出会った本、映画の感想。日々のこと。

by august22

<   2014年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

みそかの雨

昨日今日と風が強くて、玄関前お掃除に四苦八苦。
遅いランチに、年越し蕎麦をと出掛けたのに、ちょうどお昼営業が終了した時間。
ペコペコのお腹を抱えて、先にお寺さんへ。
お参りの方々がたくさん。
今年は千両も黄色にしてみました。
まだ風があってくるくる回っちゃって整いません。
d0109373_19161954.jpg




d0109373_19215480.jpgそれでも夜営業開始の6時まではまだまだなので、少し離れたところにある激安スーパーへ行ってお正月用非常食を買い出しに行って時間を潰してから、再度訪問。

















d0109373_19263045.jpg昼間伺った時に撮ったのですが、手造りっぽい正月飾りが素敵です。
オーナーさんが作られたのかお尋ねしようにも、毎回お忙しくて伺えません。

ウチにも作っていただけないかなぁ・・・


















もりそばを、大盛りでいただいちゃいました。
美味しっ
ごちそうさまでした。
d0109373_19294234.jpg






今年1年も拙いブログにお越しいただきまして、ありがとうございました。
d0109373_19312220.jpg





d0109373_1939578.jpgみなさまもどうぞ佳いお年をお迎えください。

夜になって、大晦日には珍しく雨が降ってきました。

by august22moon | 2014-12-31 19:51 | 季節 | Comments(0)
ご家族連れで映画館のロビーは大賑わいでした。
チケットカウンターの行列で、ふと振り向くとベビーカーに乗った5-6ヶ月の赤ちゃんがビスケットを食べる手を止めて私をじーっと見つめておいででした。
ちょっと怪訝な目元になってるぞこれはまずい。映画見る直前に泣かれたらまずいと、慌てて前に向き直るのでした。
チケット購入後、再び目が合ってしまうと、赤ちゃんはまだ私をじーっと見つめてらっしゃるので、小走りに立ち去るのでありました。

d0109373_13272.jpgそんなこんなで、今年最後の映画は『バンクーバーの朝日』です。
移民の子として差別された辛い日々に野球があったという感動的な史実をもとにしたお話しですが、野球の持つドラマ性もあって、とてもいい作品でした。
最後のヒットも事実なのでしょうか。ホームランやライナー性のヒットでないとこがお話しを甘くさせずよかったです。

予告編や紹介番組で見た池松壮亮くんが素晴らしい表情を見せていたので期待していましたが、繊細で雄弁な表情を見せてくれました。
ベルボーイとしてきびきびと笑顔で働いている様子。(ケピ帽姿がかわいい!)
宿泊客の荷物を運ぶのを手伝おうとして「汚い、触らないで」と拒絶された後の寂しさと虚しさを堪えた表情。
頭にグローブを乗せてシューズの紐を結びながら、野球ができることが嬉しくて嬉しくてというような笑顔。
立ち見の観客の中に飛び込んでキャッチしたボールを掴んで、周りに讃えられながら必死の表情のまま戻ってくる時なんて、もう秀逸です。
役柄自体はそう大きいものでないのが勿体ないのですが、台詞の無い時の表情は見逃せませんでした。
ほんとうに巧い。
日本へ渡って徴兵され、出陣式のニュース映像で偶然映ったヘルメット越しの眼の哀しさたるや・・・

亀梨和也さんは俳優としてとてもいい資質を持っていると思っているのですが、映画は初めて。
歌はほとんど知らないのですが、暗く寂しげな声の特にモノローグは絶品で好きです。
今作にはなくて残念。
孤高のピッチャーらしい、あの凍てついたような鋭い目がこの役に合っていました。
危険球についに怒りを爆発させたがために、リーグ戦に出場できなくなった時は、うつむいて座る背中と横顔だけだったのがよかったです。
この青年の絶望や悲しみの表情はいつも正面からはっきり映していません。
リーグに復帰できることになっても、病床の母の世話や過酷な漁師の仕事の中、唯一の生きがいを奪われ折れてしまった心を立て直せなくなってしまう。
網を直しながら「気持ちが続かない」の言葉は胸に刺さりました。
再びマウンドに立つ決意を表明した帰路、街灯の光も届かぬ塀に向かったまま表情は見せず。
堪えなくてはならないものの多さ重さに遂に感情が溢れて涙する、その溜息のような息づかいだけを聞かせ続けた場面は素晴らしかったです。
この青年はきっと、人前では辛い顔も見せず泣きごとなど言ったことなどないのだろうと思わせました。
ここで生まれ育ったのに住民からも政府からも異分子と蔑まれ、それに堪えるしかなかった人々の辛苦が凝縮された場面でした。

野球をしている時しか笑顔のない彼ら。
初勝利を挙げたのがまだ信じられず、みな呆然とベンチに戻ってくる姿。
朝日チームの快進撃に、だんだん夢中になるスコアボード係のふたりの変化。
日本人だからと奨学金を撤回された無念の妹が兄のチームへ託して贈る「Take me out to the bollgame」。
今生の別れになるであろうと分かっていて「また一緒に野球しよう」と言う前の一瞬の逡巡。
ひとびとの表情が心に残る作品でした。

ラストに、朝日チームに所属していた方を登場させていますが、遠くを見つめる穏やかな表情がとてもよかったです。
艱難辛苦の日々。そこに野球があってよかった。


映画
by august22moon | 2014-12-30 22:44 | 映画 | Comments(0)

「瀬をはやみ」

12月下旬になって、家電品闘争が続きまして。
アナログおばさんヘトヘトです。
加えて新たに問題発生いたしまして。後で大した問題ではないと分かったのですが、落ち着かない年の瀬になってしまいました。
おとなとして社会人として生きるのはこまごま大変。
しかし常識的問題として片付けていかなくては。こんなことで、ツイてないなんて溜息つかないように。
でもそれを言い訳に大掃除もできませんということにしております。
で、もろもろほったらかしのままの日曜日。所用でお出かけです。
d0109373_21353599.jpg




彩雲?みたいな。
d0109373_21423791.jpg





d0109373_2155185.jpgで、『つきさむ』さんです。




















かなり早目のお夕飯にナポリタンをお願いしました。
もしフード類ももうお休みだったら、ラオウ似のオーナーさんがかっこいい、ラーメン屋さんのほうの『月さむ』さんにしようと考えていましたが、よかったです。
小皿のスパイス入り酢大豆が美味しいのですが、最近またお豆さんアレルギーが絶賛活躍中なので、残念ながら2粒だけ頂いてあげちゃいました。
d0109373_21493697.jpg






d0109373_22274162.jpgコーヒーもいただきまして。
ごちそうさまでした。





















d0109373_22212640.jpg「行動食」の栗とラム酒のケーキもいただいて夜食に。
底の部分にラム酒たっぷり染み込んでいました。
『ロバ』さんもですが、お酒の強いオーナーさんの作るケーキはお酒がきりりと効いていて男らしい。

年の瀬のごあいさつもして、また来年。


用事を済ませてから賑わう街で、お気に入りのカレンダーを買ったり、お節を下見したり、お気に入りショップのSALEをチェックしたり。
お節は小さいセットがどちらにもなくて、困ってしまいました。
伊達巻と栗きんとんは要らないんですのよ・・・






d0109373_234869.jpgおかわりコーヒーの傍らは、頂き物のブラックサンダー。
これわたくし初体験でしたの。
台湾で爆発的人気とか内村選手が五輪最中におかあさんから差し入れて貰うほど好きとか存じておりましたが。



タイトル : 崇徳院
by august22moon | 2014-12-29 23:15 | おいしいもの | Comments(0)

年の瀬ランチ

d0109373_15412831.jpg先日のこと。
お天気もよく、年末恒例の箱根へ行ってまいりました。
















d0109373_15424075.jpg「箱根西麓・三島大吊橋」なるものが建設中とは存じませんで。
27年開業予定で、お土産屋さんなどできて観光地となるそうです。
びっくりーと通過し。

今回初めて、国1の右側に建つ六道地蔵を知りました。
通過した車窓から覆堂をちらっと見ただけですが。
ちょうどお参りされている方もいました。












芦ノ湖が見えてきました。
昨年は雪が降ったあとだったので、日陰の路面は凍結こそしていませんでしたがひやひやでした。
今年はここ数日暖かかったこともあり、雪の跡もなく順調。
d0109373_15472563.jpg







d0109373_15482499.jpg





芦ノ湖畔の往路ゴール地点に到着。
d0109373_1548468.jpg





d0109373_23213364.jpg





記念撮影の後、ゴールした姿で撮ってみたのに、左の私はシャッタータイミング合わず、ただの立ってるおばさん。
果たしてここに最初に到着するのは駒大なのでしょうか。
d0109373_15552119.jpgd0109373_15544981.jpg











寄木細工のお土産屋さんで、キーホルダーと干支の羊の置き上がりこぼし。
駐車場には、第3東京市専用自動販売機なるものもございました。
d0109373_163206.jpgd0109373_15591463.jpg






















d0109373_1653253.jpg蒲田の踏切を通過。
上下線通過でちょっと渋滞っぽいですが順調に進みました。

宮の下へ着くまで、例年になく多くのランナーさんとすれ違いました。
みなさん5区の難関山越えを体験してらっしゃるのですね。
歩くのも大変なこのコースをみなさんちゃんと走ってらして、凄いなぁとつくづく感心。














d0109373_1671433.jpg箱根富士屋ホテルに到着です。
こちらのグリル「ウィステリア」さんでランチです。





















d0109373_1619262.jpg窓際のお席でした。


















風味が強いコンソメスープ。
d0109373_16182481.jpg





迷ってやっぱりビーフカレー。
以前はバターの強さを感じたのですが、今回はそうでもなく。
ライスも前回は多いと思ったのですが、今回はそうでもなく。
とっても美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

お断りしてから記念の写真を撮らせていただいているのですが、つけあわせのラッキョやチャツネのケースの蓋に私が写り込んで恐いから避けてと言われた矢先。
お隣りのテーブルのお客さんのカメラアングルにどうしても私が入りそうなので、「リング」みたいに写るように頭降ってみようかとダークサイドが現れるのでありました。しませんけどね。
d0109373_1618628.jpg





d0109373_16394990.jpgロビーはチェックインの宿泊客で賑やかでした。もう今から年末年始をこちらの過ごされるのでしょうか。

食後は「オーキッド」。
今回は待たずにお席に着けました。















コーヒーとラテ。
d0109373_1641825.jpg




モンブランと
d0109373_1784837.jpg




アップルパイは温めていただきました。
どちらもシナモンが効いているのですが、ニッキと呼ぶのが相応しいほどスパイシーでした。
昔、家の庭にあった「にっきの木」を思い出させます。
パイ生地もりんごの歯応えも独特。
美味しかったです。
d0109373_16515474.jpg





d0109373_16564964.jpg





ちょっと寒いのですが、花御殿前で写真撮っていただいたり
d0109373_16572495.jpg





避雷針の龍に驚いて、帰ってまいりました。
d0109373_16583651.jpg





駅伝の撮影車が試走中。地元の方によると何度も通ったそうで、入念な準備がされるんですね。
しかもすごい装備。日テレさんの本気感じますねぇ
d0109373_16595654.jpgd0109373_1704263.jpg



















それから、箱根神社へお参り。
d0109373_17132762.jpg







師走の大祓の茅の輪。
罪穢れが少しなりとも祓えますよう茅の輪を八の字に潜ってまいりました。
d0109373_17134398.jpg






前回はカップルさんで長蛇の列だった九頭龍神社新宮へもお参り。
さまざまなご縁がございますように。
d0109373_17202536.jpg





d0109373_1724057.jpg御朱印もいただきました。
こちらは巫女さんの美しい筆です。


















d0109373_1722303.jpgお守りもいただいてきました。





















帰りは湖尻→仙石原を通ったのですが、湖尻方面はラグジュアリーリゾートの趣き。
ホテル以外なにもないように見えますが、静かな湖畔でのステイを好まれる方が多いんでしょうね。
きっとカッコウがもう起きちゃいかがと鳴いたりするんですな。

コンビニの看板も茶色で落ち着いた色合いになっていました。
d0109373_17261445.jpg





乙女峠からの富士山。
通り過ぎてからあそこがビューポイントだったんだっと慌ててUターンできる場所から引き返すと、後にも2台の車が続きました。
d0109373_17391845.jpg







d0109373_1742131.jpg





光学8倍ズームをやたら試したがるおばさん。
d0109373_1742213.jpg





d0109373_17435271.jpg御殿場市街の灯りが見えてきました。
ロバさーーーん!開いててーーー!

















d0109373_17454316.jpg『ロバギター』さんに到着。
この日は年内営業最終日なのです。
よかった~間に合いました~

この灯りの色がまたホッとさせてくださるんですよね
















今年最後のホットスパイスミルクティーとバターリーミルクティーを味わって、落ち着きます。
とっても美味しかったです。ごちそうさまでした。
d0109373_1746517.jpg





その後、調子の悪いPCのご相談に家電量販店さんへ。
どうやら筆王が破損してしまったようで使えないので買おうとしたのですが、それ以前に解決しなくてはならない問題があると教えられ、とりあえずの解決方法を教えていただき、強く買い換えを薦めもされない良心的なスタッフさんに、買い換える時は是非ご担当くださいとお礼を述べるだけで帰るのでした。
翌日なんとか正常に起動し、まずは一安心なのでありました。
(しつこくズームの限界を試したがるおばさん)
d0109373_17501064.jpg

by august22moon | 2014-12-29 21:30 | おいしいもの | Comments(0)
d0109373_1383537.jpgさすがフィンチャー作品だけあって、期待にたがわぬ傑作でした。

強烈な妻に比べればいかにも頼りなげにみえるベン・アフレック。
『アルゴ』の次になにをするか注目されるところ、彼の風貌とその印象を活かした役柄を選択するとは。

ボニー巡査部長役のキム・ディケンズにしても、コーヒーカップ片手に現場に乗り込む姿など颯爽とした女性を好演。
この女性なら最終的には真実を暴き出せるのだろうと想像させます。

ニックの妹、エイミーの母親と、登場する女性がみな芯が強く逞しく描かれています。
だから夫ニックにしてもエイミーの父親にしてもどこか影が薄くみえちゃうという描かれ方。
近年の日本でも問題視されている「印象操作」というのが本作のテーマとなっていて、クレバーな妻はこれを利用し、不器用な夫はこれにのまれ翻弄されてしまうという対比が面白かったです。

まずロザムンド・パイクのキャスティング成功ありきで、この演技は高評価されるのでしょうね。
とくに美しさが際立っているわけでもないのですが、あの光のない目がサイコパスには効果的。
幼い頃から抑圧されてきた自我があり、それが唯一自分を曝け出せる相手だった夫に裏切られたのをきっかけに爆発するという背景でエイミーの悲劇を表しています。
しかしそこまでの執念はどこからくるのだろう。
相手に復讐するための完全犯罪への異常なる情熱が、彼女の生きるよすがみたい。
血痕を残すために、自分の血を採血しタッパーに溜まる間、読書してるなんていうのは序の口で。
計画が意外なところで破綻してしまったがためのリカバリーが、逆にさらにエイミーのサイコパスぶりを覚醒させてしまい、復讐を完結させる好機に切り替えてしまうのが、あまりに壮絶。

しかし、お金を奪われないでいたら、当初の計画はどうだったのか。実はデジー殺害も計画にあったのか。
明晰な人間なら、計画通りにいかなかった場合も考慮してあるはずだし。
カレンダーには死ぬ日までが記されていたけれど、これは自分が死ぬ日ではなくて、誰かのだったのかも。
自分が死んだら、仕上げが見られないですものね。

冒頭の薄い朝の光、室内の逆光、褪せた色合いなど、フィンチャー作品らしい映像が印象的でした。


映画
by august22moon | 2014-12-28 00:08 | 映画 | Comments(0)
d0109373_033756.jpg友人に、新調したコンデジが使えないのぉと泣きつきましたら
あっさり問題解決。
初ショットは『ロバギター』さんで昨年購入したハニカムシートのゆきだるまくんと葉っぱのリース。

しかし今度は「筆王」が起動しなくて、やっぱりヤレヤレな年の瀬です。















d0109373_0421679.jpg神社へお参りしてはありがたいなぁと感謝し、キリスト様のお誕生日だというだけでケーキ食べたりお部屋飾ってみたり
おかしなものですが
さっぶい冬を少しでも楽しめるなら
なんでもありかな、と

きれいなイルミネーションのお宅を拝見していたら、自治会広報のアナウンスが夜のしじまに響き渡りました。
ご近所の方の訃報でした。

さまざまなそれぞれの夜










最近はサンタさんを信じるお子さんは多いのでしょうか。
私は、信じていた記憶はありませんので、プレゼントをお願いした記憶もありません。
最近のパパさんママさんはたいへんですねぇ

幼稚園の頃、既に寝ていたところを母の声で起こされて目を開けたら、カラフルな豆電球が光るちいさなクリスマスツリーが目の前にありました。
深夜に仕事から帰ってきた父が買ってきたものでした。
点滅する光の向こうに両親の笑顔があったのも憶えています。
あれから、いくつもの美しいクリスマスや楽しいクリスマスを過ごしましたが、
寝ぼけ眼で見たあのちいさなツリーが、今もクリスマスの一番美しい記憶です。
d0109373_12211.jpg






どたばたと唐揚げやら、なんだかやけに緑緑しいパスタでお夕飯。
d0109373_0415010.jpg





ケーキは、お客さんが店外まで溢れた『シェ・イリエ』さんへ飛び込みで購入したタルト。
一番小さいのがこれくらいだったのですが、とっても美味しかったです。
年に1度の闘争を笑顔で戦い抜くスタッフさんたち。明日もがんばってください。

ケーキとともに、『鳥仙珈琲』さんのコーヒーノエルブレンド。
クリスマスっぽく過ごすのでありました。
d0109373_0584676.jpg







d0109373_1876.jpgみなさまも美しいクリスマスを


タイトル : 「いつかのメリークリスマス」 
by august22moon | 2014-12-25 00:22 | 季節 | Comments(0)

Astral

北の方ばかりに雲が纏わりついたお天気の日。
d0109373_22305680.jpg






小山町の冨士浅間神社へ。
妹が前回行った時は夕刻だったので、昼間に行って御朱印もいただきたいとのことで向いました。
(西側の駐車場から)
d0109373_2344033.jpg





d0109373_22475150.jpg




鎌倉往還を通って一の鳥居へ
d0109373_22501442.jpgd0109373_2251260.jpg




















d0109373_22571860.jpg





d0109373_22582790.jpg





さすがにひんやり
d0109373_2259146.jpg





ちょうど他に参拝の方もいらっしゃらなかったのでゆっくりナムナム
d0109373_230319.jpg




この日も本堂の屋根越しに富士山が見えましたが、写真だと見えませんねぇ
d0109373_2315667.jpg




社務所へ。
妹はお守りや干支の土鈴などを選び、御朱印をしるして頂きました。
この日は天皇誕生日。天長祭と記されています。

私は4回目で、御朱印をいただくのも2回目。すっかり御朱印ガールならぬ御朱印おばさんです。
しかし、伺えたことを記していただくのはありがたい気持ちになります。
d0109373_2333463.jpg





d0109373_23323797.jpgd0109373_23333867.jpg




















d0109373_2339326.jpg改めてお御籤を引きましたら、大吉でした。




















駐車場の端にある横断歩道へ登ってみました。
この先の道の駅まで続いている遊歩道です。
d0109373_23413157.jpg




どう写っているのか分からないくらい太陽が眩しかったのですが
d0109373_2350445.jpg





なんとか写ってました。
d0109373_23501478.jpg





d0109373_23522825.jpgシャッターをお願いされたので写させていただいたのですが、やはり陽射しが眩しくて画面がまったく見えなくて困ってしまいました。
しかも「年賀状に・・・」の呟きに緊張。
そ、そんな大切な写真を任されるとは!
でもOKをいただけてホッ。
はぁ~緊張した~














さて。お茶です、お茶。
d0109373_014234.jpg





d0109373_054637.jpg『ロバギター』さんです。





















いつものホットスパイスミルクティーとバターリーミルクティー
そしてプレーンワッフルをシェア
d0109373_0133837.jpgd0109373_0135692.jpg




















芳ばしくて幸せな香り
美味しいからって大口開けて頬張っちゃいかんぞと言い聞かせながら

先日もTVで、ポルトガルの居酒屋さんの常連のおじさまたちが料理を小さく切って頂いているのを見ては、ほら海外では普通の人々でもこうなのよと痛感したばかり。
小さく切ってじっくり味わうのでありました。
d0109373_0153054.jpg





d0109373_02605.jpg焼き上がったばかりのベーコン入り酵母スコーンもいただきたいからシェアすることにしたのに、やっぱり2枚いただきたかったなぁ・・・なんてちょっと後悔するのでありました。




















芳ばしくて、ベーコンの塩加減が楽し美味しいスコーン。
メープルがとても合いました。
これあと3個くらいいただいてお夕飯としたいくらいでした
d0109373_0293449.jpg





d0109373_11232.jpgおかわりもいただいて。

至福の時間なのでした。

ごちそうさまでした。
とっても美味しかったです。

















d0109373_117037.jpgこの日のBGMは、ヴァン・モリソン。
恥ずかしながら存じませんで、一瞬、ジム・モリソンと聞き間違えちゃって。
ゼムというバンドのヴォーカルだったことも教えて頂きました。
侘しくは無いけれど、どこか心に重荷を背負った男が独り広野を渡ってゆくのが浮かぶような曲ばかりでした。
帰宅後調べたらベルファスト出身だとか。
そんな背景も滲む声でした。

こんなおとなの音楽もお好きだなんて
オーナーさんやっぱり、かっこいいなぁ











d0109373_120798.jpg北西の山なみのすぐ上には、冬の星座の先陣を切ってくっきりと金星。

by august22moon | 2014-12-23 23:29 | 出来事 | Comments(0)

甘かった夜

d0109373_2363748.jpgオーダーストップぎりぎりの時間に『weekend books』さんへ飛び込んで


















d0109373_2391716.jpgまるでターシャ・テューダーみたいなクリスマスの飾り付けに見惚れながら、美味しいコーヒーを味わって。
面白そうな本にも出会って。
















珍しいお花も扱っていて外観もおしゃれな『ジヴェルニー』さんで、遅まきながらリースを購入。
d0109373_1331198.jpg





さすがにもう1個しか残っていませんでしたが、ドライタイプなので、毎年飾れます。
ちゃんと手が込んでいるのにかなりリーズナブル。
d0109373_1341475.jpg






d0109373_1351111.jpgそして今年も 『irodori』 さんのシュトーレンをいただいて。
クリスマスといっても仕事なので、お夕飯の後にケーキ食べるくらいですが、なんとなく季節のお楽しみを味わってみるのであります。
















今年はちゃんと薄く切りますが、クリスマスまではもちそうにありません。
『鳥仙珈琲』さんのコーヒーも淹れて。
黄色いマグのほうはノエルブレンド。妙に渋い柄のマグにいれたのはヒュッテブレンドです。
豆は同じでもプロのように美味しく淹れられないのでありました。
d0109373_0483373.jpg






d0109373_0522814.jpgなんてのんびりした話をしておりますが。
心境はどん底です。今年最後にがっかりな事態を巻き起こしてしまいました。
購入4年目のコンデジがそろそろ怪しくなってまいりまして。
ONにした後、動画とパノラマをチカチカ行ったり来たりして静止画撮影に直ぐに定まらなくなりまして。
新調しようと量販店さんへ行ったんです。
それほど高機能を必要としないので、使いやすさ重視で探しました。
ところがアナログおばさん、便利と利用可能条件を踏み間違えまして。
買ったはいいけど、PCに繋がらないっ。
我が家のPCはまだvista。WI-FIで繋がるのが7か8だと取説にあるじゃありませんか。
もう絶望的。そこそこのお値段のを買ったのに。
スマホにも繋がらない・・・むー、ですわもう。
買い直すか。将来PC買い換えるまでお蔵入りとするしかないか。
数年ほったらかしにしても大丈夫なんでしょうか。コンデジって。
調子の悪いのをなんとか誤魔化しつつ今のカメラを使うか。
お高い勉強代となってしまいました。むー
返品や交換なんてできないよね、と口にするのも無駄なこと呟く夜です。

by august22moon | 2014-12-22 22:45 | おいしいもの | Comments(0)
前日からの強風がようやく治まって、寒いけれどいいお天気の一日。
d0109373_2242387.jpg





来年のカレンダーやお歳暮が取引先から送られてきたり、次にお会いするのは来年になる方と年末のご挨拶をしたりと、いよいよ年末らしくなってきました。
d0109373_2265459.jpg






d0109373_22144216.jpg新年に持ち越したくない仕事もなんとか片付きそうで。
まだ1週間あるのか1週間しかないのか「ぼんやりとした不安」に駆られながらも1週間で結果を出したかった案件も、目処が立ち一安心。

お歳暮として頂いた、ふんわり柔らかな「うさぎや」さんのどら焼きが本日のおやつ。
この日は他にも、ちょっと手助けしただけなのに、そのお礼にとチョコレートを頂くという思わぬ嬉しい出来事もありました。
















今月初めに見つかった円形脱毛症も、あまり大きく広がらず埋まってきまして。

さらに今日は別の方から、干支の駒まで頂いてしまい
お正月が迎えられるんだよと言われたようで

感謝感謝の一日。

d0109373_22505341.jpg




タイトル : 宮沢賢治 「ひとひははかなくことばをくだし」
by august22moon | 2014-12-18 23:49 | 季節 | Comments(0)

15の夜

先日の妹の誕生日に贈った『ジヴェルニー』さんで作っていただいたアレンジメント。
リンゴがぴかぴかで美味しそうです。
知らない花材ばかりなので伺ってくればよかったなぁ
d0109373_22234998.jpg





d0109373_2226156.jpgちょうどクリスマス用にリースを作られていました。
お店の看板にも、枝ぶりを活かしたナチュラルなリースが。
次回改めて買いに行かなくちゃ


















d0109373_22293652.jpgで、ケーキは『シェ・イリエ』さんで。
仕事帰りに寄れるお店がここしかなかったのですが、なかなかの飲み物っぷりで、ぺろりでございました。



















こちらは友人から贈られたお花。
箱を開けた瞬間、すごくいい香りが立ち上るようでしたが、薔薇の香りかなぁ、右の白いお花のかなぁ
d0109373_23161971.jpg







さて。風もなく気持ちよく晴れた日。母の命日のお参りにいきました。
先日、来年の17回忌のお知らせがお寺さんから送られて来ました。
まったく光陰弾丸のごとしですわ。
(デジカメ忘れちゃったので以下スマホで撮りました)
d0109373_22424827.jpg






時期的に供花にできる花が少なくて、2軒回って揃えました。
ガーベラは一重のが好きだったのですが、昨今はお花屋さんでは扱ってないんですよね。
香りのいいお花も好きだったのでフリージアがあってよかったです。
d0109373_22564011.jpg







d0109373_2343865.jpg左のタイトに活けられたほうが妹で、右の広がったほうが私。
性格の違いですねぇ

















d0109373_2320599.jpg





d0109373_2328295.jpg夜は久し振りの『ビアリッツカフェ』さん。




















妹は車なのでノンアルで献杯。
でも不思議なもので「酔っちゃったような気がする~」
d0109373_23294512.jpgd0109373_23373798.jpg




















d0109373_23302915.jpgツナが入ったアボカドディップが美味しい♪


















生ハムと生マッシュルームが乗った、きのこやジャガイモたっぷりのオムレツ。
d0109373_23314853.jpg





おまかせパスタ。
ふっくらムール貝が美味しいー
お通しのクラッカーでお腹が膨れて、満腹満腹。
ごちそうさまでした。とっても美味しかったです。
改めて忘年会でたーっぷりワインを楽しみたいと思います。
d0109373_23333019.jpg






あの日の夜、病院の喫煙所で何時間ぶりかにのんだタバコの残酷な美味しさを
忘れぬようにタバコに火をつける15回目の夜8時。

d0109373_131242.jpg

by august22moon | 2014-12-17 00:04 | おいしいもの | Comments(0)