出会った本、映画の感想。日々のこと。

by august22

<   2009年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

d0109373_21205274.jpg昨晩は久し振りに何度目かの横田さんのギルデンスターンを観ました。
「殿下!」と威勢よく否定するかと思えば足元に縋りついて「お呼出しを受けまして~」は何度観ても可笑しい。そして巧い。

地元は青空が見えていました。
でも遠くの空は雲が多いです。
こっちは北。
すごい雲です。










d0109373_21222273.jpgこっちは北東。
これから向かう方角。

東京は雨らしいです。













d0109373_21311423.jpgびゅーんとひとっ飛び。
渋谷に着きましたー。
恵比寿あたりまでは小雨が降っているようで傘をさした人が見られましたが、なんとか傘なしで大丈夫みたい。
















ロビーラウンジ手前のポスターに貼られたキャスト交代と28・29マチネ休演の告知。
皆さん、この告知を愕然と読まれたでしょうね。
d0109373_21352231.jpgd0109373_21354341.jpg


















『同じ一つの苦い道』

緊急事態による交代がどのように舞台に作用するか。
期待する方々が多いのか2階席は立ち見まで出ました。
夏子役は動きが変わっていました。ダンスも変化。
硬質な中川さんに比べ、柔らかく、義兄に対する苦しい思慕がより前面に出て見えました。
発声は沙織役の時より低め。
ロミオ役をやることになった夏子の
「ここで引き下がってはいろんなものを失うわ」にも
毬谷さんを重ねてしまいます。

石楠花のメンバーが再会した時の歌「♪ 夢の少女よ~」は難波さんではなく祐樹薫さんが。
劇中劇ロミジュリでのニナ・ハーゲン「Naturträne」。
うらん先生はここで出てきました。
最上段で、毬谷さんの歌はそのままに白いドレスにゴージャスな金髪で華やか。
歌の最後でおおきく後ろに反る姿もさすがの美しさ。
深紅のドレスになったジュリエットたちの場面では、途中から現れて沙織の位置に。
中央に立つに相応しい華がありました。

このコロス(と言っていいのか)場面では、初めて涙が出ました。
それぞれの女優さんの力量で、ひとりひとりがそれぞれの舞台の中央に居る。
それは最初から圧倒されていましたが。
ブレも不安感も感じさせない、再開前以上の舞台に完成させようという情熱・・・いや情熱なんて言葉は陳腐な気がするほど。セリフや演技以上に込められたものを、投げつけられました。

三田和代さんは『喪服の似合うエレクトラ』以来なんですが、ほんとうに素晴らしいの一言。
清水氏が創造した風吹景子という人物を具現化したらこうなのだとしか思えない。
鳳蘭さんは、伝説の男役を演じるとしたらこの人しか観客を納得させられないだろうという存在感。階段でポーズを決めて、劇団員がどよめく場面がありますが。観客も溜息、です。
真琴さんはかっこいいのですが、宝塚の‘型’だけしか見せて貰えず残念。

d0109373_0353949.jpgカテコは5回かな?
(いつも憶えていようと思うのに)
1回目からスタオベ。
涙、涙の毬谷さんを、古谷一行さんが笑顔でポンと頭に手を。
中川さんへの配慮からか難波さんと毬谷さんが前に出ることはありませんでした。
横田さんも満面の笑み。提げた両手でバイバーイみたいに手をふってご機嫌の様子。
3回目から鳳さんと三田さんがお迎えに行ってようやく蜷川さんが、清水邦夫さんとご一緒に登場されました。
忌野清志郎(タイマーズ)さんの「Daydream Believer 」に合わせた手拍子も今夜はひときわ大きく聞こえました。
場内アナウンスが流れてもしばらくは拍手が鳴りやみませんでした。




ニナ・ハーゲンに酔った舞台だったのでハイネケン。
オランダビールだけど、ドイツ人ブルワーも創立に関わったと無理やり(笑)





d0109373_2542124.jpgなんか危ないおばさんって感じかしらと載せるのを躊躇ったのですが・・・。
自分、写ってるし(苦笑)

ポスターやプログラム写真とは180度違う‘北村’像でしたね。
これは古いタイプの新聞記者という風貌。

by august22moon | 2009-05-31 00:33 | 観劇 | Comments(2)

♪ 僕らは数えない

d0109373_22211428.jpg大きな仕事が舞い込んできて。
ここがガンバリ処ってトコで。
これクリアすると大きいぞぉってトコで。

失敗しちゃうんですよねぇ・・・。





「(’。’) おしいなあ、キミも









d0109373_22202150.jpg明日は『雨の夏~』の千秋楽。
中川さんの代役が毬谷さんか・・・。



タイトル : 椎名林檎 『ありあまる富』
「彼らが手にしてる 富は買えるんだ 僕らは数えないし 失くすこともない」から。
いつしか、林檎さんの声が聴きたいだけでドラマを見るようになりました。
刹那的。

by august22moon | 2009-05-30 00:39 | 出来事 | Comments(0)
以前も書きましたが。だいぶ前からの右膝裏側の痛みのことでして。
しゃがむ時に痛くて。
長時間座った後に立ちあがる時も痛くて、すぐに膝に力が入らない。
最近はお灸のシートで温めたり
コンドロイチンを飲んだりして、その日の痛みは引くようにはなっていたんです。
ところが、忙しかった5日勤務の後、痛みがひどくなりました。
翌日はお休みだったので、いつも通り休めば治まると思っていました。

でも役所へ出かける用事もあったし、歩くときは痛くないので、あちこちお散歩したのでした。
ところがその夜、つまり昨晩。痛みがひどくなっちゃったんです。
朝になっても治らない。午後にはしゃがめないほどの痛み。
連日初夏の陽気だったのが今日になって急に涼しくなったせいでしょうか。
会社の救急箱に湿布薬があったので貼ったら
みんなに「どーしたの!?」
膝が体重を支えきれなくなってなんて冗談半分に平静を装いましたが・・・。

当然「病院行ってきなさいよー」と忠告されました。
行きたくとも休みの日はいろいろ予定がありまして(苦笑)
来月は行こ。


珍しいことですね。「雨の夏~」の公演中止。
遠くから行かれた方はなんともお気の毒です。
この日のために万難を排して行かれたのでしょうに。


タイトル: 斎藤和義『歩いて帰ろう』
by august22moon | 2009-05-29 00:45 | 出来事 | Comments(2)
d0109373_1103436.jpgスカパーのムービープラスで初めて観たんですが、なんとも愉しいキャスティングでした。
デミートリアスになんとクリスチャン・ベールなんですよ。
99年の映画ですから「アメリカンサイコ」の前ですね。
名前はロマンチックなのに、そんな役は少ないのですごい珍しい気がしました。
ヘレナはキャリスタ・フロックハート。

19世紀の設定で、若者たちが自転車に乗っているのが小道具として巧く作用していると思いました。C・ベールはじめ4人とも身振り手振りなしでセリフを言ってもなんら不自然ではないんですが。
ハンドルを持つことによってセリフと表情だけに集中できると思うんですね。
しかも自転車を駆るという‘負荷’が、事態の混乱と騒ぎを増幅させる。
まあ、パックにとってはいいオモチャになってしまいましたが。
実は、AUNの舞台でいつも気になっているんですが、両腕を下げたまま少し前屈みで喋るあの不自然な姿勢。手持無沙汰なあの感じが、例えばこんなふうに自転車なりを持っていれば解決しそう・・・。

で。「月夜にとんだ出会いだな」のオーベロンにルパート・エヴェレットですよ!
なんか危ないオーベロンな気がしちゃったですよ。(笑)
花の露を塗る時なんてデミートリアスに顔近づけすぎだし。
でもま、妖精王なんてお似合いでした。
もちろん、自分に花の露かけちゃって慌てて指をパチンパチン鳴らしたり・・・なんて演技はなかったですよ。あれは横田さんのオーベロンだけ。(笑)
恋の三色スミレって、三色なんですか?赤なんですか?とパックのツッコミに「・・・どっちもだよ!」とオーベロンの誤魔化しもアリマセンよ。もちろんね。AUNでだけです。

さてさて。で、タイテーニアがミッシェル・ファイファー。
金の巻き毛に飾られた、蔦の葉や小さい花や夜露を表したガラスビーズが素敵。
お肌にもグリッターがきらきら光って。美しい美しい「proud Titania」でした。

問題はパック。スタンリー・トゥッチという俳優さんなんですが。違うんですよー。パックって軽やかでいたずらっ子なのに。ひとっ飛び~とか言ってライサンダーの自転車に乗ってるのが可笑しかったですけど。
なぜ壮年の俳優をキャスティングしたんでしょう。
でも、エピローグの「If we shadows~」はしっとりと落ち着いた雰囲気にはなりました。

ヒポリタは、ソフィー・マルソー。
この人はいつまでも変わらず若いですね。
シーシアスは「Good Night,and Good Luck」のデヴィッド・ストラザーン。
品があって公爵にぴったり。最後のセリフ、「almost fairy time.」も素敵でした。

オペラ「椿姫」の「歓喜の歌」が流れ、
舞台は美しいトスカーナ地方。

by august22moon | 2009-05-28 01:12 | 映画 | Comments(0)

紅花栄う候

d0109373_18534652.jpgようやく。
定額給付金の申請手続きに役所へ行きました。
運転免許もパスポートも官公庁発行の資格もないので
保険証は持っていきましたが・・・
しっかり?預金通帳を忘れまして。
カードをコピーして貰いました。 












去年はもっと濃い青色だった紫陽花。
d0109373_18551442.jpgd0109373_18561421.jpg



















d0109373_1952887.jpg今年はすずらんの頃に間に合わなくて、既に葉っぱになっているお庭ばかりで残念です。
まだちょっと早いかもしれませんが
毎年、濃い赤紫色が見事な紫陽花は見逃さないように、お散歩の距離を延ばしました。

途中、回り道。
子供の頃に住んでいたあたりは住宅地なのであまり変わってはいません。
家のあった土地は今は駐車場。

多分、あのころからあったであろう
木イチゴと柿の木のある生垣。





なんとなく、入り込んだ路地で発見したお花いっぱいの空き地。
一重のくちなし。いい香り。
d0109373_1943971.jpgd0109373_1945954.jpg


















昨年もそうでしたが、実際はもっと濃い赤紫色です。
d0109373_19551382.jpgd0109373_1955423.jpg


















d0109373_19572764.jpgd0109373_19574493.jpg


















d0109373_19591232.jpgそれから、カフェ『awatenbou』さんでひと休み。
アイスと生クリームが添えられたメイプルシナモンソースのブリュレ。

by august22moon | 2009-05-27 20:40 | 季節 | Comments(0)
百貨店の北海道展で買ったシュークリームです。
パパラギさんというお店。
生クリームのみのプレーンとあずきがプラスされたものと2種類。
すんごい顔になるに決まってるんで人前では食べられない大きさです。
すんごいカロリーに決まってるんで夕飯はコレだけ。
暑さ疲れな日々。おまけに今週は忙しくて、特に今日はメッチャ忙しかった。
お疲れさま・・・で2個ペロリ(苦笑)
d0109373_2185910.jpgd0109373_2117497.jpg

















この北海道展では、人気の「花畑牧場・生キャラメル」も発売されていて
毎朝開店前に整理券が配布される大人気ぶり。
パートさんが出勤前に整理券を貰いに行ったら、既に終了。
配布1時間前から並ばないと入手できないらしいとガッカリ。
ところが先日、課長が出勤時に通りかかると、2-3人しか並んでなかったとか。
日によってこうも違うとは。
で、試しに出勤時にその百貨店前を通ってみると、ホントだー2-3人しか並んでません。
そのパートさんにプレゼントするために1枚頂いておきました。

d0109373_23135984.jpg
妹が買ってきたCAFE DENMARKさんのパンパンパン・・・。
生ハムピタパンを早速。
人身事故で1時間も電車内で待たされている間、満員にも関わらず「ハイジのパンを車内で1個食べちゃった。」
お疲れ。














うっかりしていました。村上春樹の新刊が予約殺到とか。
予約してないわ・・・。

by august22moon | 2009-05-27 00:37 | おいしいもの | Comments(0)
d0109373_3571053.jpg原作をまだ読了していないのに、
我慢できずに観ちゃいました。

やはり原作と違う部分や端折ってある部分は仕方ないのですが
緊迫感、スピード感は面白かったです。


原作では書かれていた、ラングドンのヴァチカン・スイス衛兵隊の派手な制服に対する印象を、トム・ハンクスに一瞥させただけで済ませるのは巧いと思いました。
原作読んでなくても、意味が読み取れる表情が出来る俳優だから。

ラングドンが助けを求めているのに
周囲の人は何が起こっているのか理解できずに
なかなか来てくれなくて、やっとひとりが来てくれた時は
エライ!と快哉しちゃった(笑)
心の中で、ですよ。

コンクラーベの儀式が見られたのは貴重ですね。
投票用紙の処理方法なんて特に。
枢機卿たちが寺院に入る直前まで喫煙してるっていうのが・・・
私には、いい印象ではなかったです。
あれも事実に基づいているのでしょうか。

ヴァチカンのアーカイブスってあんな感じなんですね。
防護ガラスの割れ方、面白い。

d0109373_043788.jpg
 



役者が巧ければ、原作の印象と違っても構わない好例だと思います。
ハリソン・フォードが演じたら反って面白くなかったんじゃないかしら。
アーカイブスに遂に入れたとちょっと喜ぶ顔なんて見ると特に。

by august22moon | 2009-05-25 01:39 | 映画 | Comments(0)

ラム・タム・タガー

d0109373_2347341.jpg仕事帰り、映画館のあるビル内の『Cats-Cafe』さんでお食事。
喫煙席はビル通路側に作られたテラスっぽいお席です。
通りかかるたび、気になっていました。
壁にはいろんな猫のイラストがいっぱい飾られていました。














私は「ビーフシチューオムライス」馬鈴薯入り。
妹は「とろとろハヤシオムライス」
オーダーしてから出てくるまでが早かったです。
このあと映画を観るのにあまりゆっくりしている時間がなかったので助かりました。
d0109373_2352722.jpgd0109373_23583576.jpg



















さ~て。これから『天使と悪魔』です。

by august22moon | 2009-05-25 00:32 | おいしいもの | Comments(0)

A thousand times good night

d0109373_1255045.jpgそれほどに貴重なお写真ではないんですが。
上司が出張で行ったイタリアでの観光写真を見せてもらった際
見つけた一枚。
ジュリエットのバルコニーです。

「もっと聞いていようか、いま話しかけようか」の場所ですね。

奥に立っている観光客さんは、もちろん
ジュリエットと一緒に記念撮影中。








イタリアにまったく興味のない上司。
ガリレオの銅像記念撮影に群がる観光客に感心していたようす。
勿体ないったら。
代わりに行きたかったと嘆く社員多し。


「おシまな時にでも、ヒらしてください。」
お暇な時にでも、いらしてくださいと言おうとして
カミまくった私。
最近、最後の最後に肝心なトコでカムこと多し。
大丈夫か私。

by august22moon | 2009-05-24 01:41 | 出来事 | Comments(0)
d0109373_042233.jpgチョームカつくことがあったので、ヤケ酒代わりのケーキ。

「しっとりスフレロール」

あれ?
スフレなのにスポンジ固め。












d0109373_0372728.jpgおし。
サンふじも、がぶりだっ








おいし・・・









d0109373_040266.jpg妹のほうも、会社でがっかりしたことがあったらしく、憂さ晴らしケーキ。

















d0109373_0475064.jpg『ぷるみえーる』さんのブルーベリータルトとガトーショコラ。
筒状の容器に入ったコーヒーゼリー。
牛乳瓶みたいな容器は
お店の方がサービスで下さったプリン。

なんか宥められた感。
ありがとうございます。

by august22moon | 2009-05-23 02:37 | おいしいもの | Comments(0)