目のカテコはスタオベ。
横田さん、両手を握りしめて満面の笑み。素敵です~(* ^o^*)

d0109373_1105471.jpg

かわいい手帳を買っちゃいました。
また革製の手帳に戻そうかと思っていたのに
月ごとに花のイラストが書かれていて

きれいでかわいくて・・・



      
                                               d0109373_1352429.jpgd0109373_1353656.jpg 
d0109373_1355638.jpg 












d0109373_136740.jpgd0109373_228093.jpgd0109373_2304386.jpg











d0109373_012583.jpg
帰りの車内にて。

う~ん

黒ラベルは美味しいです~





d0109373_034538.jpgd0109373_035563.jpg今日はチャーハン弁当を買ってみちゃった。
帰宅後のニュースで、崎陽軒が~ 
あらら~

by august22moon | 2007-11-29 00:36 | 観劇 | Comments(2)

グラスの中の地球

d0109373_013447.jpg本日、会社の忘年会。
社員だけかと思いきや、取引先の方々までご参加で
たいへんな賑わいでございました。

生ビール 梅酒水割り 赤梅サワー 梅酒水割り 赤ワイン

私にしては、痛飲。


梅酒のグラスには球形の氷

by august22moon | 2007-11-28 00:45 | 出来事 | Comments(0)

reception

d0109373_2414856.jpg
某イベント会場に展示されていた
BMW・R1200
バイクはほとんど(いや、まったく)分からないのに
撮っちゃった。













d0109373_2474046.jpg  
以前、深夜に放映していたロードレースは
500ccクラスの、ミック・ドゥーハンのコーナリングがかっこよくて
よく観ていました。
ロッシ君のキャラには笑ったり呆れたり感心したり。
新人類という今は使われない言葉をしみじみ感じましたっけ。




d0109373_2475614.jpg8耐のトロフィー?










d0109373_25633100.jpg

なんだか・・・(笑)

月の写真ばっかり撮って

どーしますねん?

でも、きれいだったんで。

今夜が満月か。

でも、偶然か、体調も取り戻し

やや安心。





d0109373_2573345.jpgW杯バレー・男子大会 エジプト戦
いや~ナメテましたエジプト。サッカーとは違うのね。
なんとか勝てましたな~
世界バレーから、ちょっとファンなのは千葉選手。

ゴッツ(石島)選手ってあれだけキョーレツなガッツポーズで叫んでるようだけど、なぜマイクに叫び声が入らないの?
女子大会では監督の声がよく聞こえていたけど。植田監督の声は聞こえてない。マイク位置が違うのかしら?

実は叫んでないのかしらん?








d0109373_2575420.jpg可笑しいなぁと思うのが
タイム終了時の選手たちが輪になっての
オゥ!!と掛け声をかけながら差し出した握りこぶしが
掛け声とは裏腹に
ぜんぜん動いていないコト。
その拳もかる~く握ってるだけだし。

by august22moon | 2007-11-26 03:19 | 出来事 | Comments(0)

「かちり 石英の音 秋」

d0109373_2234977.jpg水晶は、満月の光りを浴びさせると
パワーを取り戻すとか聞いたけど。
充電でしょうかね。

都会ほどではないけれど
早朝、カラスが近くまで飛んでるみたいだから
ちょっと心配なんですが
窓の手すりに縛って吊り下げてみました。


d0109373_223242.jpg
宜しくお願いします。

by august22moon | 2007-11-25 02:30 | 季節 | Comments(0)

眺めのいい場所

d0109373_19392124.jpgd0109373_1939447.jpg伯父の法事で
湯河原へ。

い~いお天気です。






お、見えますかね。パラグライダーがふうわり

箱根は有名なパラグライダーエリア。






d0109373_1939568.jpg連休中なので渋滞を見越して

早目に家を出たのですが

スイスイ来ちゃいまして

もう相模湾。

1時間近く早く着いてしまい

朝食が少なかったから小腹がすいた
読経の最中オナカが鳴ったら困るからと






d0109373_19414949.jpgコンビニでサンドウィッチ購入。

私もつられておにぎり購入。








d0109373_1944992.jpg
真鶴岬を望む高台にある

城願寺というお寺です。

一周忌の日も快晴で海が光っていました。

伯父は釣りが趣味だったので

ウチにもよく釣果のお裾分けがありました。


「毎日、海釣りに行ってるんじゃないか?」






d0109373_19442270.jpgd0109373_19443823.jpg

















d0109373_19445124.jpg天然記念物のビャクシン(柏槙)の大木。
高さ20m 樹齢800年
皇太子殿下が学生時代に見学にこられたお写真が本堂に飾られていました。

七騎堂。「石橋山の合戦に敗れた源頼朝主従七人の武者像を祀っている」そうです。

前田青邨の「洞窟の頼朝」という絵がありましたね。








d0109373_0344689.gif
車の運転をしないので、こんな道路標識って初めて見ました。
by august22moon | 2007-11-24 21:46 | 出来事 | Comments(0)

「前衛演劇とはこういうこと」

若村さんのブログに、晩餐のメニューの全貌が!
やっぱ、笹かま(笑)
チキンはやはり本物なのね。
そういえば、銅製の杯にお水は入ってるもよう。
グビッて音出てましたから。カイウス君。


さて。久し振りに、雑誌 『acteur』 を買いました。
そろそろ 『カリギュラ』 の舞台写真が掲載される頃・・・と開いてみると。

小栗君の特集インタビューの中に数箇所、横田さんの発言が!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

「・・・今回ぼくは小栗を支えられるところは支えたいと思っています。」 
な~んて優しいの。

稽古の最中に、玉座のネオン管を握りつぶした小栗君に
「自分を壊さないでね」とジョーク。
オトナの余裕ね。横田さんったら。
‘隙間’が大切ですからね。

初日乾杯のスピーチで、声をつまらせた後、笑顔に転じた小栗君に
「芝居をしたな!」とシピオンのセリフで応酬。
照れ笑いに助け舟。どこまでも優しいのね。

『タイタス』イギリス公演の頃の写真集でも、
小栗君の撮影した横田さんのポラばかり見ている私に
妹が言いました。

「インタビューも読んでみたら?」


松山ケンイチ君の特集記事も。
『椿三十郎』で加山雄三の演じた伊織役。
それにしても、織田さんねぇ・・・・素浪人に見えん。
誰なら、しっくりくるだろう

by august22moon | 2007-11-23 23:43 | 観劇 | Comments(2)

♪星が森へ帰るように

役付き社員の人事異動がありました。

この人が直属の上司であってどんなに救われたか
話を聞いてくださるという、悲しいほど当たり前のことをしてくれる人だった。
評価するという、悲しいほど当たり前のことをしてくれる人だった。
部署が変わっただけだから会えないこともないし
まったく仕事で関係しないわけでもないから、
相談事があったら、行けばいいんだけど。
ご迷惑ばかりかけていた私が言う資格はありませんが、残念です。と言うと

「ありがとうございます」。

私が年上なので、いつも敬語なのだ。
敬語で指示なんかしないで下さい。こんなダメ新人なのにと言えなかった。


小躍りしちゃう移動もあった♪顔が緩まないよう注意、注意


タイトルはプリンセスプリンセスの 「 M 」 の中の美しい言葉。
by august22moon | 2007-11-23 00:12 | 出来事 | Comments(0)

コクーン 『 カリギュラ 』 21日ソワレ観劇 感想その2

d0109373_213184.jpg横田さんファン友、づんちゃんの教訓を得まして(笑)
長時間の観劇で、静かな場面でおなかがグ~ッなんてことになってはいけませんので。
車内でおべんと。

あ・・・駄洒落じゃありません。と言っても言い訳になりますが・・・
これしかテキトーなのが無くて・・・( ^ ^;)ゞ




さて、渋谷に着きまして、丸井前の交差点あたりで
KAT-TUNのアドバスに遭遇。お嬢さんがたに混じって写メ。  えへへ
クリスマス一色のロフトでお買い物して、カフェ人間関係へ。
スコーン完売。 残念。 タルト・オ・ショコラを頂きました♪
d0109373_2153380.jpgd0109373_21173659.jpg
















客席には、エビちゃん、山田優さん。(思わずわが怠惰な食生活を振り返る細さ・涙)
城田優さん(帰宅後調べてお名前わかりました・苦笑)
あの長身は目立ちますねぇ。
話題の舞台で客席も華やか。

「こんにちは カイウス」

腫れ物に触るように優しく語り掛ける声は
今回も切なくなるほど。
命の儚さにひとはうまく折り合いをつけていますと慰める哀しさ。

折り合いなどつけられず筈も無く、ひとは絶望し、それぞれに地獄を抱えるのだと
誰よりも知っていて、今はそう言うしかないのが哀れです。
このふたりの場面は涙が止まりませんでした。

エリコンが入って来たところで、ボンッという音と共にネオン管が点灯するのもいい。

「月を探しに。」
この時の哀しげな表情も素晴らしい。
哀しさはより明瞭に表されていました。
これが敵の顔だとケレアに啖呵を切り
貴族全てを敵に回しても恩人を救うのだと敢然と立ち向かう表情には、
奴隷という過去を持つ男に相応しい眼光が在りました。


この日の小栗君は、魂の篭った演技で、「言葉」が心に届いてきました。
晩餐の席で、太った貴族をからかうところや
暗殺を注進に来た老貴族に、ヴィーナスを拝みに来たのか?と惚けるところ
などは、14日はもっと軽やかで、絶妙な間が笑いを誘っていましたが
落差を付けず笑いに走らないように押し留めているようでした。
狂気を表現する動きも巧く、ドラを取りに行く後姿。
スプレーで鏡に映る己を消し、痙攣する動作も自然(?)に感じました。

「一番恐ろしいのは口の中のこの味だ」
「不可能。それを俺は世界の果てまで探しに行った」
「ところが、俺が出会うのはいつも貴様だ」
このカミュのあまりにも悲しい言葉が、心に届いてきました。

若村さん演じるセゾニアが、虚空を抱く動作はあまりにも悲しい。

カミュの作品が読みたくなる、舞台でした。

駅へ向かうと終電が人身事故の影響で30分の遅れ。
寒風吹きすさぶ駅のホームで震えながらも
素晴らしい舞台を観られた感動で夢心地なのでした~
友人にメルすると、「お酒呑むと少しは温まるよ。」 
d0109373_23205039.jpg
ありがと。


お酒は買ったけど・・・ビールなのよ・・・。 





ようやく地元に到着。
随分と低い位置に大きなお月さまが出ていました。

               マンションのすぐ上。   街燈の明かりじゃないのよ。
d0109373_053455.jpgd0109373_0533275.jpgd0109373_0535930.jpg









真ん中の低い位置に光っているのが、22日午前2時半の月。
d0109373_054935.jpg


明日は仕事なんだから
遊んでないで早く帰りなさいよぉ

by august22moon | 2007-11-22 23:35 | 観劇 | Comments(0)

幸福な飛行機

d0109373_2035488.jpg『 カリギュラ 』 2回目の観劇の日。
上京前にちょっとお出かけ。

少し雲はあるけど気持ちいい秋晴れ。

西へ向かう飛行機が

飛んでたんだけどなあ










d0109373_20374768.jpg

どこへ行くんだろ

by august22moon | 2007-11-22 20:41 | 出来事 | Comments(0)


出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
はじめまして
おいしいもの
観劇
季節
読書
映画
出来事
音楽
お買い物
テレビ
スポーツ
ラジオ
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
La chambre v...
時の花をかざしに
ビスケットの缶
雨の匂い
お茶の時間
ナムルのしっぽ
貧しきねこのかんづめ
ほんとはいいたかったこと...
ひびのきおく
貧しきねこのかんづめⅡ
ぐうたらチャコの楽しい毎日
おひとりさまの食卓plus
雑貨とカフェ ロバギター
emilog**

エキサイト以外のブログ

最新のコメント

お忙しいところ、コメント..
by august22moon at 19:48
> frannyさん ..
by august22moon at 23:24
鍵コメ様 コメントありが..
by august22moon at 00:08
naka様、コメントあり..
by august22moon at 20:27
こんばんは。 先日はロ..
by naka0730 at 21:09
こんばん
by naka0730 at 23:55
cinnamonさん、コ..
by august22moon at 00:28
去年、「坊ちゃん」を読ん..
by cinnamonspice at 12:42
miaさん、こんばんは!..
by august22moon at 00:05

ファン

ライフログ


るきさん


黄色い本 (アフタヌーンKCデラックス (1488))


棒がいっぽん (Mag comics)


AKIRA(4) (KCデラックス 14)


ポーの一族 II 萩尾望都Perfect Selection 7 (フラワーコミックススペシャル)


半神 (小学館文庫)


百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)


天然コケッコー 1 (集英社文庫―コミック版)


半島を出よ (上)


予告された殺人の記録


葬られた夏―追跡下山事件


謀殺 下山事件 (新風舎文庫)


闇からの谺―北朝鮮の内幕〈上〉 (文春文庫)


ゴドーを待ちながら


破獄 (新潮文庫)


白夜を旅する人々 (新潮文庫)


容疑者の夜行列車


幻の光 (新潮文庫)


マイケル・ジョーダン リバウンド (文春文庫)


メキシコの青い空―実況席のサッカー20年


北の人名録 (新潮文庫)


変身 (角川文庫)


こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)


とん ことり (こどものとも傑作集)


きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)


サーカス! (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)


花の妖精たち (アルファベット)


フラワーフェアリーズ  (花の妖精たち 愛蔵版)


賢者のおくりもの


友だちのうちはどこ? [DVD]


ポネット [DVD]


イル・ポスティーノ [DVD]


リトル・ダンサー コレクターズ・エディション [DVD]


ディレクターズカット JFK 特別編集版 [DVD]


ダラスの熱い日 [VHS]


大統領の陰謀 [VHS]


ベニスに死す [DVD]


ヒート プレミアム・エディション [DVD]


裏窓 [DVD]


シックス・センス コレクターズ・エディション [DVD]


バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 3 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD]


普通の人々 [DVD]


A.I. [DVD]


ジュリア [DVD]


アルゴ [DVD]


セブン・イヤーズ・イン・チベット [Blu-ray]


ER 緊急救命室 I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]


ゆれる [DVD]


かもめ食堂


スウィングガールズ スペシャル・エディション [DVD]


金融腐蝕列島 呪縛 [DVD]


蜘蛛巣城 [DVD]


すいか DVD-BOX (4枚組)


野ブタ。をプロデュース DVD-BOX


『Q10』DVD-BOX


やっぱり猫が好き(1) [DVD]


The World of GOLDEN EGGS Vol.01 [DVD]


Story of My Life


A Horse With No Name & Other Hits

検索

記事ランキング

ブログジャンル

映画
本・読書