桜色の雑記帳

august22.exblog.jp

出会った本、映画の感想。日々のこと。

<   2008年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

大つごもり

d0109373_4185138.jpg年末は31日まで仕事。
今日は終業後に細々としたお買いものをしていたら電車に乗り遅れてしまいました。とてつもない強風のホームから退散してドトールで一服。
今年最後のカフェラテ?













d0109373_21104660.jpg今年もいろんな事がありました。
嬉しいサプライズ。
悔しいこと残念なこともありましたが
差し引きしたら嬉しいことが勝る一年でした。

ブログを通じて出会えた方々に刺激を頂いたり
過分なお言葉でお褒めいただいたり。
素晴らしいブログに訪問させて頂いたことに心より感謝申し上げます。

この拙いつぶやきにお越しくださった皆様にとって、新しい年が佳き日々でありますよう。

by august22moon | 2008-12-31 04:59 | 季節 | Comments(6)
今年観た舞台は・・・

1月・2月 『リア王』 3回
3月 『美しきマゲローネの物語』 
5月 『リチャード三世』  『95kgと97kgのあいだ』 『わが魂は輝く水なり』
6月 『95kg~』 計3回
7月 『SISTERAS』
8月 『ガラスの仮面』 2回
12月 『マクベス』 

今年は体調の不安があったり、お休みと休演日が重なったりとあまりお芝居が観られない一年でした。
横田さんが出演しているのに『ガラスの仮面』を観たのが2回、と上演期間のわりに少ないのは、ちょうどお盆と重なったからです。

『マゲローネ』では朗読。『ガラスの仮面』では歌。ラジオ出演と新鮮な‘舞台’に出会えた年でした。

観劇がらみでの思い出としては、『95kg~』千秋楽観劇後に久し振りに友人たちと‘打ち上げ’と称してじーっくり語り合えたことでしょうか。
揃って時間を気にせずゆっくりお話する機会が無かったので、とっても楽しかった。
同じ職場の人たちや学生時代の友人と話すのとはまた違った楽しさがあります。
意外な話や興味深い話がたくさんできて、時の経つのも忘れていました。
 

タイトルは横田さんがANN出演での言葉。
「いまだに文化祭続けてるってたまに高校の同級生に言われることある」。
あのころの熱がいまだに醒めていないことを悟られたお友達の言葉です。
夢中になれるものを見つけ、その道を走り続けている姿を羨ましく眩しく見てらしたんでしょうね。
今年一番印象に残った言葉かも。

by august22moon | 2008-12-30 02:12 | 観劇 | Comments(4)

♪ 空に輝くよキラリ

d0109373_23364830.jpgで、夕陽。



行く予定だったお店がお休みだったので、ショッピングセンター内のセール中の洋服屋さんへ。
なんとなく覗いたケータイショップで、妹が1年近く前に買い替えた直後に発売され「コレにすればよかったーこっちのほうがいいなー」と言ってた機種が、即受け取れると知って買換えることに。

しかも思いのほか安く










d0109373_23452954.jpgデータ移行の間に、ショッピングセンター内のラーメン屋さんでまあまあのラーメンを頂き、隣のブースにある行きつけのパスタ屋さんの分店のお気に入りのアイスミルクティーを飲みながら待つことに。

















d0109373_2340112.jpg「換えちゃった♪」


因みに妹はウォーキングもジョギングもしていません。
















d0109373_23563838.jpg一番星が出ました。やけに大きく光っていました。

それから新譜を買おうとCDショップへ。

入ってすぐ、どこにあるんだ?どの棚?とおばさんふたりでくるくる・・・
「恥ずかしいわね。くるくる回って」
あんただって回ってんじゃん・・・
DVDやCDで溢れた店内はジャンル分けがどうなってるのか・・・
新譜はきっとPOPとかで派手に宣伝してる筈と探し回るも見つけられず。
レジで尋ねると、「こちらです」とレジカウンター前に置いてありました。










d0109373_235797.jpgミスチルの新譜です。
妹は「HANABI」が聴きたかったらしい。

ジャニーズコーナーで真剣に悩みました。
嵐のCDを買おうか、ライブDVDにしようか。
いやB'z ライブDVDか・・・
先ほどのケータイショップで流れていた嵐の「Beautiful Days」を聴いていて、やっぱりいいなぁなんて思ったものですから。  
ポッ *^_^*

by august22moon | 2008-12-29 00:44 | 出来事 | Comments(0)
d0109373_1491027.jpgほんとうは朝焼けに赤く染まった富士山を撮ろうとしたんですが

時既に遅く・・・。朝日が昇ってきたところでした。

















d0109373_1410351.jpgカムチャツカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が
ほほえみながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は
柱頭を染める朝陽にウインクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている









d0109373_1413428.jpgぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る
眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと
受けとめた証拠なのだ






谷川俊太郎 『朝のリレー』



さ、さぶい・・・

「僕は思わずくしゃみをした」


タイトルと最後の一行
中学生の時、それは衝撃の出会いだった 『二十億光年の孤独』

by august22moon | 2008-12-28 15:04 | 出来事 | Comments(0)
d0109373_124871.jpgpart 2 『いつまた3人会うことに?

( ^、^;) エヘヘ

出演者紹介や稽古風景、対談まで掲載したパンフは初めてですよね。
価格は800円と安価には勿体ない充実した内容でした。
CDも販売してました。

対談は鋼太郎さん、ミラさん、萬斎さん。
萬斎さんは先ごろリーディングマクベスを上演したばかりといこともあり、その独自の解釈も興味深かったです。
マクベスという男の人間像。演出する時に大事にするところはどこか。マクベス夫人には出産経験があったのか?という謎から二人が王座を狙おうとした理由などは面白かったです。
気が置けない者同士の会話ということで愉快なやりとりもありました。
「俺、そうゆうふうに言わなかったっけ?さっき」と鋼太郎さんが同意しながらも問うと萬斎さん冷静に「言ってない」。

魔女のビジュアルは今回も凝っていましたが、この対談でも魔女の演出はつい凝りたくなるという話題になっていました。
実際、第五場の3人の魔女とヘカティ登場の場面では背景に映像を投影していました。
逆光のシルエットで海岸を王達が行進し踊るという映像は、唐十郎とか寺山修司とか鈴木清順の『ツィゴイネルワイゼン』なんかを思わせる不思議な空間になりました。
原田保氏の照明は、舞台全体に格子状の影を落とし不安定感を出したり、場面に合わせてセットの版画絵にスポットを当てたりと多彩。
音楽の笠松泰洋氏は、イングランドが立ち上がり戦況が激しくなるのと反対にもの悲しいメロディを選んで滅びの悲劇を強調されていました。

門番役松木良方さんの、円高・インフルエンザ・ハクション大魔王などのアドリブが唯一の‘お遊び’。
沢海さん、林さん、千賀さんの魔女、ヘカティの根岸さんらは白っぽいカラーコンタクトでおどろおどろしい表情。(林蘭さんが一番怖かった・笑)
星さんは出場が少ない医師役でしたが安定した巧さを堪能できました。

濃密で贅沢な空間でした。
05年の『マクベス』を観たときの自分と、今回の『マクベス』を観ている自分の生活状況も精神状態もまったく変わり、違う解釈の演出とはいえ受け止め方も変わりました。
いつかまたどこかの劇場で観る別の『マクベス』を、どう受け止める自分がいるのか。
どんな自分が観ているのか。
私にとっては『マクベス』が基準になるかもしれません。


「明日、また明日、また明日と、時は
小刻みな足どりで一日一日を歩み・・・」 

by august22moon | 2008-12-28 01:12 | 観劇 | Comments(2)
part 1 『確かにあの夏の客・・・』
今年最後の観劇。『ガラスの仮面』以来、久々の観劇です。
こんなに何か月も観劇しなかったのは久し振りです。
なんとなく前売りを購入しなかったんですが、鋼太郎さんがマクベスを演じるならやっぱり観たい、やっぱ行っちゃえーと出かけました。
当日券狙いというのは地方在住者にとっては冒険なのです。
寒風の中、整理券配布までの20分がさぶかった~。
受付の長尾さんが、外でお待たせしてすみませんと再三恐縮してくださる。
イエイエ私が早く来過ぎたんですから。
‘雷、稲妻、雨の中’でも待ちましょう(笑)
d0109373_1431278.jpg18時。無事当日券の整理券を受け取り、駒沢通り沿いのお気に入りカフェ『ラヴァンデリ』でクラブハウスサンドとホットラテで温まりました。



















d0109373_3193890.jpg後方で中井出さんが一服されていて、恥ずかしいなと思ったんですが・・・撮っちゃいました(笑)

AUNの『マクベス』は2度目。前回は横田さん客演でマルカムを演じ、マクベスは長谷川耕さん。レディ・マクベスは根岸つかささん。
長谷川さんのマクベスは身の程に合わぬ野望を抱いてしまった恐怖がその風貌にぴったりで、落ち着かない様子で王座に座るとこなんて巧い演出だと思いましたが、時折鋼太郎さんと似通った芝居になってしまうところがありました。
絵画教室の生徒の絵が先生の絵に似てくるような・・・って例えは変かしら?(苦笑)
夫人役の根岸さんはかわいい顔立ちでちょっと違うなぁと見ていたんです。
ところがラストの場面。再び3人の魔女が現れ、前には子供を宿してお腹の大きなマクベス夫人が楽しそうに編み物をしていて、それを頬杖をつきながら幸せそうに見つめるマクベス・・・という図で終わり、魔女たちに魅入られなかったら幸せな夫婦だったんだと、演出の鋼太郎さんの解釈が活きる配役となっていました。
若くはない鋼太郎さんが演じることで、王座奪取という野望や企みがより国家の大事と感じられました。
安寿ミラさんの芝居は、以前TV放映された02年の公演『ハムレット』でタイトルロールを演じられたのを見たきりでした。(鋼太郎さんがクローディアス。栗田芳宏氏演出)
男役ですからセリフ回しも‘宝塚’でしたが、女声でのミラさんはレディマクベスにぴったり。怖気づく夫を叱咤する強い女の演技はさすがですが、それだけではなく女の弱さも巧く表わされていて、狂気に苛まれ始めた夫を慰める前半ラストの絶望の表情は涙を誘う素晴らしいものでした。
しつこく手を洗い続けるレディマクベスの見せ場。ミラさんは狂ったように何度も手を擦り合わせるのではなく、愛おしげに手を見つめているようにしていました。
個人的には、痙攣したように手を擦り合わせるポランスキー演出が、より狂気を強調していて好みなんですが・・・。

鋼太郎さんはとにかく素晴らしくて。
宴席に現れたバンクォーの血まみれの亡霊に取り乱し荒れ狂う場面。
漸く落ち着いて魂が抜けたように喋りはじめる場面。
妻が亡くなったと聞く場面。驚き、事実を受け入れ、悲しみが溢れ、「あれもいつかは・・・」と絞り出すまでの表情は特に素晴らしかった。
「明日、また明日・・・また明日・・・」、もう、陰鬱さが突き刺さってきました。

マクダフの息子役で西本健太朗くんが客演。大きくなったね~。
以前、AUN公演を観に来ていて鋼太郎さんたちに「背が伸びたな~」と驚かれていた頃よりさらに伸びていたみたい。
今回マルカム役は若い長谷川祐之さん。『終わりよければ~』の頃に比べるとだいぶ逞しい感じ。マクダフの忠誠心を試す場面は、つい横田さんの演技と比べてしまいました。
若さ未熟さという点では風貌に合っていると思いますが、次代を担う新王という点では横田さんの演じたマルカムのほうが頼もしかったし、マクベスに驚異と感じさせるところまではどうでしょうか。ダンカンがいるからこそ、という感じがしてしまいました。それでいいのかもしれませんが。

今回は大塚明夫さんの出演も楽しみのひとつでした。
大塚さんのAUNでの演技を初めて拝見しました。
と言うよりも、ドラマ「ER」のベントンの吹き替えしか知らなくて、場内アナウンスも嬉しいサービス。
「これより10分間の休憩を頂戴します」だったかな?
「・・・携帯電話の電源は・・・」に、思わず、ああベントンだ~(笑)

d0109373_3284973.jpg
『マクベス』の中で好きなセリフ心に残るセリフはもちろん数多くありますが、この陰鬱なお話の中でさわやかで明るい初夏を感じさせる唯一とも言える場面は、ダンカン一行がマクベス城を見上げて好印象を語り合う場面ではないでしょうか。
その内側で暗殺が企てられているとも知らず「実にたのしげな佇まいだな」と信頼するダンカンに、バンクォーが言い添えて城壁の岩燕を「夏の客」とはなんとも美しい。
囀りが聞こえてくるようです。
大塚さんの声で称えられるとまた艶やかに響きました。

by august22moon | 2008-12-27 04:25 | 観劇 | Comments(2)

another orion

d0109373_2562688.jpg小さな教会の前を通りかかりました。

強い風に揺れるツリーと簡素な十字架。

その後ろの夜空には、オリオンが十字架に重なって微かに光っていました。

映らないでしょうが美しい偶然に思わず写メを撮ってしまいました。

by august22moon | 2008-12-26 03:04 | 季節 | Comments(0)
今日は、午前中が悪夢のように最悪。午後はチョーラッキー♪ と賑やかな一日でした。今度の部署は先日からの目の回るような忙しさが年末まで続くもよう。
がんばらなくっちゃ。

NORAD TRACKS SANTA を今年初めて見てみました。
ちょうど富士山あたりを飛んでいました!中国に向かってたもよう。
素晴らしい!なんて夢があるんでしょう。

ドラマ『ER』では、クリスマスだけは夢のある場面を挿入しているのが好きです。
以前、キャロルが窓から上空を飛ぶサンタの「Ho Ho Ho」という声を聞く場面があり、厳しく救いのない出来事ばかりのドラマに一瞬の心温まる場面となっていました。
今年、サンタさんが見られたラッキーなひとはモリスでしたね。


d0109373_0274569.jpg予約せず飛び込みで買ったブールミッシュのケーキ。
どこのにするか決められず結局去年と同じになっちゃいました。
こんな大きなものしか残っていなくて・・・食べきれるかしらん?
スパークリングワインはカッツェ。
でも連日の大忙しで飲んだら寝ちゃうことに100バーツ!なんで、お正月までとっておこうかな。













d0109373_0325868.jpg残業で遅い帰宅の妹がコンビニで、
「やけにコレが多くてさ」
クリスマスにチキンはお約束だものねー

柔らか~♪







d0109373_0483232.jpg








ピーター・スピア
『クリスマス大好き』の1ページです。





タイトル:Band Aid
by august22moon | 2008-12-25 01:24 | 季節 | Comments(0)

有明月

d0109373_571212.jpgあるんですねぇこんな位置に。

南東の低い空に赤く細い月。

見た目はもっと赤く細かったです。


皆様、楽しいクリスマスを。

by august22moon | 2008-12-24 05:09 | 季節 | Comments(0)

チャコールグレイ

d0109373_22484318.jpgUNIQLOで初めてのセーター。カシミヤやらメリノやらマシンウオッシャブルやら種類がいろいろで迷っちゃった。

無印良品でも同じようなセーターがあるんですよね。
どちらがいいんでしょ。

ほんとうはヒートテックインナーを買いに行ったんですが、売り切れ。
昨年、Uネックのを買ったら薄いセーターや制服にも響かず暖かくて重宝でした。
ちくちくもしないし。
でも袖が、8分袖となっているのに手首まであって10分袖だよーな長さなのでまくって着ているんですけどね。
by august22moon | 2008-12-21 23:14 | お買い物 | Comments(0)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22