ギレルモ・デル・トロ監督作『シェイプ オブ ウォーター』

今年のアカデミー賞は、昨年の人種偏見問題から、さらに「多様性」を強調。
現大統領へのハリウッドの姿勢をはっきり見せているようでした。
で、作品賞受賞作もこのハリウッドのメッセージそのもの。
心に響くとか残るとか、そうゆうことはなかったです。

d0109373_23324123.jpg60年代のまだ今以上にマイノリティーが生き難い時代が舞台。

主人公イライザの住む映画館の上階の部屋の画はとても素敵でした。窓の形とか。
あちこち傷んで古びてはいても、下階が映画館だからか、侘しさがない。
孤独を飼い慣らしている感じはよく表されていると思いました。
サリー・ホーキンスが、真面目に(とはいえ毎日出勤がギリなのはなぜだ)働く表情はよかった。
オクタビア・スペンサー演じるイライザの同僚でよき理解者のゼルダが、やたらと勘が鋭くて察しがよくて、そこがストーリーをテンポよくさせていました。
悪役ストリックランドがどんどんモンスターになっていって、その映し方がいかにも60年代っぽい。そしてキモチワルイ。壊疽した指云々ではなく。キャンディーをガリボリ噛むの神経に触るのよ。

リチャードジェンキンスのナレーションは心地よかったけれど。
飼い猫が被害にあったのに、習性だからと受け入れて、無事だった他の猫に助かったねなんて声かけるところはちょっと驚き。
ジャイルズは芸術家なんですが、異形の者に対する偏見の無さを超えて、あまりに心が広く柔軟すぎてきれいすぎる。

予告編でスピルバーグの新作『レディ・プレイヤー1』。
マーク・ライランスがドクだ~(笑)いや、まるでドクなのか?


映画
by august22moon | 2018-03-16 23:00 | 映画 | Comments(0)