さくら餅

d0109373_1884835.jpg
今年は、お雛様を飾りませんでした。
でも、これは忘れず食べます。
3個はいけます。
# by august22moon | 2007-03-03 17:59 | おいしいもの | Comments(0)

終わりなきミスチル

妹の愛車には、いつもミスチルのアルバム『1/42』がかかってる。

99年のアルバムですよ。それからミスチル、何枚ヒットアルバムだしましたか。
しかし彼女は、このアルバムしか聴かない。

TVから流れる新曲には、熱心に耳を傾けるから、新譜買おうよと言うと
「買おうと思って、CDショップ行ったんだけどさ」
たくさんあって迷った?

「買い方がわからん」

は?
  

d0109373_4416.jpg知人へ開店祝いに。                 
 儲かりますよーに。金運の黄色で(笑)
# by august22moon | 2007-03-03 01:07 | 音楽 | Comments(0)

バイバ~イ

 バス停にて。 
バスを待っていました。 18時58分発はたびたび遅れる。
いつも通りの遅れなら、あと1~2分で来るかな?という時。
バスの来る方角から、3人の若い男性が走ってきた。

まだ来ない~ あ~もう間に合わないぃ と随分焦っているご様子。
どうやら、前のバス停で待ちきれず走ってきたらしい。
いつもはそろそろ来る時刻だけど、もっと遅れることもあるし
確証もないのに、もうすぐ来ますよなんて言って、もし来なかったらと迷っているうちに
もう一本行くか!? と次のバス停方角へ走って行った。(いっぽん?)
もしバス停との間にバスが来ちゃったら乗れないのになぁ。

そこへバスが来た。19時5分。
 
次のバス停はすぐ近く。彼らの走りなら、先回りできるだろう。
途中信号で停まったし、間に合うだろうな・・・・はれ?いない
きっと、諦めてタクシーを拾ったんだろう。

・・・と、窓の外 歩道を走る3人の若者の姿が!
待ちきれず、また次のバス停へ走っちゃったんだ!! あちゃ~
 お気の毒に。 笑っちゃだめ笑っちゃ・・・ 
# by august22moon | 2007-03-03 00:00 | 出来事 | Comments(0)

袖振り合うも・・・

多少の縁

数時間、同じ空間で、(多少)同じ感動を味わったもの同士、
声が掛けやすくなるようです。

人一倍観劇数が多いわけではありませんが、行くたびに遭遇した出来事の数々。

More
# by august22moon | 2007-03-02 01:38 | 観劇 | Comments(2)

d0109373_23261768.jpg
カフェ・デンマルク」というお店で妹が購入。
どこが、あめりかん なのか判りません・・・。
が、この生クリームのかかりっぷり。期待できそうです。
 
# by august22moon | 2007-03-01 23:30 | おいしいもの | Comments(0)

『ひばり』 千秋楽

 松さんの笑顔。 
千秋楽カテコでの出演者の表情はさまざまですが、舞台中央で喝采を浴びる松さんは、自信に満ちた余裕の笑顔という感じでした。
牢内での屈辱を打ち明ける場面の、情けなさ恥かしさを堪えながらの表情などは、観るたびに心を抉られるようでした。
からりと明るい松さん独特の表情が、余計に哀れさを際立たせたと思います。

コーションに、ライールたちはジャンヌを見捨てたのだと知らされる場面。
この時‘傍聴席’に移った妹尾さん演じるライールが、それまでの笑顔から一転、ジャンヌの視線から逃れるように硬い表情のまま立っているという演出が良かった。
ラドヴニュ役横田さんの、ジャンヌの言葉に耳を傾けている時の静かな表情も自然になっていました。役柄が完全に浸透しているという感じでしょうか。
壌さんも朗々と語りながら涙を流して・・・。
 
 と、私は大感動でした・・・ んがっ! 両隣席は開幕から後半途中まで、ずーーーっと寝っぱなし(笑) もったいな~い! 
 
22日は、初日とセリフやタイミングが変わった部分があったように思いましたが、
初日のまま。もしかして?・・・あらら?

初日には高麗屋ご夫妻で観劇されていましたが、
松さんのお母さま本日は染五郎丈と。 嵯川哲朗さん 北村有起哉さん
森山未来さん 作家の井上ひさし氏などなど 豪華。
(余談ですが、高麗屋夫人の笑顔のお美しいこと!)

蜷川氏も松さんに伴われて現われ、総立ちのカテコでした。

d0109373_22362520.jpg
 シャンドンのシュークリームより
 パステルのプリンより
 好物弁当 (*^.^*)710円とお安いのがまた嬉し♪
 
# by august22moon | 2007-02-28 23:20 | 観劇 | Comments(0)