<   2008年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

妹の買ってきたパンたち。
今宵のお夕飯になりました。
クロワッサンサンド・メイプルソース入りのパンは「カフェ・レジェロ」さん。
「箱根ベーカリー」さんののシナモンロールパイと、その隣りにで~んとありますのはチョコ入りのパンです。
d0109373_23125039.jpgd0109373_2313222.jpg

















d0109373_0135033.jpgこれが食べたかったらしいベーコンエピ。

2本(笑)














今日もまあまあの一日でした。

チームを組んで目標を達成しよーな企画に毎回苦しめられる社員たち。
今までは二人ぐらい上司やベテランがチームに配置されたので、新人や派遣さんは「2トップ任せ」。「がんばってください2トップ。私はディフェンダー。」「じゃ、私はゴールキーパー・・・なにすんだソレ?」なんてお気楽だったんです。
ところが今回はチームが少人数。あこがれのA課長と組むことになったんですが、張り切って早々と高い目標を掲げるチームリーダーたちに比べ、A課長は「〇さんはこれくらい大丈夫?」と優し~い (。・・。) ポッ
無理な高い目標を挙げられちゃった同期の人たちに比べると気が楽なんです。
不思議なもので、楽な目標を出されると逆に頑張っちゃおうなんて思っちゃうんですね、これが。
なんてゲンキンなんでしょ ( ^ ^ ;)ゞ



タイトルは、GReeeeN の 『愛唄』
なんでeが4個も付いてるのかオバサンには情報が入ってきておりません。

コソコソ|_-))))

by august22moon | 2008-10-29 00:58 | おいしいもの | Comments(6)

みんなのおこげ

d0109373_22363345.jpg最近のオキニ。レッドアゲートのブレスとレモンクォーツ・フローライト・シトリンなどなどのブレスの重ね付け。


先日、仕事がバリバリ巧くいったじぇい ♪ これはレッドアゲートのパワーストーンブレスのお陰だわん♪ なんて浮かれて言っておりましたら・・・









「わたしも~」と、妹が買ってきました。

ピンボケですぜダンナ。 で、撮り直し。隣りは高野山で選んだ茶水晶。
d0109373_224318.jpgd0109373_2251071.jpg

















お陰かどうか、午前中は久し振りにチョームカつく(笑)ことが続きましたが、午後からは無事楽しくお仕事できました。
ま、ブレスを忘れて行った日でも、いいとこはありましたけどね、もちろん。
( ̄▽ ̄)ノ_彡☆バンバン!


タイトルは「お陰」を全部商品名の「おこげ」に言い換えて、会議室で「君のおこげ」「いやいやみんなのおこげ」と妙なヨイショ連発してるナックスメンバー出演のCMより。
仕事が巧くいって浮かれてるサラリーマンという役どころか。

by august22moon | 2008-10-27 23:51 | お買い物 | Comments(0)

百遍の紅雀

今朝は寝坊しました。
猛スピードで洗顔→ヘアメイク。
休日だった妹に会社まで愛車をぶっ飛ばしてもらいまして(笑)なんとかセーフ。
何事もなかったように朝礼で発言した時は、目覚めてから45分後でした。(大汗)
もう、奇跡。
午前中から好調に仕事が進み、突然の突撃的お出かけ仕事も巧くいって
ヤッホホ~(なんでしょソレ)な一日でした。

朝のお天気雨の後、曇って風が強くなりました。
夜になり強風が止みません。
昼間は10月下旬とは思えない暑い日が続いています。
社内ではまだ時々クーラーを点けます。
隣市では11月下旬の商いの神様のお祭りの日に冷たい西風が吹くという伝承があります。
今年もそうなるのかな?


d0109373_2246387.jpg付け足し追記 】
始発列車じゃありませんのよ。
19時台なのに最後尾車両が自分ひとりだったのが珍しくてパシャ。
最寄駅で降りたら前の車両はどれも満席でした。

車内に転がっていた空き缶を拾いに車掌さんが出てこられたので歌えず仕舞い・・・無念。









タイトル:宮沢賢治 『貝の火』
兎のホモイは川で溺れかけた雲雀の子を助け、その親雲雀からお礼に‘貝の火’という宝珠を贈られる。
「僕は毎日百遍ずつ息をふきかけて百遍ずつ紅雀の毛でみがいてやりましょう」 より。

「この玉はたいへん損じやすいという事です。けれども、また亡くなった鷲の大臣が持っていた時は、大噴火があって・・・・この玉が山ほどある石に打たれたり、まっかな熔岩に流されたりしても、いっこうきずも曇りもつかないでかえって前よりも美しくなったという話ですよ」

by august22moon | 2008-10-26 23:20 | 出来事 | Comments(0)

代官山あたり

d0109373_21275632.jpg中目黒にある雑貨屋さん ハイジ さんから、10周年のお知らせが届きました。
大ファンの妹は、寝た子を起こされたかのごとく飛んで行きました。

7月に同じ建物内を「22歩引っ越し」され広くリニューアル。
広くなって、なんとカフェも出来ていたそうな。

スタッフさんに写真を撮っていいか
お断りすると











「記念にですか?」と問われ・・・「なんかキンチョーしちゃってぇ」
d0109373_21283274.jpgd0109373_2128564.jpg



















d0109373_2129248.jpg
・・・緊張しすぎなのでした。



















d0109373_2130812.jpg
大収穫だったもよう。

















マフラーと布バッグ。  布製のリング、オーナメント、シルバー製ピンバッジ、ブローチ
d0109373_21304417.jpgd0109373_2131881.jpg


















10周年記念イベントは、グッズをくじ引きでプレゼント。
「3等賞が当たりました~」
それから、親友へのプレゼントも選んで・・・。
d0109373_2132741.jpgd0109373_21324233.jpg



















d0109373_2133474.jpgNOJESSへも寄って、バッグを買ってきてもらっちゃいました~。
荷物多めの私にはぴったりでした。
ありがとー
















東京駅グランスタで富士見堂さん の黒米とえびの揚げ煎餅。
d0109373_21334192.jpgd0109373_21341148.jpg


















d0109373_21344896.jpg紀州五代梅本舗さんの梅干し。


















d0109373_21351611.jpgで。これもお気に入り。

by august22moon | 2008-10-25 23:20 | お買い物 | Comments(0)

永井荷風 [ちくま日本文学019]

中公の日本文学全集で読みました。
昭和初期の銀座が舞台。当時の風俗の描写は味わいがありました。
男を振り回し振り回される女給・君江。
ようやく出会った本当の優しさは、それと分かる間にすり抜けてしまい
遂に捕まえられない。

哀しい人間たちのおはなしでした。


d0109373_140399.jpg雑誌 『新劇』昭和39年2月号 
特集:文学座問題をさぐる


先日購入した古雑誌の特集記事。
昭和38年。当時文学座・座付き作家であった三島由紀夫の『喜びの琴』の上演が39年正月公演に決まり、既に稽古が進む中、内容が‘反共劇’ではないかとの意見が持ち上がり上演の可否が取りざたされます。
劇中起こる列車転覆事件が「松川事件」を連想させるというのも理由のひとつ。
折しも同年1月には芥川比呂志・加藤治子らによる電撃的脱退という大事件があったばかりの劇団は再び揺れ始めます。




そこには、政治思想を演劇に持ち込むことに過敏にならざるを得ない時代があったのでしょう。
いや、今でも支持会を持つ商業演劇の劇団が政治色の強いメッセージを含有した演劇は敬遠するのかもしれません。
しかし、特に賀原さんの文章に見たのは、芸術至上主義以前の、‘人間的なあまりにも人間的な’集団の在りようであり、人が集まれば好むと好まざるとに関わらず起こる軋轢でした。

この問題で退団した賀原夏子さんの寄稿文「私の文学座を喪った」。
配役交代問題が持ち上がった時の総会で、配役交代に反対していたはずの人たちの「一言の援助」も無く「まるで初めてこの話を聞くような顔を」され、後になって「君の態度は立派だったよ」などと言う「他のオトナたちに腹を立て」て、委員会(劇団員で構成せれ、俳優のみか文中では不明)に既に不信感と孤独を味わっていた賀原さんは、やはりこの「喜びの琴・事件」でも劇団に不信感と孤独を感じることになります。

「北村(和夫?)さんだけは何か意味がわからぬながら深刻にこの本をいやがっていた。だから彼の意見は一貫していたと言える。」
(敬称付きなので、多分、北村和夫氏のことと思われます。当時北村聡一郎氏はまだ研究生ですし。)

「本当のところ私自身、この『喜びの琴』を読んだ時、いささか気になった。」
しかし「この芝居の本筋はあくまで人間の問題であることや・・・主人公の/現代のヒーロー的魅力を増すこと」を「延々6時間議論した末上演を決定したのである。」
ところが「松川事件を再批判している」 「それ故にこれを上演すべき」という結論に「松川事件など考えてもみなかった」が「読みが浅かったのかしらと、うっかりその気になった。」
しかし読み直すとどこが再批判なのか「判断に苦しむ」ことに。
その後、三島からの退座申し入れを「待ってましたと言わぬばかりに!」受理した劇団に不信感は更に募ってゆきます。
それでも24年在籍した劇団。一縷の望みを賭けた総会で提案したことも悉く「否定され、笑われ、はては私のことを右翼だと決めつける。」
賀原さんの文学座への絶望感を更に強めたのは翌日の新聞に掲載された劇団からの謝罪記事。「私は目を疑った。それは笑われながら出した私の言い分なのである。」

「私は私の文学座を喪ったのだ。止める以外にあるまい、
私は私の芝居をする。一人になっても。」

他、宮口精二氏・木村光一氏らの寄稿文は後日。

by august22moon | 2008-10-24 00:49 | 読書 | Comments(0)

マイノリティー

こちらの地方は6月からtaspo が導入されておりました。
喫煙者である私は、カートン買いしているのでtaspo は不要と思っていたんです。
ところが夏にお外仕事の際、その必要性に迫られる出来事がございました。
上司と一緒なのでなまじ煙草なんて持ち歩いていると吸いたくなっちゃうと持っていかなかったんです。
ところが。途中、上司と別行動をとらざるを得ない状況になりました。
お、こりゃ一服のチャーンス ♪ と自販機へ。
しかしなんとtaspo対応自販機しか無いではないか!
この千載一遇のチャンスになんたること(怒)
これは作るしかない。直ちに作ってやるぅと思っておりましたら、
仕事帰りに無料でtaspo作りますブースを発見。
写真撮りから投函までしてくださるという至れり尽くせりに思わず立ち寄りました。
デパート入口に設営されたブースなんで撮影は歩道。ってか道端。
こ、ここで?通行人の真ん前で!?
夜風に髪もめちゃくちゃだしぃ~と戸惑いながらもチェキで写真を撮っていただきました。

d0109373_183926100.jpgそのtaspo。先日届きました。

健康のため吸いすぎには注意。です。

携帯灰皿も忘れずに。

マナーも携帯いたしましょ。

by august22moon | 2008-10-22 18:53 | 出来事 | Comments(0)

恐怖写真です。


覚悟してご覧ください。


立ち寄ったスーパーで発見しました。


どーしてこんなことに?


危険極まりない状態となっております。


たいへんスリリングです。




d0109373_172021.jpg
















ちなみにこれはシリアルの箱です。
ちょいと棚を揺らしてみたくなりましたが、我慢しました。


d0109373_1103017.jpg
リッチなチョコを選んでみましたが、左は箱のワリに量が少ないような・・・(笑)
右は塩キャラメルチョコなんですが・・・ショッパ~! 塩が効きすぎな気がしました。

by august22moon | 2008-10-22 01:32 | 出来事 | Comments(2)

溶け込むハート

d0109373_22164856.jpg妹の親友の弟さんがご結婚。
おめでとうございます。

ウェルカムドリンクにはハート型の氷が浮かんでいたそうです。

素敵ですね~。


この写真は、その親友が妹に送ってくれた写メ。
素敵な写真をありがとう。ひーちゃん。













最初のうちは見る新番組。数回見て放映日を忘れて見逃し、続けて見ないと話が繋がらないなぁと見る気がなくなっちゃう新番組。
物陰から写すアングルや展開などがどうしても「24」を連想させちゃう『ブラッディ・マンデイ』は2回とも観ました。
佐藤健くんって『仮面ライダー・電王』やってたんですね。
でんおうって、あの電王ですか?Frannyさん。
『Rookies』も見てなかったんで、初めて演技を見ました。
誰かに似てる誰だ誰だと言いながら見てました。

ああ! 亀梨くんに似てない!?
違うかー(笑)

by august22moon | 2008-10-19 23:16 | 出来事 | Comments(2)

播磨屋

まったく今日はなんて一日だったのか・・・
マンガみたいでした。
昼過ぎまで信じられないくらい絶好調。こんな日もなきゃねと喜んでいたら・・・一転。
就業間際に一部瓦解、いや一部崩壊。
朝礼で課長から、今月の目標なるものに対する不足部分がやんわりと(笑)指摘されて部署一同に何気に意識してたんで、がっかりも殊更。
自分の不注意なのかな。
詰めが甘かったんでしょうね。
などと反省しつつ・・・

久し振りの『鬼平』を堪能。
池波正太郎氏が八代目幸四郎丈をモデルに書いた長谷川平蔵。二代目吉右衛門丈はお声も意識されているのでしょうか。お顔も年々白鸚丈に似てこられた気がします。
実は、煙管を使う仕草がかっこよくて、毎回楽しみにしています。
妹がすっごくかっこいいと発見したんですが、なにかの本にこの煙管捌きについて書かれていました。舞台に立つことが少なかった頃に家で煙管で煙草ばかり呑んでいて扱いに慣れてしまい、舞台でやったら「あの煙管はなんだ」とその煙管捌きの決まり具合が話題になったとか。で、改めて見てみるとなるほどビシッと決まってかっこいい。
はじめは食通の池波氏らしい場面ばかり気にしていたんです。どんな食べ物がでるのかな~なんて。

今日からだったんですね 『流星の絆』。
クドカンさん脚色って忘れてました。
予告CMとのギャップに、どう戻すんだ?この「木更津キャッツアイ」なカメラワークやPOPなノリをどうやって復讐劇に戻すんだ?と戸惑い気味です(笑)


ミーハーな私は、横田さんの影響で藤村に続き荷風を読み始めたんですが・・・。
んん~あんまり・・・好きじゃないかもデス(苦笑)

by august22moon | 2008-10-18 00:30 | テレビ | Comments(0)

不知夜月

19時。駅の、いつもとは反対側のホームからおっきな十六夜の月が見えました。
少しオレンジがかってました。
ズームしてみましたが、見た目はもっと大きかったです。
d0109373_2147725.jpgd0109373_21472723.jpg


















いつもこの時間には西寄りにあるのに、まだ北東・・・。
十六夜月は月の出が遅いですものね。
大きな月はなんだか温度が高いような気がします。
三日月や半月よりも。
d0109373_21474424.jpg
by august22moon | 2008-10-16 22:47 | 季節 | Comments(2)