桜色の雑記帳

august22.exblog.jp

出会った本、映画の感想。日々のこと。

<   2007年 12月 ( 36 )   > この月の画像一覧

d0109373_2234757.jpg無口なおじいちゃまと可愛いおばあちゃまで営んでらっしゃる、お気に入りのお蕎麦屋さんで年越し蕎麦をいただきました。

人気のお店なので特に大晦日は予約注文で大忙し。お店も大混雑です。
大丈夫かな?注文通ってるかな?

しばし待っていると・・・

「なんでしたっけ?」

・・・やっぱり(笑)






妹 「また咳き込むから、やめとき~」

でも尻尾まで食べたいんだよぉ~ ゲホッゲホッ

d0109373_2273386.jpg
大晦日の頂きもの。 

草餅をストーブで焼いてみました。


やっぱりストーブはあったかいし便利だねぇ


d0109373_2275380.jpg



あ、焦げた・・・





ぼ~っと 紅白。
知らないお歌の合間に更新(笑)
なんでこんな歌、知ってるの?というくらい
妹はほとんどの歌を口ずさんでいます(苦笑)

by august22moon | 2007-12-31 22:13 | おいしいもの | Comments(0)
d0109373_1953833.jpgd0109373_2011884.jpg

















d0109373_20483115.jpg
そして夜が厳粛荘重に登場し

黒い雲の軍勢が輝く星のもとに行き交い

最後の夕映えは

おずおずと消えて行きます。










d0109373_2018094.jpg
風はオークの森を吹き抜け

小屋の住人達は誰一人として

赤い夕映えを思い返しません。











タイトル・文 「美しきマゲローネ」 林昭氏 訳より。

by august22moon | 2007-12-31 21:45 | 季節 | Comments(0)
30日が仕事納めでした。

今年、途中採用で始まった仕事も早7ヶ月。
失敗もたくさんして落ち込んだりもしたけれどわたしは元気ですって
KIKIじゃないんですが、そんな感じの年の瀬です。
条件は決していい職場じゃないんですが、派遣では生活に不安があるので正社員で採用されたことだけでも幸運。
贅沢を言ってたらキリがないし。
なんとかやっていけそうな雰囲気の職場だし。
傷つくこともあるけれど、親身に聞いて応援してくれる人もいる。
尊敬し頼れる上司もいる。
今までの職場では味わえなかった達成感に高揚したりもした。
充分じゃないか。

悶々とした日々を打破すべく始めたこのブログでは
新しい尊敬すべき友人もできました。
ネットでなければ一生出会うことがなかったであろう方々と貴重な楽しいお話ができました。
10年前、いや5-6年前には想像もつかなかったですもの。
初めて実際にお会いすることにドキドキするなんて。

新しい出会いがあって
好きな方の舞台いっぱい観て

幸福な1年でした。

このブログに訪れてくださった皆さま。
偶然見てしまった皆さま。
どうぞ良いお年をお迎えください。

来年も宜しくお願いします。



タイトルはBLUE HEARTS 「月の爆撃機」から。
by august22moon | 2007-12-31 10:22 | 季節 | Comments(2)
23日 ’01上演 『市村版ハムレット』 NHK教育で放映。
まだDVDを買う決心がついていなかったので嬉しかったです~。

市村さんは、これぞ演劇という重厚なハムレット。

ギルデンスターン役の横田さんは出番は少ないながらも
ハムレットに叔父に呼び出され探りを入れているのだろうと見抜かれ
嘘を通せず、情けなく跪いて、呼びだされたんですぅ~
許しを請う姿は傑作。
ギルデンスターンの個性がくっきり。
髪型もこの役柄にぴったり。
いつも風貌が役柄に合ってるんですよね。

大森博史さんのホレイシオは横田さんの演じたものとは違い
盟友としてというより、国家の大事として王子ハムレットに付き従っている感じ。
横田版ホレイシオは、親友としてハムレットの苦悩に心を砕いてた。
演じる役者さんの年齢の違いが顕著になっていました。

成宮寛貴くんのフォーティンブラス像も面白かった。
次世代を担う若き王子がバイクを駆って登場するという意外さも
面白いと思いました。
『再演・リチャード三世』でもラストのリッチモンドの演説を雑音でかき消すのと
同じように、爆撃音や銃声が演説をかき消して
正義漢の未来も血生臭いものとなることを暗示させる。
・・・見事だと思いました。

90年のイギリス映画で『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』というのがあるんですが。ローゼンクランツをゲイリー・オールドマン!
ギルデンスターンをティム・ロス!!
古田新太さん、生瀬さんでも舞台化されてるんですよね。
観たいなぁ

by august22moon | 2007-12-30 01:19 | テレビ | Comments(4)

芝居は其処にしかない

今年は、新しい仕事が決まりなかなか思うように観劇ができず心残りな1年でした。

心が抉られるようで観たいのに観るのが辛かった’04 『TERRA NOVA』。
ラストシーンにびーびー泣いた’05『AUN・マクベス』 ・・・。
振り返ってみると、そこまで揺さぶられる舞台はなかったけれど
それは不安要素が減って楽しいと思える‘場所’を得られて
精神的に少しは安定してきたのかもしれないなぁなんて(苦笑)

今年観た舞台は・・・。
2月   コリオレイナス  ひばり (3回)
3月   コペンハーゲン
4月   回転する夜
6月   国盗人
7月   YOU ARE HERE
8月   お気に召すまま・再演
      エレンディラ
8・9月 ヴェニスの商人(5回)
10月  オセロー(1.5回)
11月  カリギュラ(4回)

・・・同じ舞台に何回も行ってるから他の舞台が観られないんですな
『ヴェニス』 5回って・・・(苦笑)

複数回観ているのは、みな横田さん出演舞台。
オセローの1.5回というのは、終演時間まで見ていると野宿になっちゃうので
泣く泣く途中退場。で、もう一度最後まで観なくてはと行ったのでした。

最も印象深かった舞台は、『コリオレイナス』
ラスト、唐沢さん演じるケイアスが絶命寸前まで剣を振り続ける場面は忘れられません。
勝村さんも圧巻でした。

今年の横田さんベスト1はやはり エリコン でした。

『カリギュラ』という舞台自体が大変面白い舞台でしたし、
wellcome buck と言いたい若村麻由美さんのさすがの巧さにも感動しました。
出演者全員がこのエポックメイキングな舞台を創り上げている情熱を感じ。
全員が遥か彼方に向けて闘っている舞台でした。
どんな舞台にもどうしても不満の起こる役者さんが
ひとり居るのは、私の単なる‘好み’の問題なのですが。
この舞台はそのようなことはまったく無かった。

横田さんの、繊細で多彩な表現力と完璧ともいえる造形力・創造力が
最も活かされた(活かし易い)役でした。
正直なところロレンゾー役では、ここまでなのか?と不満もありました。
(演技ではなく配役に。追記)
AUN客演『夏の夜の夢(オーベロン)』『終わりよければ~(ぺーローレス)』で魅せた
原作の行間を膨らませた柔軟で深い演技が、また観られないものかと少々物足りなさもあったのです。

観客として、エリコンにめぐり逢えたことを幸せに思いました。
横田さんおひとりのカーテンコール。あの瞬間の感動も忘れられません。

演劇の醍醐味を知った’06 『タイタス』 に次ぐ心に刻まれた舞台でした。  

 

d0109373_0553848.jpg『タイタス(再演)』 『ロミジュリ』 6回に次ぐ観劇数となった『ヴェニス』の楽カテコで観客席にまで舞い落ちてきた薔薇の花びら。
押し花にしておいたのを久し振りに開いたら
ほんのり香りが残っていました。















タイトルは小林秀雄『考へるヒント』の一文
「芝居は日々変化しそれゆえに生きている世界を創り出す。
芝居は其処にしかない。」より。

by august22moon | 2007-12-30 00:30 | 観劇 | Comments(0)

ケンタウル祭

d0109373_21444755.jpg昨晩、NHK教育でラーメンズの「TEXT」を初めて観ました。
もちろん雑誌等で彼らの面白さは知っていましたが、こんなに面白いとは思いませんでした。
『条例が出た』も傑作でしたが、特にラストの『銀河鉄道』。
もうこれにつきます。
(しりとりも可笑しい。)
ジョバンニをじょうばん=常磐(トキワ)として、カムパネラを金村。
二人で会話していた後、暗転。
常盤ひとりが、先ほどの「会話」だった常盤のセリフを言うと
金村は居なかったんだと、気づかせる巧さ。


活版印刷、届かない牛乳などの伏線を張った構成もお見事。

センスがいい。

チケット取れないんでしょうねぇ・・・

by august22moon | 2007-12-29 21:46 | 観劇 | Comments(2)

「総員起シ」

d0109373_21263455.jpgきょうは落ち込みました~ 007.gif

ため息の一日に氷雨が追い討ち。






どうも目覚まし時計の調子が悪いので

新しいのを‘無印’で買いました。

風水によると目覚ましは赤がいいらしいよ、とは妹の弁。

強く信じているわけじゃないけれど

そんなこと言われると気になっちゃう。


アイボリーと黒しかなかった・・・。

by august22moon | 2007-12-28 21:57 | お買い物 | Comments(0)
d0109373_054342.jpg同じ課のメンバーでの忘年会です。

おしゃれな居酒屋さんで
美味しいお料理に舌鼓。

(あ。お仕事中スミマセン)

二次会はカラオケ。
ユーミンの 『埠頭を渡る風』 
竹内まりやの 『もう一度』

これぐらいしか歌えません・・・といいますか
フリードリンクを用意してる間に
歌好き3人が既に各5曲入れていて
2曲歌うのが精一杯(笑)




d0109373_058667.jpg
いっぱい呑んじゃいました。

楽しかった!!

by august22moon | 2007-12-28 01:07 | 出来事 | Comments(0)
d0109373_14873.jpg・・・に行ってきました。
今年は創立70周年記念忘年会となりました。
ステージ前は人だかりで、後ろのほうからズームで撮ったので
ボケボケ写真です・・・。










d0109373_1343147.jpg
今井朋彦さん、内野聖陽さん、
渡辺徹さん・・・。

廣田高志さんは『リア王』のお稽古帰り。

高橋礼恵さんは相変わらず可愛らしくてお美しい。







d0109373_20979.jpg

綺羅星のような会場内に圧倒されつつ

みなさん、とても気さくに応対してくださるので

夢のようなひと時を過ごしました。



70年記念の枡も頂いちゃいました。

by august22moon | 2007-12-27 01:19 | 観劇 | Comments(0)

昨晩お逢いしましょう

トーキョーにて
久し振りにお友だちと会っておしゃべり。
楽しかった~
右は、情報交換中のSさんとMちゃん(笑)
JちゃんとNちゃんとも久し振り。
色合いは渋いのに可愛いリングをしたNちゃん。
お会いするたび、可愛いのに甘くなりすぎないオシャレさんな方。
Jちゃんが付けていたお気に入りリング。実際に拝見したらすっごい素敵!
いいなぁ~
ちょっと会わないうちにスレンダーになっていてビックリ。

みんなお芝居を沢山観ている方たちなので、もっともっとゆっくりいっぱいお話したかった。
会えなくても繋がりあえる昨今ですが、
やっぱり実際に会ってお話するのが一番楽しいですね。
d0109373_3201230.jpgd0109373_324977.jpg 

















毎年この時期は「東京ミレナリオ」が開催されて、たいへんな人混みなのに
あらら・・・空いてると思ったら、昨年から休止してるのね。
残念。
でも、ビルの窓の明かりまでもイルミネーション。

d0109373_2445998.jpgd0109373_2451091.jpg



















d0109373_2425422.jpgd0109373_244926.jpg

















d0109373_2431967.jpg国際フォーラムのイルミネーション。

なんとスタイリッシュ。






次は『リア王』でお会いしましょう。








タイトルは、 松任谷由実の懐かしきアルバムタイトル。
「カンナ8号線」もいいけれど、「夕暮れをひとり」も好き。
ジャケ写はずーっとYuming本人だと思ってました。

by august22moon | 2007-12-27 01:10 | 出来事 | Comments(2)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22