桜色の雑記帳

august22.exblog.jp

出会った本、映画の感想。日々のこと。

<   2008年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

d0109373_22435178.jpg前楽でようやく観劇。
2階席まで立ち見ありの盛況。
清水邦夫脚本 蜷川演出です。音響ブースに蜷川氏。トレードマークの黒いシャツ姿で頬杖をついているのもいつものお姿。

70年代の新左翼の集団の崩壊を絡めているので、ほとんど『将門』。
リーダーは既に存在せず、崩壊を食い止めようと次なるリーダーを求める妻。
最初に観たからかもしれませんが、『将門』が素晴らしかったので重なるとお話しの新鮮味がないため巴御前の存在にも魅力を感じなくて・・・。
崩壊の危機感も狂気も『将門』ほど迫ってきませんでした。

秋山さんも人気実力ともに高い方ですが、どうも私にはよく分からなくて・・・。
巴御前のことよりもっと実盛・五郎親子を見たくなっちゃいました(苦笑)

『95kg~』にも出演の清家さん。前日までコクーンだったんですよね。

尾上菊之助丈の美しさは眼福でした。これが観られただけでも満足です。
菊之助丈の舞台は、尾上松禄襲名披露好演のゲスト出演で1演目観ただけですが、息を呑む美しい女形でした。
鎧に重ねた薄衣をひらりはらり。長い髪をなびかせ走る姿の美しいこと!
藤の大樹の下に佇む姿など一服の絵です。
実は私の席が中二階の前方だったので、この場面で藤の大樹の裏側の奈落から上がってくるところが見えてしまったのですが、これがまるで泉からでも湧き出てきたよう。
幻想的でぞくっとする後姿。観られてラッキーでした。
やはり2階席は‘神の視点’なのかしらん♪
語りの声もなんとも魅力的。映画『犬神家~』では、こんなに惹き込まれる声だったかしら?
なぜ自分が命を落とすことになったのか父(萬斎師)に打ち明ける場面などは、うっとり聞き入ってしまいました。

長谷川博巳さんもかなり面白い役になっていました。
とぼけた味が絶妙。「やっとわたしに訊いてくれましたね」ですって。
二反田さん、世話のやけるお殿さまでタイヘン(笑)

実盛役の萬斎師は老け役といっても、狂言では珍しくないためか違和感なく演じてます。
殺陣の場面では一転、疾風怒濤の活躍。三番叟のような‘跳び’も見られました。
なぜ若い萬斎師に老け役をさせたのか。確かにこれ以上ない魅力的なキャスティングではありますが。実際に壮年の俳優さんが演じたらこの軽妙さは感じられなかったろうし。
でも老いというものにもっと哀切が感じられただろうに。
もしも万作師だったらどう演じたのかな?

息子の霊との会話は実にユーモラス。
「肩を揉め」「力が入りません」(笑)
五郎も、抱きつこうとして空をきってコケたりと霊とはいえ軽妙洒脱。
「森の国」の「眩しいほど輝きに満ちた若者たち」に思い馳せ死化粧ともとれる白塗りを自ら施す実盛。ちょっとアッシェンバッハを思い出しちゃいました。
若きころの自分で闘いたいと願う哀れな場面もユーモアたっぷりな演出。
それまで生きている人間には触れられなかった霊である五郎が父・実盛に化粧をしてやれたということは、既に絶命していたのか死期が近づいていたということか。
五郎が紅を引いてやると唇をパッパッ。もちろん場内爆笑。
これで、最後に敵に囲まれた父を起こそうと守ろうとして何もできない五郎の悲しさが際立ちます。五郎の最後の叫びが悲しすぎる。

カテコでは大向こうから「音羽屋!」の声も。
お辞儀も美しいカスピアン王子・・・じゃない菊之助丈。
2度目のカテコでは幕が上がると、秋山菜津子さんを中央に立たせようとしている最中の実盛・五郎親子(笑)

冒頭、通路階段を駆け上がる時にちょっと躓いた菊之助丈。
すぐ側に座っていた観劇仲間のSさんがビックリ(笑)

d0109373_2245225.jpgミュージアムでは宮廷画家ルドゥーテの薔薇の絵画展開催中。

カフェテラスにも薔薇の花がいっぱい。

by august22moon | 2008-05-29 23:30 | 観劇 | Comments(2)
与野本町の駅前の長~い薔薇の花壇。薔薇の季節と観劇カレンダーが合わず、咲いているところをみる機会がなかったのですが、今回は初めて満開(散り始めもかなりありましたが)の季節にくることができました。いい香りです。
でも、ちょっと肌寒い・・・(苦笑)
d0109373_1503623.jpgd0109373_1505657.jpg


















d0109373_154026.jpgd0109373_1551255.jpg


















【絶対に負けられない戦い】
d0109373_1575938.jpgd0109373_1582394.jpg


















d0109373_2311589.jpgd0109373_2312840.jpg

















「行列」の芝居の稽古をしていつ若者たち。そこに現れる、かつてその芝居に出演していた「一群」。両方を挑発する「青年」が号令をかけると「一群」の人々は架空の砂袋を背負い始める。95kgと97kgの違いをはっきり示す、という彼らの作業は次第に熱気を帯び暴力的になって行く・・・。(パンフより)

85年に清水邦夫氏がGEKISYA NINAGAWASTUDIOのために書き下ろした作品。
「23年ぶりの新演出による(パンフより)」再演。

大稽古場に観客席を設えた舞台。
脇の壁には稽古日程、時間割などが貼られたままなのも演出のようです。
椅子席最前列のお客さんたちが最後に入場し終わる頃から、芝居は始まっていたのでした。
あれ?と思っているうちに横田さんの登場。
中盤以降の横田さんの姿を見た第一印象は「ロバート・プラントだ!」
その姿は嘗てどこかで出会ったことがある気がしました。
アイコンとされた誰かを連想させる。美しく危険な「青年」でした。

今回、先に決定していた舞台から急遽出演となった舞台。
闘っている姿がそこにありました。
初日で既に喉にダメージがあることで賭ける思いが伝わってくるようでした。
冒頭では少々辛そうな声でしたが、暫くすると擦れも無くなっていたのには驚愕。


芝居なのか現実なのか、実存するのか幻影なのか。
判然としないまま、熱風のような舞台に惹き込まれてゆきました。
微かに記憶がある程度の70年代。
解放闘争とかデモとか集会とか。あの頃はなぜあんなに熱かったのだろう。あの熱はどこへ行ってしまったんだろう。
「一群」のひとびとが口を開き始める時は、彼らゴールドシアターの役者さんたちが実際に通り過ぎた時代を語っているようでした。

帰り道、ゴールドシアターの方たちが信号待ちをされているところに偶然に遭遇。
興奮冷めやらぬ私は、「お疲れさまでした。拝見してきました。」と、ついお声を掛けてしまいましたら、「年寄りばっかりでしょ・・・」と笑いながらもご謙遜。とんでもない!!素晴らしい舞台をありがとうございました!
実際にあの時代を正面から受けたであろう世代に、奥底で痣のようにシコリのように残っているであろうあの時代は、この方たちにしか語れないのだろうと思いました。

駅近くでは、携帯で「蜷川さんから80点を貰ったのよ」と通話してらっしゃるゴールドシアターの役者さんも。
いいお点じゃないですか!!

d0109373_2305167.jpg客席にはAUN客演で好演された
高橋務さん。
嵯川哲郎さんらが。
北村有起哉さんもいらしていたようです。

NHKのカメラは入場から撮影していました。
特集番組があるのかな?

by august22moon | 2008-05-29 03:15 | 観劇 | Comments(4)
d0109373_1165250.jpg階段柵に飾られたゼラニウムの花びらが階段に散って素敵でした。
キャパ130は満席。

ロビーの贈花の中に小栗くんからラベンダー色の薔薇が。








シェイクスピア作品の中で『リチャード三世』は『マクベス』とともに好きなセリフ好きな場面の多い作品です。
初演を観ていないので今回の再演はとても楽しみでした。
感想はひと言で言うと、本当に良かった。
休憩なしでボズワースの戦いまで一気に魅せました。
実は、『夏の夜~』の劇中劇や『冬物語』の熊の着ぐるみのような‘遊び’というのか、くだけた演出が苦手でした。それも含めてAUNなんですけどちょっと笑えないんです。
でも今回はそうゆうぶっ飛んだ演出をせず、アドリブに似せた応酬程度に抑えているのが良かったです。
まず、グロスターが亡き夫の棺の前で泣き崩れるアンに、なんと香典袋を差し出すので客席爆笑。
(アンも和装の喪服。お祈りは僧侶の格好で読経。床は和紙製の紅白市松模様。赤い壁。背面の壁に大きな白薔薇)
グロスターが殺し屋に言うセリフ、「よく気がついた」をまるで子どもに対するように言ったり。
殺し屋役の高橋さんが、鋼太郎さんにナイフで頭を叩かれて芝居抜きで痛がるのはアドリブに見せた演出のようですが、「今、持ち替えた・・・」とワザと金具部分で叩いたでしょ?と苦笑したり、次なる殺しを依頼する際(原作ではティレルとの会話)パスタを頬張りながら答えるので鋼太郎さんが、何言ってんのかわかんないよ!とツッコむところなど笑えました。
また、密談後のグロスターとバッキンガムが椅子を片付けるのを「私が(持っていきます)」「いや私が」。グロスター鋼太郎さんが「次はやるね。」と譲ると、バッキンガム中井出さん「今日が最後です」。これがセリフではないような喋り方なのでなおさら可笑しかったです。

客演の高橋務さんの暗殺者が凄く良かった。
ヨーク家側の白い衣装に彼だけが返り血を表す黒いシミで汚れている。
好みの殺し屋ですわ    コソコソ|_- ))))
無表情で飄々とけろりと仕事をする。
まるで岡田以蔵。いや以蔵のほうがぎらぎらしているか。

この暗殺者はじめ全員の武器が剣ではなく金属バットなので、斬りあうのではなく殴りあい。
金属音のSEもあって残虐さが強調され、戦争に正義も聖戦もないのだということが暗示されるようです。
また衣装も革ジャンやジャケットで、中にはジェイソンを思い出させるホッケーマスクを装着している者もいて、より残忍な暴力性が感じられました。

ヘイスティングス卿役谷田歩さんは、ますます華のある役者さんぶり。
脇に回ってもその‘華’で目を惹きます。素敵♪

鋼太郎さんのグロスター(リチャード)は文句なく面白い。
冒頭の有名すぎるセリフ「われらが不満の冬もようやく去り・・・」から「馬を!代わりに王国をくれてやるぞ」まで惹きつけて離さず魅力的。
蜷川演出で市村正親さん主演の「リチャード三世」再演を観たのですが、まったく別の魅力がありました。
アンを口説く場面や、諸侯へ追従を言いつつ策略を巡らす策士ぶりなどの闇を抱えた権力者の威圧感は鋼太郎さんならでは。
『終わりよければ~』でも使われていた紗幕を使った演出がありました。
リチャードが悪夢を見る場面で亡霊たちがこの幕の奥から「絶望して・・・」のセリフを言い、それぞれが「リチャード」と呼び続けるのが幻想的で恐怖を煽りました。
ラスト。殺されて横たわるリチャードに、背面のおおきな薔薇から血が滴り落ちて白い衣装を染める演出も良かった。

日本的演出で宴の場面には膳が使われました。お酌をする侍女は巫女姿。
バッキンガム中井出さんがリチャードの心変わりに激高するところで振り上げたお膳に乗っていた杯が客席まで飛ぶハプニングも。
鋼太郎さん、長椅子に座っての芝居の最中に泣きマネをしつつ床におちていたヘアピン(抵抗するアン坂田周子さんの髪から落ちた)を摘み上げポケットに入れる冷静?さにちょっと笑えました。
カテコでは鋼太郎さんが次回公演『マクベス』のお知らせ。
どなたがマクベスを演じるんだろう。

セット・演出と洗練されて見応えのある舞台でした。

終演は16時20分。外はようやく涼しい風。
そして渋谷へ。

by august22moon | 2008-05-28 03:05 | 観劇 | Comments(0)

ひとやすみひとやすみ

AUN公演 『 リチャード三世 』 千秋楽観劇に恵比寿で下車。

d0109373_151139.jpg
・・・熱いっ いや、暑かったです。

恵比寿駅西口に鎮座まします恵比寿さまです。

福々しいお顔。












可愛いカフェ 「ラヴァンデリ」さん。
ピスタチオなどのドライフルーツが乗ったティラミスとアイスカフェラテで一服。
1階はいろんな種類のソファや椅子。2階は椅子やテーブル、壁までもが意図的にアマチュアっぽく塗られていて、これがまたおうちカフェみたいで寛げる空間。
喫煙室はガラス張りになっているのでタバコが苦手な方にも快適でしょうね。
d0109373_265492.jpg














d0109373_2123999.jpgペーパーナプキンにハート型の穴!
かわいい!!
















観劇後、コクーンで上演の 『わが魂は輝く水なり 源平北越流誌』 観劇のため渋谷へ。
まず移転後まだ行ってなかった書店ブックファーストへ。
B1階は平台ほとんど無くて高い棚に面陳列。レジ周りも洗練されていて。
以前より棚も明るい色に変わっているので明るくてより都会的。
パルコブックセンターの照明を落とした美術書コーナーも好きですが
こうゆう明るいお店もいいですね。

d0109373_240164.jpgお気に入りカフェ 「人間関係」 さんで一服。














d0109373_2401469.jpgスコーンとクロックマダムで夕食。

by august22moon | 2008-05-27 02:56 | おいしいもの | Comments(0)
イクラをこぼさないように気をつけて頬張りながら女子バレーボール世界最終予選・セルビア戦をTV観戦。
1・2セット連取したときは、これはいけるかも!昨日の予想外の苦戦に奮起して予想以上の力が出たか!?と期待したんですが・・・。
結局このタイ戦の苦戦が響いて得点率で3位。
北京で世界と戦うには1位で五輪出場権を獲得したかったですねぇ。

いやはや・・・いつもながら大騒ぎしてしまいました ( ^.^ )エヘッ

来週は男子。ガンバレ!ニッポン!!


映画 『ザ・マジックアワー』 公開宣伝のために大忙しの三谷幸喜監督。
マジックアワーとは、完全に夕陽が落ちる日の入りに影が無くなる時間のことで、この時間には美しい映像が撮れると言われていると監督。
今夜はNHK「サラリーマンNEO」に出演。
来週は「ぼくらの時代」にも出演ですって。楽しいお話が聞けるかしら。
タイトルは 「サラリーマンNEO」エンディング映像での、三谷監督の‘ええねん’な事。


明日は、ようやく AUN公演 『 リチャード三世 』 を観劇。
次いで 『 わが魂は輝く水なり』 のソワレを観劇。
ダブルヘッダーです。

by august22moon | 2008-05-25 23:55 | テレビ | Comments(0)

最強コンビ

朝は台風のような風雨でしたが午後から初夏の陽射しが戻って暑くなりました。
もう忙しさとまだまだ不安なので緊張して汗だくになっていしまいました。

さてさて。待ちに待った「大北海道展」がデパートで開催されましたので、
まず大好きな佃善さんの「じゃが豚」を購入♪
d0109373_22282474.jpgお夕飯用に
函館・掴み寿司 海楽 さんの
カニ・イクラ弁当を買いました。

大盛りです♪

いっただきま~す。

付け合せの昆布がごま油が効いて美味しかったです。


「こぼしたらちゃんと拾ってね。拾い忘れてると鮭になっちゃうから」 (妹の迷言) 

ヾ(._・)ノ  は?

by august22moon | 2008-05-25 23:12 | おいしいもの | Comments(0)

午後1時のカンツォーネ

d0109373_13283799.jpgお隣りのお家からはときおり横笛の音が聞こえてきます。
神楽笛ですか?と伺うと
なんと「竜笛」。

東儀秀樹さんのお姉さまにもご指導いただいたこともあるとか。

・・・すごいっ












d0109373_14445085.jpg さて本日。少々ヘコみ気味なので、窓辺できらきらひかるものを眺めていましたら
‘竜笛家’とは別のお宅の奥様の歌声が・・・。
コーラスサークルに参加されている奥様が練習中です。

いつも聞こえてくるお歌はタイトル不明。

演歌のようでもあり
はたまた童謡のようでもあり
パンソリのようでもあり。










d0109373_13252926.jpgきょうのお歌は何かしら。

聞き耳をたてることしばし。

お、この歌は・・・「帰れ ソレントへ」!

思い出しました。
小学生のころなのか中学生か、音楽の教科書で知ったこの歌の古語の多い歌詞に 「うつつにも夢む」という部分があって。
「夢む」という言葉を初めて知ったので不思議でした。
「捨つるな」はまだ納得できたけれど。
訝しがりつつ歌った記憶が蘇ってきました。







早朝のUEFAチャンピオンズリーグ決勝。
テリー・・・。雨で泥濘んだピッチに軸足をすくわれ無念のPK失敗。
次はEURO’08でイングランド優勝だー

by august22moon | 2008-05-22 13:33 | 出来事 | Comments(0)

スタバってみる。

会社へ持ってゆくドリンク。私は500mlペットボトルに「ローヤルゼリーのアミノサプリ」か「黒酢入りリンゴジュース」を入れて行きます。
社員食堂には日本茶だけではなく、豆から淹れたコーヒーも飲み放題でセットされているんですが、いずれもホットなので。
妹は、ナントカっていう中国茶を煎じて1リットルペットボトルに入れて持参しているのですが、お茶って結構ボトル内に茶渋などが付いて変色するようです。
水筒に換えるべく探していたようですが、なんといっても 1リットル

多いっ! どんだけ飲むねん (∂_∂)

なかなかデザインと機能の両方に満足するものがないようで。

で、ようやく見つけたのが


d0109373_17766.jpgコレなようです。

スタバですって。

斬新です。スタバさん。


・・・でもコレ持ち歩くボトルですかね?



ま、洗い安そうでなによりなにより 

(*^ー^)/°




特にファンでなくとも、なんとなく観てしまう‘キムタクドラマ’。
‘何を演じてもキムタク’と厳しい評価もあるようですが
いつもイキイキと演じているのはいいんじゃないでしょうか。
今回は細かい演出が面白いです。
慌てて取り出すティッシュがまだビニールに入ったままだったり
畳敷きの廊下に足を取られたり。
秘書・深津さんが閉めるドアだけをアップに映したり。

寺尾さんは巧いけどちょっとまだ政治家らしく見えない。
更に首相には見えない伊東さんですが、辞任会見での捨て台詞は笑っちゃいました。

知人の同級生が、市議会議員⇒代議士 となるにつれ‘お辞儀’が正に政治家のそれへと変化していったのがとても面白いと感じた経験があるのですが、
そんな‘変化’までを演じるのか。
検事役を演じたときのように、あくまで型破りな人物として変化しないのか。
今後の演出が気になる・・・かな?

by august22moon | 2008-05-20 01:39 | お買い物 | Comments(2)

丁香花

ホテルのランチブッフェへ行く計画だったのに所用で時間切れ。
楽しみにしていたのに残念。
...で、いつものレストランへ。

前菜も頂きたいけどサラダだし・・・
サラダなら、いつものサラダも頂きたい・・・
迷った挙句、両方オーダーしちゃいました。
〔季節の前菜・水茄子とポークの前菜〕と〔DADAサラダ〕のLサイズ
d0109373_116629.jpgd0109373_117521.jpg


















私は〔フレッシュトマトとチキン〕  妹は〔新じゃがとツナの黒胡椒風味〕d0109373_1243865.jpgd0109373_1245167.jpg

















聊かヤケ食い気味でございました (*^-'*)>


本日のお花。
香りほのかな白いリラの花。小ぶりなアルストロメリアとベルテッセン添え。
d0109373_1395710.jpgd0109373_140683.jpg
by august22moon | 2008-05-19 02:28 | おいしいもの | Comments(0)

語らぬ人々

15日の深夜に大変興味深いドキュメンタリーを観ました。
かなり遅い時間で睡魔と闘いながらでしたが。

フジテレビ・NONFIX 「千の風プロジェクト 大阪大空襲の夜 地下鉄は走ったのか」
(昨年放映の再放送)
太平洋戦争中の1945年3月13日~14日。274機のB29による大空襲の際、被災する人々を乗せ走った地下鉄・御堂筋線があった。


地下鉄御堂筋線は私も乗ったことがありました。
和歌山県の高野山への旅で、新大阪から難波駅まで。そこから南海高野線に乗り換え極楽橋駅で下車しケーブルカーで高野山駅に到着という長旅でした。


さて。おかげで助けられたと感謝の証言を取材した中日新聞の記者によると、当時地下鉄は避難場所として利用されていた。
しかしそれは電車が走っている時間帯のみ。終電が終わると現在同様、門が閉められ閉鎖されていた。
空襲のあった時間は深夜。終電後の時間。
生還した人の記憶によると、逃げ惑うなか誰かが「地下鉄が開いているぞー」と叫ぶ声に地下に逃げ込むと暫くして地下鉄が入ってきたのが、「2時半~3時だろう」。
皆、その地下鉄に乗り込み空襲を受けていない梅田方面まで逃れることができた、とのこと。

果たしてあの時の地下鉄を運転していたのは誰だったのかと取材を進めてゆくのですが、公式の文書はまったく残っていない。
当時御堂筋線勤務の人々はなんと「その時間に地下鉄は動いていないはず」と証言します。
まだ始発も走っていない時間であるから送電も止めてあり出入り口も閉鎖されているはずと言うのです。

記者はようやく重要な証言を得ます。
当時、職員の多くが兵役にとられ人手不足を補うため、女性や少年が勤務していたそうで、「私は当時、高校3年生で地下鉄を運転していた。」という人が現れます。
多くの当事者が既に鬼籍に入る中、18才で地下鉄を運転していた人が仮説として、「動いているとしたら始発駅に運転士を運ぶ職員列車だ」と話します。
通常は一般乗客は乗せないその列車に、緊急事態とドアを開けたのではないか、と。

確かに、その時間帯に送電されていたという変電所の公式文書も見つかります。
当時の大阪鉄道局長である佐藤栄作氏の「空襲がありそうだ」という予想から「送電は止めるな」と指示が出ていたからで、そればかりか支線の駅には支援物資を用意するよう支持があったというのです。
空襲時は崩壊の危険もある地下鉄を救援のため走らせた名もなき少年たちの勇気。
緊急の避難場所として開放しておくように指示した元・首相佐藤栄作氏の英断が強く印象に残った番組でした。

by august22moon | 2008-05-17 02:35 | テレビ | Comments(2)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22