出会った本、映画の感想。日々のこと。

by august22

<   2011年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

11人もいる!?

d0109373_2372415.jpg帰宅後全速力制作の夕飯。
ε=ε=ε=┏( ・_・)┛アタフタ

お洗濯を先にしてたら遅くなっちゃった。
レンコンのきんぴらの盛り方にやっつけな感じが露わですわ


先日、お寿司屋さんの店頭にあった来店有名人の方々の写真を載せましたところ、その方で検索されてくる方がいらして・・・申し訳ございません。
お写真がありましたって情報にもならない程度のお話しでごめんな、さい。

(*_ _)人










d0109373_2395516.jpg本日のお夜食は頂きもの。
伊豆市月が瀬の小戸橋製菓さんの猪最中です。

大工さんが見積書を持って来てくれた。この際全体的にとお願いしたのに破損部分だけになっているので修正をお願いする。写真と一緒にと言うと、この前渡したでしょ。チェキやポラロイドでもなしコンデジだったんだからその場で渡せるはずないでしょー。お願いしますよー(笑)

by august22moon | 2011-09-29 23:22 | おいしいもの | Comments(0)

薄群青薄縹

28日の富士山です。
24日去年より1日早く、平年より6日早い初冠雪が見られたとのことですが
d0109373_1923171.jpg



・・・見えませんねぇ

溶けちゃったかな?

by august22moon | 2011-09-29 20:13 | 季節 | Comments(0)
d0109373_21364165.jpg東映ヤクザ映画みたいと思ったら、そうでした東映映画だったんでした。
監督さんも後で調べたら、確かにそのあたりの作品撮ってる方でした。
血の量多いし、痛いし。

東直己の「ススキノ探偵シリーズ」は未読なのであらすじだけ調べたら、ほぼ原作通りに進んでいるようです。
推理小説の映画化にありがちな、犯人役が見当がつくっていうこともなく、意外性があって面白かったです。原作に力があるということなんでしょう。

ヤクザ映画はそれほど見たことないんですが、殴る蹴るの擬音が香港映画みたいに派手にもれなく挿入してあって、反って可笑しい。
可笑しいけど、痛すぎです。


大泉さんの持ち味であるキレまくるとことかツッコミとかはちゃんとあって、シリアス場面とのギャップはよかったです。
キャスティングの理由として北海道出身であることを監督が挙げていましたが、この探偵がススキノが庭だっていう雰囲気は出て無かったです。馴染みの店とか顔見知りとか、もうちょっと画面上で見せてくれたほうが良かったかも。

小雪さんもヒロインなんだからお店に登場した時はもっときれいに写してあげればいいものを・・・。

d0109373_21481745.jpg



松田龍平くんとの掛け合いは抜群。
二人ともそこそこ強いけどどこかズッコケてて、付かず離れずな関係がいかにも裏社会に生きる者同士って感じでした。
(あ、高田は表の顔もあるのでした)
いつも寝むそうというのも巧いキャラ設定。
まだあまり器用な俳優さんではない印象ですが、高田の飄々として惚けたところが自然に表れてました。
やりすぎないところも、大泉さんとのバランス合ってたし。
弟の翔太くんに比べ、デビューのハードルが高すぎて成長まで時間が掛りましたが、楽しみな俳優さんになりましたね。
なんだかあの髪形とメガネはスタッフが確信犯的に決めたんじゃないかと思うほど、父・松田優作を彷彿とさせました。「家族ゲーム」の頃くらいかな。彼はもっと若いし目が違うけど。


d0109373_2233714.jpg



多くのひとの涙を絞ったであろうお葬式の沢山の参列者が珍しくてニコニコきょろきょろしてたあの男の子。
それが龍平くんなのか翔太くんなのか不明ですが。
偶然、翔太くんの新作予告編も流れて・・・大きくなったねぇ、とおばさんしみじみ。なのでした。


【追記】
作品中、弁護士・南の法律事務所に使われたガラスとスチールの階段のある部屋は何度か撮影に使われていますが、あれはどこなんでしょう。

by august22moon | 2011-09-28 23:24 | 映画 | Comments(0)

秋味

d0109373_221246.jpg箱根のお土産をいただきました。
箱根で見る星空はほんとうに美しいですものね。




















d0109373_221226100.jpg美味しかったです♪ 
ありがとうございました。




ああ、また仙石原のコスモスを見に行きたいにゃ











d0109373_22154316.jpg初ものです。
久し振りの二十世紀梨。
最近は幸水が多く出回っていて、二十世紀が無かったんですよね。

朝晩めっきり涼しく、肌寒くなってきました。
あっという間に秋、ですね。

by august22moon | 2011-09-28 00:36 | おいしいもの | Comments(0)

新たな敵

22日の台風で、瓦の一部が落下しまして。
しかもお隣りさんとの間に(○_○)!!
当日は家にいたので、夕方の暴風の時に、がしゃん!という音が。
( ̄o ̄) え?

これは明らかにあれだ瓦が落ちた音だと気づいたので、風が少し治まった17時半頃に2階の窓から見てみると・・・瓦だ~(^o^; ほえ~
後で大工さんに聞いたところ峰の下に重ねてある長方形の「のし」という部分だとか。
落ちたのは1枚だけで、家の敷地内に落ちていたんですが、破片の一部がお隣りさんの敷地内に飛んでいるではないですか。
それだけでも回収してこなくちゃ!
実はお隣りの奥さんちょっと恐いので"r(^^;)
そぉ~っと回収。
直ぐにいつもお世話になっている大工さんにTEL。18時過ぎに見に来てくれました。
トタン屋根が飛んだり、駐車場のポリカーボネートの屋根が飛びそうだとか、新築のお家なのに雨漏りしたりとかで「今日は大忙しで~」とか。
24日に再度来ていただいて応急処置だけして貰いました。

加入保険には台風被害も入っていたので、担当の方にご相談もしました。
無事適用されそうで一安心。

で、24日に大工さんに屋根に登って貰った際に、
「ハクビシンが来た跡があるよー」

ハ、ハクビシン??|||(-_-;)||||||

ハクビシンってあのSARSの宿主と疑われたあのハクビシン!?
野良猫がようやく最近来なくなったと思っていたのに。
そんな小動物がこんな街中にいるんすかー!?
家は交通量がそこそこあるバス通りに面しているし住宅地でもあるのに!?
ほんとぉ~?と半信半疑ながら、「感知ライトを置いたほうがいいよ」とのアドバイスを受けて買ってみました。

d0109373_21291889.jpgアマゾンで一番お手頃なものです。

防犯にもなりそうなので玄関近くにもおひとつ。
















d0109373_21343980.jpgいやはや次々いろいろ問題が起こるもんです。 

玄関外のどの辺に置こうか迷って、とりあえず玄関の棚に置いといたら、帰宅した妹を直撃。
「眩しいよっ!」

すまんすまん

by august22moon | 2011-09-27 22:03 | お買い物 | Comments(0)

猟銃・闘牛 (新潮文庫)

井上 靖 / 新潮社



『闘牛』 社運を賭した闘牛大会の実現に奔走する中年の新聞記者の情熱と、その行動の裏側にひそむ孤独な心情を、敗戦直後の混乱した世相のなかに描く。

第22回芥川賞受賞作。井上作品は、「しろばんば」「あすなろ物語」「敦煌」「天平の甍」などが小・中学では必ず夏休みの必読図書になるので読んでいましたが、『猟銃』とこの二作は未読でした。そのわりに『化石』とか『欅の木』などを中学時代に読んでました。
芥川賞では『猟銃』と共に候補に残ったそうですが、私はやはり受賞作の今作のほうが面白く読みました。
95年発行の全集で読みましたが重いので専ら家読み。表紙のコーティングが剥がれていて、枕元や部屋のあちこちにぽろぽろ。

戦後間もないまだ娯楽も少ない時代に、宇和島の名物、闘牛を開催するために奔走する記者の物語ですが、横組みでインテリ層向けという夕刊紙を創刊し各種イベントをプロデュースした編集長が実際に企画した史実に基づく小説なのだそうです。
バブルでもない戦後間もない時代にかなりな賭けであるイベントに数々の問題が発生していきます。
怪しい山師が次々現れるし、会場となる球場、宿舎、牛舎の手配とその都度緊張と危機感が走ります。
しかも想定外に予算もどんどん増えてゆく。新興の青年実業家が現れて宣伝効果を狙って近づいて来たり。やぁこれは危ないんじゃなの?とはらはらどきどきです。
挙句に当日は雨。三日間の開催期間中2日間雨で中止を余儀なくされる。最終日も見込んでいたほどには入らない。多大な損失を出して失敗に終わった競技場に佇む編集長・津上。
彼の愛人だけが、危険を承知で突き進む男の真情を見抜いている・・・というラストは敗戦という時代背景を反映させたということなんでしょう。

『通夜の客』のほうはその前に読みましたが、「猟銃」同様に哀しい女の出すことのない手紙と回想で進んでいきます。
土砂降りの山道を両手に荷物を持って遠い街の灯りを目指して行く、なんて描写は切なすぎて。
夜道で転んで稲光を頼りに散らばった思い出の品を拾うなんて、哀れすぎて。

三作とも、女が掴もうとして掴みきれない男の影を追い続ける。
男と女の距離があまりに遠い。

by august22moon | 2011-09-26 22:52 | 読書 | Comments(0)
d0109373_22274873.jpg・・・を、観ちゃいました。
半年ほど変更になっての公開です。
タイトルが直球すぎると思っていたら原題も『World Invasion: Battle LA』でしたのね。
地球に侵略してきた宇宙人と対決するお噺、いやお話しですが、
『インディペンデンスデイ』ほど気恥ずかしい場面もありませんでしたし、
『第9地区』ほどグロテスクじゃないし政治的比喩も連想させません。










【 take it back 】

なんとなくそんな気がして最後列の席にして正解でした。
『グリーンゾーン』や『第9地区』のように手持ちカメラで兵士たちと一緒に走り回るモキュメンタリー仕上げ。雨霰と降ってくる攻撃波や飛び散る破片舞い上がる砂煙が迫力満点・・・というか映像情報量が多いので近くで見ていたら目チカチカ酔っちゃうところでした。
敵のエイリアンはあまりはっきり映さず引きで撮ってウジャウジャ居るところを強調。
マザーシップや無人機のデザインが面白かったです。


d0109373_2246386.jpg




海兵隊の1小隊が主役なんですが、一応彼らの人間ドラマ部分も描かれています。
過去に部下を失った心の傷が癒えて無い引退間近の二等軍曹ナンツ、その亡くなった兵士の弟、エリートだけど若くて実戦経験のない隊長マルティネス少尉・・・。
このエコー中隊第1小隊に、ロスに襲ってきたエイリアン軍をせん滅するための総攻撃開始までに逃げ遅れた民間人を救助する任務が与えられます。
相手がなんであろうと経験に勝るものは無くて、敵に囲まれて集中砲火浴びてすっかり動転してしまった隊長マルティネスにナンツが隅の方で「どんな命令でもきく。迷うな。決断してくれ。」とリーダーの在るべき姿を諭したりします。
その隊長も亡くなって、最初は温度差のあった兵士たちと軍曹の関係も、冷静で素早く的確な判断と怯まない姿勢の指導者振りに瞬く間に部下は支持してゆき、鬨の声を上げて従うまでになります。
で、そんな素晴らしいリーダーの下、見事に動く兵器のエイリアン軍を殲滅し、マザーシップを撃墜します。
あ、殲滅と言ってもロサンゼルスのサンタモニカ地域だけです。
彼らは休む間もなく別の戦場に向かって行きます。エイリアン、世界中に襲来してますんでね。


d0109373_22461728.jpg




『SWAT』でも可愛いのにいい面構えの隊員役ミッシェル・ロドリゲスが、航空機関士なのに戦闘に加わってて、最後にAT4対戦車ロケットランチャー担いで無人機撃墜させちゃったりして逞しいとこ魅せてます。
派手な戦闘シーンの連続は、相手がリビアでもイラクでも、人間ですらないので、カービン銃撃ち切ってベレッタ撃ちまくろうがM203撃ちまくろうが、戦争の悲惨さ後味の悪さみたいなものが皆無のジハードです。
もう完全にプロパガンダ映画と言っても過言ではないって演出ですが、単なるアクションSFとして楽しめました。憂さ晴らしには最適なんじゃないでしょうか。
ラストテーマも力強い。


d0109373_23384252.jpg

by august22moon | 2011-09-24 23:10 | 映画 | Comments(0)

「Homeward Bound」

備忘録として22日の台風による帰宅旅を。
妹は結局20時まで残業してしまったのですが、反って復旧してるんじゃないかと思っていたらさにあらず。帰宅が大変な長旅になってしまいました。
22時頃ようやく電車がホームに入って来たので、同僚と車内で発車を待つことにしたのですが、結局発車したのは0時20分。
d0109373_23504394.jpg





2時くらいには帰れるだろうと思っていたら、途中停車もあった上に最寄駅より2駅手前の駅のホームより手前で車両故障で停車。
修理車両も来たようですが1時間近く待って結局3時過ぎに、降りて駅まで線路上を歩いて下さいとのことで最後尾の乗務員ドアから脚立を開いて梯子にしたものから降りて・・・。
「脚立の梯子が揺れてさぁ。体重制限ないのかドキドキだったー」

誘導されて遮断機を上げた踏切から道路へ出て駅舎へ。
係員の方々が足元を照らして下さっていたそうなんですが、この携帯照明がコンデジみたいな形状で珍しくて近くで見てみたい衝動にかられたとか。
で、次の電車が4時半過ぎに来て、最寄駅到着は午前5時。

8時間半て・・・博多まで行けちゃう。
5時半に帰宅した妹は「おはよー。おやすみー」。
隣りの席の方が頻繁に身動ぎするので全然寝られなかったそうな。
結局翌日出勤は「無理。休む。」
d0109373_2352882.jpg






同じような経験した方って多いのでしょうね。皆さまもお疲れさまでした。 
d0109373_125569.jpg





翌朝玄関先に落ち葉や小枝やらどこから飛んできたのか木の破片やら、そりゃもう大騒ぎさー。

by august22moon | 2011-09-24 00:23 | 季節 | Comments(0)

夜風にワイン

d0109373_20195378.jpg昨晩の『キッチン 空』さんの帰り、近くのお寿司屋さん店頭に、釣果や来店された有名人の写真が展示されていました。
上の‘グッさん’は7-8年前まで出演されていた地元TV番組「クサナギ署の刑事(デカ)」でのブルースブラザース的扮装で。こちらのお店が紹介されたんですね。
下は布施明さん。















現レッドソックス松坂投手と現カープの石井琢朗選手。
d0109373_20224533.jpgd0109373_20231026.jpg





















d0109373_20241174.jpgヤクルトの相川捕手


















d0109373_21342751.jpgちょっとおやつを仕入れてから・・・
















『空』さんにはエビスとギネスしかなくて飲まなかったので。
やっぱりちょっと飲みたいねと『ビアリッツカフェ』さんへ伺いました。
d0109373_20285630.jpg






















d0109373_2122952.jpg生飲みつつ、昨日の台風は凄かったですねーと一頻り台風の話題。
河川周辺の地域には避難勧告も出ていました。
















d0109373_210844.jpg






















南仏の赤とイタリアの白
d0109373_2032633.jpgd0109373_2035565.jpg























d0109373_20365527.jpg南仏おかわり。

開けられたドアから、路地を行く人たちの明るい声や笑い声が涼しい夜風に運ばれて来ます。


















お腹いっぱいだったのですが、おすすめメニューを見ていたらなにか頂きたくなっちゃって・・・。
干し鱈のクリームコロッケ。
スプラウトサラダにはオレンジのドレッシング♪
d0109373_21223340.jpg





これが美味しかったんです!
鱈の旨味がしっかり感じられて、ああやっぱりこちらへはお腹空かせて来なくちゃダメね。
これ召しあがったことあります!?凄く美味しいです!とマスターさんに向かって言ってみたりして(笑)
「鱈の量が少ないかなと思ったんですが」と仰ったんですが、ちょうど良いバランスでした。
とっても美味しかったです。ごちそうさまでした。
d0109373_20405858.jpg






『ビアリッツ』さんへ伺う時は雨が降っていることが多いのですが、今夜は大丈夫。
と思ったら、家に着く頃にぽつりぽつり。

ミスドは久し振りに買ったのですが、袋が可愛い。
d0109373_21394624.jpgd0109373_2140736.jpg






















d0109373_22511747.jpg帰り道で、4-5人の男性が楽しそうに歩いていました。
後ろから彼らのお仲間らしき青年が、身体から離した右手に何か握って全速力で走って来ました。
しかも、きゃっきゃ笑いながら。
その様子にお仲間も、なんだなんだ?














d0109373_22523471.jpgな、なんか右手にヘンなもの持ってるんじゃない?お仲間を驚かそうとしてるんじゃないの?と身構えてしまったのですが、
右手に持っていたのは飲みかけらしい缶コーヒー。

な~んだ、走って自分に掛らないように腕を伸ばしてたのねー。ほ。
 
by august22moon | 2011-09-23 23:47 | おいしいもの | Comments(0)

「GOOD ENOUGH」

d0109373_2393053.jpg台風一過で晴れましたが午後には雲が出て、肌寒くなった夜、『キッチン 空』さんへ初めて伺いました。
本当は別のお店へ伺おうとしたら満席でしたので、どこにしようか迷っていると、リンクさせて頂いている「ナムルのしっぽ」さんがご紹介されていたお店を発見!














d0109373_2332672.jpgウィンドーにマンU のユニフォームが飾られていますぞ♪
背番号が未確認。ベッカムかしらロイ・キーンかしら。
隣りには妹大好きなスヌーピーも。
これは入ってみなくては!



















レンガの壁やダークな色合いのインテリアで落ち着いた雰囲気です。
・・・おや!?あ、あれは!!
d0109373_23364199.jpg






















なっちゃんじゃないですかー!と大喜びです。
光ってしまいましたがユニフォームの隣りは仏W杯クロアチア戦での名波選手の勇姿です。
その下に額装されているのは引退試合のチケの半券。
シェフも引退試合へ行かれたそうで、「プログラム買われました?」。既に完売だったんですー。
「あれ2千部しか作られなかったそうですよ」と教えてくださいました。
名波さんの話題で盛り上がりたいところでしたが、オーダーがまだでした(汗)
d0109373_23383664.jpg
























d0109373_0413347.jpgd0109373_23473965.jpg























d0109373_1221948.jpgd0109373_185782.jpg























BGMはクラプトン
d0109373_231015.jpgd0109373_134963.jpg 






















d0109373_2349159.jpg手前はCDやDVDの棚。TVでサッカー中継も見られるのかな?
ん?その向こうの棚は?
中にはピーナッツファミリーやM・ジョーダン他NBA、サッカー、イチロー他メジャーリーガーのフィギュアがいっぱい。












おお!右手を上げてコーナーを蹴るなっちゃんのフィギュアではないですかっ♪
これ私も持ってます♪何が入ってるか分からない箱を一発で当てたんです。
な、なんとその右奥にいるのは俊哉じゃないですかっ!俊哉も当てたんだ~いいなぁ。
ふたり静かに興奮。
細かいものという理由もあるでしょうが、棚の中に並べてあるので店内がごちゃついた感じにならずにいいですね。
d0109373_23511265.jpg























さ。落ち着いて、お食事です。こちらポークソテー。
d0109373_048353.jpg





ソースのお色は濃いですがあっさりしています。
d0109373_0485893.jpg





月見ハンバーグ。黄身が大きい~。
d0109373_0495253.jpg






別小鉢に付いてくるソースを掛けたのですが、和風であっさり味でした。
d0109373_0505641.jpg






d0109373_144712.jpg初期のスヌーピーも飾られています。























シェフは穏やかでもの静かな方。
パブのようなシックな色調の中でレトロな洋食屋さんのメニューを頂く、楽しい経験でした。
ごちそうさまでした。

d0109373_13837.jpgd0109373_139890.jpg
by august22moon | 2011-09-22 22:38 | おいしいもの | Comments(0)