<   2009年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

trick or treat

今日は忙しかったー。思い通り、いえそれ以上にうまく仕事も進んで、なーんてラッキーな日なんでしょ。と浮かれ気分で、お昼休みにちょこっと外出してパワーストーン屋さんへ。
アラゴナイトとレモンクオーツのブレスにペリドットを足してもらいに。

d0109373_07276.jpgなぜかと申しますと、妹が「仕事が順調なのはアラゴナイトのブレスしてるせいかしらん」などと申しておりまして。
で、ペリドットの持つ意味も今の自分に合ってるみたいと、こんな風に足してリメイクしまして。そしたら「仕事益々順調なのよー」なんて申しますのでね。
なんですと?そんならわたくしも真似しちまおうかねーと。














d0109373_06960.jpgで、こんな感じ。
でも、ペリドット結構お高めで。
4粒にしておきました。

午後もいいことあるかなーなんて、仕事に戻ると・・・
またも不運の神さまは、ほんのちょっとの偶然で運を掠め取っていかれるのでした~。
この不運の原因は、妹にあったようなんですよ。
妹は毎朝、私より早く出勤するんですが、家を出る時に私のブレスを撫でて、仕事うまくいきますよーにと拝んでるんですと。ひとの石ってあまり触らないほうがいいって聞いてまして。だから運が逃げてくんだぁー(笑)


でも今日も一日がんばった。
今月は山あり谷ありでたいへんな月でしたが、なんとか月末にまあまあの成果が挙げられたかな。

で、お疲れさんでしたのお夕飯は・・・・








d0109373_0233897.jpg『王将』さんにしちゃいました。
土曜の夜に行くというのは無謀だったかしら、と不安になるほどのお待ちの行列。
30分ほど待ってお席に通されてオーダーして、速攻出てくる餃子(笑)















歯医者帰りでまだ麻酔で口の周りに感覚がない妹は、食べられるのー?という心配を他所に果敢に五目そば。私は3度目でまだ食べてなかった王将ラーメン。観劇仲間のJちゃんが食べていて美味しそうだったので。
d0109373_028479.jpgd0109373_0361237.jpg




















d0109373_0345138.jpg地元店限定メニューのエビレタスチャーハン。

旨し。


・・・じゃ、与野本町店限定メニューはなんなのだろ


これだけ頂いて、お会計1780円とちょっと。
これは混むはずですね。










d0109373_0452670.jpg今日は地元の大学祭に、タケルくんが来る日だったんですよねー。
お休みも取れないし、どうせ抽選には洩れるだろうし、若い娘さんばかりのなか恥ずかしいしさ、とはなから諦めておりました。

by august22moon | 2009-10-31 23:40 | おいしいもの | Comments(0)

「どこでその線をひくつもりだ?」

d0109373_23523678.jpg閉店のお仕度を待たせてまで撮った1枚。
スミマセン ^^;


今日はなかなかいい日でしたの。

なのになにが
哀しいんだか

冴えない帰り道




発売になって1ヶ月近く経ってようやく、雑誌Look at Star 購入しました。
鈴の助さんと遠山悠介さんと隼太くんとの4人のショット。
秀さんと修理と佐助と殿様。
隼太くん、「1回限りの募集だと思った」ですって(笑)
それなら大学と両立できると思った・・・って、エライねー。

「無名人のパワーというのは、イコール‘演劇の力’」という横田さんの言葉がキャプションになっていますのね。



タイトル : 『真田風雲録』から。
by august22moon | 2009-10-31 00:57 | 季節 | Comments(0)

さい芸 『真田風雲録』 28日観劇

d0109373_22391831.jpg気持いい秋晴れです。
行楽日和という感じ。

ベンチでランチしてる方もいます。
















d0109373_22411049.jpgてへ

3回目^^;

それぞれ別の位置の座席だったので、演出上後ろを向いて観えない表情も全て観られてラッキーでした。
本日も当日券のお客さんまで出る盛況。

今回は今までで一番お客さんのノリが良く、笑わせ所にも全て反応。
小助役荒川結さんのジャンベかな?の演奏後や、武藤ケイジよろしく観客を煽った三好清海役岸田智史さんのシコにまで拍手。沢竜二さん真骨頂の殺陣場面にも拍手。

特によく可笑しい場面でもないのに笑ってらっしゃるお客さん数名がいたんです。「濠石垣破壊の事・佐助告白の事」の場面でのこと。お露と佐助の関係にショックを受けた海野六郎が「いやなもんはいやなんだよ!」と叫ぶ場面でまでも笑い声が起こり唖然。仲間たちに初めて亀裂が生じ隔たりが明らかになる深刻な場面なのに。
その方たちは、最後に佐助が涙を隠し(たように)走り回るところで、泥に足をとられて滑る度にまで笑っていまして。もうもう・・・プリプリ(-_-メ)
さすがに私のお隣りの方も「なんで笑うの」とボソッ。同感です。

十勇士を演じるみなさんはそれぞれに新鮮で瑞々しい演技なのですが、青年期の佐助を演じる隼太さんは益々良くなっています。十勇士の中で最も複雑な人物が浸透してきたよう。

さてさて。幸村が夜討に失敗して血まみれになっている場面。
幸村の眉間から流れる血がどんどん多くなってるみたい。本日はその血糊が目に入っちゃったみたいで、時々しぱしぱ瞬きされてました。でも歯にまで血がついて迫力は増しました。
昼寝から目が覚めた幸村が振り向く前、まず袖の中で腕なんか掻いちゃってるのが、相変わらずリアリティーある自然な演技でよかったです。

d0109373_0102879.jpg佐助を最も憂えている幸村の言葉は、佐助ならずとも心に突き刺さります。
「人とつながろうと思うからつながれねえんじゃねえかなぁ」と言われてもねぇ。じゃどうしたらいいのよ。自然に人が慕ってくる大将には分かんないでしょ、なんて心で言い返したりして。


泣けて笑って、激しい討論に共に熱くなり、ほんとうに楽しい舞台です。













d0109373_095283.jpgあ、そういえば。
お濠の埋め立て工事場面で、どういう具合でなのか泥が水平にびゅーんと正面席最前列に飛んでました。
お客さんは驚いていましたが、事なきを得たもよう。














帰りに東京駅グランスタにある『Terra Saison』さんでお米のルーロ・和栗というのを購入。
ロールケーキ部分がカステラみたいな歯応え。
d0109373_015354.jpgd0109373_0152231.jpg
by august22moon | 2009-10-29 00:58 | 観劇 | Comments(2)

若松節朗監督作 『沈まぬ太陽』

d0109373_525554.jpg週刊誌連載中から物議を醸したモデル小説であるだけに、映画化はかなりの困難を極めたようです。
原作は単行本で発売になってすぐに読みました。

主人公恩地を渡辺謙さんが演じることで作品に格調が出てみえました。
他にもオールスターキャストで豪華。
映画は原作をほぼ踏襲していましたが、冒頭「アフリカ編」があり、すぐに「御巣鷹山編」に突入することで、事故の日までのカウントダウン状態になることが避けられました。
事故場面は凝縮されてはいましたが当時の報道のままに演出されていました。
当時副機長席に座っていた機長役を小日向文世さんが演じています。
この場面では小日向さんがほんの一瞬2度ほどしか映りません。後はレーダー管制官たちが愕然とコックピットからの通信を聴いている映像。書籍や雑誌で何度も読んだ機長の声。公開されたブラックボックスの音声テープを初めて聴いた時は極限状態の中で必死に戦いながら冷静さを失なっていないように聴こえることに驚きましたが、小日向さんの声がまったく同じあのままの声でしたので、「ライトターン」と聞いた瞬間、涙が出ました。

「御巣鷹山編」で、渡辺謙さんは遺族に対しては懸命に向き合う男を誠実に演じていました。
頭を下げるという姿勢にとても心が籠っていました。
遺族が乗ったバスが到着するや走って、報道陣で混乱する中でバスから降りる遺族に頭を下げながら出迎え案内する姿。
棺が並んだ遺体安置所で遺族の側に立つ姿。
慰謝料を拒否する遺族の家を訪ね、開け放たれた窓越しに合掌する姿。
役柄を超えて追悼するように見えて胸を打たれました。
「アフリカ編」「会長室篇」に於いては、裏切り続ける会社から逃げず戦い続ける男の逞しさ強さを、貫録ある演技で表現していました。

どの遺族役も丁寧に演じていると感じましたが、特に印象に残ったのは、シフトを交代したために事故機勤務となった客室乗務員の母役の女優さんでした。墓参の後、実家に焼香にきた交代してもらった乗務員(松雪泰子さん)に、娘の思い出を語る場面でアップに映った時は誰なのか解りませんでしたが、烏丸せつこさんでした。
ほぼノーメイクで、会社側のにんげんなので遺族会に入ることも遠慮していたという、控え目な、農村にひっそりと暮らすこの女性の悲しみを言葉の端々にまで丁寧に演じて印象に残りました。

山崎豊子さんのモデル小説は実在の名前を少し変えますので、当時の三塚運輸大臣は「道塚」。因みに中曽根首相は「利根川」。金丸幹事長は「竹丸」。
道塚氏役は小野武彦さん。似ていない顔立ちになのなぜか似てみえました。
メガネが同じだったのかな?

組合書記長役・いつ撮影したの・香川照之さん(笑)は相変わらず精妙な巧さ。
静かにゆっくりと復讐していった男の、儚さが哀しい。
テーブルに何冊もの手帳を広げている場面で初めてその意味を知らしめた演出は面白いと思いました。

最後に地検・捜査員役で上川隆也さんが登場。

巨大企業の腐敗がテーマなので事故だけでなく、安全管理問題、懲罰人事を受けた社員やその家族の苦悩、経理汚職と盛りだくさん。
映像的に凝っているとは感じませんでしたが、珍しい10分のインターミッション付き3時間36分の長さは感じませんでした。
難しい問題を孕んだ大作を遂に完成させた努力に敬意。



予告編ではジョニー・デップ主演「パブリック・エネミーズ」。
あの『デリンジャー』リメイクだ~♪
顔立ちはウォーレン・オーツがそっくりでしたが、予告編を見る限りはカッチョいいギャング♪

で、ですね。後方の席で始まる前から身体を隣席に斜めに倒して寝ちゃっている方がいたんです。休憩時間にも起きない。上映終了して係員さんが起こしていたのですが、なんとその方、椅子から滑り落ちて床に寝てました。床に寝てる自分にびっくりしてましたが、みんなびっくりです(笑)

by august22moon | 2009-10-28 03:07 | 映画 | Comments(0)

はちみつとSotteBosse

d0109373_22471879.jpg久し振りに 『Cafe haruhi(ハルヒ)』さんで友だちと待ち合わせ。

仕事帰りに映画観に行こうと思っていたんですが、いろいろあって計画変更。
来年の手帳やカレンダー買わなきゃ、あれもしなきゃこれもしなきゃいつかいつかと言っているうちに11月になっちゃう。なんか焦る・・・いや焦ってるフリしてるだけなの。














d0109373_2339206.jpg友だちを待ちきれず、かぼちゃのチーズケーキ・プリン風をお先にいただきました。
ほろ苦いのはカラメルかな?
ジャムや生クリームでデコレーションされていますが、細く蜂蜜もひかれていました。
蜂蜜つけて頂くのもまた美味。
とっても美味しかったです。
ココロがささくれそうな日は甘いものがいいのかな。
Sotte Bosseの優しいヴォーカルも加味。

by august22moon | 2009-10-26 23:42 | おいしいもの | Comments(0)

その前髪はとてつもなく短い。

d0109373_19532830.jpgやっぱなんかツイてない日々が続きますわ。
いい日もあるけど、それを凌駕する不運続き。ほんのちょっとの偶然で逃げていく感じ。
幸運の女神の前髪は短いのねやっぱり。
「偶然の神は気前がいい」らしいですが、随分気前よく逃がされてるみたい。
大好きなブロガーさんも最近悩んでらっしゃるとのことで、みんなそうなんだと言い聞かせてみたりして。


とにかく。がんばるのだー







成宮くん(のPOP)だらけのモスバーガーでエビカツバーガーのランチ。
by august22moon | 2009-10-24 22:35 | 出来事 | Comments(2)

さい芸 『真田風雲録』 21日観劇

d0109373_22251892.jpg地元は快晴。夏日みたい。
昨晩はオリオン座流星群が見たくて夜更かししてしまい、ちょっと寝坊。
流星は、源氏星リゲルのあたりに細く短いものがふたつ見られました。
偶然、平家星ペテルギウスからサイフあたりに向かって夜間飛行の赤いライトがゆっくり下ってゆきました。















d0109373_2334667.jpg2回目の観劇はマチネ。
坂道にある学校から生徒たちの歓声が聞こえて長閑です。


















d0109373_2381795.jpgd0109373_23102630.jpg


















前回は終電に乗るために最後まで観られなかったので、今日が楽しみでした。
今日は初日より冷房が効いているみたいに感じました。
泥のせいか蒸し暑く感じて、暑いと言っている人が多かったですもの。
座席も前回は上手でしたが、今回は正面席。
それでやっと、ここは大ホールの舞台上に作られたものだと分かりました。さい芸の構造が分かってない(恥)
‘インサイドシアター’って言ってんじゃん、みたいな(苦笑)

初日を観た時にも感じたことですが、とにかく十勇士を演じる「ネクスト」のメンバーが素晴らしい。
経験の少ない若者たちの「劇団」とのことで、同世代で構成された小劇団と同様に考えていたんですが、一線を画すものでした。
どうして違うんだろう。
彼らにあらかじめ与えられたものが、充分観客が堪能できる面白さを持ったホンであることは強いと思います。幸村と十勇士が戦ってきた時代を普遍性のあるものと捉えて創られたセリフには惹きつけられます。その言葉ひとつひとつをきっちり表現している。飛距離がちゃんと在って、心に届いてくる。

「ネクスト」の中で特に、少年時代の佐助を演じた大橋一輝さんは素晴らしかったです。
この佐助というキャラがまた特に面白く創られているので、青年時代を演じた隼太さんもこの役柄を巧く演じていたと思いますが、あのまま大橋さんが演じてもよかった。
他には何と言っても、若き清海入道・ずく入りの清次を演じきった市川夏光さんは大健闘。
え?女の人?と思っちゃいましたもん。すごい。
少年期から青年期への変身方法も面白い演出。佐助とお霧の関係が白日となる場面で、お霧が突っ伏している演出もよかったと思いました。
千姫役の春木美香さんも印象的。これほどユニークキャラな千姫は初めて観ました(笑)
お露との会話なんて傑作。秀頼のことを「好き。大好き。」とメロメロな顔して可愛い普通の女の子。お露に心を砕く様子も人柄がよく伝わってきました。
諸説ある中、このお話では秀頼が徳川方への使者として千姫を脱出させるという設定。
淀の反対するのを「いいでしょう。好きな女の命くらい救ったって」と秀頼が初めて男らしく一喝したのにびっくりする声もめっちゃデカッ(笑)

戦国時代の終焉に如何に武士らしく散るかと見せて、実はそれこそ難しいことであると気づいている幸村。
そのあたりの内心がラストに活きました。
暗転が明けて、赤備えに陣羽織で立つ姿は精悍。
冷静な知将ぶりですが、14年間もの蟄居が生んだ所将たちにはない骨太さも表されて。
様々にアレンジされたオリジナルな幸村ですが、最近の戦国武将の中で一番人気なのも、個人的に初めて納得、です。
浮浪人たちに慕われる人物の大きさをユーモラスな演技で余裕たっぷりに演じて秀逸。
幸村が無理やり昼休憩にさせちゃう場面は、横田さんのユーモラスな演技が特に可笑しい。
ほんとうに魅力的な「幸村」です。

でも殿様、なぜ佐助に感情をぶつけちゃったんだろ・・・。

カテコは2回。17時20分終演。


d0109373_149488.jpgさて、駅までの道でお子さんたちのグループに遭遇。
小学生たちが英会話の先生らしき方やご父兄とハロウィーンのイベントをされていました。
先ず先生が英語でお店の説明をされ、何のお店か英語で答えさせてから、「trick or treat」。
お店の方は袋にお菓子を用意されていて、可愛い魔女・魔法使いたちに笑顔でお菓子をあげていました。

あ、おみ足だけ薄っすら残っちゃいましたが、シンレイ写真じゃありません。










d0109373_263347.jpg















d0109373_214798.jpg泥除けに配られている黒いビニール。役者さんたちが通る時の為に足元に入れ込んでと係員さんの注意がありましたが、お1人だけ長く通路にまで広げているかたがいました。危ないなぁと心配していたら案の定、横田さんが登城場面で茶坊主の言い間違いを正すのに振り向きながら歩いていたので、ビニールにちょっと足をとられてしまいました。バランスを崩すほどではありませんでしたが、当のお客さんはまったく気付いてないようでした・・・。
by august22moon | 2009-10-22 01:16 | 観劇 | Comments(0)

「本日のこれよかばい。」

d0109373_21352082.jpg本日の妹のお買いもの。
アカシアの小さなサラダボール。

「ダカフェのボウル買ったー」

『ダカフェ』さんとは、本にもなりCMに写真出演もされている人気のブログ『ダカフェ日記』さんのことです。書店で掲載写真集を見つけて以来、月1回の更新を今か今かと待ちわびるほどの大ファンになったのです。
因みに今月はまだなんですよね。

で、ご趣味が洋服のみならず家具や食器にいたるまで、とっても素敵。イッタラのグラスとか琺瑯のカトラリーとか多分チェリー材だと思われるダイニングテーブルとか・・・。

朝食のスープをこの木製ボウルで頂いている写真を見て、いいなーと思ってたようで。「無印」でお値段お手頃。手触りもとってもいいです。









d0109373_22304071.jpg他にも無印のお菓子も買ったと写メ。

・・・ん?奥に見えるモノは?


















d0109373_22404096.jpg与六くんの写真集!?

清史郎くんも可愛いですが、弟くんも可愛い。


















d0109373_23343015.jpg残業のある日は、社員それぞれが飴やチョコなどを持ってきて分けあったりするんですが、その中でもヒットいたしましたのがこれ。アーモンド味が美味しかったんで、帰りにスーパーで買ってきたんですが・・・。
職場で食べた時のほうが美味しく感じるものですね。
学校でこっそり食べるお菓子が美味しかったのと同じ。
働いてこそのおやつなのだー。

by august22moon | 2009-10-20 23:19 | お買い物 | Comments(0)

寝耳に水

d0109373_0175567.jpg若いカップルの楽しそうな会話に、心和む帰りの電車内。
「ねえ。『寝耳に水』ってどうゆう意味~」
甘えるような声で尋ねる女の子。可愛いね~とおばさん益々和む。
だって今日は好条件と幸運が重なって、信じられないくらい仕事が巧くいって気分も良かったんです。

お相手の男の子。
「ねみみみ・・・」とカミカミ。
可愛いですこと。

しかし、この後の男の子のひと言に、広げていた文庫本を落としそうに。

「ひとの話を聞かないって意味」

なんと。(O_O;)
正に寝耳に水。


写真はホトトギス
by august22moon | 2009-10-19 00:24 | 出来事 | Comments(0)

結び目

d0109373_20595911.jpgお友だちから頂いたストラップは真田紐製です。

嬉しい!

紐は帯紐にみられる安良筋で組まれていて玉結び部分は山葵色。
















d0109373_213386.jpg大好きな色の組み合わせで携帯の色ともぴったりです。

ほんとうにほんとうにありがとうございました。


今日もなんだかツイテない一日でしたけど、おかげで心が晴れました。
明日からがんばれそう。

by august22moon | 2009-10-17 23:59 | 出来事 | Comments(0)