お伊勢参り(1日目)

伊勢神宮へ参拝してまいりました。
出雲にしようか、久し振りに高野山にしようか迷ったのですが、知人の薦めもありまして決めました。
まだ星がまたたく午前5時少し過ぎに家を出発。
静岡へ向かい静岡発6時42分のひかりに乗り、7時半頃名古屋着。
近鉄に乗り換えて伊勢市に着いたのが9時半。
特急に乗ればもう少し早く着いたのですが、10時頃までに着けばいいと考えていたのでのんびり到着。
とりあえずお宿に荷物を預けて、外宮へ向いました。

外宮前には観光案内所がありました。
これからしばらくは禁煙となりますから、どこか喫煙できるカフェはないかお訊ねしました。
名古屋駅の喫煙所から一服できていなかったので。
敷地に入ってすぐの右手に喫煙所が設けてあるとのこと。
「ボクもすぐ行きたいトコやけどねー」ですって(笑)
とても楽しい方(中川家の弟さんに似てらしたので、以降中川家さん)でついつい、明日は内宮を参拝する予定なのですがこの時期は朝日がどのくらい大鳥居からずれているのか、朝日が拝めないとしても朝6時頃にタクシーやバスで向えるのかまで伺ってしまいました。
地図やらタクシーのTEL番号やら、立て板に水のお見事さに感動。コンシェルジュ!
d0109373_1304819.jpg




さ。外宮です。
d0109373_1465146.jpg





d0109373_147346.jpg手水舎。
伊勢の神社では、柄杓が落ちないように、小さな杭が出ているんですね。
それを忘れて毎回引っかけておりました。

















d0109373_14977.jpg一の鳥居
















d0109373_15574.jpgこの日は風もなくぽかぽか。
木立の中はさすがにひんやりしますが、空気がきれいになったよう。


















御正殿。
外玉垣南御門の白絹の御幌が僅かな風に大きく手前にはらんでは止まるリズムが、まるで呼吸のようです。

ちょうど、御垣内参拝の最中でした。
参拝の後もしばらくは柵越しに拝見。美しさに見惚れてしまいました。
d0109373_158463.jpg






千木や鰹木の金箔が早春の光を受けて美しい
d0109373_214838.jpg






あちこちの大木の表面に触れている方が多く、どの大木も表面がつるつる。
d0109373_2223079.jpg






三ツ石では、両手をかざす方が多かったです。
d0109373_2243056.jpg






d0109373_23572677.jpg別宮へ




















風宮に着いた時は、作業中とのことで正面で参拝が出来なかったのですが、多賀宮と土宮を参拝後には作業が終わったようで、改めて参拝。
d0109373_230258.jpg





多賀宮
d0109373_23263593.jpg





土宮
d0109373_235272.jpg






外宮の後は、月夜見宮へ。
d0109373_3372580.jpg







d0109373_2414833.jpg神路通り沿いには小学校があり、グラウンドではサッカーボールをドリブルしながらパイロンを回る体育の授業中。
先生の歯切れのいいホイッスルが響いています。



















月夜見宮
美しいお名前ですねぇ
d0109373_2361575.jpg





d0109373_1613433.jpg
















d0109373_238657.jpg





旧殿の解体工事中でしたが、ずいぶんと真新しい
d0109373_2481975.jpg





さて伊勢市駅へ戻って近鉄鳥羽線に乗り五十鈴川駅へ。
乗降客は結構いましたが、改札前の地面にカラスがじっとしていてビックリ。
山に囲まれた静かな地域で、タクシーは数台いましたが周辺は閑散としていました。
おはらい町路上でも低空飛行するカラスがいました。渋谷みたい。

12号線を徒歩で月讀宮へ。しばらくは舗道を行く人もなく静かな通りでした。
徒歩10分ほどで到着。
d0109373_250833.jpg






d0109373_16182668.jpg
















d0109373_2564627.jpg





参拝順に、月讀宮
d0109373_259144.jpg





月讀荒御魂宮
d0109373_2571573.jpg





伊佐奈岐宮
d0109373_303567.jpg





伊佐奈弥宮
d0109373_324125.jpg






苔むした古いお社も落ち着いた風情がありますが、木の香のするような新しいお社がとても美しくて、清々しい心持ちになります。
d0109373_335151.jpg





23号線側へ出て、途中宮脇書店さんで一服。
15分ほど歩いて猿田彦神社に到着。
d0109373_16225680.jpg







ちょうどおめでたい場面に遭遇。それはそれはお美しい新婦さんでらっしゃいました。
社務所ではお宮参りのご家族も。
こちらは友人の薦めだったのですが、市民の憩いの場所である神社特有の心温まる境内でした。
先ず佐留女神社を参拝してから拝殿へ。
d0109373_38417.jpg





d0109373_1614857.jpg
















d0109373_31419100.jpg





古殿地干支石。
干支によってはだいぶ摩耗しているものがあって読み取り難い。自分の干支を探しておりましたら・・・
d0109373_3151772.jpg





ひょいと現れ、じーっと干支文字を見つめるお子さん。可愛い!
d0109373_3155237.jpg





d0109373_3264061.jpgという順で第一日目の参拝を終えました。
お天気もよくて苦にならず楽しく歩けました。
どちらも遷宮を終えたばかりで真新しい木が美しく、うっとり見つめてしまうほどでした。



















14時半。
この日は「おはらい町」や「おかげ横丁」を散策しておみやげの下見。
d0109373_0354560.jpg




町並みを愉しみました。
d0109373_15453126.jpg




お土産は何にしたらいいのーとぐるぐる
おかげ横丁は迷路のようにお土産屋さんやお食事処が軒を連ねていて、とっても楽しかったです。
こうゆうの大好き。

清潔なお化粧室もあるのがなにより。
d0109373_15535580.jpg






内宮の第一の鳥居まで来ました。
参拝は明日にして、夕陽に染まる大鳥居の前で記念撮影だけでホテルへ戻りました。 
d0109373_0435488.jpg





「うろぼろす」を見ていた時はウトウトし始めていたのですが、「えーすたじお」でこうたろーさんのこと話すかもと頑張って起きていたら、それから眠れなくなってしまいました。
1時になっても眠れず焦りましたが、いつのまにか、ぐー

d0109373_045196.jpg

by august22moon | 2015-03-16 21:15 | 出来事 | Comments(0)