さい芸 『ヴェニスの商人』 13日マチネ観劇

d0109373_3393891.jpg (オレが見えるか悪党ども)
















d0109373_034335.jpg1年ぶりのさい芸です。
蒸し暑くて汗だく。


さてさて、劇場に入って、ちょっとびっくり。
『オセロー』の冒頭イアーゴとロドリーゴが密談していた場面に使われていたのと同じような黒と銀灰色のパリーナが立てられていました。
ほぼ時代設定は同じだからでしょうかね。










d0109373_0382139.jpg凄かったです。
澤瀉屋が。
ほぼひとり舞台。

箱選びや指輪騒動なども描かれ、決して登場場面は多いわけではないシャイロックが、そこここに影と言霊を残し、完全に舞台空間を凌駕。
元々、この作品を翻訳した『何桜彼桜銭世中』という演目があるくらいですが。
歌舞伎の型で演じることで当時イタリアに於いて敵役にしやすかった異端者・異分子を表すのは猿之助丈のアイディアなのかしら蜷川さんの戦略なのかしら。

『じゃじゃ馬ならし』では、ケイトのキャラを誇張する手段で歌舞伎調に留まり、サービス程度に型を見せていましたが、今作は完全に歌舞伎。
歌舞伎の役柄に詳しくないのですが、『忠臣蔵』も入ってます?
怒りには‘見得’を切り、娘の裏切りを聞いては『黒塚』。
法廷から下がる場面は通路に留まり遺恨の表情を見せての退場は花道の‘引っ込み’。
私には、型に集中することで迫害ともいえる仕打ちに対する不快感が少々和らぎました。

怒りが増幅されて、シャイロックという人物により強靭さが出て、最後に再登場し十字架を引き千切るのもその後の復讐譚を予想させます。
この再登場のしかたも観客を驚かせるものでした。
‘見得’にも登場にも退場にも拍手が起こって、大向こうから声でもかかりそう。
カテコで正面扉へゆっくり下がるのも、「かっけえー。かっけえよ四代目!」(笑)

行ける日がなかなか決まらず遅いチケ購入でしたが、幸運にも上手通路に近い前方席で、シャイロックの‘花道の引っ込み’が目の前。
最後の、空気を震わすような無念のセリフも衣裳を握りしめる指先にまで無念が行き渡って。
鳥肌が立つような素晴らしさを目の前で拝見できました。
その指がまた美しいですこと。

好きな作品でないわりに、この作品を観るのは3回目。
横田さんは、ドーラン版でロレンゾー、AUNでグラシアーノ、で今回はバッサーニオ。
ドーラン版のようにアントーニオとの年齢差が広くないのでふたりが純粋に友情で結ばれているという関係性が明確に出ました。
借金問題と指輪騒動との緩急の付け方も相変わらず巧み。
清家さんが相変わらずの器用さで軽やかに演じたランスロットとのやりとりの最中、付け鼻が取れかかってしまったのを横田さんすかさず大声で「おまえ、鼻が取れそうだぞ!」で、場内爆笑。
下がる背中にこれまた大声で「鼻、直して貰え~!」。
AUNでは箱選びの場面が冗長に感じてしまったのですが(特にモロッコ大公)、ドーラン版はバッサーニオ役に演じさせるというユニークな配役で、なぜ鉛の箱を当てられたかの一考察としていたので面白かったのですが、今作では随分とあっさり決定。
「目が動いてるー!?」にも場内爆笑。

小柄なグラシアーノ役間宮啓行さんがまた巧くて、コンビも絶妙。
グラシアーノがネリッサを指して「金銀、鉛」は場内爆笑でした。
高橋克実さんが演じると、「ふさぎの虫」は似合わないけれど友情によって命を落としかける人の好さは似合っていました。
中村倫也さんは美しいポーシャを好演。声も仕草も可愛らしいポーシャでした。
法学博士に変装してるのに思わずバッサーニオに抱きついちゃうとこなんて愛らしい。
演出家お気に入りらしい棒読みで無表情な俳優さんではなくよかった。
法廷で一旦は追い詰められながらもなんとか突破口を見出した劇的逆転裁判にはなっておらず、ここも比較的あっさり妙案。
AUN版で、グラシアーノがなぜヴェニス脱出を急いだかの答えが推察されるよう横田さんの演技に組み込まれていましたが、これもなし。
ジェシカの葛藤もロレンゾーとジェシカの‘夜づくし’のロマンチックなやりとりもさらっと終わって、ポーシャとネリッサが遠くから屋敷の明かりを眺め、家庭を持てた喜びにひたる場面もなく、バッサーニオ一行に先んじて帰宅するために大慌てで戻るという設定になっていました。
あの時のポーシャのセリフ好きなので残念。

カテコは2回目からスタオベ。歓声も上がっていました。

蜷川氏によると、猿之助さんのほうからこの時期にスケジュールが取れると連絡があったそうな。
襲名披露公演の合間に沙翁作品を選ぶ知的な企みが痛快。
愉しい舞台でした。

d0109373_4443845.jpg1階ガレリアに「シェイクスピアポスター100選展」。

緒形さんのリチャード三世。
観ておくべきでした。


















d0109373_3345549.jpg帰りの新幹線は連休前のせいかたいへん混み合っていて、数駅過ぎてようやく席を確保。
通路にも乗客の方々が立ってらっしゃるので、プログラムと記念写真どころではないのでありました。

TV『お先にどうぞ』で見た、シュウマイの上にタケノコ乗せて食べてみました。
別にやらなくても、な結論。

by august22moon | 2013-09-14 22:27 | 観劇 | Comments(0)