<   2009年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ダブった。

d0109373_21461621.jpg
妹はカフェ・デンマルクで、ハイジのパン2個。シナモンロール2個。アンドーナッツ。ツナとたまごのサンドイッチ。ハムサンド。チェリーパイ。

私はDEAN & DELUCA でチキンサンド2種。あんぱん。チョコパン。ジャンバラヤ。エビとキャベツのパスタ。


(--;) ど、どーする?

( ^_^;) 「とりあえず、サンドイッチから片付けよう・・・」




本日、仕事で大失敗。
やっちゃったんですぅ・・・
まったくなんたるドジ Y(>_<、)Y 

by august22moon | 2009-03-30 22:05 | おいしいもの | Comments(0)

d0109373_2364742.jpg地元の桜はこんな感じ。
風は冷たいですがぽかぽか陽気です。



















d0109373_2393846.jpg『軽薄であることを恐れるな』

難解な芝居でした。
60年代安保闘争の時代を生きた、蜷川氏と同世代の人たちで構成されたゴールドシアターのメンバー。
蜷川氏が彼らに託そうとしているものは何なのか。
なぜ彼らでなくてはならなかったのかが、「嘗て行列という芝居に出演した者たち」が語りはじめた時に、理解できたような気がします。
継承されることのなかったあの時代。
熱風に自ら向かって行った者は懐古するのかもしれない。
巻きこまれた者は失われた時間を惜しむのかもしれない。
風の流れに沿って歩いただけの者は心の奥底の痣をなぞるのかもしれない。

どんな卓越した演技にも敵わない彼らの深層に刻まれた歴史に圧倒されました。

なぜ旗はあんなに疵だらけなのか?
産声の前の音は確かに殻の破れる音。
雛にとって殻が世界であると説き、雛が生まれ出るためには世界(殻)を壊して飛び出さなくてはならないと言うならば、ラストに殻が破れる音に老人たちばかりかなぜ若者たちまでが逃げ出すのか?
生まれ出た新しい命を迎えないのか?

d0109373_0102111.jpg理解できなかったこと。それが澱のように残るのでしょうか。

簡単には理解させない、と投げつけられた舞台でした。

カテコは3回。蜷川氏も出てこられました。
降りた幕のその向こうで、出演者の皆さんの歓声と拍手が聞こえました。
それを耳にした観客がまた拍手、という微笑ましい終幕となりました。









帰りはSさんとご一緒に地下鉄で。15~16分ほどの大手町で下車し地下道を10分ほど徒歩で東京駅着。乗り換えなしで楽々経路があったのね。
さて、東京駅に戻りまして。
横田さんファン友達(と言っても、観劇歴は大先輩)のSさんご推奨の千疋屋のマンゴープリンとフルーツ杏仁マンゴーを購入。
苺のメイプルロールも買っちゃった ♪
杏仁の上に三日月型のマンゴーと星型のフルーツ。甘み爽やかでお~いし~♪
Sさん、教えてくださってありがとうございました。
d0109373_0202772.jpgd0109373_0204877.jpg


















d0109373_043683.jpgお魚型がかわいい 『サブレ・ポワソン』 は、横田さんファン友達のAちゃんから。
ありがとうございました。

Sさん、Aちゃん
次はコクーンでお逢いしましょうね。 














d0109373_0424598.jpg春休みの行楽帰りで、帰りの車中は座れるか心配でしたが、新大阪行きの喫煙車はなぜかガラガラ。
ほ~ よかった~

by august22moon | 2009-03-30 01:06 | 観劇 | Comments(2)

Crayon noir

本日より、ひかり通信。ほんとに高速なのかよくワカリマセン(笑)

さて、妹はヘアサロンでカットに。私は仕事だったので帰りに合流。
その後ショッピングセンター内のショップでお取り置き品を受け取りに行くというので、
お夕飯はその近くにある『彩麺粋 秀太』さんで。ラーメンです。
豚バラの翌日ラーメンって・・・ (^・^;)

私は「炙り豚とろわんたんめん」に炙り味たまごトッピング。
たまご乗ってますがって言われちゃった。
1個半頂きたいもんで・・・ハハッ f ^ ^*)
妹は「はなまる塩ラーメン」・・・多分。
d0109373_044788.jpgd0109373_0442359.jpg


















d0109373_05931.jpg餃子もね。


















今日は、以前1年ほど勤めた会社で大変お世話になった方と偶然の再会。
2年ぶりくらいかな?
とても物静かな方なんですが、ぜんぜん変わらず。

私はどうかな
変わったかな?

とりあえずあの頃よりは、楽しく仕事できてると思うよ。

「イロンナコトモアッタケド、ワタシハゲンキデス。」

by august22moon | 2009-03-29 02:02 | おいしいもの | Comments(0)

笑うテーブル

すっごい久し振りの「あみ焼き弁当」です。
これ、美味しいんです。
最後に食べたのは何年前だったか・・・。
そうだ、あの、‘爆笑ビリヤード’帰りに食べて以来だー。

ほら!美味しそうでございましょ?
豚バラが敷き詰めてあるだけなんですけど。
d0109373_23384923.jpgd0109373_233953.jpg

















あ、‘爆笑ビリヤード’とはですねぇ・・・。
所謂、プールバーというのに初めて行ってみた時のことなんです。
私は初挑戦。妹も2回目くらい。
もちろん、むちゃくちゃヘタクソなわけです。
隣りの台は真面目そうで爽やか系のサラリーマン氏ふたりがプレイ中。
ショット位置が近づきすぎたので、どうぞお先にとお譲りしたら、
「どうぞそちらから。」と紳士的。
とんでもない、お待たせするほどじゃありませんので。
「いえいえ、こちらこそお待たせするほどの腕前じゃありません(笑)」
 あらん♪ (*^_^*) ポッ
なーんてコトやら・・・・。
出来ないなりに真剣になっちゃって、キューを照明のアルミ製シェードにぶつけて、カーン!なんて店内に響かせちゃって爆笑。
慌ててシェードをつかんで音を止めた姿に爆笑。
使ったところでなーんにも変わらないのに一応チョークなんて使って、指先についたのを忘れて額を触っちゃったり。
「ちょっと!青筋立ててるよー」と爆笑。
もうゲームどころじゃなくなって大爆笑だったのです。

そんなこと思い出しながら頂きました。

あの頃と変わらず美味しかったです。

by august22moon | 2009-03-28 00:35 | おいしいもの | Comments(0)

d0109373_2293835.jpg職場の人たちがお取り寄せするというので、参加してみました。

かりん入りはちみつキャンディーと
かりんエキス入りのハニードリンク。
3倍に薄めて飲むのだそうです。

キャンディーは後味すっきり。 













d0109373_22432193.jpg妹の頂きもの。
『 36sticks 』 さんのスイーツです。

実はこれ、ホワイトデーに職場の方から頂いたのを冷蔵庫に入れたまま忘れちゃっていたものなんですね~。申し訳ございません。
「賞味期限過ぎてんのよー。冷蔵庫臭いのよー。」
どれどれ・・・
確かに冷蔵庫内の臭いが移っちゃってます。
傷んではいないみたい。
「どする?挑戦してみる?」

ん~~ (- .-)ヾ


タイトル : スピッツ 『ハチミツ』
by august22moon | 2009-03-26 23:24 | おいしいもの | Comments(0)

d0109373_22143518.jpg二回目の観劇です。
小雨が降ったり止んだりで肌寒かったです。
今回は地下鉄で行ってみました。


【舗道の下の砂浜】

『一群』の人たちが坂道を登るマイムで、
途中から同じ動きになってると思ったら、横田さんすかさず「みんな同じになってるぞー」。
時々、蜷川さんの演出を観ているみたいになります。

このお芝居は、『行列』という芝居の稽古をしているという設定なのですが、その前提を忘れて観始めてしまいます。難解なお話なので、勝手に何かの切符のために並んでいる人たちが居るというお話で観ています。何度観てもそのほうが入り易い。
掴んだと思うと「青年」の言葉で突き放されるから。
何かの目的で集まっている集団を見る側に立つと、其々の人生が在り、目的は共通していてもここまで来る事情も現在の心情も違う。
でも、ひとりひとりを探ってみれば、各々が違う地獄を持ち、違う‘真情’を持ってそこに居る。
数十人の行列でさえあれだけ違う歴史が在る。

号令の下、同じ動作に溶け入って‘個’を消すのも時には楽かもしれない。
青年のようにアジっても無駄だと思いながら、真情としてはアジっているかもしれない。

観劇後、買い物に行った渋谷や新宿の雑踏の中では、そんなことを考えずにいられません。

冒頭、横田さん演じる青年が並び始めた人に絡む場面で面白いことがありました。桟敷席の女性お二人が、青年がわざと背負ったキーボードケースをぶつけたのに驚いちゃったんです。いや、驚くだけなら初めて観る人はみんな同じなんですが、「やだ危ない!なに!?」と完全に勘違い(笑)その後、青年がひとり勝手に倒れるのにもおふたりでビックリ。
演出ダイセイコーってところですね。 

 
帰り道はぼーっとしていたのか、地下鉄の入口を通りすぎちゃったんで、あの「散歩道」で帰ってみました。
雨は上がっていましたが寒いので明治通りのカフェでコーヒー。お隣の席には偶然、観劇帰りの方が。「設定がよく分からないねー」。確かに確かに。
お話は自然と砂袋の重さについて。「お米10キロもかなり重い」「私、猫砂買うんだけど、3キロでもかなりの重さ」と、実生活で持たれる重たい荷物に換算して、95キロ持つなんて「無理」と。
私も20キロ近い荷物を台車に乗せて運んだことがありますが、それが限界。
しかも担ぐのは無理です。
思わずお話に参加しそうになっちゃいました。


d0109373_0303752.jpg『AB型の説明書』に書いてあったとおり、どうも道を曲がってみたくなりまして。(苦笑)
ちょっと違う路地を入ってみましたら・・・。
小学校の敷地内や公園、街路樹の桜が少し咲いていました。 















d0109373_0352456.jpg渋谷に着きまして、久し振りにスペイン坂のカフェ『人間関係』さんへ。
カフェラテがかわいいことになってました。 
















d0109373_0581079.jpgパスタで失敗したので、ジャンバラヤが帰りの車中のお夕飯。

by august22moon | 2009-03-26 01:03 | 観劇 | Comments(0)

コマオヨ~

d0109373_22472628.jpg妹が職場の方から頂いた
韓国のお土産です。

薔薇の香りのハンドクリームと
韓服姿のストラップ。

ありがとうございました。




コマオヨ = ありがと
by august22moon | 2009-03-24 23:17 | 出来事 | Comments(0)

ウチの職場は、お昼休みに入る順番があります。
基本的にというか母心(笑)とでもいうのか、男性社員は12時には食事に入れるように配慮されています。
仕事の都合でズレることもありますが、
午前中はさほど忙しくなかったので男性全員がほぼ12時には食事に入りました。

さて、私が12時半ごろから昼休みをとりましたらば・・・
食堂から既に聞こえてくる歓声と雄叫び!
本日のWBC決勝に、社員食堂は
そりゃもう大騒ぎ!
来訪中の取引業者さんまで居る(笑)

試しに妹にメールしてみると
「ウチも。大騒ぎだよー」

試合途中で仕事に戻らなくてはならない人たちのために、後から昼休みに入った人たちが試合速報報告したりしてました。
私はそんなに野球には興味はないんですが、
やっぱり、勝ってよかったねー。
イチローがいいところで打てて良かった!

「・・・苦しいが辛いになって・・・心が痛かった」

d0109373_21414458.jpg


「僕は持ってますね。」
そう言う資格がある。

‘練習はウソをつかない’ってことですね。

by august22moon | 2009-03-24 22:15 | スポーツ | Comments(0)

d0109373_2136428.jpgサイッコーに忙しい3日間だったのでした~。
へとへとでしゅ。

本日の差し入れの
gateau festa harada さんの
グーテ・デ・ロアを頂きながら
ひとやすみです。

ミルクティーは、限定の名に惹かれちゃった。
桜の香りですって。

あ・・・灰皿が写っちゃった・・・

いや、マジ疲れました。





タイトル改題。友人が友人にした
そう言われたら2枚食べちゃうわ、なアドバイス。

by august22moon | 2009-03-23 23:32 | おいしいもの | Comments(0)

さて、西巣鴨へやってまいりました。
えへへ・・・埼京線の板橋駅に降り立ちました。
横田さんのブログどおりに行ってみちゃいます。
すぐに、局長と副長のお墓が見えました。隣には慰霊碑を建立した永倉新八副長助勤・二番隊組長のお墓も建てられていました。真言宗系のお寺の境外墓地とのことなので「南無大師遍照金剛」でよいのでしょうか、手を合わさせていただきました。
でも・・・ここは・・・ちょっと独特の重い空気を感じました。


脇道に入って黄色いテントの薬局・・・ありました~。
d0109373_0401095.jpgd0109373_0404866.jpg



















もんじゃ屋さんですね。右折して、と・・・勘亭流の看板の「磐梯」さんですねー。
ほんとうに会津磐梯山あたりのご出身なんでしょうか(笑)
営業中スミマセン。撮らせて頂きました。
d0109373_162152.jpgd0109373_16441.jpg


















郵便局・・・お、ありました。本日お休みの「亀の子束子西尾商店」さんです。
歴史ある社屋ですねー。残されている心意気が素晴らしい。
横田さん、営業日によくあんなに接近して撮れましたねぇ。
d0109373_17474.jpgd0109373_18831.jpg



















d0109373_3551899.jpg「餃子の名店華興」さんも撮ってあったので追加。


















d0109373_1172892.jpg滝野川銀座商店街は車の通行こそありませんでしたが、通行人の方がいる中で写メを撮るのはかなりドキドキ。

ポカポカ陽気でしたし、初めての街で緊張もしてちょっと喉が渇きました。
お、いいところにカフェです。
アイスカフェラテ一気飲みです。

そこに、けたたましいサイレン。消防車が計5台驀進です。










d0109373_132944.jpgさて、大きな交差点を渡って・・・
これですな・・・フムフム


















じゃじゃーーん 到着~ ほっ
校門の脇には、辛夷の花かな?きれいに咲いていました。
d0109373_131516.jpgd0109373_1342241.jpg



















【keep the flag flying】

『東京文化発信プロジェクト』参加作品として、さいたまゴールドシアターの‘遠征’公演です。
左手の校舎にカフェ。なんか文化祭の模擬店みたいなノリのお店で楽し~。
アイスコーヒーを頂きました。
お食事もできますよ。美味しそうでした。
体育館が会場。6時にもなると夜の帳も下りてきて、屋外の‘行列’では、ニナガワスタジオの皆さんが混じっているのか分かりませんでした。
「再演以上。」という意気込みに期待してか、開幕2日目に通路階段まで補助席が設けられる盛況です。
『フェスティバル / トーキョー』は海外にも向けて発信しているということなんでしょうか。開演前に英語での場内アナウンスがありました。

今回は女0(ゼロ)に奥村佳恵さん。
まずこの女が、まったく変わっていました。初演で大山裕子さんが演じた女は濃いアイメイクで人形のよう。加えて目の覚めるような深紅のワンピース。工員や妊婦やホスト、結婚式帰りの夫婦と、町中でよく見かける平凡な市民たちに比べ、どこか非現実的。
蠱惑的で妖艶にとりすました無表情が青年を殊更に煽っていました
奥山さんはスキニージーンズにブーツ。トップスはキャミ。ニッコリと愛想よく、青年を惹き付けていました。
大山さん演じる女は、実存なのか青年の影なのかと観る者を迷わせる存在と感じたのです。
初演の感想にも書きましたが、嘗て愛し合っていたと青年が縋ると「嘘。」と撥ねつけるのを、後に女のほうから「嘗て愛し合っていた」と言うのを青年が「嘘。」と否定することなどが、そう感じさせたのです。
実存を問うと、青年すら疑わしいんですが。

NINAGAWA STUDIO の皆さんは今回もかなり個性的な人物設定。
清家さんはまったく違う人物を造形。いつもながら見事。
荷物を持つマイムも飛び抜けた巧さ。

後半で老人たちが過去を話す場面。
宇畑稔さんの「俺は裏切らなかった・・・」は何度聞いても、心を打ちます。

初演では、珍しく初日から喉にダメージのあった横田さん。
今回は大丈夫なようでした。
全編、叫び続けるので後半はシンドそうでしたが。
緩急の付け方も相変わらず巧み。危険な青年を、美しく大きく演じて舞台を支配しています。



d0109373_20163273.jpgお夕飯にDEAN & DELUCA で海老とパプリカのパスタを温めてもらったんですが・・・。
斜めにしていまい、温めて溶けたスープがぜーんぶパックからビニール袋に流れ出てしまっていたのでした。

_l ̄lO がっかりさ・・・。

by august22moon | 2009-03-20 01:24 | 観劇 | Comments(0)