桜色の雑記帳

august22.exblog.jp

出会った本、映画の感想。日々のこと。

<   2014年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

d0109373_0541595.jpg夏公開作が地元でようやく公開。
アメリカでは12年12月公開ですが日本での公開が1年以上遅れたのはやはり、シェールガス掘削が土壌に影響を与えるものであることがテーマとなっている点が問題となったようです。

今回久々に、共同名義ではあるけれど主演のマット・デイモンが脚本と制作を担当。
環境問題にも関心が深い彼らしい作品です。

マット演じるスティーブと気の合う同僚役で出演のフランシス・マクドーマンドとの軽妙なやりとりがユニーク。
AT車しか運転できないスティーブが、運転してみようとして駐車場から出るだけで何度もノッキング(?)しちゃうのを俯瞰で撮った場面なんて可笑しい。
住民説明会で反対意見を説く男性が高校の化学教師と知って安心してたら、実はMIT卒でボーイング社にいた工学博士。高校生に教える化学なんて彼にとっては趣味程度なんだとTV電話で本社から教えられた時は、びっくりして思わずカメラアングルから隠れたり。

ビッグプロジャクトを任され、なんとしても成功させると乗り込んだ地。
慣れた様子で地元のグロサリーストアで服を調達しバーで皆に奢り、村に溶け込もうとする。
契約に回る時、庭でおもちゃで遊んでる子供にわざと「あなたが地主さん?違うの?じゃなぜここで働いてるの?」と、好印象を得るためのマニュアルどおりの常套句を繰り返したり。
で、強かな部分もあるけれど、そこはマット演じる人物らしく、大金を手にできると分かって先に高級車買っちゃう住民男性に、大金がいかにひとを変えてしまうか目の当たりにして愕然としてしまう。
代金以上は要らないと釣銭を返す手造りレモネードを売る少女にも、真の豊かさと大切なものに気付づかされるんですね。
この女の子がまた毅然といい表情。

環境保護団体の妨害も会社側の策略だったと茫然自失で住民に打ち明けるんですが、この時、地元高校のバスケチームを応援する言葉(これもきっとマニュアル)を辛うじて最後に加えるとこなんて、切ない。
この一言の演出の為に、集会を高校の体育館でやって、大会が近いからもう練習させてと選手たちが入って来た場面がわざわざ挿入されていたのかと思えるほど。

大企業側の人間が、気付いてゆくというストーリーは平凡ですが、真相の露呈する瞬間や当惑し葛藤するマット・デイモンの表情は見応えがあります。
そうゆうのが似合ってる。
ニューヨークのトイレの水より不衛生な飲料水の地域もあるんだとハイテンションで論じながら、トイレの水でアイスバケツチャレンジするのより、似合ってる。

同僚スーを演じるフランシス・マクドーマンドが安定の巧さ。
ふたりの社員としての決定的な温度差が表されるところは巧妙でした。
少女の作るレモネードはすぐ買い、マイクナイトには上手くない歌を歌い、食事に呼ばれれば是非レシピを教えてとぬかりない立ち居振る舞い。
グロサリーストアの主人といち早く親しくなるんですが、それが計算のようにも本気のようにも見える。
本社へ帰る日にミントタブレット1個買いに来る。
つまり買うものなんてないのにわざわざお別れ言うために立ち寄ったんですね。
この男性も察して、「終わりなのか」と問う。
すると間髪入れずさらりと「終わりよ」と返しながらも、複雑な女心を垣間見せて秀逸。

ペンシルベニアの広大な土地が冒頭で延々と映されます。
その土地は、変えてはいけないと思わせる、これぞアメリカという美しさ。
住民にとっては、美しいだけでは生きていけないのだけれど。

ああ、どうか。アリスのところへ行っちゃうなんてラストは、マットのアイディアじゃありませんように。


映画
by august22moon | 2014-11-26 21:56 | 映画 | Comments(0)
雲はありませんでしたが、遠くは霞がかかってすっきりした晴天ではなかった日。
ちょっとお出かけしようということになりまして。

d0109373_2214512.jpgで、ランチを2日連続で『つきさむ』さん。




















11月のごはん。お豆腐フライ、すりごまがかかって唐辛子でちょっと引き締めたカボチャの煮物、ひじき・大豆・たまねぎ等のマリネ、グリーンサラダ・ゆでたまごと長いものサラダ。
d0109373_22171150.jpg





おいしいー
d0109373_22175470.jpg






セットのデザートのかぼちゃプリン。甘味が抑えられていて美味しいー
d0109373_2223017.jpg







d0109373_22215226.jpg本日のBGMはアリア。
優雅なランチタイム。

本日もたいへん美味しくいただきました。ごちそうさまでした。
















それから、清水区へ。
エスパルスドリームプラザを過ぎると
d0109373_22272967.jpg





正面にぼんやりと富士山が見えてきました。
d0109373_22313171.jpg





d0109373_22315574.jpg造成地に作られた臨時駐車場に車を停めまして。
松林に向かって行けばいいのかな?と、てくてく

松林に踏み入れると波の音が聞こえてきました。














三保の松原に到着です。

うーみ。とお龍さんみたいに呟いたりして。
波の音を聞くのも砂浜に出るのも何年ぶりなのか記憶にないくらい久し振りです。
d0109373_2238272.jpg





d0109373_22333366.jpg





観光客の方も多かったのですが、残念ながら富士山は霞んで頂上付近が微かに見える程度です。
d0109373_2242267.jpg





見えます?
たなびく雲の左上の辺りに、富士山の頂上付近。
前日だったらもっとくっきり見えたんでしょうけどねぇ。
d0109373_22443090.jpg





何と言っても遠いですからねぇ。世界遺産構成資産に最後まで入らなかった理由が「遠いよぉ」ですから。
本格的な冬になって、風のない穏やかな快晴の日に再訪いたしましょ。
d0109373_22462621.jpg




でも、海を見ているだけでも気持ちよかったです。
d0109373_22572652.jpg





♪ソーダ水のな~か~を~貨物船がとおおる~

清水港へ向かう貨物船。か、過積載気味じゃありません?ありませんよね。
d0109373_22531429.jpg





d0109373_22561789.jpg





d0109373_2304863.jpgシーグラスなんかないかなぁと、足元を気にしながら歩いていましたら

大理石みたいな模様の石や、富士山みたいな形のツートンカラーの石を見つけました。





















浜辺にある羽車神社。
砂浜を200mほど歩いただけで、なんか腰が・・・
d0109373_22505465.jpg





初代の松は宝永大噴火で消失したそうで、こちら朽ちてしまった二代目「羽衣の松」
d0109373_2343587.jpg




側にいらしたボランティアの方によりますと、この朽ちた樹齢650年を越える松の根元から若松が生えているそうです。
d0109373_2341640.jpg





20年前には薪能で「羽衣」も開催されていたんですって。
なんと素晴らしい。拝見してみたかったです。
d0109373_2363435.jpg





こちら三代目。
羽衣が掛けられそうに地面すれすれに伸びた、立派な枝ぶりです。
d0109373_2361861.jpg





d0109373_2372730.jpg海風も穏やかで、散策にも快適な日でした。

















d0109373_2311231.jpg(ロバギターさんではどんぐり3個でたんぽぽコーヒー1杯だけど
松ぼっくり3個じゃダメかなダメですよね)




















d0109373_2316816.jpgさてさて、瀬名へ戻りまして
再び『つきさむ』さんです。






















d0109373_23194873.jpgコーヒーを頂いて、ほ。

こちらには、漫画家でエッセイストの鈴木ともこさんが書かれた「山登りはじめました」という、著者の山登り体験談を漫画で描いた本があります。
初心者向けのHOW TO 本になっています。
雨が降って景色も楽しめないうえに合羽の色がお気に入りでなくてがっかりしながら歩いたり、用意したおやつが女友達の中で一番女子力低くて悔やんだり、少しづつ登山レベルを上げて遂に槍ヶ岳に登頂した時の感激とか、コーヒー飲みながらとても面白く読みました。
オーナーさんから「これ、結構勉強になるんですよ」。

確かに勉強になります。
いつ山越えする日が来るかわかりませんからね。
三点支持とかね。覚えときましょ











チーズケーキも頂いちゃいます。
しっとりしてとっても美味しかったです。ごちそうさまでした。
d0109373_23233347.jpg





タイトル : 能「羽衣」
シテ方「天の原 ふりさけ見れば 霞立つ 雲路まどいて 行方知らずも」

d0109373_0472246.jpg

by august22moon | 2014-11-24 22:12 | 出来事 | Comments(0)

灯りを迎える

長野を震源地とする6弱と5弱の地震。
ご被害も多く、お見舞い申し上げます。
地元は震度2。部屋の中に吊るしてあるオーナメントが揺れていて気付きました。
治まったと思ったら、それ以上に大きくオーナメントが廻り出し、薄布のカーテンも揺れて驚きましたが、身体にはあまり感じませんでした。

デビス杯。バブリンカ選手は勝ったけれど、フェデラー選手がモンフィス選手に負けるという、明らかに怪我の影響が気になる敗戦。
試合後、長く声を掛けていたバブリンカ選手がフェデラーの荷物を持ってあげての退場。
なんか泣けちゃう

翌日午後、錦織選手のエキシビマッチを見てからお出かけ。
雲もなくいいお天気です。
富士山には薄く雪がまぶされたよう。
d0109373_23472851.jpg





d0109373_23524750.jpg『つきさむ』さんで
遅いランチのような早目のお夕飯のような




















カレーはグリーンカレーから、キーマカレーに替わっていました。
やっほーです。
お野菜たっぷり。適度にスパイシーで、とっても美味しかったです。
d0109373_23542090.jpg





d0109373_235631.jpgセットのコーヒー。


こちらでは、フランスのラジオがBGM。
クラシック曲の合間のフランス語が店内の空気をさらに清しくさせるようです。


















d0109373_05610.jpg涸沢ヒュッテのグッズ。畦地梅太郎の手拭いが飾られていました。
大天井岳の小屋でお勤めの時に穂高まで行かれたんですね。




















d0109373_1181723.jpg11月の珈琲もいただきます。
今月はインドネシアマンデリン。スマトラ島アチェ産だそうです。
「チェリーとオレンジのような風味」とのこと。独特のすっきりした酸味が美味しかったです。

お腹いっぱいでしたが、メニューボードの「ガトータタン」の文字を見て、頂きたくなっちゃいました。













リンゴたっぷりで、とーっても美味しかったです。マンデリンとも合っていました。
しあわせ~
とっても美味しくいただきました。ごちそうさまでした。
d0109373_034719.jpg







あっという間に陽は暮れて
静岡市内の青葉公園では、なんかお祭り開催中。
クリスマスのイルミネーションがあちこちで点灯し始めると
もう年末は目の前だと示されているようです。
d0109373_0424838.jpg





今年は素敵な12月になるかな
去年はなぜあんなに穏やかに楽しく過ごせたのだったか・・・

もう憶えてない
d0109373_0563993.jpg






d0109373_0512315.jpg地震直後、職場から自動配信される安否確認の定型文メールに、明日は振替休日で公休なのに出社できるかという質問があった友人。
一応無事を知らせるため出社できると返したけれど。

もし連絡きたら?
「今日、会社休みます」。

by august22moon | 2014-11-23 00:10 | おいしいもの | Comments(0)

神8

実は、こうゆう試合があることをスカパーで錦織選手出場全試合が見られるようになった今年になって初めて知ったのでした。
ボルグ・マッケンロー時代からあったなんて・・・知らなかった。

こんなゴージャスな大会に日本人選手が堂々名を連ねる日がくるとは。
体操、水泳、フィギュアスケートと、世界のトップに君臨する日本人アスリートもいますが。
テニスでもその日が来たんですねぇ

ネーム入りのモエ。アルマーニのスーツに公式タイとチーフ。
各選手1台ずつ移動用にベンツ。
全てネーム入りのアメニティーグッズ。
ロッカールームドア一面に各選手の写真。
錦織選手のロッカールームの壁には日本語で「幸運を祈る」。
きっと各選手の母国語でGood Luck と書かれているんですね。
フェデラーには「Viel Erfolg」、ラオニッチには「bonne chance」でしょうか。
試合会場にはテムズ川をボートで渡って来るというのもまた素敵。
ホスピタリティーも素晴らしいですが、会場の雰囲気がまた素晴らしい。特別感満載。
スモークの中からの登場なんてかっこいいですこと。
チャレンジをコールすると映像が出るまで心拍音が流れてコート周囲のアドボードに心電図の波形が出るのは傑作。

8人しか立つことのできないコート。それは闘い抜いたご褒美みたいなもの。
そこで2勝も上げられただけで正直満足しちゃいました。
(まーたフェレール!?と思っちゃいましたけど、勝ってよかった)
初出場で準決勝進出は快挙。
ジョコビッチ戦の第3セットは6-0と、数字上は完敗ですが、内容的には決して一蹴されたわけではなかったですし。
それはジョコビッチ選手が試合後、レンズフィルターにサインできなかったのを見ても明白。
d0109373_23552920.jpg





来年は、マドリードで第1セット6-2 第2セット4-2 までリードし、あと2ゲームにまで追い詰めたナダル選手にリベンジですね。
(フェデラー選手以外、みんな20代ですがやはり日本人は若く見えますね。錦織選手この中にいると10代に見える・・・。ラオニッチ選手より1歳年上なのに)  
d0109373_235834100.jpg





フェデラーvsバブリンカ 戦は白熱した試合となりました。
秋に調子を崩していたバブリンカ選手が復活したようで、息詰まる展開。
途中、ミスジャッジを聞き逃して、ワンプレー後にカウントがおかしいと気付いたフェデラーが主審へ詰め寄ったり、バブリンカ選手が観客席に向かってなにか抗議しているようなところが映って、それを主審が「No,No,Stan,No」と注意するという、緊張が走る場面もありました。
どうやら抗議の相手はフェデラー陣営のそれもミルカさんへだったという報道もあって試合後も緊張が抜けませんでした。
試合中に感情的な発言をした選手は見たことがありますが、それだけ必死ということ。
今回特に後味の悪いものではなくてよかった。
この激闘のダメージからフェデラー選手が決勝をリタイヤしたのはなんとも残念、でした。

タイムの間にペットボトルのドリンクを飲んだ後、キャップを軽く2回ほど捻っただけでタオルの上にポーンと投げるの心配。
特にバブ。
ナダル選手みたいになんのおまじないか、足元に慎重に置くならともかく。
ちゃんと閉めたぁ?ぎゅーっと締めないとぉタオルぐっしょりってことにならないー?とおばさんは密かにハラハラですのよ
男らしくていいですけど

by august22moon | 2014-11-21 23:34 | スポーツ | Comments(0)
d0109373_23262646.jpg北朝鮮軍がアメリカ侵略?『半島を出よ』真似てる?と見始めましたら、84年ジョン・ミリアス監督の『若き勇者たち』のリメイク版でした。
12年公開作。

敵をソ連・キューバ連合軍から北朝鮮に替えての作品ですが、北朝鮮一国で全米を支配下に置いたという設定自体に無理がありましたね。
理解不能な行動に出る国ですから、さもありなんかもしれませんが、上陸前に返り討ちでしょう。
元の設定は中国だったところを、市場価値を鑑みて敵に回すのはマズイと変更させられたそうで。
なんか、北朝鮮軍のひとの口がセリフと合ってないように見えましたし、中国人っぽくないぞとは思ったのですが。そんなオトナの事情があったとは。
しかしどの国であっても全米を支配下におくことも無理でしょうね。
なんとか設定にリアリティーを構築しようという努力はなされていましたが。

全米に広げてしまったのがアダとなり、オールクリア前に中途半端で終わってしまいました。
それでも、立ちあがった若者たちが北朝鮮軍が占拠している警察署へ乗り込んでの攻防戦は迫力がありました。

反撃する若者たちの中に、『ハンガーゲーム』でピータを演じたジョシュ・ハッチャーソン。

by august22moon | 2014-11-18 23:25 | 映画 | Comments(0)

水辺の街

仕事で横浜へ行ったついでに、久し振りにみなとみらいへ行ってみました。
d0109373_2022488.jpg






国際女子マラソンの参加者の方々ともすれ違い
胃腸薬の大箱が5-6個入った袋を提げた中国人団体さんを追い越し
遠く赤レンガ倉庫を望むカップヌードルミュージアムで
d0109373_1184212.jpg





佐藤可士和氏の世界にはしゃいで
職場へのお土産や、やっぱりビニール製は非売品とのことで不織布製のバッグを買いまして。
小アジアな世界でチキンラーメンやフォー等をいただきました。
d0109373_2114448.jpg






テラスからの港の夜景が美しくてしばしうっとり。
風もなくそれほど寒くない夜でした。
d0109373_1119754.jpg





♪ 埠頭を渡る風を見たのは~
ベイブリッジもきれい
d0109373_210163.jpg





d0109373_2192758.jpg♪ ら、ら~ら
(イントロ部分のあーばちゃんのつもり)


















街の夜景も美しい時間になりました。
d0109373_2027351.jpg





観覧車も点灯され始めました。
街中に遊園地があるって素敵ですねぇ。
でもアグレッシブなコースターに乗ってる方たちの叫び声が凄いですが
それもまた街の彩り。
d0109373_20233619.jpg






クイーンズやマークイズでお買いもの。
途中、音楽に合わせて色が変わるツリーの点灯テストが行われていました。きれい
映画『デビクロくん』とのコラボなのか、台座のモニターでは予告編が上映されていました。
d0109373_2165880.jpg





お買いものして回った後は
ホーム近くのフロアにある「NEW YORK GRAND KITCHEN」でお夕飯。
吹き抜けの周囲は通路ですしすぐ横は地下鉄のホームですが、それらを凌ぐほど爆音でPOPSやらラップがかけられています。

食べたばかりなのにお腹すいてきちゃいまして。
あれが呼び水になったかもなどど言い訳して。
カルボナーラ、チキンと小松菜のペンネ、コブサラダをいただきました。
d0109373_21135414.jpg






d0109373_21152671.jpgシウマイ弁当も忘れずに。
駆け足でしたがたいへん愉しゅうございました。

by august22moon | 2014-11-17 22:02 | 出来事 | Comments(0)

秋に染まる

半月に寄り添った木星が大きく光って、街中でもオリオンを始め晩秋の星たちがきれいに見えました。
これから、星が一段と美しくみえる季節。
寒いけど。
d0109373_18373643.jpg






d0109373_18403491.jpg翌日は風もなくぽかぽか陽気。
ちょっと遅いランチは『蕎麦 宗』さんで。





















新蕎麦をいただきます。
汁がいままで以上に出汁を強く感じました。
d0109373_18415543.jpg








季節の野菜と桜エビのかき揚げも頂きました。
美しく透き通った黄色は、菊の花びら。
d0109373_1843278.jpg





d0109373_18444787.jpgたいへん美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

次に伺うのは、年越し蕎麦になっちゃうかなぁ

















d0109373_18461822.jpgそれから祥月命日のお参りに。

ぽかぽかでの~んびり















手も掛けられず咲いている小菊すら、秋をより一層やさしく長閑な季節にしてくれるような気がします。
d0109373_1852854.jpgd0109373_1852286.jpg






















d0109373_19402171.jpg三島大社へ立ち寄ってみました。

高校生が何人か、参拝に来ていました。
絵馬を奉納する姿もあって、合格祈願でしょうか。
志望校に受かるといいね。














d0109373_19423170.jpgご婚礼もありましたが、七五三詣りで賑わっていました。
舞殿ではちょうど祝詞があげられていました。

















d0109373_19444564.jpg







d0109373_19475554.jpgクツワムシなのかウマオイなのか
バッタさんもお参りです。

















d0109373_19585948.jpg







d0109373_2003114.jpg白滝公園へ続く舗道も秋色の花壇です。




















d0109373_2012266.jpg最近はドラマの撮影にも使われた桜川沿いの舗道。
よく知っている場所がドラマの舞台になると、背景ばかりが気になって内容が入ってきません(笑)
架空の街という設定なら、位置関係や方角がおかしかったりするのはお話しの流れに支障は無いのですが、時代考証よりもやけに気になったりしてしまいます。

ドラマを通して見ると見慣れた場所が違って見えて、なんだか不思議です。












d0109373_20104377.jpg通りすがりのヒッチコック


















ご近所の竹やぶ辺りがお宿なのか、夕方は喧しいのですが、最近では夜中にまでちゅんちゅんさわさわ賑やかな時があります。
d0109373_20115848.jpg







d0109373_2019183.jpg








d0109373_2019519.jpgムクドリですかね

by august22moon | 2014-11-15 21:32 | 季節 | Comments(0)

秋光る

よく晴れて陽射しは暖かいけれど、風がとても強かった日。
どうしても行きたくなって。再訪してしまいました。

小山町須走にあります、須走浅間神社。
東口本宮富士浅間神社でございます。
d0109373_2014256.jpg





先日伺った時はもう夕方でしたので、昼の光の中で拝見したくなってしまったのです。
昨晩から強風が吹き荒れて、今朝も寒風が吹いていました。
でもその強風も到着した頃には止んで、絶好のお参り日和となりました。
d0109373_2021695.jpg





紅葉に囲まれた「信しげの滝」
d0109373_20191216.jpg





午前中で、境内には参拝の方もなく、落ち葉をお掃除される方々だけ。
落ち葉を拭き集めるブロワのモーター音が木立に響き渡っていました。

前回ピンボケになってしまった吽形の狛犬さんもしっかり撮り直しまして。
d0109373_20104826.jpgd0109373_20154158.jpg




















隋神門前で一礼
d0109373_20123947.jpg






さすがに木立に囲まれた境内は空気がひんやり引き締まってします。
d0109373_2014148.jpg





d0109373_20271546.jpg





本殿の向こう、木立の間から富士山が望めたんですね。
夕刻では見えなかったですから、やはり昼間来てよかったです。
d0109373_2029168.jpg





d0109373_2030371.jpg





県指定天然記念物のハルニレの大きな落ち葉がいっぱいの「浅間の杜」を通って
d0109373_20315881.jpg





駐車場側へ回って、遮蔽物もなく望むことができる富士山。
ここは富士颪とでも言うような強風。
カメラが揺れます。
d0109373_20363122.jpg




白い月を添えて、雄大
d0109373_20345031.jpg





d0109373_20404291.jpg





d0109373_20412441.jpg






社務所で、絵馬とお守り。お守り袋の意匠が素敵です。
御朱印帳をいただこうかいつも迷ってはやめてしまうのですが、どうしようかしら
d0109373_23491582.jpgd0109373_23495923.jpg




















d0109373_20594692.jpg幼稚園のみなさんが参拝にいらっしゃいました。
絵馬を奉納に本殿前へ戻ると、みなさん神社の由来をお勉強中。
















d0109373_2104131.jpgそしてナムナム

お参りを終えて、仲良く手を繋ぎあって駐車場のほうへ向かわれましたが。
そっちは風が強いのに・・・だいじょぶかしらと見送っておりましたら
ちいさなお子さんに苦手とされがちなわたくしめ。
やはり、最後尾のお子さんが警戒気味に振り返り振り返り歩いて行かれました。
ごめんねー












静岡市内の浅間神社は荘厳で、富士宮市の浅間大社は静謐な神聖さがあります。
こちらの神社の周囲は民家が建ち並んではいますが、平日の午前中ということを鑑みても人気がまったく無く静かで長閑です。
紅葉祭にいたあの人たちはどちらから来たのかと不思議なほどです。

規模は小さいのですが、この空気の中にいつまでも居たいと思える、心安らぐお社でした。
d0109373_214324.jpg





また伺います。
d0109373_22343942.jpg






さて、御殿場駅前に戻って来まして。
イノガシラゴローさんみたいに駅前をウロウロしましたが、まだランチタイムには早く、唯一開いていたお店で解散総選挙のニュースを聞き流しながら、コロモがサクサクのカツ丼をペロリと平らげ・・・

午後に用事があるのですが、まだ少し時間の余裕があるので
d0109373_21302086.jpg




本日は夕方から開店(涙)の『ロバギター』さん前を通って。
(諦めが悪いわけではありませんのよ)

その先の空き地からの富士山を拝見。
d0109373_21415394.jpg





ここからの眺めもお見事なんです。
d0109373_22195620.jpg





そんなこんなで
ついでに地元から見た富士山。
d0109373_22234988.jpg

by august22moon | 2014-11-13 23:45 | 出来事 | Comments(0)
d0109373_220944.jpg警戒気味に行ってみたのですが、たいへん面白かったです。

原作はドストエフスキーの「二重人格」。
これは誤解釈で誤訳だからか、「分身」と改題されているものもあります。
今作の邦題は言い得て妙で良いのではないでしょうか。

原作のイメージを残してか、ロシア訛のように喋るひともいたり、地下鉄車内やダイナーやアパートの景色はロシアのような印象を受けました。
ゴリャートキンに当たるサイモン・ジェームズが勤務する社内の機器類が70年代位のSF映画に出てくるような可笑しみのあるデザインで、スピーカーやテレビも一昔前のレトロな品。
夜間や窓のない室内の場面だけで時代も場所も特定させず、不条理感を醸し出していました。
加えてなぜか坂本九さんの「上を向いて歩こう」やブルーコメッツの「ブルーシャトー」が大音量で流れるし、エンディングでは韓国語の歌が流れて、不思議感も満載。

サイモンを演じるジェシー・アイゼンバーグは、なにかといえば「I’m sorry」とオドオドしちゃう冴えない若者を好演。
(分身のジェームズは、アイゼンバーグお馴染みのマシンガントーク)
彼の恍けたような表情が活きました。
思いを寄せていたハナにピアスをプレゼントするのに迷わずTVを質入れする時や、ピアス買って廊下で小躍りする場面が新鮮に映ります。
ハナへと書いたカードが手書きでないのがこの青年の奥ゆかしさ。
会社内には妙な緊張感が漂ってるし、ダイナーのウェイトレスは失礼だし(もう行かなきゃいいのに)、母親は介護施設に入居してるという、気苦労の多い生活環境ですが、ハナがとてもナチュラルな女性に描かれているので、ザラついた低体温な夜の惑星に温か味を与えています。

サイモンのアイデンティティーがいとも簡単に崩れていく理不尽な出来事が警鐘的で、青年に降り掛かる不運をユーモラスに描いているので、観客置いてけぼりになりませんでした。
願望を具現化したような性格正反対で瓜二つの男が現れ脅威となって浸食されていくのですが、遂に反撃に出て最終的にどちらがサイモンなのか判然とさせないのは予想外で、面白い帰結でした。


地元の映画館では、「ミニシアターセレクション」と銘打った上映が始まりました。
なぜかシュワちゃん作品もあったりするので、ミニシアターの意味はいまひとつ分かりませんが。
『パークランド』は上映してくれないかしら。
wowowが提供に絡んでいるので放映を待ったほうが早いのかな?


映画
by august22moon | 2014-11-10 22:07 | 映画 | Comments(0)

清けし杜

午後も遅い時間でしたが、突然思い立ちまして
d0109373_0192281.jpg




小山町へ。
御殿場駅から2-30分で、富士山もこんなに近い。
d0109373_0204977.jpg





世界遺産・富士山とその構成資産のひとつである、富士山東口本宮・須走口登山道 冨士浅間神社に伺いました。

弘法大師がこちらで修行され富士登山をしたという伝承もあって、中世期頃までは弘法寺浅間宮とも呼ばれていたそうです。
d0109373_0233314.jpg





実は到着したのが、4時半を回っていたのです。
秋の日は釣瓶落とし。写真よりも実際は仄暗くなっておりました。
d0109373_027521.jpg





でも、境内が賑わっています。
なんと、この日は紅葉祭で、昼間は野点茶会も催されていたようです。
露店はまだ出ていて、抽選会では長蛇の列ができていました。
d0109373_0481055.jpg





神門前の狛犬がたいへん珍しい造り。
富士山に模した富士塚に立っているのも珍しいのですが、阿形のほうの狛犬は、「獅子の子落とし」の諺を倣っているそうです。
d0109373_0584629.jpgd0109373_0595115.jpg



















社殿でお参り。
d0109373_12243.jpg





中はとても美しい造りになっていました。
d0109373_132211.jpg





d0109373_162686.jpg






d0109373_181946.jpgおみくじには、とんぼ玉入りというのがありましたので、そちらを引いてみました。
私のおみくじは、いつもながらの小吉。でも黄色やピンクの小花柄のきれいなとんぼ玉が入ってたから良き運気といたしましょ。















d0109373_1104542.jpgふと振り向くと、いつの間にかお賽銭箱の上にカメラが置きっ放しになっているではありませんか。
それにしてもストラップも付いているのに、なぜお賽銭箱の上になんて置かれたのでしょう。
高価で大切な記録を残すためであろうカメラ。周囲には多くの人がいる状況で、これはいけませんねぇ。
と、暗に某国での出来事にも言及しております(笑)
参拝客の方が禰宜さんに、忘れものですと声をかけてらしたのでとりあえず安心。














d0109373_12837.jpg本殿横では、お餅つきをされていて、つき立てのお餅が振舞われていました。

「な~に~?」とギャグを飛ばしながら楽しそう。


















d0109373_1313650.jpgきな粉がかかったお餅を頂きました。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

仄暗い中でしたが、参拝してよかったです。
もっと早い時間にゆっくりお参りしたい神社でした。

折角ここまで来たのですし。まだラストオーダーに間に合う時間。『ロバギター』さんへ一目散!と向かったのですが・・・
残念、臨時休業でした。

by august22moon | 2014-11-09 23:15 | 出来事 | Comments(0)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22