桜色の雑記帳

august22.exblog.jp

出会った本、映画の感想。日々のこと。

2018年 03月 03日 ( 1 )

d0109373_0414654.jpg無差別テロに対する、イーストウッドのメッセージ。

ここ10数年毎年話題作を監督ししかもそれが悉く秀作。
『ハドソン川の奇跡』でも、救助に向かうフェリーの船長等、本人に出演させていましたが、今作では遂に主演。
イーストウッドの導き方が巧いのか、自然な表情なのには驚きます。
目線がしっかりしているんですね。
ですから、「ご本人による再現ドラマ」とはならず、まったく抵抗なく入り込めました。

実はこの事件のこと、知りませんで。
ご本人たちがご無事と分かっていても、とても緊迫感がありました。
構成が素晴らしい。

3人の子供時代を結構長々と描いて、これがもちろん事件に立ち向かえた背景なわけですが、事件当時のフラッシュバックの入れ方が絶妙で、突然差し込まれると、緊張しました。
しかも事件後、なにも語らせず、放心したような表情に、あの聖フランチェスコの平和の祈りだけを被せたのが、素晴らしかったです。
ずっと心の奥底に刻まれていたわけですね。
泣けた

軍人としては挫折の連続だったかもしれないけれど、すべての訓練がことごとく活かされて。
それはまるでこの瞬間のためだったかのよう。
いやしかしいくら軍事訓練を受けていたからといって、よく「行け」と言えましたね。
銃に慣れていたから分かったのかな
行けって友人アレクが言ったとなっているようですが(アレクが言った瞬間が分からなかったもので)、スペンサー本人の心の声だったかもしれませんね。


スペンサーの母親役の女優さんが、ソンドラ・ロックに似てる気が・・・



映画
by august22moon | 2018-03-03 23:00 | 映画 | Comments(0)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22