<   2015年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

5月の終わり

6月になるとなぜか必ず目にものもらいが出来る妹。
そろそろかねーと笑っていましたら、2日早くできてしまいました。

毎年見事な濃い色に咲くあじさいは満開までもう少し。
d0109373_015133.jpg





d0109373_0175920.jpgさて。「第8回静岡おまちバル」の日でしたので、早目のお夕飯代わりに数件寄ってみようということになり、当日券1枚購入して、ふたりで2軒プラスおみやげバル1軒で利用することにしました。


















d0109373_09741.jpg最初は、七間町の『スノドカフェ』さん。


















オサレなカフェです。オーナーさんの声が美声です。素敵です。
d0109373_0105182.jpg






d0109373_0121719.jpgトッピングにチョコレートソースのマフィンと、コーヒー

















d0109373_0272618.jpgサラダ、コロッケ、桜エビとズッキーニのタパス。白ワイン。
とっても美味しかったです。ごちそうさまでした。
帰り際にオーナーさんが「バルを楽しんでくださいね~」と声をかけてくださいました。
















d0109373_0294584.jpgもう1軒は『割烹 三日月』さんにしてみました。

割烹料理店さんは行く機会もあまりないので選んだのですが、どちらかというと居酒屋さんに近い。

お料理は細長い平皿に盛られた、お豆腐とその上に乗った1/8カットのピータン、おから、まぐろのお刺身二切れでした。
後からいらした2人組のお客さんには「おふたりさまには別々の料理をお出ししています」と仰っていましたが、我々は同じお料理でした。
ビールとウーロン茶でいただきました。
お料理の写真を撮らせて頂いてよいですかと伺いましたら「やめてください」とのことでした。












d0109373_031563.jpg最後の1枚はおみやげバル。
鷹匠のシュークリーム専門店『シューハウス エクレール』さんで、シュークリームセット9個入りをいただきました。

















d0109373_0431658.jpgシンプルですが、クリームはしっかり濃厚。とっても美味しかったです。
(補って余りある~・笑)















私は興味がないのですが、最近流行りなんですよね「フチ子さん」
こんな展示スペースが設けられていました。
いろんな種類があるんですねぇ。
とりあえず、おめでたいニュースの方を撮ってみました。

d0109373_043432.jpgd0109373_0435886.jpg
by august22moon | 2015-05-31 22:10 | おいしいもの | Comments(0)

「コレクションは必要を超える」

今年上期の「市民公開講座」。テーマは「世界の中の日本経済 ~資本主義の終焉か日本の衰退か~」
第1回は「資本主義の終焉」
案内が送られて来た時に、これは無理と聴講するつもりはなかったのですが、友人に誘われて行ってみました。
講師は日本大学教授で内閣官房内閣審議官も勤められたエコノミストの水野和夫氏。

とてもわかりやすくお話ししてくださるのですが・・・
この図
d0109373_1263127.jpg




・・・ぜんぜん分からず!(ムロツヨシ氏演じる聖徳太子が同時に数人から話しかけられた時のセリフ)

なんたってエラスムスも知らなかったんですから。
しかし話題が多岐に渡っていて
「オバマは世界警察とならないと言い、(仲裁役として空飛ぶオランダ人と呼ばれた)エラスムスにはならなかった」。
「コンビニは他社から100m離れて建てるという紳士協定も崩れてきて、10m先に出来始めた」
「自動運転技術は既に完成している。事故の時の責任問題があり市場に出ない」
「投下資本は増え続ける」
「97年以降利子率(10年国債利回り)が2%以下。利子率ゼロでも充分やっていける社会になった」
「西欧史は蒐集(コレクション)の歴史」
「大英博物館の中には世界帝国が出来ている。世界帝国とミュージアムは同義語」
「金利の低い国は世界で6ヶ国しかない。日本はもっとも低い」

聴講者からの質問で、「先生が首相になったらまずなにをされたいか」というのがありました。
語調も穏やかな先生で、ちょっと恥ずかしそうに苦笑しながら「それはありえないことですが」と前置きされながらも、「先ず、成長戦略の禁止」ときっぱり。
そして「大学を東京から追放する」。今後の震災に備えて「集中させるのはよくない」。
「教育しか投資はない」。

コペルニクスからホーキンス博士、スーザン・ソンタグまで登場し、予想外に面白かったです。
要望の多かったテーマとのことで、聴講される方も多く、先生のジョークを交えたお話しに笑いが起こったり大いに頷かれる方が多くて反応もよく、終わった後もお話しを伺う方もいて活気ある講座でした。
会場を出た後も数名の男性がアベノミクスの話で盛り上がる盛りあがる。


タイトル : スーザン・ソンタグ
d0109373_1534831.jpg

by august22moon | 2015-05-29 22:11 | 出来事 | Comments(0)

便り

(ブログタイトルの一部を漢字に変更してみました)
『weekend books』さん開店5周年記念のイベント「旅する手紙舎in静岡」へ伺いました。
調布に本・雑貨・カフェの3店舗を展開する『手紙社』さんの出張イベントです。
店内にはテキスタイル、ラッピングペーパー、レターセット、カード、食品類がいっぱい!
天然石や刺繍糸製のアクセサリーも置かれて、相変わらず拝見しているだけでも楽しいイベントでした。
某店舗のオーナーさんも行く予定と仰っていたので、遭遇できちゃうかもーとワクワクしてたのですが・・・。
もっと早い時間に既に来られたのか、お会いできず。残念。

5周年をお祝いするお花も飾られていました。
『giverny』さんによるアレンジメントの他にもこちらのお店の雰囲気に合った素敵なお花があちこちに飾られていました。
d0109373_22571491.jpg






d0109373_23125156.jpgレターセットを選ぶ方がとても多かったです。
自分の文字で心を伝える温かさを大切にされる方はまだまだいらっしゃるようです。
私はよろよろの悪筆なので年賀状の数行すら恐怖なのですが、きれいなイラストに魅かれてワンセット購入しました。

他にもカードやサインペン。
最近特に黄色系ばかりに目がいきますの。
マリーゴールド色やレモン色などの浅い色味ではなく、山吹色や向日葵色のようなこっくりした黄色が気になっています。
紅梅色や赤紫も変らず好きなんですが。









d0109373_2320012.jpg『つきさむ』さんが早仕舞いでしたので、久しぶりに『Hi-hoo』さんへ。



















オムライスとシーフードたっぷりのパスタ。

トマトソース系とのことでしたが、ウスターソースが入っているような感じ。
魚介の出汁が効いて、大好きなエビもたっぷりで大満足なのでありました。
とっても美味しくいただきました。ごちそうさまでした。
d0109373_22393351.jpg







こちらのお店は落ち着ける洋食屋さんでとてもいい雰囲気なのですが、大きな窓いっぱいに太い電線が何本も見えていました。
細い路地沿いのビルなので仕方ないですし、向かいは開けられることのなさそうな窓が並んでいる古いビルという景観ですし。
でも今回久しぶりに伺うと電線も地中に埋められたようで景観すっきり。
d0109373_22382553.jpg






ローランギャロスの華やかさを楽しんだ深夜、地元局のドキュメンタリーを見ました。
「SBSスペシャル 里の時間 ~縁側で待つ人たち~」。
浜松市天竜区春野町。週に2回しか路線バスが通らない地区。美しい自然に囲まれてはいるけれど、買い物に行くのも一苦労。住むのはお年寄りばかり。
リュックや手提げいっぱいに生活用品を詰めて、杖をつき石垣でひと休みしながら家路につく。
そんな人里離れた地区へ野菜などの食料品を訪問販売する「便利屋・猿ちゃん」を追ったドキュメント。
猿ちゃんこと猿田さんは定年退職後、市場で仕入れた食料品をライトバンいっぱいに摘んで、里山から限界集落にまで1軒づつ訪問して販売を始める。
生活雑貨は映りませんでしたが、そうゆうものも必要でしょうね。
時には訪ねたひとが急病で、救急車を呼んだこともある。
郵便局なのか制服姿のひとと、留守で入院したらしいと情報交換する場面もありました。

家の前の階段の上り下りもままならない91歳の独り暮らしの女性。
街中に住む家族から一緒に暮らそうと言われても「離れがたくて」。
1週間で訪ねて来たのは猿田さんだけということもあるとか。
タヌキが入って来るんで棒を持って寝るんだと笑う笑顔が可愛い。
「限界集落と呼ばれるけど、ここは限界のその先」と笑いとばす女性。
TVの前で日がな一日過ごし、「ベッドまで行くのが面倒で」茶の間に寝袋を敷いて眠る女性。
どのお宅も広くて、かつてご家族に囲まれて賑やかだったことが偲ばれます。
離れて暮らすご家族の心づくしかどのお宅も大画面テレビ。

里山で家族と暮らす101歳の女性なつさんは、週に1度の猿田さんの訪問販売で、自分のお財布から好物のキャラメルを3箱買うのが習慣。
ある年、新年になって再び訪れたその家には、なつさんの葬儀の後飾り。
棚には、キャラメルの残りの2箱が供えられています。
毎年、数名は見送ると猿田さん。

儲け度外視、友人や知人として接していて、なにも買わなくても話し相手にだけなって帰ることもあるとか。
猿田さんを動かしているのは、ただただ老いの侘しさを少しでも和らげようという使命感。
6年前、お年寄りと呼ぶにはまだ早い溌剌した女性も今は施設生活。
猿田さんのお得意さんだったかたが多く入居するその施設にも乞われて販売に行く。
足腰も弱って買い物に行けないひとたちが笑顔で迎える。
お子さんもおらずご主人も施設暮らし。家が恋しいけれど独り暮らしはもう厳しい。
「これが宿命なんですよ」。

豊かな自然がキャンプやハイキングに人気の同地区。
その美しい風景の中でひっそりと暮らすお年寄りたち。
そんな親御さんを心配しながら離れた地で暮らす家族。
それぞれにどんな夜を過ごされるのか、思い巡らさずにいられないのでした。

by august22moon | 2015-05-27 22:53 | おいしいもの | Comments(0)

時間を停めるものたち

妹が具合が悪いというので、一緒に救急センターへ。
スポーツで怪我したらしい中学生や事故でお怪我の方やらで待合室は結構な人。おまわりさんも数名。
そんな中で、受付に立つ妹のシャルバル風パンツの後ろ姿が可笑しくてじわじわ来るのを抑える、不謹慎な姉です。
妹は薬を頂いて様子を見ることに。
食後に飲む薬なので、とりあえずコンビニのサンドウィッチを頬張りながら・・・
d0109373_1354422.jpg





御殿場へ
d0109373_1424773.jpg





お昼ごろから曇って、季節が戻ったように涼しくなりました。
暑さが苦手な私にはちょうどいい陽気です。
d0109373_1431737.jpg





『ロバギター』さん到着。
なんとかオーダーストップの時間に間に合いましたー
バターリーミルクティーとホットスパイスミルクティーをいただきます。
d0109373_1434674.jpg






d0109373_146892.jpg本日のスイーツから























スライスアーモンドとオレンジピールのざくざくタルトと
d0109373_1491627.jpg







パイナップルのフラン。やさしーおいしー
d0109373_1465639.jpg





ゲインズブールが穏やかに秘めやかに流れているので
棚から、パリの観光客が行かないようなカフェや路地の特集雑誌を。

薄曇りの物憂い土曜日にジェーン・バーキンのなんてお似合いな。
d0109373_1542417.jpg





ごちそうさまでした。
d0109373_225791.jpg




それから本を探しにBOOKOFFへ。
棚構成が馴染めず、ぐるぐる回ってようやく発見。
『ポーの一族』だけ間違えて処分したのか見つからないのを思い出して、こちらも購入。
記憶違いや忘れているところがいろいろありました。(キリアンの血は受け継がれたのね!)
絵柄も懐かしい。
しかし、夜のBOOKOFFに、コミックを立ち読みしている若者のなんと多いこと。

by august22moon | 2015-05-25 22:21 | おいしいもの | Comments(0)

モルテン・ティルドゥム監督作『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

ようやく地元公開された『博士と彼女のセオリー』が上映2週間経って最後の5日間の最終上映時間が17時台となり、見られないことが決定。
今作もようやく地元公開されたのに2週間ほどで終了・・・。金曜日までとなった今作を慌てて見てきました。

d0109373_21371923.jpg【 pay attention 】
ホームズも見てなかったので、初めてカンバーバッチの演技を見ました。
チューリング博士の数奇な人生を描いてまさに適役でした。
理解され難い天才の孤独と同性愛者であるがゆえに時代にすら見捨てられた孤独感が、風貌に似合っていました。

研究貫徹のために直属の上司を飛び越してチャーチルに直訴するほどの傲慢ととられかねない直情と裏腹に、婚約者のアドバイスを素直に聞き入れる純真さ(差し入れがりんごというのもまた意味深な)。
学生時代に渾身の嘘で隠し通した(この少年時代役アレックス・ローラーの演技が素晴らしい)同性愛者であること。
それを、気を許して告白してしまう信頼という錯覚からの油断。
こうゆうところが、彼の対人関係の不器用さなんでしょうか。アスペルガー症候群の可能性ということもあったようですが。

当初、傲慢さや一途すぎる姿に距離をもって見られていても、上官(チャールズ・ダンスの姿勢が凛として美しい)とMI-6ミンゲルの冷徹さに、チューリングの孤軍奮闘が切なくなってきます。

ようやく仲間たちに受け入れられるようになってきたのに、作戦遂行のためのチューリングの非情さに亀裂が生まれても、彼にはなすすべもなく耐えるだけ。
「気づいていたよ」と理解を示したように言ったのと同じ表情で二重スパイであったケアンクロスに脅され愕然と立ちすくむ。
これらの場面は秀逸。カンバーバッチ最高の見せ場じゃないかと。

折角の解読も、ドイツ軍に知られないように一旦は破棄しなくてはならず、ビール片手に炎に向けて書類を撒き散らすチームメンバーの無念を達成感で覆い隠した表情が印象的でした。

偉大な功績が正当な評価を受けず、人格否定をもって抹殺される悲劇。
名誉回復はあまりに遅い。

見終わって、脚色賞でオスカーを受賞したグレアム・ムーアの悩める若者たちへのメッセージを思い出すと、より胸に迫りました。
"Yes, you do. I promise you do. Stay weird,Stay different.
And then when it's your turn, and you are standing on this stage, please pass the same message to the next person who comes along."



さて、帰路でのこと。
公園沿いに歩道があるんです。
そこは生垣や高い木が続いて暗く、道路側にはガードレール状の柵が設置されている。
私は道の向いの住宅、田んぼ、大型店舗と並んでいる側を歩こうと道を渡ったのでした。
渡ってふと気づきました。田んぼの前に2台のスクーターが止まっていたのです。
ぞぞ~。手前の路地を曲がろうか先の店舗はまだ照明が点いていて駐車場で話声も聞こえる。
声出せば聞こえる距離。迷いながらも歩を進めると・・・
「こんばんはー」の低い声と同時に詳細が見えてきました。
なんとおまわりさん。
春の交通安全運動で暗闇からどっきり絶賛取り締まり期間最終日だったのです。
「横断歩道渡ってくださいねー危ないですよー」
いや、おまわりさん。交通法規守ってないのは分かってます申し訳ないです。でもね、あんな暗がりで、向かいから人が歩いてきたら接近してすれ違わなきゃならない、もしもの時にガードレールが邪魔して逃げようがない、そんな歩道を進んだ先ですよ?横断歩道って?誰も通りたくないっしょぉ?とーぜんの防御策っしょー?ほんとは木から虫でも落ちてきたらヤダっていうのが理由ですけど。
と、顔に滲ませて、すみませーんあーびっくりしたーびっくりしたーと繰り返し、警察組織にせめてもの抵抗をする小市民のわたしなのでした~。
d0109373_2254247.jpg当日は仕事も順調でご機嫌さんな日だったのに・・・。

by august22moon | 2015-05-22 22:24 | 映画 | Comments(2)

♪ 笑顔にまみれた大怪獣

「魔の5月」というのは、まぁ漫画の中のセリフなんですけどね。
ガブリエル・スイス・ギムナジウムのですね。
ここ数年、毎年5月は仕事の失敗やトラブルが重なるので、まさにこんな感じなわけです。
仕事面ではゴタゴタはあったものの、ひとが集まるところにありがちな事でしたから自分としては平穏といえたのです。
しかし、私生活で一難去ってまた一難状態の波乱続きで、やっぱり今年も「魔の5月」でやれやれです。

とりあえず、一時凌ぎではあるけれど、準備する時間はできたので
孤独感の中にも方向は見つけられた、ような気がする週末。
d0109373_01649100.jpg





気分転換に『JUN kobo bakery』さんへ。
着いたら店内満員で焦りましたが、無事に好きなパンが買えました。
d0109373_0193310.jpg






カフェ『珈舎』さんで初夏の花壇に見惚れたり
d0109373_0241541.jpg





(お向かいの見事はツルバラは終わっていましたけど)
d0109373_023117.jpg





美味しいコーヒーもいただきました。
d0109373_025476.jpg





d0109373_0313010.jpg翌日は午後遅くまで様々あって、投げ出したい気分で、否、全て投げ出して『つきさむ』さんへ。
「お昼ですか?夕飯ですか?」とオーナーさんが戸惑うのも仕方ない中途半端な時間に・・・





















お昼兼夕飯のナポリタンのセットを。
d0109373_042736.jpgd0109373_0422689.jpg






















本日のスイーツから、オレンジソースのプリン。
(とろとろではなくしっかり系。オレンジソースも酸味が抑えられてとっても美味しかったです)
d0109373_043373.jpg






大概、ランチタイムを過ぎるとお客さんの入りも一段落しているのですが、この日は到着した夕方もまだ満席。
ツイてないわぁと落胆して車を出したところで、お客さんが出て来られたので改めて入店したのでした。
その後もお客さんがひっきりなしの盛況でした。
(魅惑のガトーショコラ)
d0109373_045325.jpg





d0109373_0495869.jpgおかわりコーヒーもいただいてのんびり。
ごちそうさまでした。
とっても美味しかったです。

その後、さらなる気分転換に、なにかパーッと買っちゃおうかと歩きまわりましたが、これというものも見つからず帰宅。















タイトル : 「Attack it !」
d0109373_143453.jpg

by august22moon | 2015-05-18 23:33 | 出来事 | Comments(3)

青空のカーネーション

d0109373_22582521.jpg長い髪を束ねてなかったり、フルメイクだったり、ポロシャツではなく首周りのUカットが深すぎるランニング着ていたり、走る姿がスポーツやってるコに見えないなぁと思ったら案の定、モデルさんたちがデイセッションのボールパーソン役というびっくり演出なマドリードオープン。
日本時間午前3時からの錦織戦に仮眠をとって臨みました。
決勝でナダルと戦って昨年の「あと2ゲーム」を取り返したかったのに残念。
試合終了後やはり寝てしまい寝坊して『weekend books』さんで催された「パンマルシェ」へ。
到着したのが開店時間を20分ほど過ぎたころだったので既に駐車場はお客さんでいっぱい。
とりあえず店内に入るための駐車場を半周する行列に並びました。
入場制限され10分ほどで入れましたが
既にほとんどが完売状態。
「tent」さんのピーカンパイが絶品だったのですが・・・空になった銀色のトレイだけ確認してきました(笑)
月2回の開店日は平日で滅多に行けないので買いたかったんですよね。
開店前に着いて並ばないとダメでしたね。




でも『鳥仙珈琲』さんの美味しいコーヒーが頂ければ充分。
思いのほか気温が上がったこの日。これはアイスが出るだろうと『つきさむ』さんで氷を追加調達されて臨まれたそうです。
d0109373_22562242.jpg





d0109373_2334138.jpg「母の日ブレンド」とアイスコーヒーをいただきました。
青空の下、素敵なテーブルでいただくのです。

『つきさむ』さんの氷ですってー むふー

(・。・) は!











そうだ『つきさむ』さん行こう びゅーーん
d0109373_23375246.jpg








d0109373_23441292.jpgヽ( *´▽`)ノ
到着~





















なんとランチがまだありました!らっきー
d0109373_234852100.jpg






パン一個も買えなかった無念も晴れました(笑)
こちらのオーナーさんも『tent』さんのケーキが食べたいと『鳥仙』さんにお願いしたそうなんですが。
開店30分で完売でしたよーとお話しすると、驚いてらっしゃいました。
後日『weekend~』さんのHPで店内の写真を見ると『JUN kobo bakery』さんは大納言食パンも出品されてたではありませんか!ああやっぱり無念。
d0109373_23493612.jpg





それから母の日でしたのでケーキを買わなくてはと、何軒かケーキ屋さん巡り。
『キル フェボン』さんは大行列ですので諦めて。
伊勢丹地下食の『ショコラ ベル アメール』さんで母の日限定イチゴとピーチのケーキにしました。
d0109373_045591.jpg






d0109373_062720.jpg母の好きだったモンブランも。
ちょっと面白いデザインですね。
中はチョコスポンジで洋酒が沁みてるのかな?
早く食べたさでボケボケです。HPで美しい写真をご覧くださいまし。















d0109373_0524499.jpgさてまた、びゅうーんと戻りまして

















夏ミカンの花や
d0109373_0111431.jpg





すずらんの清々しい香りに満たされたお寺さんへ
d0109373_012045.jpg






d0109373_0124398.jpgいつものお花屋さんはお客さんで溢れている上にカーネーション以外はバラと菊くらいしか無かったので、別のお花屋さんで母が好きだったトルコギキョウとガーベラを選びました。

お花屋さんで高校生の男の子が青いカーネーションを1本持ってレジ待ちしていたり。
女子高生が赤いカーネーションを1本買って駅へ走って行ったり。
地下食でもケーキを選ぶお父さんの傍らで女の子がクリーム色と空色のカーネーションの花束を持っていたり。
以前、カスミソウだけ差し出した5-6才の男の子(店内が混み合っていたので外でおとうさんか誰かが待ってらしたのでしょうが)にお店の方が、カーネーションじゃなくていいの?と念を押すと曖昧な反応なので、カーネーションをおまけしていい?と確認すると男の子が頷くという場面を見かけましたっけ。

この日の微笑ましい場面の多さはクリスマス以上かもしれません。

by august22moon | 2015-05-11 22:54 | おいしいもの | Comments(0)

光る夜

薄暮の小山町へ到着。さすがに肌寒かったです。
d0109373_23121262.jpg





d0109373_23274423.jpg







d0109373_025528.jpgこの日は午前中から富士山東口本宮浅間神社さんの例大祭が催された日。
夜に境内で開催されるお祭りだけ拝見。




















屋台も出て賑やかです。
d0109373_23324780.jpg





d0109373_23335425.jpg昼間のパレードにも参加された、沼津よさこい祭りの「日専連ぬまづ鳴子隊」と「オールスター」のコラボダンスが披露されました。
エグザイルの曲かな?ダンスかっこいいー
















d0109373_23431926.jpg随神門前にロープが張られ照明も落とされ、消防隊員や世話役の方々が周囲に待機して、遠州新居手筒花火保存会のみなさんによる手筒花火が奉納されます。
先ずお子さんたちによるミニ手筒花火体験。
3-40人くらいだったでしょうか。
いいなぁやってみたかったわぁ













d0109373_23524792.jpg






d0109373_23541699.jpgさて、お子さんたちが終わって再び真っ暗となった境内に赤々と種火が灯された後・・・


















始まりましたー
d0109373_23561991.jpg





仕方ないのですが、石灯籠の傘と世話役さんの肩越しに見る状態でしたので花火の頂点が見えない時もありました。
しかもほぼ消防士さんのシルエット入り。
d0109373_23571862.jpg





この猿田彦花火というのはお囃子も入るのが特徴なんですって。
最後に爆発のように底が抜けることもありません。
d0109373_23584475.jpg





d0109373_0253100.jpg





d0109373_033414.jpg





木々に燃え移るんじゃないかハラハラするほど高く炎が噴き上がります。
d0109373_041099.jpg






d0109373_05355.jpg





最後は一際明るくて、きらきら火の粉が舞って、歓声もひときわ高く挙がりました。
d0109373_085592.jpg




凄い迫力でした。かっこよかったですー。
初めて拝見したのですが、こんなに美しいとは思いませんでした。。
これは諏訪神社のお祭りも行ってみたくなります。
d0109373_0122888.jpg





遠州舘山寺愛宕神社で奉納される手筒花火は、「地元では打ち上げ後の空筒は、火の用心・家内安全の厄除けとして、家の軒下に奉られ、各商店では、商売繁盛のご利益ありと、店頭に飾られています。(遠州舘山寺手筒花火保存会HP)」なのだそうです。
d0109373_027964.jpgd0109373_0273765.jpg




















d0109373_0494786.jpg石畳一面に黒い粉が。
花火師さんが「てっこだよ。てっこ」
黒色火薬に含まれる鉄粉がこのように残るのだそうです。
でもこの後、拝殿に改めて参拝に向った時はもう踏み散らかされて無くなっていました。


















d0109373_0335490.jpgその後、屋台でおうどんを頂いたり(美味しかったです!)
日本酒はあまり飲んだことないのにお神酒にこころ揺れたり(杉のいい香りだけ嗅がせていただきました)
短い時間でしたが、春祭りを楽しんできました。

















仄暗い駐車場から見上げた夜空には星がいっぱい。
東の低いところに欠け始めた月が煌々。

d0109373_104892.jpg





d0109373_0532467.jpg
 
by august22moon | 2015-05-07 21:11 | 季節 | Comments(0)

新緑の陰

d0109373_0213477.jpg函南町にある、珍しい地名としてTVでも紹介された「岐れ道」交差点を過ぎて

















熱海の伊豆山神社へ。
d0109373_027545.jpg






d0109373_0303484.jpg遠くは雲で霞んでいますが、よいお天気。
午前中強かった風も治まって気持ちのいい陽気。参拝の方も多かったです。
















d0109373_03247100.jpg






d0109373_0331777.jpg






d0109373_034421.jpg






d0109373_0344143.jpg






社務所の破風板の下の懸魚が猪目ですね。縁結びにご利益があるとされる場所柄、ハートみたいです。
おや、玄関口にお伊勢さんの注連縄ですね。
d0109373_0433860.jpgd0109373_0441376.jpg




















d0109373_0425150.jpgたいへんな賑わいの駅前へ戻って、仲見世通りから路地へちょっと入ったところにある『CAFE KICHI』さんへ初めて伺いました。





















住宅を活かした内装ですが、やはりフジワラ・スペースデザインラボさんらしさが随所に見られます。
d0109373_1117100.jpg






d0109373_1162156.jpgお客さんもひっきりなしで盛況。
お品が出るのに20分ほどお待たせしてしまうかもとお断りがありました。
















あまり時間の掛からないであろうと思われるアスパラと空豆のキッシュ
d0109373_1181976.jpg





ガトーショコラをお願いしました。
d0109373_119563.jpg





d0109373_1202325.jpg「お会計の際にはこちらをレジまでお持ちください。」と置かれたのはコブタちゃんの置物。
チラッと他のテーブルを見ると、それぞれ違う。

スタッフさん、私を見て思わずこれを選ばれたか・・・

いやでも、楽しいルールです。













d0109373_1234183.jpgこの活字がいかにも、FJIWARA・works。

ごちそうさまでした。たいへん美味しかったです。
















仲見世で温泉まんじゅう食べたりしてすっかり満腹になりまして。
d0109373_12659100.jpg





帰路は一般道の渋滞を考慮して、熱海街道~20号線~芦ノ湖スカイラインを通りました。
交通量は少なくはありませんでしたが、やはりスムースでした。
大型バイクが追い抜いて行ったのですが、急カーブを曲がるたびに、ドゥーハン並みのハングオフがかっこいいライダーさんでした。
d0109373_1282115.jpg





杓子峠。
富士山は霞んで薄らとしか見えません。
d0109373_133992.jpg






d0109373_22502377.jpg






d0109373_22505236.jpg





d0109373_22541361.jpgメロディーペーブ。
エヴァは逆の下り車線のほうで、こちらは♪ あ~たまをく~も~の~















d0109373_22572389.jpg路面の色が違っていますね。
40キロで走って聴き耳たててみましたが、最後の部分がビブラートして微妙(笑)














箱根スカイラインに入って、「箱根芦ノ湖展望公園」でひと休み。
風が一段と冷たくて、この辺りで気温16度。
椿がまだ咲いてました。
d0109373_1413459.jpg





芦ノ湖が一望
d0109373_1493581.jpg





振り向くと富士山、という景観が楽しめます。
d0109373_1504624.jpg





d0109373_15189.jpg






左手には、5日も火山性地震が観測された大涌谷。
d0109373_1542866.jpg





早く治まってくれるといいですね。
d0109373_153369.jpg






d0109373_4531781.jpg






d0109373_1585673.jpg






芦ノ湖スカイライン沿いは両側を箱根笹に覆われているところもありますが、概ね眺望が楽しめます。
箱根スカイラインも下りに入ると高い木々の長い枝に覆われて、明るい新緑の季節であっても取り残されたように寂し気です。
杉木立も影を集めて冷ややか。
途中、バーンアウトの円形タイヤ痕を見つけましたが、走り屋さんは楽しいのかな。
d0109373_242022.jpg





d0109373_225054.jpgなんとか『ロバギター』さんのオーダーストップの時間に滑り込み。
いつものミルクティーでひとやすみ、ひとやすみ。




















疲れも吹っ飛び元気になって、残り僅かな夕陽を追いかけるように小山町へ。

d0109373_2294224.jpg

by august22moon | 2015-05-06 23:09 | 出来事 | Comments(0)

それぞれの祀り

この日はいいお天気で。いいお天気過ぎて暑いくらい。
気温はなんと28℃
d0109373_23161877.jpg





d0109373_23183489.jpg風はさわやかで5月らしいお天気です。



















d0109373_23224374.jpgまずは腹ごしらえと、ずっと行こうと思いながら行けなかったお店へ向っていたのに、途中で「ああ、この店気になってたんだー」と急遽予定変更。

「天龍飯店」さんという中華料理屋さんへ入ってしまいました。

いったいいつになったら行くのやら
















ちょうどランチタイムのお客さんたちが引けて入れ替わりに入りました。
内も中華屋さんって感じです。広東めんと五目をいただきました。たいへん美味しくいただきました。
TVではだっしゅ島。随分と見てなかったら島生活になったのね。

少し開けられた窓から爽やかな風。
d0109373_23213538.jpg





さてそれから、まだ桜も見られる小山町の
d0109373_02671.jpg





東口本宮冨士浅間神社へ。
駐車場へ車を停めて、「鎌倉往還」の径を通って一の鳥居へ回ります。
根上がり松のある木立の地面には薄紫色のスミレがいっぱい。
d0109373_23432813.jpg





d0109373_0271533.jpg山吹も満開です。
















こちらへ初めて参拝した時はもう11月でした。
雪の神社も静謐な趣きでいいのですが、やはり陽射したっぷりの日に参拝したくて。
d0109373_23493592.jpg






親子連れやカップルで参拝の方々、パパとお散歩に来たお子さんが楼門の辺りをハイハイしてたりと、明るく長閑な境内です。
ようやくひとが引けて拝殿をパシャパシャ
スマホで撮るとたいがい木陰や逆光で薄暗くしか写らないのですが、画面をタップすると明るく写るって今回ようやく分かりました。やあねぇ
d0109373_23515314.jpg





手水舎のお水も凍ってません。
木立を抜ける風も気持ちがいい

社務所には5日の例大祭のポスターが貼られていました。
夜は手筒花火も見られて、お子さんが手筒花火体験もできるそうです。
手筒花火は何時頃かうかがいましたら、自分の子供に体験参加させようと思ってる親に見えたようで(そりゃそうですね)。
「6時までに来ていただいて、当日申し込んで頂けば大丈夫ですよ」
自分がやってみたいのだとは遂に言えず。
d0109373_033330.jpg






d0109373_0122617.jpg富士山を撮ろうとカメラを向けても陽射しが眩しすぎて画面がまったく見えない。

踊っているのではありません。富士山の位置を説明してるところです。














収まってました。
d0109373_0244845.jpg






d0109373_1534785.jpgそして『ロバギター』さんです。

















d0109373_118332.jpgアイスラテと、初夏の陽気ですがホットスパイスミルクティー


















案の定気持ちよくなってきちゃって
本読んだふりのまま2度ほどうとうと
ああこの心地好さは、完璧なお昼寝環境だわーと、うとうと
d0109373_1565219.jpg





いかんいかん。冷たいもので目を覚まそうと、たんぽぽアフォガード。おいしー
d0109373_1554057.jpg






d0109373_15721100.jpg






d0109373_043385.jpgお天気一転して雨の日。
『つきさむ』さんへ、5月のごはんをいただきに伺いました。



















雑穀のつくね、ニンジンとマンゴーの和え物、グリーンサラダ、マカロニサラダ、かぼちゃの煮物。
つくねにはパプリカ、レンコン、ひじき入り。美味しい!!
かぼちゃには葱とショウガを飴色に炒めたものが掛けられていて、かぼちゃの甘味を抑えています。
これは美味しい。真似しよう。
お味噌汁のお味噌が変ったかな?麦麹味噌みたいでした。
d0109373_0472564.jpg




コーヒーと、デザートの紅茶ロール。
d0109373_054697.jpg





d0109373_0562170.jpg壁には畦地梅太郎氏の絵。甘くないチョイスが山好きのオーナーさんらしい。
BGMはピアノ曲。店内の空気がさらにきれいになります。

コーヒーのおかわりもいただいてのんびり。
たいへん美味しくいただきました。ごちそうさまでした。















d0109373_132377.jpg紺屋町の通りではサンバ隊が小雨の中でもエキサイティングな演奏とダンスを披露されていました。
露出度の高いお衣裳のダンサーさんの辺りはカメラマンさんが多くて、かわいいお子さんの所でようやく1枚。

街中どこも凄い人出でどちらも大混雑。ひとやすみしようにもどちらも大盛況。

そんな中、トピを被った方々が小雨の中で傘もささずにネパール大地震の救援募金をされていました。
募金される方が多かったです。
GWの長閑な日々につい忘れそうになっていました。










で、『つきさむ』さんへ戻ってひとやすみひとやすみ。
スイーツも全て売り切れでしたので、コーヒーだけいただきました。
ごちそうさまでした。

d0109373_172077.jpgd0109373_173996.jpg
by august22moon | 2015-05-04 23:46 | 季節 | Comments(0)