桜色の雑記帳

august22.exblog.jp

出会った本、映画の感想。日々のこと。

<   2012年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ある視点

d0109373_22502090.jpg明日は台風が来そうなので、今夜行っときましょうということで『awatenvou』さんでお夕飯へ行きました。





















d0109373_23232687.jpg




ニンジンの・・・マリネかな?と、サツマイモの辛子マヨ
d0109373_2324441.jpg




メニュー板が出てなかったので詳細は不明ですが、チキンのスイートチリソースだと思います。
上に掛けられたふんわり玉子が美味しくて、作り方伺ったら「雑に焼いてるんです」ですって(笑)
d0109373_2325650.jpg




d0109373_2333286.jpg





d0109373_23343867.jpg





おいしかったです。ごちそうさまでした。
d0109373_23344829.jpg






d0109373_56344.jpgその後、お買いものに立ち寄ったショッピングセンターで開催中の写真展に遭遇。
フジフイルム主催の「PHOT IS 10000人の写真展」
ああ、そういえば以前PHOT ISというテーマのCMやってましたね。

各開催会場ごとに地元の方々が出品した写真が展示されているようです。
一般の方からプロまでの、渾身の1枚。中には本木雅弘さん、小泉今日子さん、佐々木希さんの写真までありました。
本木さんは、たわわに実ったヤマモモの木の前で凄い凝ったデザインの真っ赤な三輪車(プラズマカー?)にお子さんが乗っていて、右奥には金色のボールが転がっているという何気ない日常を切り取った写真。
タイトルは「山桃」。
ヤマモモの実の赤と三輪車の赤が鮮烈でした。
キョンキョンはテーブルに乗った猫ちゃんの写真。
一般の方も、美しい自然、可愛い赤ちゃんなど家族の写真と、どれもプロ並みの見事な作品。
思わず笑みがこぼれたり、記載されたエピソードにホロリとさせられたり。
どれも素晴らしい視点の写真ばかりでした。


d0109373_23541446.jpgこの写真展は「絆、思いをつなぐ」がテーマなので、印象に残った作品には感想が送れるそうで。

閉店間際に入ったのを忘れて、ホタルノヒカリが流れ始めたので慌てて1枚に決めました。
笑顔の赤ちゃんの写真。アップで赤ちゃんのお顔だけのシンプルな写真。
この赤ちゃんがカメラに向かって笑顔のポーズとってるみたいで。可愛く撮ってねーって言ってるみたいで。安心感と幸福感溢れる笑顔に、「素晴らしい写真をありがとうございます」などなど書いたんですが、漢字一文字間違えちゃいましたー。
とほ

でも、偶然にも素敵な出会いでした。

by august22moon | 2012-09-30 01:01 | おいしいもの | Comments(0)
d0109373_22385872.jpg残暑厳しい日々に似合いそうなシリーズを図書館でみつけて借りてきました。
94年刊行のシリーズで、他には川端康成もあって『白い満月』なんて面白そうでした。

全33巻なのかな?その中の夏目漱石の怪奇譚や幻想的な趣きの作品10篇をまとめた短編集。
表題の、友人から聞いた摩訶不思議な話を切っ掛けに日常に潜む非日常に怯える『琴のそら音』。

黒澤明が映画『夢』に引用した「こんな夢を見た。」の書き出しで有名な『夢十夜』。
不条理劇のような辻褄の合わない展開も‘夢’だからなんでしょうけれど、なんだかもやもやした結末の作品もありました。

1900年(明治33年)ロンドン留学中に訪れた『倫敦塔』。
漱石のロンドン滞在の心境を反映した観察眼に、独特のユーモアを垣間見せる紀行文『カーライル博物館』。

入院中に隣室から聞こえて来る奇妙な音。この音の正体が判明し、様々な人生と生死が交錯する病院という場所の重苦しさを表した『変な音』。
この直接的でシンプルなタイトルに惹かれて読んでみたんです。
さすが漱石で、最後は無常感ある展開だったんですが、ユーモアとオプティミスティックな漱石らしさ漂う作品でした。

作中再入院しているということは、明治43年のあの「修善寺の大患」前後のことなんでしょうか。

やっぱり漱石は面白いですねぇ。
合い間合い間に読んでいこうと思います。


本・読書
by august22moon | 2012-09-29 22:42 | 読書 | Comments(0)

「よい週末を」

d0109373_11234100.jpgここ数日は肌寒い夜が続いていたのに、昼間の風は強かったけれど真夏に戻った暑さを引きずって蒸し暑い夜でした。

今宵は『ビアリッツカフェ』さんで待ち合わせです。














d0109373_1192849.jpg生が美味しく頂けました。





















お通しは茄子のそぼろ炒めっていうのかな?
挽き肉だけじゃなくてタマネギも入っているので、美味しいこと。お丼でください。
d0109373_123774.jpg





スペインの赤とニュージーランドの白。
d0109373_1273316.jpgd0109373_1311047.jpg



















先日、スペインのバルとは基本立ち呑みで一皿の小皿料理を楽しむスタンドバーだとTVで紹介されていたんです。知ってはいたんですけどー。こちらはお料理が美味しいので、小皿どころかあれこれたっぷり頂いてしまうんですよね。
こちらは柑橘系のドレッシングでいただく「ビアリッツ風サラダ」。
ベビーリーフに隠れていますが、タマネギは甘くてさっぱり。
d0109373_1322962.jpg





いつにもましてピンボケばっかりです。これはまあまあの写りですかね。

「本日のパスタ」をオイル系でお願いしました。「あっさりしすぎでしたか?」とマスターさん。
オイルに旨味があって、美味しいですっ!
d0109373_1423044.jpg





d0109373_1512083.jpgで、バケットお願いして、オイルソースをきれーに拭きとるように残さずいただきました。

パンも美味しいんですよね。


















ママさんが、いつも来てくださっているのにお名前うかがう機会がなくてと、名前を尋ねてくださいました。

「ニコール・キッドマンです」「アン・ハサウェイです」

ちゃうちゃう

「綾瀬はるかです」「深津絵里です」

\(- -;)オイオイ

(おかわり赤と、どうしようか悩んでシャンディーガフ)
d0109373_153452.jpgd0109373_1535456.jpg



















d0109373_1573795.jpgキティーちゃん。

お腹いっぱいなのに、チーズケーキが久し振りに頂きたくてですねぇ



















キャラメル風味のチーズケーキです。うふふ♪
とっても美味しく楽しい時間でした。ごちそうさまでした。
d0109373_20483.jpg




12番目のお月さま・・まで、ピンボケ。


タイトルは、この日かけられた嬉しい言葉。どなたに言われるかによりますけど(笑)
d0109373_23276.jpg

by august22moon | 2012-09-28 23:40 | おいしいもの | Comments(0)

♪ ベッドのまわりに

初冠雪もポツンとしか残ってません。
d0109373_22225116.jpg





昨日の深夜、何年ぶりかに関西ローカルの超人気番組『探偵!ナイトスクープ』を見ましたんです。
地元のTV、静岡朝日テレビでは関西から2ヶ月遅れで放映されてます。
いつもは『水曜どうでしょうclassic』を見て寝ちゃうんですけど。昨夜はその後にお風呂入って、最後の依頼だけ見たんです。
依頼は「盲導犬と山に登りたい」。

15歳で失明された依頼人の方が23歳の時に盲学校で登山をして途中で挫折して以来、山登りが嫌になっちゃったそうなんです。
でもお子さんが生まれ、強い父でありたい苦手を克服しようと決意されたんですね。
で、石田靖探偵が訪ねて行くんです。
目がご不自由なのに番組は楽しめているのか伺うと、「この番組は笑顔が見える」と。
もうそこで石田探偵、号泣。ごめんなさいねと謝りながらも感動で涙が止まらない。
整骨院で働くご本人はとてもからりと明るい方で、回りの人たちが自分を障害者として扱わなかったと仰る。
いざ山へという時にガイドさんから岩場もあると聞くや「山に登りたいとはいったけど岩に登りたいとは・・・」と周囲を笑わせます。
足元に石の不規則な段差のある、素人には厳しい‘荒地山’を、時に転びながらも進んでいきます。
盲導犬のマッキーくんもご主人を振り向き振り向き心配しながら、ワンちゃんにも厳しい岩場を登って行きます。
途中、野鳥の囀りも聞こえる木漏れ日の小道では、「木漏れ日を思い出します」。

ガイドさんがここから頂上へは10mはある垂直の岩場をロッククライミングしなくちゃならない、という場所へ到着。
「帰りましょ」と笑って言う依頼者さん。
それでも結局、挑戦することになるんですが、ガイドさんに足場や手の置き場を簡単に教えられただけで、岩の裂け目を伝ってぐんぐん登って行くんです。
驚く石田探偵にガイドさん一言、「本能です」。もうびっくり。
岩山の頂上に座って、石田探偵に風景を説明される依頼者さん。
「コバルトブルーの海と、空に雲が浮かんでいる風景が見えるようです」。
今一番なにがしたいですか?と尋ねると「息子を抱いて、クーラーにあたりたいです」。
ちゃんとボケ言っちゃうところは、さすが大阪人。

スタジオに居る局長役の西田敏行さんも号泣で、スタジオ中がスタオベです。
久し振りに素直に泣けちゃう番組でした。

この番組、以前はもっと深い時間にやっていて、結構楽しんで見ていました。
部屋に幽霊が出るみたいだから調べてという調査に、当時局長だった上岡さんがこうゆうのは好きじゃないと帰っちゃった頃から見てますの。
「パラダイス」とか、越前屋俵太さんの「調べてください」とか、「マネキンに恋した女性」とか、銭湯であまりにも早く出て来る友人とか、可笑しかった~
謎のビニール紐事件なんて、ねぇ・・・あれはなんだったのか。

思えば、斬られ役で有名で『ラストサムライ』にも出演された福本清三さんも、時代劇に必ず出て来る斬られ役の俳優さんが気になるから調べてという依頼が切っ掛けでした。
観光地の時代劇ショーに出る若い俳優さんが気になるという依頼で、見つけた俳優さんは中々のイケメンさんでした。あの方どうなったのかなぁ。とっても感じのいい方でした。

(放映されてない地域の方、詳しくはwebで)

d0109373_23442598.jpg

by august22moon | 2012-09-27 23:20 | テレビ | Comments(0)

誰かの交差点

朝晩涼しくなりましたね。通勤もらっくらくです。
昼間の移動も・・・まあ楽になりました。
風がひんやりして、トンボも飛んでます。
ウチの職場は冷房はちゃんと入っているので、室内は涼しくて問題ないのですが。
まだ不慣れな新しい仕事なので、緊張しちゃって冷や汗脂汗で。
やっぱりまだ汗だく。へとへとな日々です。
なんだかちっちゃいトラブル起き過ぎなんです、最近。
まだ慣れないところへきて、他の部署の手違いとかPCトラブルなんて起きた日には、業務が滞ってしまい焦ること焦ること・・・汗ること。
なんとか解決できてますけど、その間汗だくなんです、私。
落ち着け私、落ち着くんだ私、乗り越えられるさ乗り越えるんだ私、南無大師遍照金剛(と、これは真言宗のナムナム)と心で唱えながらなんです、私。
やれやれです。

さて、こちらは通りかかった交差点。
なんか赤いライトが随分たくさんピカピカ光って、何があったんでしょうって状態に遭遇。
d0109373_232491.jpg




見えますでしょうか。交通課のおまわりさんですよね。
通りすがりに見ただけでも十字路の一角に5、6人。20人以上居ましたよ。
横断歩道で車停めて歩行者誘導したりもしてましたが、信号機は正常に作動してたんです。
ほぼみなさん、赤いライトをただ振るだけ。
それにしても多すぎ(笑)
多すぎて、一番手前の方なんてケータイ出してました。

どこかにどなたか要人でもいらしていて、交差点優先通過させるためだったのかな?

by august22moon | 2012-09-27 00:03 | 出来事 | Comments(0)
『ぜーったい、オレが一番美味い!』

5月に横浜で上演されたのに、行けなかった「ライブ ポツネン 2012 『P』」
6月にパリとモナコで上演されたパフォーマンスの舞台と舞台裏のようすが昨晩放映されました。
賢太郎さん、パリ似合う~。
パリとモナコってのがまた素敵。
HPにもフランス語でメッセージ載せちゃって、かっちょいいったら。

アトリエで様々にアイデアを出して創作していくところも記録されています。
編集されているからか、呻吟することもなく、さらっとアイデアが出てくる。
泉のように湧き出てくる。柔軟な脳。天才ってこうゆうことなのね。
既に多くの知識を持っているからなのよね。
楽しそう。
「舞台の上が一番楽しい」と言われていましたが、具象以前も楽しそう。

「図書館」で電話を取ろうと、どこまで行くんだー(笑)
レーザーセンサーを手で分けられるとは・・・もう爆笑です。
会場中、クスクス笑いが止まらない。
マイムとアニメのパフォーマンスは、言語を超えて伝わる世界共通語。
会場は在留邦人も多かったでしょうが、公演後のインタビューでフランスの方々にも好感触。
もっと海外で公演して、海外の人たちにアピールしたほうがいいんじゃないでしょうか。

公演後の打ち上げで、カフェでビールをゴクゴク。
「ぜーったいオレが一番美味い」って名言。
使っちゃおう。

・・・ってか、言えるようになろ

とかいうのを、最近放映されまくっている『ステキな金縛り』を、またまた見ながら書きました。
今日は、むちゃくちゃ忙しかったけれど収穫もあって、ご機嫌なのかもしれぬのでありました。

by august22moon | 2012-09-24 21:40 | テレビ | Comments(0)

お中日

陽射しは強いけれど、風はすっかり秋。
気持ちのいい一日でしたが、夜には雨が降って来ました。
d0109373_1233043.jpg




WOWOWで『ハッピーフィート2』。『1』は見てないんですけど。
画の技術の凄さは言わずもがなで。福くんの声が可愛くて可愛くて、消え入りそうな声の時なんて聞き耳たててしまいました。
アリアもちゃんと歌えて凄いぞ福くん。
PRでペンギンの着ぐるみ姿もめちゃくちゃ可愛かったの思い出しました。
先日再び『ゴールデンスランバー』見ましたが、こちらにも福くん。
おとなの話をちゃんと聞いてる表情がとてもよかったです。

驚いたのはオキアミのふたり。バナナマンのおふたりが吹き替えているんですが、設楽さんの巧いこと。
ドラマだと、バナナマンのひとが出てるって印象しかありませんでしたが。
所謂、フツーに巧いって感じですね。びっくりです。
オリジナル版はコメディアンが吹き替えてるんじゃないんですよ。
ブラッド・ピットとマット・デイモンなんですよ。すごい配役。聞いてみたかった。
エンドロールにせめて吹き替えてる映像が出ないかしらと待っていたんですが。
スターさん、裏は見せないのか・・・。

ロビン・ウィリアムズはさぞ、大騒ぎだったことでしょうね。
山寺さん負けじとかなり楽しいキャラになってました。

それにしてもQUEENの曲が出て来るとは。


d0109373_1582166.jpgこちらは、以前『蕎麦 宗』さんで、この辺りにカフェがあるか伺った時にお薦め下さった『カフェ ハピネス』さんへ伺った時の写真です。
教えて頂いた時はお休みだったので、改めて伺ってみたのでした。















お店の前はよく手入れされたお花やグリーンが飾られています。
回りは住宅地なので、季節がよければテラスでもお茶を楽しめそうですね。
d0109373_255044.jpg





d0109373_294528.jpgこの時はまだ他のお客さんがいらっしゃらなかったので店内も撮らせていただきました。
ご主人と奥さまのご趣味の品で飾られて、アットホームで落ち着ける雰囲気。
テラス側の大きなガラス戸から陽射しが入って、とても明るく清潔感のある店内でした。














d0109373_213337.jpgコーヒーにクッキーのサービスもありました。















ガトーショコラ。美味しかったです。
d0109373_2141550.jpg






d0109373_2144889.jpgかわいいお皿ー(笑)

ぷっくりしたフォルムで、ずーっとなでなでしてたくなっちゃったですよ。















d0109373_2165183.jpgコーヒーとても美味しかったです。

ごちそうさまでした。

by august22moon | 2012-09-23 00:22 | 映画 | Comments(0)

天使の証明

d0109373_0581093.jpg先日のことなんですけど。

所用で出掛けた帰り道、涼しかったのでちょっとお散歩とまわり道して帰ったんです。














d0109373_11213.jpgそしましたら、舗道にお財布発見。

そのすぐ側で、高校生がケータイいじって立っていたので、声掛けたんです。














d0109373_132715.jpgお財布落とされませんでしたー?

高校生、そのお財布見て「いいえー違いますー」

そっかー。じゃ、交番に届けて・・・あれ?この辺に交番ありましたっけ?

高校生「こう行ってああ行けば、★★の前に。」










d0109373_192558.jpgあーそうでしたそうでした。でも歩いて15分はあるぞ。仕方あるまい。
じゃ、おばさん届けてくるねー。

途中で落とした方が戻って来ても判りやすいよう、身体からちょっと離した状態で、よく見えるように持って歩きました。

聖火のように掲げては行きませんよ。勿論。








で、どなたに声も掛けられることなく交番に着きまして。
小さな派出所ですのに、入ってびっくり。男性のおまわりさん3人、婦人警官さん2人もいらっしゃるじゃないですか!
(ひとりの婦警さんは電話で幼稚園と交通安全教室の打ち合わせをしてらっしゃいました)
派出所って2人くらいだと思ってました。繁華街でもないのに。

お財布拾いましたー。
「どこで何時頃ですか?」
場所を説明しましたら、若いほうのおまわりさんが住宅地図持ってきて、確認。
ここの、ここらへんです。と指差し説明。時間も往復の時間を考えて時計を見たので何分頃ですと答えました。
ベテランのおまわりさんの方が、中味確認。
身分証が入っていました。他、さまざまなカード類。
発行元に電話して、本人に連絡して頂いてる間、調書っていうんでしょうか、私の住所氏名TELなど聞かれました。
「落とし主がお礼を言いたいと言った場合、あなたの連絡先を教えていいですか?」

妹がお財布落とした時も、現金は無くなっていましたがこれは諦めていたし、気に入ってたお財布が戻ってきただけで嬉しかったんです。カード類は全部入ってたし。
ですからお礼を言いたかったけれど、拾った方はそれを拒否されたとかで。
確かに現金無くなってるんだから、折角の善意が変に疑われてもと考えるよねと納得し、宜しくお伝えくださいとお願いしておいたんです。
ですから私も、こちらで私の素性を分かっていてくださればいいですと告げ、お断りしました。
それから拾得物届け出証みたいなもの渡されました。

するとその時、持ち主の方からお電話がきました。
中味確認すると、ICカードが1枚ないとか・・・。
こうゆう場合、私の潔白はどう証明されるんだろうかと、ふと考えちゃいました。

友人が以前、身分証明書もない現金の入ったお財布を届けて「権利を放棄しますか?」とぶっきらぼうに言われ、ちょっと唖然としていると、重ねて「放棄するんですか?」。
なんだかイヤな思いをしたと聞いていましたが、そんなこともありませんで。至って普通の穏やかな対応で「ご苦労さまでした」と仰ってくださいました。

でもなんだか複雑な心境で、帰途に着いたのでした。


d0109373_2393096.jpg2時32分頃にいらした方が60,000人目のご訪問者さまでした。
キリ番だからと差し上げるものもございませんで。ご訪問ありがとうございますとお礼しか申し上げられませんでスミマセン。

by august22moon | 2012-09-22 02:37 | 出来事 | Comments(0)
d0109373_23575133.jpgレディースデーなのに結構お客さん入ってました。しかも年配男性が多かったですが、囲碁好きな方なのかな。

原作では分からなかった渾天儀や観測機器が見られて面白かったです。
配役はそれぞれとっても合ってたんじゃないでしょうか。
建部役の笹野さんと伊藤役の岸部さんの大らかさも原作が創造した人柄どおり。
やっぱり壮大なもの相手に仕事してるひとは人品も素晴らしいんですね。
春海の周囲の人たちみんな、いいひとばかり。
幸四郎丈の「北極星を見て参れ」もよかった。厳かで品格のある声。
なんと武藤敬二さん出てまして。身よりの無い子だったのを育てていたというエピソード挿入は、それだけで建部の人柄表せていました。
でも鰯くらい分からないかしら。可笑しかったから許しちゃいますけど(笑)
岡田さんの一途な感じとか、夢中になっている時の目がいいですね。恋する目になってましたけど。

染谷さんは声がしっかりしていて表情も堂々としてお殿様家綱もよかったんですが、立ち上がって歩いて行く姿勢はいけませんでした。
その前に猿之助丈のほれぼれするような歩く姿を見たばかりだったので余計にそう思ってしまいました。
階段降りるとこも、颯爽。
目つきも鋭く、天才和算家らしい眼光。恫喝も迫力。
もう時代劇ですからね、歌舞伎役者さんたちは真骨頂なので太刀打ちできないですよね。

幕府側の役人として矢島健一さん。
いつも組織の中間管理職の役回りが多く、居並ぶ幹部連中のなかで姿勢を変えたりして反応する芝居がいちいち巧い方なので、つい目が行ってしまうんです。

映像は平凡でした。この監督の作品大概そうなんですけど。
天井画のように星座図を書き込んでいく場面や、各地の景色は素晴らしかったですが、小田原からの富士山の形が違うっぽい(笑)
最後に明察成った時に妻えんが駆け寄って来て、手に手を取って天を見上げてって・・・ベタすぎやしませんでしょうか。
賊が襲って来て火矢打ち込まれてという映画独自の展開もいかがなものでしょう。
武藤さん大活躍でしたが。
それに僧侶や茶坊主たちの鬘や潰した眉がなぜあんな不自然だったのか。昨今は巧くメイクできるようになっていると思ってたんですけど。

久石譲氏のテーマ曲が素晴らしかったです。
建部伝内の台詞「天の星々を余さず球儀にて詳らかにし・・・それをこうして我が双腕に抱きながら三途の川を渡りたい」を音にしたような壮大で美しい曲でした。
エンドロールに写る、暦と宇宙の星々の運行を表したCGにも合ってました。

気の遠くなるような膨大で緻密な観測と計算をやり遂げた先人たちの姿に、「天文学は人類の使命」というカール・セーガン氏の言葉を思い出しました。


映画
by august22moon | 2012-09-19 22:55 | 映画 | Comments(0)

彼岸入り

d0109373_21404761.jpg昨晩は電車も停まるほどの大雨。
午後になってようやく雨が上がりました。



















d0109373_21391949.jpg





d0109373_21402562.jpg

by august22moon | 2012-09-19 22:06 | 季節 | Comments(0)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22