初めての夏のはじまり

外へ出たくない猛暑日。
美容院予約してあったので、エイヤッと出掛けました。
ほんと、気合い入れないと外へ出られないほどの暑さでした。

電車から小学校のプールが見えて、きらきらの飛沫をあげて児童たちが遊んでいる(あ、体育の授業ですね)が恨めしい季節が梅雨も明けないのにやってきました。
帰路の車内から見える人気のなくなったこのプールに、何度忍びこんで泳ぎたいと思ったことか。

d0109373_3311069.jpg七夕飾りのアーケード内は、熱気が籠ってしまっているようでした。
















d0109373_3314399.jpg
















d0109373_3321117.jpg
















d0109373_3323497.jpg
















涼みがてら本屋さんへ。
催事コーナーは震災関連書。各新聞社出版部発行のグラフ誌と共に、震災や原発についての新刊も平積み。随分増えました。


d0109373_3403280.jpg他にも既刊本で自然災害を扱った小説やドキュメンタリーノベルが置かれていて、その中に新田次郎氏の宝永大噴火を扱った『怒る富士』も置かれていたので読んでみます。
「全記録」グラフ誌はいつも朝日にしています。
帰宅してからざっと目を通しただけでも涙が出てしまいました。
















胸に迫る写真ばかりですが、特に、高校生くらいの女の子ががれきの山を背にトランペットを握りしめ俯いている写真には、胸がしめつけられました。
おかあさまとおばあさまを亡くされていて、海に向かってZARDの「負けないで」を吹いていたそうです。

もう言葉がありませんでした。

by august22moon | 2011-06-29 23:19 | 季節 | Comments(0)

梔子を深呼吸

d0109373_2325263.jpg人気店の『桐家』さん。
ラッキーなことに、夜の部に一番乗りで予約なしにお食事が頂けました。

















d0109373_2327492.jpgあっという間に満席。

前回初めて来た時、唐揚げをオーダーするお客さんが多かったので、今回は唐揚げです!















お味噌汁は前回のように麦味噌のお味ではなかったような・・・。
でも美味しい。
d0109373_23314222.jpg






塩唐揚げでございます。3個、5個、8個と数が選べます。
8個にしたいところ我慢の5個でございます。
柔らか~。お箸で簡単に解れました。カリッとほろっとふんわり、おーいしー!
d0109373_23341967.jpg





ポテトサラダのお味が・・・これはなんのお味なんでしょう・・・
すっごく美味しい。
手前はサラダドレッシング。まろやかな辛子酢味噌仕立て。
d0109373_23533693.jpg





小鉢はズッキーニのトマト煮と黄色いプチトマトが添えられゴマ油の香りの切干大根の和えもの。
d0109373_2336395.jpg






鰯定食・南蛮漬とオリーブソテー。ソテーとなっていましたが竜田揚げみたいになってました。
身が厚くてふっくら。
d0109373_23471480.jpg






d0109373_07962.jpgいつもあまりらっきょうは頂かない私も美味しく頂けました。


















とーっても美味しかったです。ごちそうさまでした。
d0109373_073954.jpg





その後、お買いもの済ませてなんとか9時前に帰宅。
原作を読んでた友達にも結末を聞かないよう我慢して見続けました。

なるほど、そうまとまりましたか。

見事なカメラワークの大河を挟んでの2部構成。
破天荒に崩さず最後まで面白く見られたのは、ひとえに本の良さでしょうね。
セリフがズレることなく強かった。
大河では折角圧巻の映像演出もセリフで台無しになることがあったけど。
演出は正攻法でも、セットや小物が凝っていて奥行きのある映像になっていました。
後編で野戦治療所の外廊下に蓑が干してある、みたいに。

名前は仁術からでしょうが、苗字がよかったですね。
熊楠さんから来てるんでしょうかね、やっぱり。

d0109373_0485248.jpg




内野さんの「ほたえな!」の発音は素晴らしく自然に聞こえました。
写真も、あと右袖だけ後ろに回せていれば・・・なんて、どうでもいい細かいこと言いたくなるほど、こうゆう龍馬がよかったのににゃあ・・・。
お登勢役の室井さんも似合っていて、廊下で正座している後ろ姿もいい場面でした。
海舟もよかったし、薩摩藩士もよかったし。
このメンバーで司馬遼版をやってくれないかしら。


d0109373_1262593.jpg

by august22moon | 2011-06-27 01:57 | おいしいもの | Comments(2)

BS朝日で『水曜どうでしょうclassic』を放送していると知って、仮眠取ってまでウィンブルドンに備えたにも拘わらず、フェデラー戦LIVE放映はないようで間に合いそうでしたので見てしまいました。

だって、あの伝説の「四国八十八箇所Ⅱ」、しかもあの「第三夜」!
第七十九番札所・天皇寺高照院の回だったんですもの。
なんてラッキーなんでしょ。
地元放送局でも「どうでしょう」シリーズは何度も再放送してますが、初放送から11年、あの回だけは1回しか再放送されていなくて、ほんとうに久し振り。

d0109373_4514799.jpg





七十一番札所の弥谷寺からカウントダウン状態。
枝が折れるような怪音に、来た来たとニヤニヤ。
大泉さんが「背中を触るな」と言ったところで、来た来た来たとニヤニヤ。
触ってないと返されて「誰も触ってないのなら、ここから一歩も動かんぞぉ」に爆笑。
自分が触ったと言って視聴者をも笑わせておいて実は触ってないので、撮影が終わるや走って車に戻る藤村Dの姿に、‘事情を知っている男、逃げる’のキャプションが出て、ドキドキ。

そして遂に、天皇寺高照院。
何度見ても、一連の怪奇現象を説明する藤村Dのナレーションに、ドキドキドキドキ。


「故障ってことでいいね?」と
恐さを誤魔化そうとする大泉さんと藤村Dの軽妙な会話の
合間に聴こえるうれしー(嬉野D)の声も、
その時は平静に聞こえるけれど、実はひとり、大変な映像を見てしまった後だったんですよね。


d0109373_221136.jpg



後から思えば、一番恐かったでしょうに。

by august22moon | 2011-06-26 03:28 | テレビ | Comments(0)

WIMBLEDON

ウィンブルドン、wowowとNHK地上波・BSとを交互に見ていて、寝不足です。
d0109373_3251061.jpg






伊達選手の対戦相手がもう少しランキング下位の選手であれば2回戦も突破できたであろう好調さでしたのに、残念でした。
d0109373_3254073.jpg





錦織選手の試合では対戦相手のヒューイットの応援軍団が最前列に陣取って、サッカーサポーターみたいでやり難いんじゃないのかしらんなんて観ていました。

でも、2回戦のソダーリング戦ではこのグループが、ヒューイットがコードボールでアドバンテージポイントを取ってsorryとラケットを挙げた時、彼らも同時に手を挙げてsorryとやってたのには爆笑でした。
(公式HPでは The yellow and green army と書かれてました)
d0109373_3272098.jpg






それから、どの試合でもコードボールが入ったときには画面に向かって手を挙げて真似してます。
d0109373_3454365.jpg






d0109373_3471155.jpg

by august22moon | 2011-06-24 21:58 | スポーツ | Comments(0)

CHAPEU LARANJA

d0109373_0462244.jpg外仕事途中に、部長推奨で立ち寄ったケーキとパンのお店『Patisserie Boulaugerie YUZUKA』さんです。
オレンジがシンボルカラー。















d0109373_0482924.jpgもう5時半だったので完売している品も多かったです。
どれも美味しそうで、なかなか来られない場所なので調理パン中心に沢山選んじゃいました。
チキン南蛮、ホットドック、フィッシュ、ピロシキ、テリヤキバーグ、フランボワーズとダブルベリーのデニッシュ、ピーナッツスティック。
当面の朝食&ランチ用です。今日一日の分じゃありませんってばー。

のんびり見回っていたら続々お客さんが入ってきて店内混み始めました。
5時半から半額のタイムセールだったもよう。
ラッキー♪

ピロシキはいつもは選ばないんですが、後から入店したお客さんが真っ直ぐ取ってゆくので、私もつられて。

焼きあがり時間のお知らせも出ていました。
デニッシュの焼き立てなんて頂いてみたいですー。

by august22moon | 2011-06-24 00:44 | おいしいもの | Comments(0)

d0109373_345757.jpg古書店で入手した円地文子著作『食卓のない家』を読んでいます。
もう少し社会派小説かと思っていましたが・・・。
















「魔法使いにもらった花の種」

さて。この絵本はだいぶ前に見つけた『おやゆびひめ』。
子供の頃読んだ絵本が、廉価版にも拘わらず20年以上再版され続けていたのが嬉しくて懐かしくて購入していました。右が裏表紙。現在は絶版だと思います。
d0109373_3485490.jpgd0109373_3491230.jpg























ある日TVで見覚えのある絵が紹介されていました。
この絵本の挿絵画家さんと同じじゃない?と取りだしてみて、初めてこの挿絵画家さんが熊田千佳慕さんという有名な方と知りました。
d0109373_3523357.jpg







子供たちが見るのに「うそはいけない」を真情とされ、草の上に腹ばいになってじっと昆虫や草花を観察しているようすが、昨年のNHK「日曜美術館」でも紹介されていました。
ボローニャ国際絵本原画展2回入選。「生きている」と絶賛された細密画家です。
d0109373_3572758.jpg






遠くの山並みまで描き込まれています。
d0109373_434110.jpg







d0109373_4335959.jpg






昆虫や植物の活き活きとした細かさは言わずもがなですが
d0109373_45357.jpgd0109373_455398.jpg






















d0109373_463470.jpg







d0109373_413616.jpgシルクタフタやベルベットの生地の質感も素晴らしい。

文もとてもいい。贅沢な絵本です。
























d0109373_4165491.jpg「いつまでも
たのしくくらしました。」

とさ。














d0109373_418186.jpgこれも同時に購入していた懐かしい絵本。
同じ育児絵本シリーズ「きんたろう」。
県内の伝承なので買い与えたんでしょうね。

こちらは画家の松田文雄氏の優しい目が印象的な挿絵。


















d0109373_4192946.jpg美味しそうーと言ってた憶えがあります。

by august22moon | 2011-06-23 23:48 | 読書 | Comments(0)

日曜日の『JIN』、ようやく龍馬暗殺編。
歴代龍馬像に最も近いビジュアルの内野さんに、どんな演出になるのかと、期待も高まります。
あの有名な彦馬の写真の態勢も完璧だったし。
d0109373_0342297.jpg





















d0109373_037639.jpgところが。


















あれれ、中岡帰っちゃった。あれ、シャモ鍋食べ始まっちゃった。
ま、ここは寺田屋だからね。
でも日にちが・・・
d0109373_042950.jpg























d0109373_0435628.jpgええ~!?中岡、ここで~?
そこで「ほたえな」?
しかも、東って誰?

















d0109373_0445411.jpgすっかりSFであることを忘れてしまいました。
















そうでした。佐久間象山の時点であれだけ変わってるんですものね。
そういえば『幕末高校生』なんかでは沖田総司が全然違うところで亡くなって、「こんなところで死ぬはずじゃないんだー!」って愕然とする場面がありましたっけ。紛れ込んだ未来人のせいで歴史が変わっちゃったと。
d0109373_0432079.jpg






















また「石川、腕は効くか」は無しなのね。
でも一応、十津川藩って名乗ってはいましたね。
大河での「中岡の妻です」にはびっくりでしたもの。
d0109373_051451.jpg























せっかく宮沢さんが局長役だったのに出番少なくてがっかりでしたが、大久保利通の眞島さんもよかったし(眞島さんは「光市事件」ドラマ以来なにを演じられても良いんですが)、祇園三大モテ男さんのひとり久坂役の林さんもお品があってよかったし。
野田秀樹さんも凄かったけれど。小日向さんの勝は最高。松方海舟に迫る適役。
d0109373_125626.jpg





















やっぱり史実どおりにやらないんだねーとか、イメージぴったりだねーとか、歴女の友達とも盛り上がってしまいます。
原作とは違うオリジナルドラマに久し振りにすっかり嵌ってしまっているようです。
d0109373_1435978.jpg





















タイトル : 歴史的日程を思い出せなくて、選択授業のせいにして悔やむ仁先生のセリフ。可笑しい。
by august22moon | 2011-06-22 00:12 | テレビ | Comments(0)

橋の上のフォーン

d0109373_4583322.jpg







d0109373_459935.jpg







d0109373_459365.jpg







d0109373_501310.jpg







d0109373_54135.jpg






d0109373_531787.jpg







d0109373_513712.jpg







d0109373_522511.jpg

by august22moon | 2011-06-20 05:24 | 季節 | Comments(0)

おのこりさん

幼稚園の頃、というかなり昔話なんですが。
当時、母が夕方まで働いていたので、私と妹は皆が帰った後も園内に残って母のお迎えを、お絵かきしたり絵本読んだりして待っていました。妹と一緒に遊んでた記憶がないのは、多分妹は活発なコだったので遊具でもひとりじめして園庭で遊びまわっていたんではないかと思います。
たまに仲間がいましたが、ほとんどふたり。

そうゆう園児は「おのこりさん」と呼ばれていました。

d0109373_1433846.jpg





で、当時父は観光ホテル勤務だったので、お客さんに出すお茶菓子を頂いて来て、それをおやつに持たせてくれていました。
アラレや小さい干菓子が小袋に入って子供のおやつに最適だったんですね。
それを食べながら、先生たちがお化粧直しをするのを見ていた記憶があります。
多分、職員室だったのかな?

d0109373_1345791.jpg






先生たちが持っている化粧ポーチがきれいで、どの先生のが一番きれいとか見惚れていました。
ケイト・スペードもキャス・キッドソンも無い時代。シャネルやヴィトンはあったでしょうが今ほど手に入りやすい時代でも無かったでしょう。
それでも、おとなってあんなきれいなものをもっているんだなーと子供には羨ましかったんでしょうね。
当時母は30歳くらいですが、家事とパートで忙しくて、女性らしいきれいなお化粧ポーチなんて持っていなかったんではないかと思います。だから余計に珍しかったのかもしれません。

d0109373_119245.jpg





誕生日に頂いてあったポーチに入れ替えながら、そんなことを思い出しました。



d0109373_1205634.jpg






さて、その妹ですが。
足の指を深爪が原因で負傷しその傷もまだ癒えておりませんのに、
次はものもらいが出来てしまいました。
月曜日に「瞼が腫れちゃったー」なんて言っておりましたが、日に日に酷くなって、今朝は両瞼が腫れて、特に左瞼は試合後のボクサーかって位に。
事務仕事とはいえこれはマズイとお昼休みに眼科へ。
d0109373_1512910.jpg




・・・メガネはしてなくちゃイカンのかね?

by august22moon | 2011-06-17 00:04 | 出来事 | Comments(0)

緑陰

d0109373_22315596.jpg曇りで風もあって湿度もそれほど高い気はしなかったので、歩いてお出掛け。


























d0109373_2130382.jpg























d0109373_21343213.jpg涼しいのに、なんだか汗が止まらなくて。

汗拭きながら歩いてるの私だけ?

(ただ体力ないだけですね、はい)




















d0109373_21565352.jpgさすがに大社の杜の中は涼しかったです。
















d0109373_215817.jpg






















d0109373_21583439.jpg






















d0109373_2159529.jpg





















二拍手がきれいに打てて、ちと嬉し。

by august22moon | 2011-06-15 22:43 | 季節 | Comments(0)