桜色の雑記帳

august22.exblog.jp

出会った本、映画の感想。日々のこと。

<   2008年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ウィル・スミスの新作公開にかけて何度目かのTV放映。
公開から12年も経つんですね。当時としてはCGも合成もかなり頑張っていたんじゃないでしょうか。
宇宙人の地球侵略と、大統領が自分は元・戦闘機乗りだから空に帰るんだって一緒に闘っちゃうという、いかにもアメリカなコテコテの娯楽映画なんですが、当時映画館まで観に行っちゃいましたし放映の度に見ちゃいます。

ウィル・スミスにハズレ無しとも思いますが。
なぜ見ちゃうのかといいますと。
登場人物がとてもそれらしい顔立ちの俳優さんを当てているところがいいなと思いまして。
J・ゴールドブラムはいかにもエンジニアっぽいし。
大統領の顔立ちはやっぱりケネディを意識してるんでしょうが。夫人もファーストレディーらしい気品があるし。アダム・ボールドウィンの少佐、ロバート・ロジアの統合参謀本部長とか。

ロズウェルの事件やエリア51のことを挙げて政府批判するディヴィッドの父親をタブロイド誌を信じないでと宥める大統領に国防長官が、その話には間違いがありますと打ち明けると、ディヴィッドが「which part ?」と、あの低音できょとんと尋ねる表情はちょっと笑っちゃいます。


『ガラスの仮面』出演の川久保拓司くんのブログに登場の横田さん。
着ているのは懐かしやベッカム在籍時代のマンUのユニフォーム!

by august22moon | 2008-08-30 23:18 | 映画 | Comments(2)

「アンドウとは」

d0109373_154070.jpg今日はカイシャを休んじゃいました。
で、ヤッホーっとなる性格ではなく、なんだかグジグジ・・・。
『ゴールデンエッグス』の3・4巻も深夜になってようやく見始めました。
ん~何度聞いてもこれが小栗くんの声とわかんない・・・。
すぐに判ったFrannyさん、恐るべし。
勝地クンもわかんないけど。。。

ご機嫌帰宅の妹は
タクシーを降りるとき、お世話さまでしたと言うところを「ごちそうさまでした~と言っちゃった~恥ずかし~」。




深夜になって雷が鳴り始め雨が降ってきました。



タイトルは、『ゴールデンエッグス』の登場人物でずぇったいフランス語なんて喋れないと思わせる怪しいフランス語の家庭教師ミシェルのセリフ。それっぽい発音で「un deux trois」と言ってるうちになぜか「アンドウとは」に変わっちゃう(笑)
by august22moon | 2008-08-30 01:23 | 出来事 | Comments(2)

カラーリング中爆睡

d0109373_2285770.jpg桃です。
おこちゃまカットで頂きます。

淵にしがみ付いているのはスヌーピーです。


本日、長年お世話になっている美容院のオーナーNさんから
初めて聞いた野菜の名前。

ナンバン

唐辛子のことなんですね。
新潟出身のNさん、地元ではよく食べたらしく
山梨の鳴沢で美味しいナンバンが手に入ると聞いてわざわざ行ってみたらしいんです。そのナンバン。中の種を取って味噌を入れて揚げ焼きするのがお気に入りだとか。
その時、中にも油を入れると言ったような・・・。その後の爆睡で記憶が定かではありません。 

by august22moon | 2008-08-27 22:24 | おいしいもの | Comments(0)
夏ですので、怪談を読んでみました。
と、その前に妹の傑作なエピソードをば。

d0109373_215295.jpgこれは、妹が「何か面白い本ないかしら」と相談した職場の先輩から薦められた『コンゴ・ジャーニー』という本です。
全財産を投げ打ってコンゴへ幻の生物を探しに行った作家の旅行記。
「少し読んだんだけど・・・どおしよう」。
なんたってコンゴです。ジャングルです。
ハンパない過酷な世界です。
友人から東南アジア旅行に誘われても断る。
食事中にアフリカの野生動物の映像が出るとチャンネルを換える。
『一瞬の風になれ』を読んで感動し『ちりとてちん』や『チャングム』に夢中になる。
そんな奴ですんで、寄生虫やら害虫やら猛獣やら風土病・伝染病の中を探検したお話が読めるわけありません。
私も無理です。
読まなくちゃ貸してくださった先輩に対して申し訳ない。でも読めない。
ネットで粗筋や感想を調べて決心がついたようです。

「こりゃ、やっぱり無理だわ・・・」


文藝怪談実話 (ちくま文庫 ふ 36-8 文豪怪談傑作選 特別篇)

「十字を切るといいんじゃないか、この際」
遠藤周作氏と三浦朱門氏が熱海での幽霊目撃談について書かれているので読んでみようと思いまして。
両氏がそれぞれ、旅先の熱海の旅館に泊まり遭遇した経験について書いてあるので、お二人の作風の違いが面白い。
後日談として、遠藤氏が同じ旅館に編集者と若い女性と泊まってみてまた再び同じ現象が起こるか実験するのも、狐狸庵センセイらしい筆跡で怖いけれど可笑しい。
作家の体験談だけでなく、六代目梅幸・六代目菊五郎・淡谷のり子・宇野信夫などの著名人の怪奇現象・幽霊目撃談も。
どのお話も洒落が効いていたり大正・昭和の粋が感じられます。
昨今のおどろおどろしいホラーと違います。
でも、さすがに作家たちの体験談はぞっとさせる迫力がありました。
佐藤春夫氏、稲垣足穂氏が引っ越した先がいわく付きの家で・・・。
その怪奇現象の表現がやっぱり面白いんですね。
小林秀雄氏は菊池寛論として菊池氏の霊体験を紹介しているんですが、これが読み応えのあるもので、霊体験のことなんて忘れて読みました。

by august22moon | 2008-08-26 23:14 | 読書 | Comments(0)
d0109373_2328466.jpgゴールデンエッグスのDVD 1・2です~♪

リサ&レベッカの噛みあわない会話がお気に入り。

MORIMORI cooking も入ってたし。

明日またゆっくり笑いたいと思います ♪






タイトルはレベッカが話を誤魔化す時に挟む科白。
当然、なんのチケット?と尋ねるリサに
「オメーに教えねーよ」
「じゃ聞くなよ」

なんの会話なの(笑)

by august22moon | 2008-08-26 00:07 | テレビ | Comments(2)

夜のひまわり

d0109373_2201716.jpgさい芸帰りの深夜、土砂降りの地元で発見した向日葵畑。

夏の終わりを告げるように、みな項垂れてました。




それにしても





d0109373_2203213.jpg
背、高っ

高すぎませんかね。コレ。

3mはありますよ。








観劇を楽しんだ夏。

その夏も終わろうとしています。

by august22moon | 2008-08-25 02:26 | 季節 | Comments(0)
d0109373_1422673.jpg先日の暴食が祟ったのか胃の調子がイマイチで何も食べずに出かけました。
でも観劇中にお腹が怪音を立ててもいけませんので・・・。
温かいおうどん食べてみました。
美味しく頂きました~。







 さて。小雨降る肌寒い与野本町に到着。

d0109373_23501581.jpg 「点と点を繋いで」

横田さんの舞台はいつもは中日あたりも観劇して初日からの変化を楽しむのですが、今回は初日と楽だけ観劇しました。

ホワイエの花はほとんどが片付けられ、柱に一般の方以外の贈り主の名前が張り出されていました。 

音楽劇は私には馴染みのないものでしたが、ファミリーシアター仕立てということで、初心者にも入り込み易い構成だったと思います。
夏木マリさんと月影瞳さんの掛け合い(デュエット)も聞き応えがあるし。
初日に気になった月川さんのソロも歌詞がきちんと聞き取れましたし、劇中劇「たけくらべ」の格子戸前の信如の複雑な心理もはっきりするようになった気がします。
「サロメ」の踊り場面で奥村佳恵さんの表情が良くなっていませんかね?
バレエの美しい手足の動きに見惚れて見逃していたのかしら。
ヨハネの首を愛おしむサロメの狂気の表情が良かったと思いました。
やはり何度見ても、妹尾さんの着流しにカンカン帽姿はすごく板に付いていて、その姿でお芝居が見たくなります。1場面だけとは勿体ない。
土砂降り場面では傘の斜め下あたりに小さな虹が出来ているのを発見。

両日共かなりの良席で観劇できましたが、客席通路を多用する蜷川作品では、後方に役者さんがいることも判らない、どんなお芝居をしているか見えない場面があったので、そこは残念な部分でした。これは今舞台に限ったことではないので仕方ないですね。
ラストで横田さんが客席から舞台奥へ行っていたと後で友だちに聞いてガッカリ。見逃してました(涙)

足元に舞い落ちた銀色の紙吹雪d0109373_139294.jpg
カテコは4回かな?
舞台後方の天井からナイアガラ風に花火が。出演者の皆さんも振り向いてびっくりされてました。その後、左右袖から銀色の紙吹雪が噴射。
華やかなカテコでした。
横田さんも満面の笑みで。珍しいほど満面の笑み(笑)
夏木さん、両側に揃った出演者に向けてガッツポーズしながら颯爽と登場。かっこいいったら ♪
大和田美帆ちゃん奥村佳絵ちゃんもボロボロ泣いちゃって。
何度目かのカテコで、隣に立った横田さんは大和田さんの頭をヨクガンバッタネとナデナデ。




驚いたのが、新川さんが男泣きに泣いてらしたことです。
それほどに今回は重圧があったのでしょうか。
大和田さんと奥村さんに引き出されてまだ舞台上にいた蜷川さんまでもが、その新川さんを前に出そうとするのを固辞されて、深々とお辞儀されました。

横田さんは、原作の行間を膨らませ、血肉を通わせ輪郭と奥行きを創造し、観客側にそれを感じさせるところが素晴らしいと思っています。
今回の役はマンガの登場人物。時には現実離れした手法で描かれた原作のイメージに、後継者として実業家としての苦悩、演劇を愛するものとしての葛藤など、なんとか人間・速水を創り上げようと腐心されているようでした。
速水の内面苦悩を表現する唯一の場面が歌ですから、セリフと歌との差異を少なくされていると感じました。
歌でストーリーや感情を凝縮させる方法はとても劇的なのですが・・・。
こうゆう歌い方なら前後の芝居を分断しないので違和感を感じませんでした。
(朗読『マゲローネ』でオペラ歌手の方との共演では、朗々と謳い上げるドラマチックな歌と物語朗読との差異を作らないように意識した語りでした。)

初日よりも若干、音に重きが置かれているかしら。
歌い込んでいくとこうなってしまうのか・・・。
でも。甘い歌声に酔うのもたまにはいいかも。

紫のバラに真情を重ね、花屋さんのスタンドと共に奥へハケながら‘この花全部’とジェスチャーが加わってました。
紫の薔薇を大人買い(笑)

観劇後は横田さんファン友だちのJちゃん、Nちゃん、Sさんとお茶しておしゃべり。
楽しい時間を過ごしました。

朝からの雨はついに土砂降りに。
東京駅は物凄い人混み!2時間以上遅延の新幹線に乗って土砂降りの地元へ帰り着きました。


次は来年(!) 『冬物語』 で会いましょう。

by august22moon | 2008-08-25 02:04 | 観劇 | Comments(4)

星花火

今年の夏、最後の花火大会です。
船上から打ち上げられるらしいのですが、友だちから堤防や近くの港湾の人出の凄さを聞いてとてもムリ!とまだ一度も行ったことはありません。
仕事帰りの駅のホームから初めて見えまして。
直線距離で3~4キロ先にしてはかなりの大きさにビックリ。
ホームで電車待ちの人たちもみんなビックリ。
若いコは、ヤバイヤバイ、ちょっとヤバクない?を連発(笑)

d0109373_1264282.jpgd0109373_1265428.jpg


















d0109373_1271315.jpgd0109373_1272285.jpg



















なんとか大きさがご理解頂けますでしょうか。
おんなじような写真ばっかりですが
色も赤・青・緑とカラフル。
赤いハートマークや黄色い星型など、形もいろいろありました。

今日は朝から曇り。小雨パラつく秋を感じさせる一日でした。
年々暑さ寒さが身に堪えるようになったので(苦笑)
お彼岸までは暑い日が続くのでしょうが、早く涼しくならないかなぁ


明日、というかもう今日ですが、『ガラスの仮面』千秋楽観劇です。
by august22moon | 2008-08-24 02:24 | 季節 | Comments(0)
acteur(アクチュール) No.12 (2008 SEPTEMBER) (キネ旬ムック)

ずいぶん物騒なセリフではありますが
これは、唐沢寿明さんのことば。


発売された雑誌acteur 最新号の長塚圭史さんの連載対談‘COFFEE SHOP’はゲストが唐沢さん。
ドラマ『ラブ・コンプレックス』のはちゃめちゃなアドリブに、共演の反町さんが遂にキレた話から、舞台での失敗談に話題が及び、『天保十二年のシェイクスピア』でのセリフ忘れちゃった事件(勝手に私が命名してます)のおはなしが始まります。
その説明がもうあちこちで目撃談を読んでいるにも拘らず大笑いの面白さ。
勝村さんと二人の場面で、セリフが飛んじゃった唐沢さん、
「勝村が助けてくれるかなーと思ってたら、テメェ、セリフ忘れただろ!って。」
「逃げようと思ったら掴まれて」
台本片手に芝居が続行されるんですが。
で、「途中から思い出して、思い出したぞこの野郎!って台本叩きつけて芝居始めて。」
もう傑作です。この野郎って・・・・(笑) 実際に見てみたかった。
『マクベス』でも、同様に忘れちゃったことがあったんですってね。
知りませんでした。
もうそのお話が可笑しくて可笑しくて。
誤魔化しようがなくなって舞台からハケちゃったんで、舞台は無人。
ところがその日のアンケートの中に、「誰もいなくなった時に光る金色の玉座がすべてを物語ってましたね」で ‘一同爆笑’
対談に同席していた編集者一同も笑っちゃってる。

昼休みに読んでいたんですが、ほんとに可笑しくて可笑しくて。
午前中は最悪なことばかりだったんで救われました。

え?私ったら雑誌記事で救われちゃうんだわ・・・。(笑)



ニッポン400mリレー 銅メダル! おめでとう!!!
ああ~よかったぁ~
国際映像のカメラが1位のジャマイカしか写さないっていうか
2・3位がアングルに入らない!
高平選手から2位でバトンを受けた朝原は!?どうなったのーー

・・・画面に入った途端

やったーーー! 

ああ~ほんとうに良かったー

観客席で応援の為末選手ったら 泣くんですもの
見ているこちらも泣けちゃいます。

by august22moon | 2008-08-23 01:28 | お買い物 | Comments(2)

ガラス玉遊戯

d0109373_23332213.jpg本日は私めの誕生日でして(苦笑)

もう苦笑しちゃうようなトシですが・・・。

妹からお花。

はて?この白い実みたいのは、なんでしょね








d0109373_23374177.jpgケーキも贈ってくれました。


















d0109373_23384934.jpgシェ・リュイさんの洋酒が効いたチョコレートケーキです。


















d0109373_23493824.jpg箱から出すとスライスチョコがパラパラ落ちちゃうのでこのままキャンドルさしました。

年齢数のキャンドルは隠させていただきまして・・・。





美味しいぞよ ♪









バースデーディナーは・・・



わたくしの、たっての希望を叶えていただきまして




「王将」です(笑)
d0109373_23554175.jpg五目そば














d0109373_23571892.jpg妹はかた焼きそば














d0109373_23594715.jpgチャーハンは外せないし














d0109373_001972.jpg餃子も食べたい。


















d0109373_00551.jpgごちそうさま~




















d0109373_0205499.jpgピンクのとんぼ玉も贈ってくれました。

by august22moon | 2008-08-22 23:32 | おいしいもの | Comments(8)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22