出会った本、映画の感想。日々のこと。

by august22

<   2014年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

雨上がりの道

d0109373_21483195.jpgOPENの5分前じゃ、もう凄い行列なんだろうなぁと覚悟して向いましたが、行列どころかもうOPENしていました。
『JUN kobo bakery』さん。
先週もあまりに多い開店待ちの行列に数分早くOPENしてくださっていたのでしたっけ。

でもパンは各種類まだ残ってました。よかった~

これは帰りに撮ったもの。













d0109373_21534879.jpgこんなに買っちゃいましたー。

紙袋っていうのがまた素敵。



















クロワッサン、チーズ入りカンパーニュ、レーズンくるみ、ブルーベリークリームチーズ、エピ・・・かな?
もぐもぐ 頂きながら・・・
d0109373_21545022.jpg





で、お寺さんです。
曇りがちでしたが青空も見えたのに、雷がゴロゴロ鳴りだしました。
d0109373_2235987.jpg




金糸梅
d0109373_2222176.jpg





バイカウツギ
d0109373_0305794.jpg






あちこちで紫陽花が咲き始めましたね。
これはアナベル
d0109373_22284363.jpg





くちなしの花はまだ蕾
d0109373_22294834.jpg





ね、まだまだですねナミテントウムシ君?
d0109373_22313654.jpg





d0109373_2239255.jpg






ゴロゴロ何度も鳴るようになってきました。
東には先端がしょわしょわ~っとした不思議な雲。

西方面の雲は少し暗い色。降ってくるかなーと空模様を心配しながらも、知人へのプレゼントを探さなくてはならなくて、あーでもないこーでもないと悩むのでありました。
d0109373_22391153.jpg






正に青天の霹靂で、ついに大粒の雨も降りだしたので退散。
d0109373_22505016.jpg





はじめましてのカフェ『Rosmarinusu』さんへ伺ってみました。
以前は迷った挙句にようやく着いたら貸切で、念願かなっての初訪問です。
d0109373_22473723.jpg





黒板塀の中は落ち着きのある前庭の造り。
雨上がりで花や葉が濡れて、風情があります。

引き戸を開けるとフラットな板張りの床で、靴を脱いでスリッパに履き替えるシステムだったのですが、知らなかったとはいえ、雨に濡れた靴で入ってしまいました。2歩も!
左手に小さな靴置き用の棚が置かれてありますが、ワイヤーを組んであるだけなので、下に置かれた先客さんたちの靴に雫や埃が落ちないかちょと心配しながら置くのでした。
d0109373_22531040.jpg





店内はゆったり落ち着いた雰囲気。
窓の外は目隠しの緑が、降ったり止んだりの雨に濡れて美しかったです。
インテリアもセンスが感じられて。
静かな住宅街にあって、おとながひとときの上質な非日常を送れる空間です。
d0109373_22581993.jpg









d0109373_2382928.jpg水出しアイスコーヒーと



















深入りブレンドのコーヒーと
d0109373_2391711.jpg





2種類のミニケーキのプレート。
甘酸っぱくさわやかなレモンケーキと、濃厚なウォーターチョコレートケーキ。
添えられたレーズンは、ラムではなくチェリーのお酒漬けですって。

ごちそうさまでした。
d0109373_23221741.jpg






d0109373_0385551.jpg店内には、可愛らしいアクセサリーが展示されていました。
パール、オカサンゴ、オニキスなど天然石を使ったピアスやペンダントやブローチ。
迷って迷って、淡水パールとアメジストのペンダントをいただきました。
デザイナーさんの名前が分からなかったのですが、どれも既成にはないユニークなデザインが素敵でした。

オーナーさんから、どちらで当店を知られたか尋ねられました。
御殿場の『ロバギター』さんがブログで紹介されていて知りました。
追っかけファンみたいでお恥ずかしい・・・
by august22moon | 2014-05-31 23:40 | おいしいもの | Comments(0)

TGIF

d0109373_21532.jpg多少の躓きやネガティブに気落ちすることはあったものの、なんとか「魔の5月」を乗り切れたので

『ビアリッツカフェ』さんで



















d0109373_254788.jpg乾杯。

着いたころには月末には珍しくお席が空いていたのですが、どんどんお客さんが入って
遂には、外のテーブルではいかがでしょう・・・な状態。
陽が落ちてから少し湿度を含んだ風になりましたが、夜も更けて涼しい風になったので、お外でも気持ちよく呑めそうでした。

















d0109373_293365.jpgオリーブオイルで和えられた桜エビとホタルイカとそら豆という旬なタパス。
バジルソースがいい香りです。

















フェデラー戦の時間だったのですが、店内のTVでは『藁の楯』。
突っ込みどころ満載の作品でしたので、そこで盛り上がってしまいましたら、マスターさんから「ボリューム上げましょうか?」。
店内はビージーズの懐かしいヒットナンバーがBGMで流れていました。
折角の軽快な音楽を邪魔しちゃいけませんので、「大丈夫です」。
はうでぃーぴずよーらー♪ (How deep is your love の意)

(スペインの赤と、フルーティーな香りのニュージーランドの白)
d0109373_2113087.jpgd0109373_2115781.jpg




















最近、遅まきながら高感度モードにしたらシャッターが遅くて。
仄暗い場所でも明るく映るのでいいのですが、早く食べたい時はこのようにピンボケです。

生ハムの乗ったキノコのオムレツです。
キノコ類たっぷり。アスパラも入って美味しいですこと。
d0109373_2124837.jpg






突然、他のお席からハッピーバースデーの歌声があがりまして。
お連れの女性に向けて男性が歌っていたので、他のお客さんやママさんらと一斉にお祝いを言いましたら、

(本日のパスタ。ソラマメのパスタ。こちらもバジルがいい香りです。
残ったオイルも残すことなく、パンできれいに頂きました。)
d0109373_2242345.jpg






その女性が笑いながら、「私の誕生日じゃないんですぅ~」
歌ってた男性ご自身が誕生日。
誰も祝ってくれないからさぁ」なんて仰るものですから
みんなで改めておめでとうございまーすと拍手。

(どこかの赤と、スペインのきりりとした、トーレスのような白)

d0109373_2362023.jpgd0109373_227283.jpg





















d0109373_34226.jpgタイトル : 知人が「ようやく金曜日だね。ケイティー・ペリーの歌じゃないけど・・・」。
若いとはいえその人の口からトレンドな名前が出て、全部同じ曲に聴こえる no music life なオバサンびっくりな日。
私もとりあえず週末に感謝、なのでありました。

でも今日、スマホに付けていた浅間大社のお守りがとれちゃっていたんですけどね。

by august22moon | 2014-05-31 00:39 | おいしいもの | Comments(0)
全仏が始まり、錦織選手は勝ち上がるから行けないなぁと諦めていたのですが・・・
リシツキちゃんも敗れちゃいましたしね。


「世界遺産 富士山と庶民信仰」

講師・日本大学 元教授 高山茂氏
講師の先生は文化人類学、民俗学がご専門とか。
やはり、富士山がテーマということから聴講者はとても多かったです。

まず世界文化遺産・資産の構成要素が紹介されたのですが、25件もあるんですね。
そのうち「富士山域」として、富士五湖のうちの西湖・精進湖・本栖湖から山頂の信仰遺跡と対象が幅広いものもあります。
浅間さんで一番古いのが山宮浅間神社で、ここには本殿がなく、木立の向こうに富士山が望める遥拝所が設けられているそうです。

いかに信仰対象とされてきたか。
「富士講」という講社の設立。指導者・食行身禄の入定後に弟子たちによって富士講が設立されたそうです。
(ミロクと聞いて、あれ?と思ったのですが、やはり弥勒菩薩のミロクから取ったそうな)
これは現在も続いていて、お焚き上げや月拝みなどの年間行事が催されているそうです。
で、講社というのがいくつか設立されていて、それぞれに笠印を持っているのですが、ここに簡略化され描かれる富士山の形が富士山本宮浅間神社のお守りに描かれた形と同じでした。
真ん中が高い形ですね。
江戸時代は、江戸→高尾山→小仏峠→須走口→相模大山コースが人気だったそうです。
8月には山仕舞いの祭り、北口本宮富士浅間神社で「吉田の火祭り」が催されるのですが、境内社の諏訪神社が祀られていて、諏訪信仰があったと思われるそうです。
大国主命ですね。
金鳥居から浅間神社までの間に大松明が並び壮観。いつか行ってみたいです。
参拝者の宿で「御師」というのを知らなかったのですが、松明の並ぶ沿道にはこの御師の家が並んでいるんですね。
山岳信仰では、山が三界に表されていて、一番下が俗界にあたる「草山」、「木山」、頂上が死の世界を意味する「焼山」。
下山し、死の世界から生還するんですね。

独立峰富士山の独自性として、裾野に市町村があること、離れたところからも望め、海抜0メートルからも見られるところを上げられました。
白砂青松に富士山という絶景もありますものね。三保の松原へもいつか行かなくちゃ。
冬晴れがベストなんですよね。

一度は登りたいと多くのひとに思われている山であるところも特異なところ。
登山客の年齢層も幅広く、昨年31万人の登山客のうち、70歳以上の方は1607人もいたんですって!
感嘆の声あがる聴講席に向けて「それで驚いてちゃいけません」。
昭和63年には101歳の方が登っているそうです。
ちなみに最年少は4歳とされているそうですが・・・
「わかりませんね、もっと小さなお子さんが登っているでしょうね。」
いやはや

映像も多く紹介されましたが、山頂にあった測候所の映像が流れた時、現在はドームも撤去されていますが、在った頃は「三島からも見えましたよね」と先生。
実は妹が、まだ視力が2.0あった子供の頃、頂上の測候所のドームが裸眼で「見える」と言ったことがありまして。
勘違いだろうと信じていませんでしたが、あれホントに見えてたのね。
頷いてる方が何人もいましたから、見える人いたんですねぇ・・・

山岳信仰の根強さと深さには驚かされるばかりでした。
特に「富士山曼荼羅」がとても美しくて、近くでもっとじっくり見てみたいです。

by august22moon | 2014-05-29 23:32 | 出来事 | Comments(0)

森のある街

風は爽やかでしたが予報以上に27度まで気温が上がった日。

d0109373_0104960.jpg「上野の森美術館」へ。

妹が木梨さんの絵が好きで、見に行きました。




















緑陰さわやかです。
d0109373_0133656.jpg





入り口はたいへんな行列ができていましたが、15分ほどで入場。

「木梨憲武展×20years INSPIRATION - その瞬間の好奇心」というタイトルで、300点以上の作品が展示されていました。
初めてTV番組中に見た、油性ペンでデッサン無しで描かれたセーヌ川越しのシテ島の風景画もありました。
コメディアンらしい感性を具現しただけのものやアニメ調にPOPな抽象画も多いのですが、花瓶に活けられた花のシリーズは大らかさの中にも繊細さが感じられとても美しく、ペンで描かれた海外の風景画は特に味わいがあり、前衛に偏らず正統な画法の作品もあって楽しかったです。

ミュージアムショップでは、東日本大震災後に一般募集された太陽の絵が床や壁一面に展示。
募金箱も置かれていました。
d0109373_0564134.jpg







d0109373_32291.jpg






さてさてランチです。
d0109373_1181545.jpg


More
by august22moon | 2014-05-25 23:37 | 出来事 | Comments(0)
d0109373_22234164.jpgリメイク上映で、久し振りに見たいと思っていた74年版作品。
F・F・コッポラ脚本
私ったら、長いこと監督を勘違いしていました。誰ということもなく。
・・・シドニー・ルメットとは思ってないですけど。

『スティング』『追憶』後、絶頂期のR・レッドフォード主演。
ラルフ・ローレンのエレガントなサマースーツやパステルカラーのシャツ姿やオールバックの髪型が「似合わない」と、当時は賛否あった記憶があります。


特に印象的だった、ニックが初めてギャツビーと会う書斎の場面。
カーテンの隙間からパーティーの様子を見降ろしていたところで、少し驚いて振り向いた表情。
遂に手に入る、その一歩手前まできた緊張感が見えます。
そのあとの「潰えることのない安らぎを与える、一生に4、5回しか見うけられないほほえみ」。
ギャツビーという男が分かるにつれて、どれほど万感の思い込められたものだったか分かる笑顔。
(過剰な演出加えてはいけなかったのよ)

家具調度も車も衣裳も豪華ですが、照明の問題なのか意図的演出なのか、屋敷内の映像では随分と影が気になりました。
部屋の上部の仄暗さや、壁に映る濃い影とか。
ただ、椅子の後ろに回った時に照明が届かず見えなかった表情が、背もたれに肘を点くと顔に照明があたって明らかになるという効果にはなりました。

悲恋物語ですが、なんでこんなにもギャツビーが一途なのか、当時の私にはミア・ファローの魅力が分からなかったのです。
お人形さんのようにただ可愛いだけの女性ではなかったからこそ、ひとりの男性の生きがいにまで成り得たのでしょうね。
M・ファローのデイジーは、ケロリと残酷なことも言えてしまい、縋るものを手繰り寄せる本能が優れて巧み。
だからこそ、ギャツビーの最期がなおさら哀れに見えてくるわけです。
父親が訪ねてくる場面も、この謎の男がどこにでもいる平凡な、夢をもった少年であったことが父親の涙と共に描かれ、アメリカンドリームの陰影が強く描かれました。

葬儀の日、「ここが息子の家ですか」と訪ねてくる父親。
音信不通だった息子の所在が分かったのが新聞の死亡広告。訪ねた家は豪邸。なのに葬儀には誰も参列しない・・・。息子にいったい何が起こっていたのか。
少年の頃の日記を読んで自分の胸に息子を取り戻そうとする父の心痛いかばかりか。

カレン・ブラック、ブルース・ダーンと、脇役の充実も作品に厚みをもたらしました。
結末の描き方は70年代という時代性も感じられる作品でした。


映画
by august22moon | 2014-05-20 22:19 | 映画 | Comments(0)

5月の音

d0109373_2310179.jpg






d0109373_23181528.jpg『シズオカ×カンヌウィーク』が始まりまして。
面白そうな作品上映や、予告編コンペも催されているようです。

バンド演奏やパフォーマーの方々がいて賑やかです。
七間町名店街の街角マルシェを見学しました。














d0109373_23311882.jpgテーブルと椅子がたくさん並んでいて、爽やかな陽気の下、みなさんワインやビールを楽しんでらっしゃるので・・・
モヒートと

















d0109373_23295258.jpgその場でレモンを絞ってくださるレモンスカッシュをいただきました。

たいへん混み合っていたため、店名がわかりませんでしたが、明るく楽しそうなスタッフさんたち。


















さわやか~
d0109373_2332547.jpg






d0109373_2356344.jpg静岡市内の森下公園近くで、不定期に開店されているパンやドーナツのお店『chipakoya(チパコヤ)』さん。
人気のお品はみな完売でしたが、いい匂いがして思わず並んでしまいました。
















d0109373_031861.jpgすぐ側のベンチでいただきました。
2日連続でナポリタン(笑)
















安倍川上流の玉川地区に魅せられた有志の方々による『安倍奥の会』さん。
お茶の新芽のてんぷらやゴマたっぷりのカリントウ風揚げもの。
d0109373_043911.jpg







左は、お茶のてんぷら。初体験です。
県外の友人には、茶葉やワサビを使った料理の種類が豊富と思われているんですが、しぞーか県民といえども、めったに頂かないんですよ。
お塩が効いて美味しかったです。
右は、美味しそうな匂いにつられて自家製ハーブ入りソーセージ。
美味しかったです。
鷹匠の・・・店名は確か『アンドゥ』さんではなかったかと・・・

ふ~お腹いっぱいになってしまいました。
d0109373_0134490.jpgd0109373_015265.jpg 























d0109373_0271614.jpgちょうど、ご友人たちを見送られていた新郎新婦さん。

ストラップレスドレス姿の新婦さんに上着をかけてあげた優しい新郎さん。
ほのぼの


















d0109373_0362832.jpgそれから、探し物にあちこち回りまして。
喉が渇いたので、セノバの地下食品フロア、笑顔が爽やかな外国人スタッフさんのいらっしゃる『サニーデイ』さんで、グリーンスムージー。
小松菜・大葉・リンゴ・パイナップル。

時間が経って分離してしまいましたが、青臭みもまったくなくて美味しくいただきました。
効能は「解毒促進効果」ですって。

街角マルシェで、またまたちっちゃなお子さんから、イーッされたので
毒抜かなくちゃ、なので。












d0109373_047642.jpg







d0109373_0474115.jpg





スマホにもなんとか慣れてきまして、撮ってみました。
これはお昼頃に原地区辺りで撮ったピンボケ
d0109373_0482989.jpg





これは、新富士川橋から。・・・まあまあですかね。
容量が大きすぎてびっくり
d0109373_0491891.jpg

by august22moon | 2014-05-19 23:08 | おいしいもの | Comments(0)

光りと灯り

『JUNcobo bakery』さんへ。
絶品クロワッサンをと伺うも、着いたのが開店10分前でしたので、すでに10人ほどの行列。
あっという間に店内は身動きとれない混み合い。
なんとかゲットのクロワッサン、チョコチップパン、全粒くるみアンパン、シナモンロールと、手前はピザ。
オーナーさんおひとりでこんなに?と感心するほどの多くの種類と数のパンが開店時間に既に並んでいるのですが、開店10分もしないうちに9割は無くなっていました。
d0109373_23284159.jpg






皆さんが冷蔵庫に向かうのはなぜ?と圧倒されていましたら、『やどかり食堂』さんのデリが水曜・土曜と置かれるようになったんですね。
スープ、サラダ、マフィンサンドなど、あっという間に冷蔵庫の中身は無くなっていきました。
『やどかり食堂』さんのことは存じ上げなかったのですが、これは美味しいに違いないと、
『ロバギター』さんのオーナーさんのお言葉真似て「オ、オレも・・・」と、
なんとかお客さんの間をすり抜け、冷蔵庫の奥に残っていたキッシュをゲット。
d0109373_23373358.jpg






パンを味わいながら、まず向いますのは、携帯ショップ。
実は先日、ガラケーをスマホに機種変しましたんです。
私は特に必要ないと思っていたんですが、妹が仕事がらみで必要になったということで、どうせ使い方に悩むことになるから、一緒に悩んだほうがいいから一緒に買い換えようということになりました。
で、デザインに魅かれて分不相応な機種にしてしまったことが仇となりまして。
アナログおばさんふたり、もし今、仕事関係の電話やメールが着たらどうしような状態となってしまったのです。
友人に尋ねても解決せず、仕方なく再度ショップへ向かったのでした。
d0109373_23384165.jpg





若いひとはこんなことサクサクやっちゃうんでしょうねぇ
ああー喉渇いたー早くミルクテイー、ミルクティー飲みたいーと呟きながら
かなり時間かかって、ようやく設定完了。

『ロバギター』さんへもっと早く到着したかったのに、遅くなってしまいました。
相変わらずの盛況で駐車場がいっぱいでしたので、
近くの空き地で富士山を撮ったりして時間を潰しました。
眩しくてどう撮れてるか分からないままでしたので、寄っちゃってます。
d0109373_0259.jpg





因みに写真はまだデジカメです。
設定している間にバッテリー減ってしまいましたので温存。
d0109373_033278.jpg





妹はスマホで富士山撮っていて、偶然自分撮りの方法を発見(笑)
まだタップ慣れしてなくて連射・・・否、連写して大笑い。
はしゃぐオバサン2人の前で、お山の天辺は雲の中
d0109373_05286.jpg





ドアを開けて、清々しい季節を招き入れてらっしゃいました。
d0109373_06076.jpg





富士山が望めるお席に着きました。
温かみのある木のテーブルの、光と影が素敵です。
d0109373_0951100.jpg






d0109373_0101219.jpgいやはや、ようやく使えそうだねー
なんであんなに混乱しちゃったのか、お店のスタッフさん呆れてたかねー
と溜息つきながら・・・
















ホットスパイスミルクティーとバターリーミルクティーで
ようやく落ち着くのでありました。
d0109373_0122350.jpg






本日のスイーツから、ブログにUPされた「小豆祭り」の記事で、気になって仕方なかった「バニラアイスクリーム 小豆添えアフォガート」です。
コーヒーと小豆とアイスを一緒に頂くと、ほっぺがおちます。イタタタです。
美味しいですこと美味しいですこと。
d0109373_0155333.jpg






d0109373_0201981.jpg美しい光の窓辺で、久し振りの中沢新一氏の本読みながらも、結局ウトウトしだしてしまいます。
いかんいかん
どうも最近『ロバ』さんにいると、まったりし過ぎてしまいます。

ごちそうさまでした。
もっとゆっくりしていたいけれど、所用があるので













仕方なく重い腰を上げるのでありました。
d0109373_0443953.jpg






d0109373_0495923.jpg






d0109373_0515426.jpg


More
by august22moon | 2014-05-18 23:54 | おいしいもの | Comments(0)

風を薫らせるひと

五月晴れの日。日焼けしそうなほど。
d0109373_22261457.jpg





『weekend books』さんにて開催の「パンマルシェ2」へ。
前回はのんびり午後に着いたら、もうなにも残ってなくて。
行かれた方のブログを拝見したら、開店時間前には既に行列ができているではないですか。
これは早目に行かなくてはと向かったのですが、やっぱり既に行列。
なかなか、伺えない場所や限定営業のお店も参加されているので、大盛況です。
d0109373_2229392.jpg






d0109373_2313549.jpg三島市徳倉の『焼き菓子 tent』さん。




















d0109373_2353268.jpg







d0109373_23115419.jpg吉原本町にある『pain campanio』さん。




















d0109373_23101320.jpg







静岡市鷹匠の『breffee store』さん。
こちらも人気のお店で、以前店舗へ伺った時はほぼ完売だったのです。
ハード系とクロクムッシュ。

以上。今回はいろいろと買えました。
d0109373_23182728.jpgd0109373_23185385.jpg






















d0109373_23291898.jpg外のテントには三島の『ディレッタントカフェ・ワルツ』さん。

















キッシュラザニアと・・・
キノコたっぷりの「世界の終わりとハードボイルドワンダーランドの森のスープ」と
吉田篤弘著作「それからはスープのことばかり考えて暮らした」に掲載の「名なしのスープ」。
なんて素敵なんでしょ。
d0109373_232423.jpg








富士市で有機野菜・無農薬野菜を作ってらっしゃる『なないろ畑』さん。
美しいお野菜が並んでいます。
ホーローボウルにハーブや野の花のブーケ。なんて可愛い!
d0109373_2351997.jpgd0109373_2357393.jpg






















d0109373_23582177.jpgささ。いろいろ買えましたので、コーヒーをいただきましょう。
『鳥仙珈琲』さんです。




















d0109373_0105374.jpg『つきさむ』さんでもいただいたパナマフレンチと、暑かったのでアイスコーヒー。

その場でお湯から沸かしてじっくりと淹れてくださっています。
いい香りが初夏の風に乗って流れます。


















d0109373_010138.jpg一段落した店内を再び拝見して、もう1杯いただきます。

楽しい野外カフェです。
美味しいー














d0109373_21215124.jpg御殿場の『ロバギター』のオーナーさんもお手伝いにいらしてました。
5月の光を集めて
相変わらずカッコイイ、ハンサムさん。



















それからお寺さんへ。母の日ですんで。
スズランが満開でいい香りです。
d0109373_0213264.jpg





d0109373_027811.jpg






妹が珍しくこんなカラフルなチョイス。
d0109373_028381.jpg






d0109373_0304612.jpg






本堂の辺りからもいい香りがすると思いましたら・・・
夏ミカンの花がいっぱい。
d0109373_0295123.jpg





d0109373_0323215.jpg







こちらもほのかに、いい香り  
d0109373_0331595.jpg






この日は前夜マドリード・オープン準決勝の錦織vsフェレール戦を見ていました。
4人のセミファイナリストの中でスペイン人でないのは錦織選手だけ。
さすがに相手も2大会連続では負けないだろうと過りましたが、最終セット10回のタイブレークでも、負ける気がしなかったんですよね。
途中で、遂にメディカルタイムアウトを取り痛み止めを飲みながらの試合でも、マッサージ後は変らず調子良かったですから。
決勝で1セット目6ー2。2セット目も4-2なんて楽勝の展開で夢のようだーと歓喜していたのですが・・・
ナダル選手は、錦織選手がもう走れないことを悟って、厳しいボールは打たない配慮がありました。

もしマドリード大会は止めて1週間身体を休ませて、ローマ大会のほうを選んでいたら・・・
リストバンドはイエローではなくグリーンのままにしていれば・・・
なんて考えちゃうのでありました。

いやしかし。負けた挙句ではなくあれだけ見事なプレーをしての棄権なので、
悔しさも中くらいなり。 
d0109373_0335557.jpg





そして12日の代表発表。
・・・大久保選手と本田選手が並んだ画が想像できません。

d0109373_2228162.jpg

by august22moon | 2014-05-13 22:29 | おいしいもの | Comments(4)

「高原へいらっしゃい」

富士山が霞んで見える日。
と言っても、これはかなりピンボケ
d0109373_2150794.jpg






富士山をぐるりと回って宝永山も見えなくなり
d0109373_20355389.jpg






さらに回って、「大沢崩れ」がはっきり見えてきました。
地元からの見慣れた宝永噴火後や宝永山のある南側の稜線は優美な印象ですが、西側はずいぶんと勇壮な表情。
d0109373_20365425.jpg






d0109373_203869.jpg♪ まっかいの~まかいのぼくじょっ、というCMソングは子供の頃から耳にしているのですが、動物と触れ合えないものですから一度も入ったことのない、富士宮市朝霧高原にある「まかいの牧場」。
駐車場は満車状態。たいへんな人気です。















パラグライダースクールのフライトエリアもあったんですね。楽しそう
d0109373_20422655.jpg





車を止めて富士山撮影される方々がいました。
ちょっと車を降りて草原の風を受けてみるのでありました。

たくさんの鯉のぼりが挙げられているあたりが、朝霧ジャンボリーキャンプ場かゴルフ場でしょうか
d0109373_1443827.jpg







朝霧は牧場がいくつもある酪農地帯。
わー牛がいるよーなんてはしゃぎながら、草原の中を進んで
d0109373_20464769.jpg






到着しましたのは、山梨県に入ってすぐのところにある富士本栖湖リゾート「富士芝桜まつり会場」。

広い駐車場で車を停めましたが、見渡しても会場入り口らしきものが見えないので、皆さんが進む方へついて行きまして・・・無事、場内案内板が立っている入場料支払ブースに到着。
d0109373_20484066.jpg





林の中の、シートが敷かれて整備された通路を進んで行くと、突然目の前が開けてお花畑が現れる感じでした。
d0109373_20575614.jpg






d0109373_20595458.jpg






d0109373_210216.jpg薄曇りで時折陽射しが指す春先の陽気。
さすがに風もひんやりしています。
まだ4分咲きとのことですが、大勢の観光客さんで賑わっておりました。
















歩道橋のような形状の展望台からの眺め。これは満開時は壮観でしょうね
d0109373_216555.jpg






d0109373_22383111.jpg満開でないのは残念ですが、自然いっぱいの場所に来る機会もなかなかないので、さわやかな風に吹かれているだけでも気持ちよかったです。



















d0109373_2185418.jpg






d0109373_21171891.jpg





d0109373_21155925.jpgデモルフォセカやアネモネの花壇もありました。
アネモネ柄のテキスタイルみたいでかわいい。

さてさて、美味しそうなものもいろいろ売ってるみたいですので、フードコーナーへ・・・


More
by august22moon | 2014-05-08 23:33 | 季節 | Comments(2)

五月の青

スズランも満開な今日この頃。
d0109373_20273214.jpg





d0109373_20282350.jpg思い立って
箱根へ。


















d0109373_2036294.jpg20分ほどで芦ノ湖を見降ろせる峠付近に到着。
渋滞もなくスムースでした。
















d0109373_2036375.jpg





レンズの埃がお見苦しかったので解決方法を調べたら、レンズに掃除機のホースを当てて吸って除去してらっしゃる方がいらしたので、真似させていただいたんですが、取り切れていませんねぇ。
もう1回、「強」で長めにやってみます。
d0109373_2037221.jpg






d0109373_20381454.jpg






d0109373_20394082.jpg芦ノ湖畔に近付くと、たいへんな賑わい。
観光客で大混雑。

















d0109373_23133365.jpgとりあえずランチです。
箱根プリンスの「ル・トリアノン」へ。

車寄せ前の石楠花がみごとでした。
















既にホテル敷地内かと思いきやまだ路線バスも通る公道。
ホテルスタッフさんが50m位の間隔で立ってらして駐車場まで誘導してくださいました。
建物内でもレストラン入り口を迷っていたらスタッフさんがすかさず声掛けしてくださいます。
レストラン内のスタッフさんももちろん対応がスマートで、みなさん自然ないい笑顔なんですよね。
さすがですねぇ
d0109373_20471458.jpg






d0109373_20489100.jpg湖側からはこんな外観。
なぜこちら側を記念に撮らなかったんでしょ。

写真は観光サイトからお借りしました。













私はライトミールセットで。
スモールサラダと
d0109373_21172085.jpg





「ピンクカレー」
d0109373_21212065.jpg






見事なピンクはビーツでしょうか?
お味はもちろん、スパイスのきちんと効いた美味しいカレーでした。
ルーの具はエビやホタテ。
お野菜も瑞々しくてとっても美味しかったです。
d0109373_21235644.jpg





デザートは、さくらソース掛けのパンナコッタ
d0109373_21232679.jpg







こちらは「アコーディオンサンド」
いろんな種類のパンで美味しかったそうな
d0109373_21411852.jpg





d0109373_2259297.jpgなかなかコーヒーが来なくて、早くコーヒー飲みたいーやっと気付いてくれたー来たーと喜んでいたら、空のカップで。
ポットから注いでくださる形式で、大笑い。

たいへん美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

















芦ノ湖沿いを歩いてみます。風がとっても気持ちよかったです。
お散歩の方々もたくさんいました。
d0109373_2231961.jpg





ボートや観光船の波で妖しい軋み音を立てて揺れる桟橋。
d0109373_22524.jpg





d0109373_2264976.jpg






ボートに乗船されている4~5人の方々みんなで大きく手を振っていました。
d0109373_2262666.jpg





d0109373_22143373.jpg





桜がまだ少し残っていて
d0109373_2223487.jpg




その下にはタチツボスミレの群生。
『古都』みたいね。
d0109373_22241092.jpg






d0109373_2227897.jpg木立の下草の間に、淡い水色がきれいです。




















d0109373_222839100.jpg







d0109373_22292843.jpg


More
by august22moon | 2014-05-07 22:22 | 季節 | Comments(0)