<   2011年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

静岡『小林賢太郎 LIVE POTSUNEN2011 THE SPOT 』28日ソワレ観劇

d0109373_0265126.jpg風が強い一日。
小林賢太郎さんの公演を初体験。
少しアレンジされた再演だそうで。
















d0109373_0275853.jpg会場は静岡コンベンションアーツセンター。
愛称はグランシップで船の形をしてます。

















d0109373_0315115.jpgこっちが舳先。



















d0109373_0333898.jpg中ホールといっても、かなり大きなハコです。コクーンよりちょっと大きい。
760席の8割方埋まっていて(後方席が空いている程度)、平日であることと昨今の状況を鑑みてもその人気のほどが伺えます。
小林さん、静岡生まれということだからかラーメンズでも結構来てくれてたんですが、『TEXT』をTVで観てこれは凄いと興味を持って以来、本日ようやく観ることが出来ました。







『ボジョレーの勘定があわない / 糠床にバファリン』

舞台奥に本公演の上演地が書かれた白い幕。ここに薄くライトが当たったまま、シルエットで登場するところがまずかっこいい。いや「かっけー」。
ちょっと肘を動かしながらね。

「けん玉と井戸」 「一坪王国の王様」 「アナグラムの穴ぐら」 「線上の手男」 「ない慣用句」 「怪獣のお医者さん」 「閏人」 「ひみつぼ」・・・かな?
順不同です。タイトルも、「アナグラム~」「線上~」「ひみつぼ」以外はワカリマセン。こんな感じのタイトル。

地元ネタを挿入するのがお約束らしく、「けん玉」の場面で劣化した部品を買いに「ジャンボエンチョー行くか」。
「今日は富士山が見えてテンション上がってるんだ!」
王様の場面では壁面の黒いパネルを図や記号に組み替えるところで「これヤマハのアップライトピアノ」。
逆を向いて空間で「これカワイのクリスタルピアノ(透明だから)」とやって勿論場内爆笑。
(めちゃくちゃに弾いてみせて、「男子はちゃんと歌ってくださーい」)

ステージにテープを貼って、この一坪で出来ること、として自分の王国を作ってみせます。
国歌、国旗など象徴を決めようと王様。
国技も決めようと思案するんですが、そこで出て来るのが‘男子自由形’。
男の子は自由ってことですね。制約がないと。
「ランドセルを前に背負って上履きを両手にはめて、無敵!」。
「鳩の群れの中に飛び込んでゆく。」
男の子がよくやるってことですね。

そして、国花や国鳥などのように国獣もあるんだいう話。
中には国内に生息していない動物や架空のもあるんだそうです。ならば「東の端(?)の国もドラえもんにすればいいのに」。王様、我が国の国獣は「象がいいなー」。「国鳥は最初に(この一坪に)飛んで来た鳥にしよう。」
因みに国の石もあるそうで、日本は水晶なんですって。
国の虫があってもよさそうなのに無い。なのに国菌はあるんだって「麹だそうです。要るかー?」確かに。
で、アジア諸国を巡ってお土産買って我が国で展示し博覧会をやろうと王様は旅に出ます。
そこへなにか鳥が・・・「ええ~鳩ぉ~?」とガッカリの王様、先の‘男子自由形’でやった鳩の群れの中に飛び込んで鳩を飛び散らせるのをやって場内爆笑。
こうゆう風にネタをループというかリンクさせるんですね。
ここまでが前篇で、後に後編と分かれて演じられます。

「怪獣のお医者さん」でもそのループが使われているんですが、これがシュールで面白い。
思わず観客も唸る展開。

「ない慣用句」では、「ボジョレーの勘定があわない」「糠床にバファリン」などなど・・・。
紙芝居風に紹介。このあたりバカリズム的でやりすぎない感じが好きです。

「うるうびと」はうるう年に生まれた人の話。なにをやっても余って仲間からはじかれてしまう運命まで持ち合わせてしまった、もの哀しいお話しです。
最後に五十音のカードで見事にアナグラムを創り上げ、「よかった。ひとつも余らなかった。」。
笑いの連続にこれを挟んで一驚させるセンスが素晴らしい。

で、再び王様。それまで登場した小道具を置いたテーブルを前に寄せ集めて・・・。
見事な影絵の誕生に場内、感嘆のため息。
この絵が見事ということだけでなく、度々使うリンクさせる笑いで終わらせて見事。

カテコで2度出た後、客電が点くと拍手が手拍子に変わりスタオベ。
オールスタオベです。
上着を脱いで出てきてくれました。それも2度も。
「まぁ、出てきても何にもしないんですが・・・(笑)」
大変な震災の後でもあり、「こんなお笑いを(と言って口元を隠し)・・・やっていいのかと思いましたが、やって良かったです。だって(客席を指して)みんな来てくれたもん。」に拍手喝さい。
「平日なのに(笑)」。
とここらで、ケータイが鳴ったら、「あ、出てください。この後の吞み会の誘いかもしれないし。経済回していきましょう。」にまた場内拍手喝さい。
「アンケートも書いてくださいね。僕もスタッフも楽しみにしています。みんな書くものは持ってますか?(会場を含み笑いで見回す)。」
義援金の受付もしていますので宜しくお願いしますとも。
Tシャツの売上一部が寄付されるそうです。
「長くなりました。きょうはありがとうございました。」

そして2度目。「なんかスタッフに賢太郎さんお客さん呼んでますよ言われたんですが、なんか笑い声が聞こえて・・・」とこれは2度目に出てきた時だったかな?
そして「こちらの知事(静岡県川勝知事)と僕が似ているそうで・・・。今度お笑いで対決してみたいと思いますんで、誰か言っといてくだ、さいっ。」
そういえば確かにちょっと似たお顔立ち。

構成の緩急の付け方が巧みで、ニヤニヤ笑わせておいて爆笑ネタをやり、ホロリとさせる意外な落ちを入れて観客をすっかり掴んでしまう。
ひとが可笑しいと感じるポイントを熟知していて、練り上げられた部分にワザとアドリブを混ぜることで尚更の笑いを誘えることが判っているんですね。
トランプもマイムも仕草がきれい。
この様子の美しさが知的な舞台をまた創り上げているんですね。
コントとカテゴライズされるようですが、上質で洗練されたパフォーマンスでした。

d0109373_312539.jpgこれはチャリティーのピンバッジ。
500円。
いろいろ種類があって、どれにしていいか分からなくって。
とりあえずラーメンズと入っているのにしました。















d0109373_3161273.jpg「よかったら、また来て下さい」の言い方もいいなぁ・・・。
スマートでスタイリッシュで。
もうね。なんか、全てが素敵。

彼の周りだけ空気がきれいって感じです。

by august22moon | 2011-04-29 00:02 | 観劇 | Comments(2)

三谷幸喜演出『国民の映画』 神奈川芸術劇場 27日マチネ

d0109373_14204891.jpg横浜駅からみなとみらい線に揺られて芸術劇場へ。
初めて行ってきました。
偶然先頭車両に乗って、映画でしか見たこと無いトンネルの先。ちょっと怖い(笑)
因みに右手の黒い物体は運転手さんのカバン。














d0109373_1426364.jpg湿気を含んだ風がもの凄く強くて飛ばされそうでした。

















d0109373_14251364.jpg劇場前の大和地所ビル1Fの舗道に面したカフェでランチ。

















d0109373_14282580.jpg




















フードメニューはホットサンドだけ。チーズとハムのホットサンドを選びました。
(-_-)ウーム ちっちゃ
d0109373_227685.jpg





















ドトールを探して・・・お、もうこんなところに中華街。
d0109373_2212225.jpg























劇場だけでなくNHKなども入っている複合施設なんですね。
ひゃ~おっきい~
d0109373_22132672.jpg























【芸術は我々を愛さない】

初めての三谷作品観劇です。
ナチスドイツの宣伝大臣ゲッペルスが、国威発揚のため国の威信を賭けた大作映画を製作しようと、別荘に仲間を呼んだ一夜の物語。
別荘のリビングだけで展開するシチュエーションドラマです。
上演時間3時間は長かったですが、達者な役者さんが揃ったこともあり見応えのある舞台でした。
登場人物ではゲッペルス以外はヒムラー、監督のレニ・リーヘンシュタール、作家のケストナーしか知りませんでした。
映画好きのゲッペルスが「風と共に去りぬ」クラスの映画を創ろうと持ちかけるんですが、新人女優、ベテラン女優、人気と実力が伴わない俳優、監督らが入り乱れてプライドも捨てて売り込んだりと、高揚し意気上がる中、ふとバトゥラーのフリッツがユダヤ人だと漏らしてしまったことが切っ掛けで、一つにまとまったように見えた関係が崩れていきます。
大義のために半身ともいうべき存在の従僕を守ろうともしない主人の冷徹さと、折しもヒムラーから報告されたユダヤ人大量虐殺新案の残虐さに、芸術家と政治家は決裂します。
イデオロギーに従うことはない。ドイツ人ではあってもナチ党員ではない主張を貫いたわけです。

ゲッペルスが実のところ芸術に浅学だったところが露わになる所等々、三谷作品らしいコミカルな応酬が楽しめました。
「ムンクの『叫び』はなにを叫んでいるのか知ってるか?」とゲーリング空軍総司令官(白井晃)に試され、苦し紛れに絵と同じポーズで叫んだり、ヒムラーがぬるいホットミルク好きだったり、風間杜夫さんのクールなツッコミ、『風と共に去りぬ』を『かぜとも』と略したり、ディートリッヒがサインに「努力」と書いてたとか・・・さすがに笑いが絶えませんでした。
今井朋彦さんは『飛ぶ教室』などで有名なエーリッヒ・ケストナー役。
皆が去った後、反ナチ的な立場の彼が最後に脚本執筆を承諾しますが、それも自著を焚書され書くことを停められた作家の憤懣を込めます。
この招かれた客たちの中で、異質な立場である人物を演じて好演。
こうゆう役が本当に似合います。
ゲッペルス役の小日向さんのラスト一転しての険しい表情、なにを言われても黙して堪える様子で謝罪を表して。終始惚けた役柄の段田安則さんと共に、その上質な巧さは言わずもがなでした。
寂寞たる幕切れですが、緞帳(があるんです!)が一端下がって再び上がると、今度は全員でコミカルなポーズで登場。

d0109373_053422.jpgじっくりと描かれた会話劇でしたが、終盤にゲーリングがゲッペルスに、犯すべからざるものがあると説いた、我々は芸術を愛してるが芸術は我々を愛さないとの言葉が、三谷氏が特に残したかった言葉ではないかと印象的でした。















d0109373_054421.jpgおみやげ。
東京駅版にはない紐付き。

by august22moon | 2011-04-27 23:25 | 観劇 | Comments(0)

万城目学著 『プリンセス・トヨトミ』 文藝春秋

プリンセス・トヨトミ

万城目 学 / 文藝春秋


【桐の代紋】
映画化とのことで読んでみました。「鹿男」同様随分と荒唐無稽な設定。
既読の妹から、「鹿男」とやはり同様に主要登場人物の性別が違うと。
(それ以上は教えないでと釘を刺すのも忘れずにおきました)
会計検査院3人のうち、鳥居と旭ゲーンズブールの性別が逆転。鹿男で原作では男性だった役を演じた綾瀬はるかさんがやはり原作では男性の鳥居を演じるんですね。
この鳥居が面白いキャラですが男女逆転してしまうと描けない場面もありますね。
鳥居のちょっととぼけたところなど男性のまま演じるとすると濱田岳さんがいい味を出してくれそうですが、その体型描写を読んでいると映画『SP』で山本を演じた松尾論さんをイメージしてしまいました。
中学生に間違えられはしないでしょうが。
副長松平を堤真一さんが演じると知ってから読むと、あて書きのように感じてしまいます。

大阪を舞台に隠された策略と伝承があって、その根底にあるとする独特な大阪人気質は大いに納得できることが多くて可笑しかったです。
実際に大阪の街を歩くとすれ違う人たちの会話がもういちいち面白いんですもの。
フリマで友人が大幅に値切ったら、間髪入れず「なんでやねーん」と返されて。
わ、流石の鋭いツッコミだーと可笑しかったですし。
タイガースファンなんてよくこんな傑作な表現思い付くなぁと。
だって「シナンテイドニコロシタレー」ですよ(笑)
ガンバの横断幕も「勝て勝て勝て勝てホームやぞ」とやけにリズムがいい。
TVの街頭インタビューで見られるまるで吉本の芸人さんみたいにツッコミが巧いひとは特別ではないんだと感心したほどです。
大阪のお友だちの上司さんのお話しを聞いた時も、やっぱり傑作でした。
軽快な言葉使いが毒を薄める。楽しい会話は羨ましい限りです。
作中にも、この大阪人の笑いに持っていく特質の底に隠された本質について想像したりしています。

壊滅された敬愛すべき指導者の血が地下で密かに受け継がれていたという発想は、他にもありますが、その根底にあるのは宗教でも思想でも勿論埋蔵金などでもなく、気性であるとしたところが面白い。

登場人物の名前も夏の陣で豊臣方に集った浪人たちの名前から来ていますし、茶々、初、市まで出て来る。
鳥居と旭だけは違いますね。一目瞭然。
(は!秀吉の妹が旭なんだ!鳥居も鳥居元忠がいた!)

史実や伝承を基に荒唐無稽なお話に展開してゆくところが楽しい作品でした。
食べる場面はなかったのにお好み焼きが食べたくなっちゃったのは・・・やはり食いしん坊だからですね。

d0109373_034052.jpgそうそう。富士山の下の十字架が気になって眺めてしまいそうです。
古くは『潮騒』の舞台になった神島、『雪国』の舞台になった湯沢温泉の旅館・・・最近では、『ダ・ヴィンチ・コード』に登場した教会や遺跡。
読んだ後にそれらを確認しに行きたくなるのもまた小説の魅力ですね。

by august22moon | 2011-04-27 00:29 | 読書 | Comments(2)

遠い声

d0109373_23222369.jpg先日、雑貨屋『sora』さんに伺いました。

















d0109373_23315422.jpg紫陽花の横の階段を上がって・・・

機械類を木箱で覆ってるんですね。
















d0109373_23345967.jpgドアを開けるとアンティーク製品で別世界。
外国の古い小瓶、すみれの絵ハガキ、どこかの鍵、レースリボン・・・
長い長い時を経てここへやってきた小さなものたち。
作家さんの作品もありますが、店内は時間が止ったよう。
(確かBGMも流れて無かったような・・・)












そこで出会ったle petit bonheur さんのエレスチャルというクォーツペンダントと、
イギリス製のガラスパーツ。
ガラスの四隅に穴が開いているので細紐を通してサンキャッチャーのように窓辺に下げようかしらん
d0109373_23305961.jpg





裏手にある市営公園「楽寿園」の窓いっぱいの新緑が風に揺れていました。
晴れの日も窓辺のサンキャッチャーや意匠の施されたグラスが輝いて楽しいですが、雨が降ったりすると更に趣きが出ていい雰囲気に浸れそうですね。
雨など降るもをかし、です。

d0109373_903757.jpg

by august22moon | 2011-04-26 00:30 | お買い物 | Comments(0)

風が飛ばすもの

昨年12月にオープンされた『cafetín cucurucú(ククルク)』さんへ初めて伺いました。
d0109373_20484452.jpg
 





「伊豆ときどき南米」がコンセプトで、ランチセットに干物があったり。南米の珍しいメニューも。
名前憶えられないし、いつも参考にさせて頂いているonchanさんの真似をしてメニュー撮ってみましたが・・・ぴんぼけっすね。
d0109373_20543065.jpg





こちらは「ウニャ・デ・ガト(猫の爪の意)」というハーブティー。
d0109373_2056961.jpg





d0109373_20574259.jpg





エンパナーダ・サルテーニャ。パイとのことでしたが、パンの食感。
d0109373_20581586.jpg






d0109373_2055525.jpg





中味はチキンや野菜。
なんか食らいついた後って感じの写真でスミマセン(苦笑)
コーヒーはベイジーニョというこちらのオリジナルブレンドコーヒー。ブラジルとペルー産をブレンドしてある苦味がしっかりしたタイプだそうです。
ベイジーニョとはポルトガル語で接吻なんですって。可愛いですね。
d0109373_21103729.jpg





奥にブルーベリーの実が入っているクリームチーズケーキ
d0109373_21134619.jpg





バラ色の壁がきれい。
d0109373_2113476.jpg





ブエノスアイレスに留学されていたというオーナーさんのアイデアが活きたお店でした。
d0109373_21143299.jpg





d0109373_1454077.jpgお夕飯をと行ったお店が、夜営業開始10分後に既にほぼ満席で、
相席しかない状態でしたので諦めて















d0109373_641722.jpg『awatenvou』さんへ。

センス光るイラストはオーナーさんの自筆。



















コーヒーは、ハンドルのないタイプのアラビアのカップ。
d0109373_21241894.jpg





新メニューは牛のたたき。
d0109373_2245050.jpg






d0109373_22182238.jpg





右は「じゃがいものおやき」。ハーブが入って美味しかったです。 
d0109373_9482329.jpg





強風は夜には木枯らしのようになりました。

by august22moon | 2011-04-24 23:26 | おいしいもの | Comments(0)

どうして

涙が出ちゃうんでしょう。

曲もいいですよね。 

JR九州のCM

野球の試合中にひとり手をふってる子がいいです。

by august22moon | 2011-04-23 23:55 | テレビ | Comments(0)

ムチャぶり

d0109373_20581190.jpg 『weekennd books』さんで昨日今日と、
yumi*さんの「洋装店」イベントがあったんですが、最終日な上に伺ったのが2時過ぎなので、もうお作品もあるわけもなく・・・。

(ノ_-;)ハア…













d0109373_21385266.jpg本を選んで


















d0109373_045248.jpg『irodori』さんのお菓子を選んで























お茶してまいりました。
d0109373_2059254.jpg







次回こそは・・・
d0109373_2111114.jpg






次回こそはっ・・・!
d0109373_2116054.jpg






それから妹は美容院なのでその間私は本屋さんへ。
アーケードでは週末市みたいなイベントを開催していました。フリマでなんと単一の電池が売っていたのでラジオに必要な4個を購入。
d0109373_21284360.jpg







d0109373_2120816.jpgそこでなんと。
懐かしや、その昔大好きだったサンリオキャラの「zasikibuta(ざしきぶた)」くんを発見!
これペンライトです。
ペンライトは特に振る機会もないんですが、このキャラもう既に廃番なので嬉しくて。














d0109373_21474645.jpg読みかけの本を忘れてきてしまったので時間まで他の本でも立ち読みしていようなんて思っていたんですが。
やっぱり買ってしまうというのは無駄遣いですねそうですね・・・
( -.-) =зフウー

















d0109373_22163859.jpg『haruhi』さんで


















私史上3度目位です。ストロベリーショート。
d0109373_21483618.jpg






d0109373_22175148.jpgお夕飯は『壱膳屋』さんで。
初めて伺いました。


















d0109373_2230195.jpg屋号はカジュアルなレストランですが、店内はスイングジャズが流れて、ワインリストもあって。
帰宅してからHP見ましたらダイニングレストランバーって書いてありましたです。















d0109373_22302522.jpgだからお水が出なかったのかしら?

















揚げ茄子とオクラの豆腐サラダ。
d0109373_21581135.jpg





外は相変わらず雨時々土砂降り。
(オムライスカツカレー)
d0109373_2221547.jpg





止んだかと思うと土砂降りになって。ムチャ降りだね・・・とは妹のダジャレ。
(ハンバーグカレー)
d0109373_22123790.jpg

by august22moon | 2011-04-23 23:00 | おいしいもの | Comments(0)

prayer

d0109373_2135863.jpg








d0109373_2142567.jpg








d0109373_20561386.jpg

by august22moon | 2011-04-22 21:50 | お買い物 | Comments(0)

♪ 街ですれちがっただけでわかるようになるよ

御殿場にある人気の雑貨とカフェのお店『ロバギター』さんへ遂に伺いました。
d0109373_025194.jpg
 





d0109373_012675.jpgなんとか着いて、駐車場(数件先の鍵屋さんの角を入った右側)の場所を伺って行ってみましたら、こんな可愛いマークが。















入って直ぐに雑貨の棚があり、ロバのマスコットを見つけた妹に「他にもいろんなところに居るんです」と微笑んだオーナーさんの、女性らしい心遣いの行き届いた店内です。
窓辺もドアも若い方にはレトロで珍しいでしょうが、私世代には懐かしいものばかりで和みます。
右のノートがメニュー。
d0109373_0281946.jpg





3どんぐりでコーヒー!? 素敵!素敵すぎます!
d0109373_050766.jpg





ラズベリーの後味が楽しいラテ。カップは陶器。
ソーサーに使われているアルマイトのお皿。給食を思い出します~(笑)
d0109373_0344668.jpg





たんぽぽコーヒー初体験。
d0109373_0371822.jpg






「お好みではちみつを入れてお召し上がりくださいね。」
d0109373_0493623.jpg






d0109373_0513796.jpg






着いたのが16時近かったため人気のワッフルもスイーツ類も全て終了していたお詫びにと、キャラメルクラッカーをサービスしてくださいました。美味し♪
d0109373_0541381.jpg






お見送りまでしてくださいました。
オーナーさんがとっても魅力的な方。様々なブログで人気のほどは伺えましたが、いっぺんでファンになってしまいました。ご出身は福島なんですって。私、本籍だけは福島なんで、なんかご縁を・・・勝手に感じて(笑)
駅からもそう遠くないし電車でも行ってみちゃおう。
マスキングテープとラベンダーの匂い袋を購入。裏側はこんな感じ。
d0109373_15162.jpgd0109373_1522447.jpg
















改めてブログを拝読しましたが、ご出身の福島が抱える原発問題にも言及されています。
お店は普通の商店街から一歩入っただけで別世界を創り上げていて、ふんわりと優しい印象の方ですが、一社会人として毅然と生きてらっしゃる方でした。

d0109373_261682.jpg





タイトル : RCサクセション 『わかってもらえるさ』
オーナーさんのお気に入りだとか。

d0109373_281437.jpg





d0109373_2114822.jpg







d0109373_9235897.jpg裾野辺り通過中に大きく稲光が見えましたが、その後お天気が崩れることも無く大きなお月さまが出ました。

左上の赤信号の下、真ん中がお月さま。














d0109373_9244033.jpg

















d0109373_9283977.jpgそれからお買いものして。
またも夕飯難民になった揚句。

by august22moon | 2011-04-19 23:35 | おいしいもの | Comments(2)

♪ ぼくらがえらぼうとしている未来へ

1ヶ月も前から足の指を怪我していた妹、やっと病院へ。
膿んじゃって皮膚が変色してたんですが、深爪が原因と診断されたもよう。
待合室に戻ったら優しそうなお顔立ちのおじいさまに「躓いちゃったの?」とご心配頂いたとか。
人生躓きっぱなしですけどね。

昨晩からの風雨も上がって陽が射してきたお昼頃。今年最後のお花見に、小山町にある富士霊園へ出掛けました。HPでも昨日見頃を迎えましたと書かれていましたので。
70万坪の園内には、約1,000本のソメイヨシノと約7,000本の山桜があるそうです。中央道路沿いの約800mの桜並木は「桜百選」にも選ばれている絶景です。
自宅から1時間ほどで到着。
d0109373_21274077.jpg





平日なので駐車場も空いていました。
十数年前に来た時はまだ細く小さい木だった桜。こんなに成長していました。
標高が高いから寒いのに、この服装で来ちゃって寒がってる妹。
私は厚手の春物セーターにスプリングコートで、それでも肌寒かったです。
次回行く時の為の備忘録に書いておきませんと(笑)
d0109373_184696.jpg





d0109373_21424950.jpg





さんさん登っているようで実は土の上を歩くのを嫌がっています(笑)
d0109373_22352130.jpg






青空も見えているのにパラパラ小雨が降って来ました。
d0109373_21443194.jpg






d0109373_2561462.jpg






d0109373_21554557.jpg





絶景です~
d0109373_21463068.jpg






d0109373_2222089.jpg






もっと上から見下ろせる展望台があるんですが・・・ムリです(苦笑)
d0109373_21581838.jpg







d0109373_22465018.jpg






d0109373_22444283.jpg






d0109373_13572.jpg






d0109373_133995.jpg







今日はちょうど富士チャンピオンレースシリーズの開幕日。
東側にある富士スピードウエイからエンジンの爆音が聞こえてきます。
d0109373_2274712.jpg





d0109373_236366.jpg






d0109373_22134028.jpg







d0109373_2214813.jpg






d0109373_22144032.jpg





中央の植え込みで撮ってたら警備の方に注意されちゃいました。
「車に気を付けて渡ってくださーい」 す、すみません(汗)
d0109373_22552862.jpg






・・・を、笑ってる妹。
d0109373_22572631.jpg







d0109373_22165490.jpg






西側の自衛隊演習場からは砲弾の音・・・。
d0109373_22174796.jpg






d0109373_22292184.jpg







d0109373_22204868.jpg







雲が掛っていて少ししか見えませんが、間近でみる富士山の山肌は迫力があります。
d0109373_2224565.jpg







d0109373_22324013.jpg







d0109373_2313225.jpg







満開の時期にやっと来ることができました。またいつか来れるといいんですが。
d0109373_2314446.jpg






タイトル : スガシカオ 『桜並木』
by august22moon | 2011-04-19 21:08 | 季節 | Comments(0)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22
プロフィールを見る