<   2013年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

佐藤祐市監督作 「ストロベリーナイト インビジブルレイン」

d0109373_128257.jpg【あらすじ】
警視庁捜査一課の刑事として活躍する玲子(竹内結子)が率いる姫川班は、管轄内で起きた4人の殺人事件を担当することになる。警察が合同特別捜査本部を設けて捜査に臨む中、犯人を名指しした匿名情報が寄せられるが、上層部からはすべてを黙殺しろとの命令が下る。玲子は単独で捜査を続け、その過程でマキタ(大沢たかお)と出会う。











閉店前日の西武でSALE品見てから、トラと漂流と迷って迷って、TVシリーズもあまり見てなかったのに見てしまいました。

最近、TVドラマに出て来る刑事役の女優さんって、ちゃんとスーツ姿な方が多くありません?
全部見てるわけじゃないのに言ってますが。
あ、天海さん違ったか。
みなさん、スタイルいいので、映えますねぇ。

姫川は、デキるノンキャリ警部補なようですが、見た眼どおり「お嬢ちゃん」とか呼ばれたりしちゃうんですね。
颯爽としたハンサムウーマンな女優さんがやりそうな役を、竹内さんかなり頑張って演じていました。
コトッと崩れて女が出てしまう脆い感じは合ってるんでしょうね。
「絶対乗り越えてみせる」なんて部下の前で言葉に出して言わせるのはね。

もうね、大沢さんが素敵ですこと。
目が鋭いので、若頭補佐なんて役がお似合い。
困ったさんなハリウッド映画『イントゥ・ザ・サン』でもヤクザの若頭みたいな役で。オールバックの髪型も鷹のような目つきもかっちょよくて、そこで笑いとってるの!?な主演俳優氏が緊張感崩しちゃっても、生死を賭けた緊迫感が戻りましたもの。

なんていうんでしょう、美声ではありませんが、一語一語がきちんと届いてくるんですね。
声を霞ませるのも表現ですが、語尾までしっかり発音して、それでいて陰影のある声です。
思えば、南方先生の珍しく抜けたセリフ、「地理だったんだよなぁ・・・」の「地理」も、滑舌が難しい気がするんですが。
でもしっかり届いた。
今作でもそんな感じ。

最期の笑顔も素敵ですこと。・・・ポンポン、なんてされちゃって・・・ねぇ。

d0109373_17772.jpg



サブタイトルがインビジブルレインですが、ラスト以外ずっと雨ふり。全編雨というのはどうゆう意図なんでしょう。
でも濡れてる感じがしない雨でした。
雨音が聞こえなかったからかな?

犯人役でまたまた染谷翔太くん登場。売れっ子ですねぇ。
お殿さまより、こうゆう役のほうが似合ってる気がしました。
予告編では『脳男』。これにも出てるんですね。で、またまた二階堂ふみさん。
ペア?
ぞっとさせるいい造形のシリアルキラー演じてます。
斗真くん、横顔が手塚作品みたい。
『ダイハード』の予告編ってなぜ笑えちゃうんでしょう。
第9で笑えちゃうって。

あ、すっかり脱線。

菊田は哀しい役どころですねぇ。姫川も気づいてて・・・ってとこがまた哀しい。
西島さん、複雑な真情滲ませ耐える男が合ってますねぇ。満面の笑顔も尚哀しい。
役柄が役者さんそれぞれに定番で手慣れた感じでした。
アウトレイジな方々から組対の方々まで。
それにしても生瀬さんはなぜあんなに悉く発言遮られるの?(笑)
この写真みたら、『マークスの山』でお蘭が捜査会議で発言する場面を思い出しちゃいました。
もっとムスッと不機嫌そうな表情で。一番巧かったなぁ・・・一番原作に近かった。

はっ!大沢さん、合田、どうでしょ!?
『藁の楯』で確認しましょ


あ、また脱線。
d0109373_122929.jpg



刺されて入院してる大沢さんが急変して、お医者さんが心臓マッサージ始めるんですが、
その時、大沢さんの左脚の膝が動いたんですが。
ほんとに押されて痛かったとか?違いますか?

見終わって、あ!最終行っちゃったじゃん!と焦りましたら、人身事故で40分遅れた電車に乗れました。
あまり寒くも無く、欠け始めた月のきれいな夜でした。

で、帰宅してから。
WOWOWでしたか、スティーブ・マックイーンの特集番組みたいなの見まして。
映画評論家さん?2人が、マックイーンの映画裏話を披露してたんです。
『荒野の七人』では、台本にない細かい動作を加えていたそうで。で、その場面が出るんですが、確かに帽子をちょっと持ちあげてみたり、弾こめるのにも耳元でいちいち振ってみたり。ヴィンはちょっととぼけた役柄でもあったので、彼なりの役作りだったわけです。ところがユル・ブリンナーには「なぜそんなに動くんだ」と顰蹙かったりしたそうで。
『大脱走』では見せ場の無い役どころに不満で、唯一の見せ場である国境前の丘を逃げ回るバイクも、『ブリット』のカーチェイスシーンも、自ら運転することを志願したとか。
そうやってスターの地位を確かなものにし、歴史的名シーンを創り上げたのですね。

あ、そうそう。
ファッションのことも話題になってましたっけ。「服が似合う」って。
絵になるってのは、スタイルのよさだけではないわけですね。
『大脱走』のあのトレーナー。野暮ったくなりそうなところ、袖を7分丈に切ったとこが、勝利。

映画
by august22moon | 2013-01-31 22:07 | 映画 | Comments(0)

中脇初枝著 『きみはいい子』 ポプラ社

きみはいい子 (一般書)

中脇 初枝 / ポプラ社



「きみはほんとうはいい子なんだよ」ってトットちゃんの惹句を思い出させますね。

第一回静岡書店大賞にも選ばれていますが、「本屋大賞」ノミネートの中からタイトルだけであらすじも調べずに読み始めました。
実は、ノミネート作品の中で地元図書館に在庫のあるのがこれだけだったんです。
前に借りた方が読みさしを広げたままにしていたらしく、背の部分が歪んでました。

同じひとつの街に生きる、おとなとこどもの連作短編集。

新米教師が出会った、母の再婚相手の男からも母親からも愛情を受けられず食事もまともに与えられず身をひそめるように生きる小学1年生の男の子に、子供たちが子供なりに堪えていることを悟って教師としての本懐を知る「サンタの来ない家」

我が子に虐待をしてしまう若い母親が、無神経と思われたママ友に子供のころの虐待のトラウマを見抜かれる「べっぴんさん」

どうやら新しい母親に馴染めず家に居たくない為に頻繁に遊びに来るらしい息子の友達。息子は嘘だと思い込んで気にも留めないが、その子の隠された涙に気付いて心を砕く「うそつき」

独り暮らしの寂しい老婆が唯一言葉を交わす小学生が、実は障碍のある子だった。戦時中、耐えることばかりを強いられて青春を過ごした老婆と、純粋な心を持つ子との心の交流と、その子の育て方に悩む母親との出会いを描いた「こんにちは、さようなら」

痴ほう症の進んだ母を在宅介護していた妹は、いよいよ施設に預けるから、見学と準備の3日間だけ預かってと頼んでくる。施設の場所があまりに山奥なため姥捨て山のようだと罪悪感は起きるものの、たった3日でも手に余るほど母は痴呆が進んでいた。妹ももう限界なのだと悟る姉。幼いころの虐待にも等しい厳しい躾や、妹はちゃん付けなのに自分は呼び捨てだったことの恨みを言いたくても、8年振りに再会した母は娘の顔も忘れ、子供に戻っていた。妹の家に送る電車内に置き去りにすることすら過る「うばすて山」

同じ街が舞台となっていて、登場人物が重なったりします。
「サンタの~」の小学校の児童がピンポンダッシュの悪戯をする家が「こんにちは、さようなら」の老婆の家で。
「うそつき」に出て来る父親がPTAをしている小学校が「サンタの~」の桜ケ丘小。
この父親の子供時代の友達もっちゃんと、「うばすて山」の姉妹が子供の頃暮らした団地が同じで、もっちゃんの母親が泣き声を聞きつけて様子を見に来てくれたり閉め出された時に晩ごはんを食べさせてくれたりした。
帰りが遅いと閉め出されて行く当てなく佇んでいた公園が、「べっぴんさん」でママたちが集う烏ヶ谷公園・・・というふうにリンクしています。

最初の「サンタの来ない家」ってタイトル見た瞬間、あ、子供のはなしで泣かせる本なんだわと分かりました。
「5時まで家に帰っちゃいけないんだ」と校庭の兎小屋の前に佇んでいる子。
友達の母親がやさしく「なあに?」と応えてくれるのに自分の母親は呼ぶと必ず怒る。それに驚いて後ずさるとよけいに怒る。きっと友達のおかあさんみたいに白いタオルを持っている時じゃないと呼んじゃいけないんだと考える子。
いつも怒っているのは、叩かれるのは、自分が悪い子だからだと俯く子。
どれも切なくしかならないお話し。
こうゆう痛ましいお話しを読むとどうしても谷川俊太郎氏の『さようなら』が過ってしまって、振り払うのに一苦労。

子供のお話しばかりかなと思ってたら、老いた母のことまで出て来るし。
どれも既読感ある筋立てです。ドラマでもよく見ますしね。
それでも、なんで、同じ家に暮らす子供が愛せないんだろう。子供に向き合ってあげられないひとがいるんだろうと切なくなります。
ああ、こうしている今も、同じように蒲団を被って堪えている子がいたらどうしよう、哀しいけれどきっとどこかに居てしまうんだろうなぁ。
そうゆう子には、もっちゃんのおかあさんみたいに手を差し伸べてくれるお隣りさんがいますように。

昨今多いライトノベル的な文体ではなく、静かに穏やかな調べの文脈が心地よかったです。
もうね。泣かせますよって反則本です。

d0109373_22472691.jpg




本・読書
by august22moon | 2013-01-28 23:53 | 読書 | Comments(0)

木星や火星の春を想う

冷たい風が少し治まって月の美しい夜のこと。
『awatenvou』さんでお夕飯です。
d0109373_04552.jpg




レトロな建具のこちらのお店は、強風で随分カタカタ揺れたことでしょうね。
大きな籠にも膝かけが用意されています。
d0109373_050256.jpg




d0109373_0524082.jpg




店内に置かれた雑誌「ボタンとリボン」の3号には、こちらのお店が特集されていました。
オーナーさんと親しい方々のコメントや、もの静かなオーナーさんが珍しく華やかに笑ってるお写真など、楽しい記事でした。
「見つけちゃいましたー」と言うと、オーナーさん、うふふと恥ずかしそうに微笑んで。
d0109373_053482.jpg





今月のメニューは、ロールキャベツの白味噌仕立て!
これ、09年2月にこちらへ初めて入った時のメニューです。
とっても美味しくて、それ以来こちらのファンになったのでしたが、あれ以来全然ロールキャベツが出て来なくて。また食べたいのになーと待ち焦がれておりましたの。
オーナーさんにリクエストっぽく、やらないんですかー?と伺っても、いつもの「ああ・・・うふふ」でかわされてしまって。
巻くの大変だからかなぁなんて。
変わらぬ美味しさです。前のよりお肉が主張してる感じ。辛子味噌もちょうどいい辛味。
お箸で簡単に切れて、とろとろです。
d0109373_0583716.jpg




サイドメニューはグリーンサラダとレンコンのバルサミコ炒めと、蕪の梅酢和え?
これに、五穀米のごはん。
d0109373_1142342.jpg




d0109373_1234255.jpg『ボタンとリボン』では、こちらのオーナーさんのひととなりにも触れられています。
人気雑貨店『hal』のオーナー後藤さんは、こちらのお店が欠けた器も大事に使っていることを取り上げてらっしゃいます。
器はいつか欠けることもあるもの。
「その欠けがいつかまるくなってゆく」と、後藤さん。

さすが、目の付けどころが違ってらっしゃる。









たいへん美味しゅうございました。ごちそうさまでした。
d0109373_1181369.jpg





それから用事を済ませて、コーヒーでもということになりまして。
遅くまで開いてるといったら『cafe day』さんしかなくて。

あ、看板を撮ったら、お月さまと並んで、微かにシリウスと・・・プロキオン?
見上げれば、双子座からカペラまで、大きく弧を描いて見える・・・はずなんですけどね。
d0109373_134676.jpg




d0109373_1953437.jpg





コーヒーのつもりが、冬メニューのマシュマロショコラ。
温まります。
d0109373_1403043.jpg




d0109373_19542045.jpg突然、傍らでゴトッ。
見ると、カウンターに置いたらしいアボカドが落ちてごろん。
奥さま、「申し訳ございません!」と慌ててカウンター内から小走りに出てらっしゃいました。

こちらの床はアスファルトですが、オーナーご夫妻はいつも靴音のしないスニーカー履きだったことに気付きました。
気遣い、ですね。

(ライトの加減でキューブアイスがきれいに見えました)














店内はオーナーさんセレクトのCDが流れていました。
ビートルズやらアバやらのカヴァーのその中に、「Fly me to the moon」。
月の美しい夜に相応しい。

・・・シナトラの声かな?あのゴージャスな、「ザ・ヴォイス」みたいでした。
d0109373_1474785.jpg




先日の全豪オープン。フェデラー対マレー戦の終盤でカメラが大きな月を映したので、もうすぐ満月だと思い出したのでした。
d0109373_1525815.jpg




・・・試合結果は残念。なんでまたマレーなのっ
d0109373_1551713.jpg




少し流れてしまったけれど、雲が龍のようで、目が光っているみたいでした。
煌々。

d0109373_1553597.jpg




タイトル : 「Fly me to the moon」
♪ Fly me to the moon
Let me play among the stars
Let me see what spring is like on Jupiter and Mars

わたしを月まで連れてって星の間で遊ばせて木星や火星の春のようすを見せてってずいぶんなトリップぶりですが、惑星の春を想うって、壮大ロマンチック。

d0109373_2152761.jpg

by august22moon | 2013-01-27 23:49 | おいしいもの | Comments(0)

氷風

木曜の夜からの氷のように冷たい強風は今日土曜日も吹き荒れました。
昨日の富士山は雪が厚く積もった感じでしたが、
今日は強風で雪が飛んでしまったかのように山肌が少し見えてました。
d0109373_035028.jpg




d0109373_054913.jpg





d0109373_072575.jpg




ちいさくともダメージの大きいしくじりも少し吹き払えそう・・・かも
d0109373_08854.jpg




・・・さっぶ~

d0109373_08597.jpg

by august22moon | 2013-01-27 00:38 | 季節 | Comments(0)

雪客

ご近所のおばあさまが94歳で亡くなられたと、区長さんから連絡がありまして。
仕事を終えてタクシーで乗りつけました。
葬祭場のあるところは、街中からかなり離れた山の中。
バス停で尋ねたところ、一番近いバス停からも徒歩でかなりあるし暗い山道だからタクシーのほうがいいですよと教えられまして。
なるほど、葬祭場のために開通させた新道とはいえ街灯もない真っ暗で急な坂道でした。

読経はすでに始まっていました。
ここで、あら?
受付カウンターには普段、ご近所の男性方がいらっしゃるのに。いない。
開いたドアから会場内を覗いてみたんですが、黒の平服にエプロン姿のご近所の女性陣が見当たらない。
あら、あらら?

とりあえず受付前に立って、お帰りになる参列者の方々へ渡すお飲み物の袋をカウンターに用意するのをお手伝い。
帰られる方々へ飲みものをお渡ししてたら、ロビーの向こうをご近所の方々が帰られるではないですか。
そこで驚いたのが、みなさんお手伝いの時の平服に黒エプロン姿ではなく、フォーマル!

えええ!?

そこで、区長さんからの電話の内容を反芻してみました。
「お手伝いはいらないそうなの。お付き合いのある方だけ、ということで。」
精進落としのお弁当や寿司折りなどをテーブルに並べたり、先のように飲みものを渡したりはしますが、一昔前はご近所の女性陣はお料理作ったり、おつまみ用意したりといろいろお手伝いがあった地域なんですね。
だから、その頃のようなお手伝いはしないという意味で、お手伝いは不要といつも言ってるんです。

どうやら真相は、精進落としも別会場でお手伝いの仕事はまったくないので、お付き合いのある方だけ参列する、ということだったらしいのね。
次回からは細かく確認しなくては。
ですので、皆さんが出られたところでお焼香させていただきました。
ここ数年お会いしていませんが、子供のころから知っている方なので。


(写真は、水路で抜き足差し脚してたアオサギの若鳥。フラッシュなしでいってみました)
d0109373_23521190.jpg




タクシー呼んで駅まで戻って、ふと、ご供養にとこじつけて呑んで帰っちゃおっかなーと思いつきまして。
ところが、お目当ては団体さんで貸し切りみたい。で、諦めて帰宅したのでありました。

(フラッシュ焚いても抜き足差し脚。何に照準定めてんのか)
d0109373_23531021.jpg

by august22moon | 2013-01-23 22:19 | 出来事 | Comments(0)

中島京子著 『FUTON』 講談社刊

FUTON (講談社文庫)

中島 京子 / 講談社



田山花袋の『蒲団』をベースに、いろんな形の三角関係が描かれています。
アメリカの大学で日本文学を教えるデイブという教授と、愛人となる日系人学生のエミ、その恋人のユウキ。
エミの曽祖父95歳のウメキチと、若き画家のイズミと、イズミの同居人・ハナエ。
若き日のウメキチとツタ子とウメキチの甥・キクゾウ。

でも、一番面白かったのは教授・デイブが書いている、花袋の『蒲団』でほとんど触れられない妻・美穂の視線で書かれた『蒲団の打ち直し』。
スピンオフ的な小説。

そうよ。打ち直しちゃえですよ、そんな蒲団。
って、この小説のなかで一番のめり込めた三角関係。
そんな魂ごと持っていかれちゃうような恋愛は現代においては既に生きていないんでしょうね多分。
と思わせるのでした。
どれも「打ち直し」の利いちゃう恋愛。

花袋の『蒲団』って読んだかなぁ
『田舎教師』は読んだんですけど。
TVの『ウゴウゴルーガ』で、純文学のダイジェストを超・早口で朗読してるコーナーがあって。
そこで紹介した『武蔵野』が面白くキレよくまとめられてて、読んでみたのを切っ掛けに自然主義文学を何作か読んだんです、が。

『蒲団』は、読んだような読んでないような・・・。

なんてことをぼんやり考える夜です。
ストーブの上でお湯がしゅんしゅん。
外は雨が降り始めました。


本・読書
by august22moon | 2013-01-21 23:08 | 読書 | Comments(0)

「お日さまの温かさを感じることと同じくらい自然なこと」

『WEEKEND BOOKS』さんで出会って、いやその前からあちこちでお見かけしていたような気がする、焼き菓子屋さん『ユーカリカシテン』さんへうかがいました。遂に。
オーガニックやフェアトレードの素材を使われた拘りのクッキーやスコーンが人気で、11時の開店前に既に行列ができるとか。
場所を伺った時、あまりによく知っている場所だったのであの辺りにお店って在った!?なんて俄かには信じられなかったほど。

d0109373_16384480.jpgありましたありました。
ってか、ここ何度も通ってるのになぁ
















d0109373_1537284.jpg




可愛らしい。
お家を店舗に改装して営業されています。
古い木製の引き戸が懐かしい感触です。
玄関にカウンターやガラス戸棚を設えて、気をつけないとガラス戸にバッグがぶつかってしまうほどの奥行き。
右手奥には立派な業務用冷蔵庫が垣間見えました。

営業は木・金曜と第1・3土曜のみの11時から15時まで。
伺ったのはもう午後2時近かったので、もうなんにもないかしら?と心配したのですが・・・
d0109373_15382247.jpg




黒糖スコーンが残ってました。
コクのある甘さが美味しいですこと♪
d0109373_15424429.jpg



「ショートブレッド/穀物コーヒークッキー」と「ナッツナッツクッキー」
せっかくの拘り素材の違いが分かるのか私?という不安もございますが(笑)
美味しくいただきました。
コーヒークッキー絶品!
d0109373_15435572.jpg




いろんなことを忘れられそうにぽかぽか穏やかないいお天気。
近くの神社では、バドミントンに興じる女の子たちや、お散歩する親子連れさんで賑やかでした。

d0109373_15473674.jpg




タイトル : 『ユーカリカシテン』さんのTwitter、RTされたメメント・モリなつぶやきより。
d0109373_15475687.jpg

by august22moon | 2013-01-19 22:22 | おいしいもの | Comments(0)

吐息と溜息

週末になってようやく風邪もよくなってきました。
ばっちり妹にうつして(イヒヒ)
職場は一大イベントを前にして、担当の課の皆さまは大忙し。
そのお手伝いでここ数日なんとなくバタバタ。
とりあえずお掃除しっかりしなきゃと頑張ったのに、担当の皆さまが、指紋はべたべた付けるわ、ちっちゃいゴミはあちこち落としてくわ、ゴミは無分別だわ・・・あーー消しゴムのカスをーー!キィーー゛(`ヘ´#) !
そんなこんなで終わりにしちゃいまして。今年初めての『ビアリッツカフェ』さんです。
d0109373_2259284.jpg




きんきんに冷えた夜ですが、生ビール。
なんだろ・・・オイルサーディンのソースみたいなので和えてある感じ?
d0109373_23252777.jpg




B・ウイリスのほうがJ・G = レヴィットに似せなさいよってこと、ベン・アフレック監督賞獲れてよかったねーってこと、でもその『アルゴ』が地元上映なくて見られてないこと、フョードル殺しの真犯人のこと(20世紀少年の犯人を教えてくれなかったんだから教えてやんない)、オスプレイは果たして県内を飛ぶのかということ、錦織や伊達っくの3回戦の結果のこと・・・
d0109373_23282864.jpg




白は、なんでしたっけ?シャ・・・なんとか。フランスの方。
赤はスペインのお方。
d0109373_23323818.jpgd0109373_23331158.jpg



















おまかせパスタは、オイルサーディンでした。
美味しかった!!おかわりしたいくらい。
d0109373_23353089.jpg




お好みでレモンをどーぞ
d0109373_2337152.jpg





d0109373_23372332.jpgショコラショーを作ってくださってるところ。

全ての作業が丁寧で、見惚れてしまいます。
おひとりで調理されるので、混んでくるとたいへんそうですが、決して慌てず丁寧なお仕事ぶりです。


















この冬初めてのショコラショーです。
美味しい。
お外は冷蔵庫みたいに冷え冷えですので、温まって帰ります。

夜空には少し赤みがかった6日の笑顔月が光っていますが、オリオンも木星もきれいに見られました。
寒くてのんびり見上げてはいられませんでしたけど。
d0109373_23384032.jpg

by august22moon | 2013-01-19 01:38 | おいしいもの | Comments(0)

ライアン・ジョンソン監督作 『LOOPER/ルーパー』

d0109373_0153690.jpg【あらすじ】
タイムマシンの開発が実現するも、法律で使用が禁じられている近未来。法を恐れぬ犯罪組織が、消したい標的をタイムマシンで30年前に送り込み、そこにいる「ルーパー」と呼ばれる暗殺者に標的を殺させていた。凄腕ルーパーのジョーはある日、いつものようにターゲットの抹殺指令を受けるが、未来から送られてきた標的は30年後の自分自身だった。















ジョセフ・ゴードン=レヴィットなのでね、見に行ったのですが・・・。
ズドーンドッカーンと威勢のいい映画でした。

レヴィットは、あれ少々メイク施してますね?
予告編でも、あれ?と気付いていたんですが。
ブルース・ウィリスに喋り方だけでなく目つきも似せていますが、別に普通でいいのになぁ・・・。

ほとんど予備知識なく見て、無論オチも知らないで見ました。
未来から転送されて来た標的を処刑するタイミングや、
契約終了の印に送られてくる30年後の自分を殺せないで逃がれた場合の、変容の仕方なんて、面白いアイデアではありました。
30年後の自分自身なのだと気付かせ躊躇わせるために、自分しか知らない歌をくちずさむのね。
それは、撃てないですわねぇ。
30年後の自分との対話っていうのも面白いですね。親子なのね、完全に。

銃を自慢してくるくる回してたら、後ろのドアが威勢よく開いて、頭にガーンと当たって銃暴発して・・・のくだりは爆笑です。

ラストのどんでん返しが売りなんでしょうが、どうでしょうね、そうゆう展開もまた面白いと言ったら面白いし。
私はもっと違う展開になるんだろうと踏んで見たので。

母子関係の描き方は中々に深い描写になっていたと思います。
子供の感受性なんて特に。
迷える母役のエミリー・ブラントもよかった。
B・ウィリスの映画って、大概救いの在る結末ですものね。

・・・仕方ない、『リンカーン』に期待、ですわ。


映画
by august22moon | 2013-01-17 01:22 | 映画 | Comments(0)

「ニワトコのモノローグ」

今年初めての『雑貨とカフェ ロバギター』さんへ。
明けましておめでとうございま~す。
d0109373_114513.jpg




入って正面の棚が白くお化粧直しされていました。
d0109373_142553.jpg




雪こそ降っていませんでしたが、底冷えする夕方。
店内にはストーブが焚かれて、ほっとする暖かさです。

早速、バターリーミルクティーと
d0109373_183240.jpg




ホットスパイスミルクティーをいただいて温まりました。
d0109373_19852.jpg




本日のスイーツから、小豆入りのチョコケーキ。
ビタースイート♪ 美味しい~
d0109373_1104995.jpg




芳ばしいプレーンワッフル。
d0109373_1164181.jpg




バターリーミルクティーおかわり
d0109373_1184339.jpg




効能を伺ったら風邪気味な時に最適なエルダーフラワー。お湯割りをお願いしました。
ノンアルコールのハーブコーディアル。柑橘系のような、はちみつのような、爽やかな香りを楽しみながらいただきます。
d0109373_127359.jpg




d0109373_12241838.jpgボトル売りも扱ってらっしゃるので、1本頂いてきました。 



















d0109373_1301645.jpgとっても美味しかったです。
ごちそうさまでした。

by august22moon | 2013-01-13 23:48 | おいしいもの | Comments(0)