桜色の雑記帳

august22.exblog.jp

出会った本、映画の感想。日々のこと。

あの村まで

先週のこと。
猛暑日ではありませんでしたが、暑さしのぎに芦ノ湖畔まで。
さすがに箱根峠は涼しくて。芦ノ湖の望める展望台では、蜩に鶯まで鳴いて季節大混乱。
d0109373_1614222.jpg




で、いつもの『絹引きの里』さんでいつものセット。
お昼時、店内は満席でお待ちのお客さんもいます。店の外で待つ間にショーケースで面白いもの発見。いままで気付きませんでしたが、スターはんがお越しになっていたもよう。
この映画で日本ロケあった?時期的にも『インセプション』じゃないかねぇ?どこの席に座ったんだろうねぇと話しているうちにお呼びがありまして。1階は満席なので、2階のお座敷に通されました。団体さん用の大広間です。
せっかくなので窓際の席へ着くとそのお隣にはそこだけ緞子判の艶やかなおざぶが・・・。
座卓の上には、じゃじゃーん、こちらに座られたんですね。
特注座布団でお迎えされたんですね。
みなさん順番に記念写真。しかし皆さんマナー宜しくお座りにならず触れるだけ(笑)
座ろうとする彼氏さんを注意する彼女さんまでいます。
後で調べましたら、『インセプション』のプレミアで来日された時のようですね。アップの映画チラシがあれしか無かったんでしょうね。
じゃじゃあ、ノーラン監督の座布団は?来なかったの?監督は銘仙判に座らせたの?店内まだまだ大忙しな時間帯でしたので店員さんに伺うことはしませんでしたが。気になるところではあります。

窓からは芦ノ湖や箱根神社の鳥居が見えます。
こーんな景色をご覧になったのですな。ご堪能いただけましたでしょうか。

いつものカツ丼とおうどん、たいへん美味しゅうございました。
ごちそうさまでした。
d0109373_1644977.jpg




d0109373_1725521.jpgさ、灼熱の週末です。
お寺さんへ御施餓鬼会の卒塔婆を申し込みに伺ってから、














d0109373_17194198.jpg市営公園楽寿園で開催中の『Village』へ。
猛暑日だったのでお出かけにも覚悟が必要。













木陰も多いですが、やっぱり暑くて、かき氷屋さん「ノリさんのかき氷」へ直行。
お気に入りのコーヒーは完売していましたので苺ミルクです。
苺が濃厚でとっても美味しかったです。
少し汗も引きましたが間もなくまた汗だく。
d0109373_17154639.jpg





で、また水分摂取。
埼玉からお越しの『TANGO』さんでアイスコーヒー。
記念写真に残しませんでしたが、豆から挽いて淹れてくださるので、順番待ちの札を渡されるんですが、これが小さなアクリル板に番号と絵を描いたものでとても可愛かったです。
三島田町の『amefuri』さんと親しくしてらっしゃるそうで、ちょこっとお話もさせていただきました。
汗だくでくまなく拝見して周り『toya』さんで、三日月に見えて実は「欠けた星」と命名された真鍮のペンダントに出会いました。
その星はシリウスでしょうかベガなんでしょうか
他のお作品もネーミングがユニークなものばかりでした。
名前は出来上がってからのインスピレーションで付けるのだそうです。
d0109373_17265033.jpg





駅前口から入ってすぐに目に留まった古道具屋さん『ルチボ』さんで、「団子皿」。
都をどりのですね。残念ながら白いのは売れちゃってましたので4枚。
と、レトロな緑色の柄の入ったグラス。
包んでくださった新聞紙は勿論、京都新聞。
とても素敵なオーナーさんだったんですが、後ろで遊んでいた娘さんがまた可愛くて可愛くて。
昨年出会った『she me.』さんでは、昨年買って少しサイズが大きかったリングのお直しと、新たに金色のリング。
他にも、三重県からお越しの梅干し専門店『松本農園』さんでシソ梅もいただきました。
紀州南高梅を使ってらして、美味しそうな梅干しばっかりでした。
d0109373_1813156.jpg





木々の多い場所では涼しい風が通りぬけてとても気持ちがよかったのですが
d0109373_18362960.jpg






d0109373_18325417.jpg場所によっては炎天下で暑かったー。
それでも今年もいろんなお作品に出会えて楽しかったです。
楽しかったですけれど、5月か10月の開催にしてくれないかなぁ

車に戻ると置いてあったお茶がHOTになっていました。

# by august22moon | 2018-07-16 23:00 | おいしいもの | Comments(0)

「明日またベルギーと」

もうだいぶショックも落ち着いてきましたが、ウィンブルドンが始まっていてよかったですわ。
気持ちがなんとか切り替えられますもの。

まだまだ大会は続いていますが。
五輪もW杯も、4年に1度ではなく、一生に一度なんだなと、つくづく実感しました。
そしてそれは、とてつもなく残酷。
正直なところ難しいだろうな完膚なきまでにやられちゃうんだろうなという畏れとともに、なんかやれそうだぞという根拠のない期待がありました。
社内には仮眠とって起きるという猛者もおりましたが、平日の午前3時キックオフという時間でしたので寝たのですが、なぜか午前4時に目が覚めまして。すかざずスマホの速報を見ました。
0-2の文字情報の意味を理解するのに暫し時間を要しました。
どうゆうことーー!!と声にならない感嘆の声を上げて飛び起きTVを着けました。
凄い凄いーー
しかし間もなく悪夢の瞬間が立て続けに起こり・・・
だめだ。私が見てるから悪いんだわと、寝直すことにしました。信じて寝る!延長戦でがんばれ!と。
やはりランキング3位はそこからが恐ろしいのでありました。でもね、その国から2点奪ったのは「半端ない」凄いことだとね、思うんです。しかも、流れの中での得点。
あの苦しい苦しいフランスW杯から始まったニッポンが、10人とはいえジャイアントキリング。
そして遂に決勝Tで初得点。
一歩一歩。もどかしくはあるけれど。アジアの不利を鑑みても
ニッポン、よく闘いました。
d0109373_2323557.jpg





そんな7月第1週。
月曜はまあまあだったものの、ツイてないことの連続でして。
それは自分の責任なんですけど。
指輪は無くす、仕事でミスはする・・・
週末、SALEが始まったのをいいことに、憂さ晴らしに出かけました。
とりあえず美味しいもの。久し振りに『スパーゴ』さんの七間町店へ。
何年ぶりかで伺いましたが、内装まったく変わらず。懐かしい。
人気の『スパーゴ風煮込みハンバーグ」をはふはふ。変わらぬ美味しさ。ごちそうさまでした。
左上は先週日曜日に月曜がんばるぞの「箱根山麓豚ロース&ヒレかつ定食」。
ランチでいただいたのですが、おばさんには無理なボリュームでした。
d0109373_23482954.jpg







気分が晴れるよう、お派手な色合いのTシャツやらきれいな夏色のサマーセーターとか。
リングもデザイン違いで新調しちゃいました。
『石ころ屋』さんでブレスを作るという友人につられて。
レッドタイガーアイ、アゲート、サンゴに、アンバー。
・・・どうかな
d0109373_015100.jpg





タイトル : ベルギー戦の翌日、昌子選手のインタビュー。スポーツ報知の記事から。
悔いる真情を吐露して、その飾らない言葉は胸を打ちました。
「・・・何を犠牲にしてでも、頼むから届いてくれ。そう思ったことは今までなかった。あれだけ必死に走っているのに、気持ちでは頼む、ルカクがそのままシュート打ってくれって思いが浮かんでくる。ハセさん(長谷部)にも声が届かない。無抵抗。こんだけ頑張ってるのに何もできない自分。腹立った。本当に自分の目の前で決められたから」
まだ切り替えられず、「明日、またベルギー戦があるんじゃないか」と。

# by august22moon | 2018-07-07 23:01 | 出来事 | Comments(0)

夏越しの祓

初めて号外を受け取りました。
ヒヤヒヤしましたがとりあえずよかったよかった
d0109373_23454025.jpg






さて、6月末日。「夏越しの祓え」の日です。
今年は三嶋大社へお参りしようと出かけたのですが、なんやかんやで14時の開始時刻に5分遅刻。
既に紙片が地面に落ちていて、祓えの儀式は終わった後。
茅の輪くぐりから参加しました。たいへん多くの方が参拝していて潜るのも大行列。
その後、本殿で祝詞があげられるのですが、もうね、汗だくで。傾頭の間も汗がポタポタ。
d0109373_021329.jpg





途中からのお参りになってしまったので、16時15分頃から開始される小山町の浅間神社さんへ伺うことにしました。
d0109373_0131921.jpg




無事16時に到着しまして、間に合いました。
さすがに小山町は晴れていても少し涼しくて汗もかくこともありませんでした。
d0109373_173873.jpg





こちらはスマホで撮ったんですが、なにかの反射で、鳥居にきれいな緑色の光が映っていました。
d0109373_1105957.jpg








ちょうど本殿での儀式が終わったところ。まもなく楼門前で参拝者が並んで儀式がはじまりました。
切麻と紙片を体に振りかけて、人形に息を吹きかけ、穢れを切り裂くかのような烈布の神事も拝見できました。
三嶋大社では「蘇民将来」と唱えながら潜りましたが、浅間さんは「六根清浄御山は晴天」と唱えます。
d0109373_019857.jpg




d0109373_0195865.jpg7月の開山祭に飾られる七夕飾りの不二短冊も奉納し、








d0109373_0251782.jpg御朱印を賜りました。














d0109373_205980.jpg






どうしてこちらは16時15分なのか不明なのですが、ちょうどこの時間に本殿の裏の木々の間から太陽の光が真っ直ぐ参道を照らしていたので、そのタイミングで執り行われるのかと思ったり。
昨年は境内は霧に包まれて、それもまた荘厳な雰囲気でしたが、初夏の太陽のもとというのも清々しい気分です。
d0109373_043389.jpg





富士山は、着いた頃には麓と山頂だけしか雲がかかっていなかったのに、すっぽりと雲にかくれていました。
d0109373_04562.jpg





さて、お久しぶりの『ロバギター』さんです。
アイスブルーのあじさいが飾られて6月を見送っています。

バターリーミルクティーとラズベリーアイスカフェラテを頂きました。
久し振りで美味しかった~ 
オーナーさんの優しいお声も聞かれていい一日を締め括れました。ごちそうさまでした。
d0109373_0473397.jpg




帰路、すっかり雲もなくなって、夕陽を背負った富士山の頂上がほんのり虹色に光って、ちょっと感動的。
d0109373_110215.jpg





で、ですねぇ
なんとかまだ陽が残っている時間に沼津に着いたので、もう一社。
1週間ほど前に見事な茅の輪をお見掛けした、市場八幡さまにもお参り。
まん丸できれいな円形です。もう枯れ色になっていましたが、潜ると茅の青々しい香りがしました。
もう19時だったのですが、参拝の方が次々といらっしゃいました。

今年の後半戦も穏やかに過ごせますように。
d0109373_151835.jpg

# by august22moon | 2018-07-01 23:00 | 季節 | Comments(0)

廃番色

だいぶ前になりますが、母の日と父の日のケーキです。
父の日ケーキは『TOPS』と決めているんですが、なんと今年、1週間父の日を間違えましてね。
どうも売り場周辺に「父の日」のPOPがないなぁとは思ったんですが、食い意地ってことでしょうか・・・。改めまして伺ったら目を奪われた、限定「和風ロール宇治金時」にしてみました。
お供えのビールと共に美味しくいただきました。
右下は『フランセ』さんのレモンケーキ。急にいただきたくなりまして。
レモンピールがいっぱい入って、ホワイトチョコもさっぱりしていてとっても美味しかったです。
写真は家まで待ちきれず途中で開封しちゃいましたの図。
d0109373_1981440.jpg




6月も中旬になって、イベント続きだった仕事も一段落。
夏場にもちょこちょこイベントはありますが、気力体力を使うものではないので気楽です。
しかも昨年度に一度経験しているのでだいぶ安心。
d0109373_23291221.jpg





仕事も一段落し、ニッポンが第一戦で歴史的勝利を果たした昨今の課題は、口紅のこと。
ずっとお気に入りだったシリーズがいつものドラッグストアになくなってしまいましてね。
パール入りで、落ち難いのが売りのタイプでした。カップにも着き難いし、長時間化粧直しが出来ない日など重宝でした。代わりに買った同じメーカーの別シリーズのものは時間が経つと唇の内側との差がくっきり。マットタイプでもないのに。それが嫌で嫌で。
やはり同じものをと、足を延ばしてメーカーさんのお店へ。
同じシリーズはありましたが、色は廃番ですって。
仕方がないので近い色合いにしてみましたが、もう少し濃いめでもよかったかしら?な日々です。

思えばお気に入りのを買ったのって、かなり前。落ち難いからとこまめに化粧直しをしない分、1本を消耗するのが、ひとさまより遅いのかもしれません。
気に入っていた化粧品が廃番になるって、ほんと困ります。

# by august22moon | 2018-06-24 23:00 | 季節 | Comments(0)
d0109373_2252087.jpg見応えのある作品でした。

ジブリ作品といえば宮崎作品の印象が強いのは興行成績によりますが、こうゆうオリジナリティー溢れる画風は、興行的には厳しくとも、後世に残る芸術作品。
採算度外視でも作品を生み出せるのもジブリなればこそ、なのかも。




たいへん画期的な作風ですが、ボイスキャスト当て描きの顔立ちというのも画期的。
特に田畑智子さん演じる女童。お顔はデフォルメされているとはいえイメージそのまま。
ちょっと「ポニョ」入ってますけど。
発声も幼さに合わせて、見事でした。
立場上必要最低限しか喋らないのですが、常に姫の心身に寄り添い、出過ぎず、周囲にまで気を配るようすに、お付きとしての才覚を備えているのが表されています。
戦おうとする肝の据わったとこも凄いけれど、武器では太刀打ちできないと早々に悟って、情に訴えればと思いつくのも凄いぞ童ちゃん。

姫が裳着の支度する間、後ろに付いているんですが、道具箱を持って右手へはけた女官を目で追ってそちらを向いたままにするという、なんとも細かい演出で活き活きと存在させています。
(その浅黄色の着物の女官に隠れちゃっている画しか見つからなくて残念)
d0109373_2371740.jpg




それにしても、日本のおとぎ話ってファンタジーを超えて完全にSFだと改めて思いました。
浦島太郎にしてもそうですが。
竹取物語は謂わば・・・第五種接近遭遇ってところでしょうか。
ひとの想像力って凄い。


# by august22moon | 2018-06-17 23:00 | 映画 | Comments(0)
先週末。三島のホタル祭り第2弾。蛍狩りです。
恩賜公園楽寿園と源兵衛川で見られるのですが、今年も源兵衛川の遊歩道へ行ってみました。
すぐ近くの笑栄通りで「リメンバー六反田」というお祭りもありますのでね。
以前より出店が増えたので狭い通りは大盛況。
静岡県内で活動してる「オレンチェ」というアイドルさんたちやバンド演奏、シャギリも出て賑やか。
d0109373_21203268.jpg





人だかりをぬってぬって、先ず『ビアリッツカフェ』さんでビールです。
この日は恒例のフランクフルトソーセージだけでなく、キューバサンドが!
あのキューバサンド!映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」のキューバサンドですよっ!食べてみたかったんですよねー
これが抜群に美味しかったです。あーもっと食べたーい。なぜテイクアウトして翌日分も買ってこなかったかなぁ
d0109373_21342961.jpg




いい気分で、源兵衛川へ。
対岸の草むらに10匹近く、明滅するホタルの光に見物客は大盛り上がり。
光らなくなったのでもうどこかへ飛んで行ったのかしらと思っていると、一斉に光り出したり。
ふわりと飛んで、木の枝に停まったり。
そのたびに歓声が上がっていました。
大群が飛ぶわけではないのですが、それが反って自然に生息しているかのように、風流にさせていました。
d0109373_21501637.jpg





橋近くの「さいとうフルーツ」さんではレモネードが作られていました。
(平井のすいかも大変心惹かれましたが)
黍糖のさわやかな甘さで、とっても美味しかったです。
で、レモネードを飲みながら「ビアリッツカフェ」さんへ戻ってフランクをいただくのでありました。
d0109373_221368.jpg





d0109373_22171689.jpgダイニングバー「otro」さんのおしゃれなメニューディスプレイ
お腹いっぱいだったので購入は断念。














夏が近づいてきました。
蒸し暑くなるんだわぁ 
それでなくても汗っかきなので、夏は憂鬱です。


タイトル : 枕草紙
「夏は夜 / ほたるの多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし」

# by august22moon | 2018-06-15 23:00 | 季節 | Comments(0)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22