人気ブログランキング |

出会った本、映画の感想。日々のこと。

by august22

カテゴリ:お買い物( 154 )

投影

『ARTS&CRAFT SHIZUOKA 静岡手創り市 village三島 楽寿園』へ行ってきました。
d0109373_2341197.jpg




当日は陽射しも強い夏日。
お腹もすいていましたが、とりあえずかき氷です。駿河区の『chipakoya』さんです。
ご了解を得て写真を撮らせていただきました。
自家製シロップなので色合いも甘味も自然。氷もふわふわ。とても美味しかったです。
d0109373_21461951.jpg




愛知県一宮市の『catalpa』さんで、ちっちゃーなラピスのピアス。
懐かしい鏡で、戒める。
d0109373_21532275.jpg





さ、いよいよ空腹もマックスです。
静岡の『capu』さんのスパイス香るジビエカレーとメキシコ料理の『夜明け前』さんでタコスと・・・なにか
d0109373_2353923.jpg





静岡の『アークラ』で出会った『硝子の種』さんで、干支のガラス。
お正月用に創られたそうです。きれいな色合いです。
『IFNi ROASTING&CO.』さんのコーヒーを頂きながら拝見してまわります。
ひと口目は酸味と苦味がしっかり味わえますが、やがてマイルドに感じて美味しかったです。
で、名古屋からお越しの革製品『sew』さん。オーダーの革靴が主ですが、リネンでいいお色のベレーが目に留まり、そのまま被りたいとタグを外していただいてるの図。
作家さんがまた好青年で。
d0109373_22565324.jpg





会場には、静岡で出会った『ningulu』さんも出店。
原石の風合いを残した石も作家さんも魅力的なんですが、私が静岡の時から気になっていたのはモビールなんです。今回特に惹かれたのは、月の満ち欠けを表現されたもの。新月は黒い円形なんですよ。ああもうなんて素敵ー大好きなやつやーん
しかし大きめで、ウチのどこに提げるのさなサイズ。芸術作品ゆえそれなりのお値段。
諦めきれずウロウロ行ったり来たりして泣く泣く・・・
アーティストさんがいつか小振りなサイズで買えそうなお値段でお創りになることを祈って泣く泣く・・・

右下は『kana:kana』さんのビーズのピアス。
d0109373_2319441.jpg




ため息交じりで梅御殿への小径を歩いていましたら、補って余りある素敵な出会いがありました。
藍色の布を敷いた低い平台にお皿を展示されていたブース。その背後の溶岩の段差にも、それらのお作品をディスプレーされていて、静謐な空気を創ってらした『浅井万貴子』さんの陶器。
藍色と黒灰色の柄の間の銀彩が木漏れ日でぼんやり光って
どうして引き寄せられたか語彙が追い付かないのですが、とにかく素敵で。
「土がまだ柔らかいうちに千切って・・・」おおらかで大胆なフォルム。
「和紙の皺を染め付けて・・・」繊細な絵付け。
選んでいてお皿同士が触れ合ったら、ちろりと風鈴のような軽やかな音がしました。
作家の浅井さんは「土偶が好きで・・・」。可愛らしい土偶も展示されていました。紙袋にも土偶の絵。
語尾に・・・が付く控えめなお話しのしかた。
土と向き合っている時間の長さを感じる物静かそうなかた。
作品は為人の現れ。どんな切っ掛けで土偶と出会われて、このかたのどんな生き方が土へ向かわせたのだろうと、作品と作家さんを交互に

取り出された包装紙は和紙。ご自身がデッサンに使って不要になった紙だとか。
勿体ない! 「もう要らないんで・・・」 取っとこ
買おうか迷った時に、これは出会いと言い聞かせて決めますが、これはほんとうに素晴らしい出会いでした。
世の中にはすてきなクリエイターさんがたくさんいるんですねぇ
d0109373_23463950.jpg





ケーキや和菓子なんて乗せて楽しむのでしょう、とりあえず飾る。
帰宅してから、インスタを拝見していたら、丸皿のお作品も素敵だなぁと思いはじめましてね。
千切った淵のお皿ばかり見ていたので、丸皿よく見てなかったなぁ
丸いのもいいなぁ
d0109373_061751.jpg




で、忘れられず。二日目。
とりあえず『IFNi ROASTING&CO.』さんのコーヒーで落ち着けわたし。
また来ちゃいましたーと『浅井』さんのブースへ。
木漏れ日が当たる位置へ置いて銀彩の光加減を見てくださったり
あれこれ迷って、このお作品にもウチへ来ていただきました。
d0109373_21182570.jpg





藍色が多いと銀が少な目だったりするので、藍をとるか銀をとるか迷ってしまいました。
d0109373_21273518.jpg






お隣の『一花舎』さんでポーチやアンティークビーズのブレス
d0109373_23251166.jpg




前日、ちょっと気になったお作品がございまして。
備前のような色合いの器や花器をシンプルに展示されていたんですが、表面がそれはそれは滑らかで、緋色も穏やかで。
機械で創られたような精密なフォルム。
備前っぽいんですが、野趣がない。皆さまもインスタでご覧くださいましな。
今までこうゆう焼き物って身近になかったので興味もなかったのですが、と魅了されていながら、気になったのは黒灰色にほんのり赤や金が光るオブジェです。飾り方にセンス皆無で申し訳ない。
飾り方、模索中なんですけど、でも身近に置いて時々撫でるのが好きなの。
こうゆう形が好きなのねわたし。
「大福が好きだからじゃない?」と言われて。

『浅井』さんのお作品でも感じましたが、どんな手から生まれたのかが重要だと、作家さんがいらっしゃるとつくづく気付かされます。
このオブジェの作家さん『長塚正平』さんに惹かれたのかなぁ
手びねりで作られてからヘラで成形されるそうですが、機械製品みたいな完璧なカーブ。花器の口なんて、機械で開けたよう。削いで削いで土の中の無垢なものだけ残したような
作家の長塚氏は静かな佇まい。コットンシャツも爽やか。清潔感。
A型ですか?なんてツマラナイ質問するオバサンに、穏やかに「O型なんですよ」。
穢れとは無縁のような生き方がお作品に映し出されているようです。

多治見からお越しと伺って、一昨年の7月に、ひまわり色の丸皿を購入した『TURUSIWORKS』さんも確か、多治見。他にも何人かいらしたようなとお話したら、多治見市には陶磁器の研究所があるそうで。
d0109373_221617.jpg




閉場時間がきて、スタッフさんが「おつかれさまでした~」と回っている中で、さらに再びの『catalpa』さんでシルバーピアス。
『キャトル・エピス』さんでお菓子をいただいて、また来年。
d0109373_21364679.jpg






d0109373_22314177.jpg思い切ってもう一度行ってみてよかったです。

芸術作品の発する幽かな声や光が、捉えられる敏感な感性を持って

いたいものですわぁ

毎年迎えるまでビビリがちな大きなイベントも無事に乗り切れて、気持ちも穏やかだったのがよかったのかもね。
ひとを作っているのは
ごはんとお仕事だから






帰路、『chigili』さんで、『adomi』さんのハンカチ展が開催されていたので立ち寄りました。
インドの工房で製作された木版プリントのテキスタイルだそうです。
いいお色を一枚。
d0109373_22494946.jpg

by august22moon | 2019-05-21 23:00 | お買い物 | Comments(0)

笑う権利

これは3月19日の朝の富士山。
東側だけ日が差して、面白いと思いまして
d0109373_232525.jpg





いつものように、こーんなズームもして撮っておりました。
d0109373_2335890.jpg




21日の休日に、撮ろうとしたら、こんな。壊れちゃいましたねー
約10年がんばってくださいました。お疲れさまでした。
というわけで、おなじタイプのバージョンアップ版を購入しました。
白が好みだったんですが、シルバー・赤・黒しかない。
シルバーですとね、歯が浮きそうなんですが仕方ありません。お店のスタッフさんによると、「白です」と。パンフではどう見てもシルバー。しかし、実物を見たらシャンパンゴールド。ところどころ白。でした。
で、無事、桜を撮りまくれたのでありました。
d0109373_2361641.jpg




さて。4月も中旬の週末。
静岡護国神社で開催の「ARTS&CRAFT 静岡手創り市」に行ってみました。
前回行ったのは6年も前。
実はあの時、少し不思議体験がありまして。それ以来数週間、調子が悪くなったりしたものですから、行きたい気持ちにならなくなっちゃって。
久し振りに、行ってみようかなと思えるようになりまして。神社境内には入らないようにして、いろんな作家さんのお作品を楽しみました。
あの頃は満開だった、シャガの花もチラホラ咲いていました。
d0109373_0151469.jpg





まっすぐ「鳥仙珈琲」さんへ。美味しいコーヒーを飲みながら各ブースを見て周ります。
木漏れ日が差して、秋でもないのに紅葉した葉がはらはら。落ち葉を踏みしめながら歩いて、季節を錯覚してしまいそう。
d0109373_0182268.jpg




まずはリング各種。
大きなイベントを前にビビリがちな4月。武装用ですの。
ピンときたものを片っ端から。
前にも別サイズでいただいたことがある、京都の『Sun's 寸』さん。金の細い線を緩く編んだようなデザインの真鍮リング。その右のピンボケは千葉からお越しの元気いっぱいの『纏う金属』さん。短いパーツを貼り繋げたようなデザインの真鍮リング。肌ざわりが気に入っちゃって。
右下は愛知からお越しの『aei』さんの素敵なラッピング。止めてあるのはユーカリの葉。んもう素敵。こちらでもゆったりカーブしている細いシンプルなリングをいただきました。お作品それぞれにタイトルがつけられていて、それがとてもロマンチック。
デザインは繊細だけれど、甘くない。どこか古代の装飾品を思わせるデザインもありました。
シンプルだけどすこしカーブが効いたリングは、陸と空と海とかいう陸海空みたいなタイトル。
三種類それぞれ少しデザインが違っていました。私が選んだのはなんだろう。
aeiは、ギリシャ語で、永遠という意味なんですって。

これらは全て親指用。ときどき中指たまに人差し指用。
中指や人差し指にしていた細いチェーンリングを親指にしていたんですが、意外とリングが外れそうになるので、もう少し太いリングを探していました。
d0109373_0235921.jpg




こちらが出会い系。
富山県からお越しの『硝子の種』さんのガラスのオブジェ。
星のような模様は鳥。内側のドーンパープルのような日暮れ時みたいな色がとにかく魅力的で、ひとめぼれですたい。
形もとてもいい。手の中に納まり具合もとてもいいのです。
来月には三島の楽寿園で開催の手創り市に参加されるんですって。
右上は『ningle』さんのグリーンガーネットのピアス。shinobu hashimotoさんという脚本家さんと同姓同名の、めっちゃかっこいいデザイナーさんのお作品。
この方のブースには、金属製のモビールがいくつか下げられていたんですが、これがとっても素敵で。いいなモビールいいなと眺めていましたが、大きめで、家の中に飾れる場所がなくて断念。でも素敵だった~目の保養だけで諦めました。
アクセサリーの石はどれも原石の印象を残していて、そこがまた面白い。色合いもとても美しいアクセサリーばかりでした。
辛子色の布は、ほんとはブレス。兵庫県の『Kaon』さんのお作品。
辛子色や生成りの布製品が展示されていましたが、とても落ち着いたいい色合い。
お伊勢さんの干支置物のお座布にしようと頂いてきたんですが、土鈴までは乗りませんで、木彫りだけ。なんだか餌が置いてあるみたいになっちゃった。
d0109373_21432080.jpg





d0109373_2191335.jpgそれぞれに季節のお花をディスプレイされていましたが、この八重山吹のディスプレイは、埼玉からお越しの作家さんのブースに飾られていたもの。
ご自宅から切ってきたんですって。
八重山吹は思い出の花。あじさいや桜ほどあちこちで見られる花ではないので、出会えて嬉しい。

美しいもの、可愛いもの。いろいろ拝見できて、楽しく過ごせました。
2日目は雨の予報でしたが、いかがでしたでしょうか・・・





春の武装シリーズ。下が先に購入していた、第一弾。
最近毎日身に着けているブレスの水晶をユナカイトに入れ替えました。
閉店間際の『石ころ屋』さんへ、ユ、ユナカイトとアズライトくださいぃ~と飛び込みました。
でも、アズライトが売り切れでしたので、ユナカイトだけでとお願いしたら、病いでもないならそんなにたくさんのユナカイトを着けることはない、この水晶を外して入れ替えれば充分と、いつも明るく楽しいオーナーさんから、励まされる始末。
で、こんな感じにプチ衣替え。

納得の仕上がりですのに、ある日目にしたスピネルが気になりまして。
それはEテレの「世界は欲しいものにあふれている」なんですけどね。
登場したのはハイジュエリーとしてのブルー系からレッド系までそれはそれは美しい宝石。
そこでスピネルについて調べましたら、番組では紹介されなかったブラックスピネルが気になりました。
探しまくって出会ったのが『スタージュエリー』さんのこのペンダント。華奢なデザインが気に入ってしまいました。

ネットでの出会い系は、レッドといってもワインレッドに近いスピネルとオパールの可愛いブレス。
好きなオパールとのコンビという奇跡の組み合わせで、思わず。
今春の武装アイテムは以上となります。
右下安定のピンボケが、そんな私につられて妹が購入したブラックスピネルのピアス。

d0109373_22101924.jpg

by august22moon | 2019-04-14 23:00 | お買い物 | Comments(0)

森を飾る

三島市営公園「楽寿園」で開催された「楽寿の森マルシェ」へ行ってきました。

こちらでは静岡県東部で活動される「ママさん作家さんたち」が出店。
お客さんたちも親子連れが多く、とても賑やかでした。

早くも門松が飾られた駅前入園口。まだ紅葉が見られました。
d0109373_23544594.jpg




d0109373_0244668.jpg




ところどころに紅葉の残る明るい森の小径を進んでゆくと
ああもうカレーのいい香りが流れてきていますよ。
今回3件くらいあった気が・・・
d0109373_23575123.jpg




まずは「こもれびエリア」で、『ganmoバーガー』さんで、生どら焼きです。
がんものバーガーもとても美味しいと評判のお店ですが、絶賛お豆アレルギーの真っ最中で断念。無念。
(でも餡子は食べるという矛盾をお許しください)
『柿田川湧水カレー』さんのミニポークカレーとタンドリーチキンカレー。
ライスが多めでチキンも大きくて、お席が空くまでウロウロしながら持っていて、手首やられるかと思いました(笑)
『COFFEE CART SHAKA』さんのコーヒーとともにいただきます。
d0109373_002099.jpg




くまなく拝見して回りまして。
正門へ続く「はじまりのエリア」へ向かいます。
木枠に白い布を張ったブースが素敵な、天然石やドライフラワーのお店『N・homeworks』さんで、ブラックルチルのペンダントに出会いました。
作家さんもお手伝いされている娘さんもとてもおきれいな方。
石たちがどれもとても美しくて、素敵なお店でした。
ショップカードを頂かなかったので、HPかインスタを検索したんですが見つけられなくて。
実行委員会のフェイスブックにも載ってないし。
またどこかで逢えるといいんですけど
d0109373_111355.jpg



正門前の、『かしまし屋』さんで、シートの素材で作ったトートやニットのトート。
正門を出たところでは『WACKY』さんというお洋服屋さんでセーター

「森のこみち」にて『Kaco』さんとおっしゃる可愛いイラストを加工したブローチ。
(作家さんも可愛いかた!)
「ヒカリのエリア」に戻って『Atelier Crea』さんのアメジストのペンダントトップ。
『HAUSKA』さんでリバティプリントのトートとポーチ。布製の髪留め。
『B.』さんで布製のピアス。
d0109373_115557.jpg




正門へ向かうのに、多分初めて小浜池の南側の小径を通りました。
水面に雲が映って。穏やかな初冬の景色です。
小浜池から「はやの瀬」があり、源兵衛川に続いています。
夏はここからホタルが放たれて、川伝いにホタルが飛んでいきます。
d0109373_1325842.jpg






楽寿園の中は、きれいな気が流れている感じで、とても楽しくて、気持ちがよかったです。
d0109373_1381660.jpg





正門前の紅葉した木に、すてきなオーナメント。
d0109373_204549.jpg



さ、イベント後は
d0109373_140236.jpg




『ロバギター』さんです。
バターリーミルクティーとホットスパイスミルクティーです。

御殿場のアートクラフトフェア後もそうですが、手作りのぬくもりあるお作品たちに出会ったあとのほっこりした余韻を壊さないためには、『ロバ』さんの雰囲気が必要。
d0109373_147010.jpg

by august22moon | 2018-12-09 23:00 | お買い物 | Comments(0)
午前中にクリニックへ。
先月の血液検査の結果を伺いに行きました。投薬のおかげでLDLコレステロール値が驚くほど下がっていて、あと少しで合格点で、ほ。
血圧は相変わらず高いんですけどね。着いてすぐ測るんですから、仕方ないんだいっ
d0109373_2295428.jpg





その後、富士市で開催される「第6回ふじのくにアートクラフトフェア」へ行きました。
中央公園東エリアに約100軒のブースが立つイベントです。
d0109373_0233326.jpg




バラ園は9月のピークを過ぎていましたが、ほんのり芳醇な香りがしました。
d0109373_02448100.jpg





潤井川を渡った遊歩道には、10月桜。
d0109373_312236.jpg






木立の中の石畳を進むと、会場です。
d0109373_32594.jpg





富士宮のニット小物の『あったか首くび店』(・・・くびくび)さんで毛糸のブローチ。
実はニットブローチってあまり使わないんですが、ついつい買っちゃいます。
愛知県の『plant pot』さんで真鍮に刺繍糸を編み込んだ繊細なピアス。
開けるのが勿体ないほど可愛らしくラッピングしてくださいました。
1周して、あれこれ迷ったらとりあえずランチです。
なに食べよーとフードエリアへ行くと、なんと、御殿場で開催のアークラにも出店されていた、御殿場市の『ホラアナ』さんが!
肉団子のピザとサラミのピザをいただきました~
美味しかった~
コーヒーは沼津の『swing coffee』さんで。酸味、苦味、コクのバランスのよいブレンドでした。
d0109373_24428.jpg






そうそう、会場に入ってまもなくのところで、葵区の『菓子処 白木屋』さんで和菓子とパンを頂いておりました。
さすが和菓子屋さんだけあって、餡がしっかり。

『ホラアナ』さん、おかわり。焼き立て「4種のチーズ」。旨しっ

それからまたぐるぐるして、いい色合いでデザインも好みのコートやバッグを見つけたんですけど、先日、ちょっとお高い買い物しちゃったもんですからね。
富士市内のイタリアン『owl de soco』さんでグレープフルーツジュースやラテと一服して気持ちを整理します。
d0109373_221587.jpg






それから、レジンやガラス細工が美しい、愛知県の『手作り製作所 シーエトワール』さんで淡いピンクのガラスのピアス。
御殿場にもいらしていた『あはは工房』さんの、「ニワトリのブローチ付きミトン」。
海外の毛糸を使われていて、色合いがとても美しいお作品ばかり。
これはイギリス製の糸で、ウール、リャマ、シルクの混紡。風合いも面白い。

『や』一文字の看板が意気な、木工製品の『工房 やす』さんで、ウォールナットとサクラの蓋のキャニスター。木の蓋は、プレポリマー塗装されクルミ油で仕上げられているそうで。
メンテナンスもそれほど手間ではないようです。
それぞれに屋号の「や」の文字が焼き付けられているんですが、それがとても控えめで、そこがまたいい感じ。
作家さんも、とても穏やかな方で。お作品ひとつひとつに心が込められていると感じられました。
いい出会いでした。
d0109373_057412.jpg





夜には竹灯篭約3000本に火が灯されたそうです。

面白い体験もできて、たいへん楽しゅうございました。
d0109373_1402931.jpg

by august22moon | 2018-11-26 23:00 | お買い物 | Comments(0)
これは10月末の富士山。
2週間ほど前でしたか、こんな感じに冬の装いが始まりました。
d0109373_21141638.jpg




週末に開催された「ごてんばアートクラフトフェア」へ行ってきました。
第10回の今年で最後となるそうで。毎年楽しみにしていたのに、残念です。

昨年より広くなった会場内の駐車場が既に満車なので、臨時駐車場からシャトルバスに乗るんですが、この臨時駐車場が昨年の陸上競技場と変わって、なんと新五合目!
会場から9.5キロ登ったところ。
会場の「国立中央青少年交流の家」の隣は滝が原駐屯地。お向かいは米軍のキャンプ富士。
臨時駐車場へ向かう1本道は演習場の中。途中、車内を振動させるほどの爆発のような砲弾のような音がして、緊張感が走ったりします。
高度が上がって、耳閉感でぼ~っとしてきます。
しかしこの1本道の両側はやがて、黄色、橙、赤に染まった紅葉の森に変わります。
多くの木の葉が色づいて、紅葉のトンネルになっている所もあって、晩秋らしい景色が楽しめました。

太郎坊洞門前を右折して、ほどなく富士山登山口駐車場。途中のバス停には「太郎坊」。じゃあこの辺りは小学校のスキー教室で来たとこ!?

黒い地肌や針葉樹がここは既に富士山であることを示しています。
曇っていたのでそこから見えるであろう雄大な富士山はまったく見えませんでした。
シャトルバスが来るまで15分ほど待ったのですが、そのうち小雨がパラついてきて、真冬の寒さになってきました。
少し大げさかとも思いましたが、薄手のダウンを着てきてよかったー
傘を持って来ていない方に、駐車場係の方が傘を貸したり、車内に予備傘をお持ちの方がお貸ししたり。みんなで助け合って寒さに耐えます(笑)
駐車場スタッフの方は、バス車内を暖めて来てと連絡してくれていました。
会場周辺は雨も降らず、薄曇り。風はありませんでしたが、指先が冷たくなりました。
d0109373_21212465.jpg





まずは、「クラフト・アートの広場」や「クラフト・アートの庭」を探索。
美しく可愛いお作品にうっとり。
会場では、田方農業高校の生徒さんがパンを、裾野高校の生徒さんがオムライスのランチボックスを売り歩いています。オムライスの他にもフライドポテトやブロッコリー、プチトマトまで入ってとっても美味しかったです。田方農校アンパン頂きながら会場散策しました。美味しかった!

「fue.fuki.」さんという、オリジナルブレンドのハーブティーのブースで、血圧を下げる効果があるといわれる「びわの葉」茶を頂きました。
ほかにもどくだみ・ネトル・マルベリー・ダンデリオン・玄米がブレンドされています。
d0109373_21223158.jpg




くまなく下見して、お腹ペコペコなので、「グルメ・フードの村」へ。
d0109373_21581214.jpg





『渡辺ハム工房』さんで「牛の丸焼き丼」! さすがお肉屋さんのお肉は最高です。
タマネギソースがまた絶品。噛むと肉汁弾けるフランクも頂きました。
d0109373_22375063.jpg





お隣はピザ屋さん。すぐに気付かなかったのですが、御殿場のカフェ「ロバギター」のオーナーさんがよく勧めてらした、『ほらあな』さんでした。
ブースがめちゃくちゃセンスいい。木枠のガラスケースも素敵。
4種あるメニューの中から、最初はペパロニ。おかわりにミートボール入りのピザを頂きました。美味しかった~
d0109373_22395198.jpg





すぐ隣は、ライブ会場。ノリのいい音楽が流れてきます。
演奏されていたのは「ミドリのマル」さん。キーボードとドラムのユニット。
初めて拝見したんですが、めっちゃカッコいい!
d0109373_22522319.jpg




ノリノリな曲を聴きながら、「カフェの小径」へ。
昨年頂いてとても美味しかった『きょうのおやつ』さんでオートミールクッキー、ココナッツクッキー、あずき入りクッキー。どれもとっても美味しい。
コーヒーは『赤富士』さんでいただきました。
d0109373_22591280.jpg





それから「クラフト・アートの並木道」へ。
見事な銀杏並木に写真を撮る方が多かったです。
d0109373_23504660.jpg




ここには、イラストレーターの「HITO」さんのブースがあります。
伺った時は多くのお客さんで盛況。間を縫ってカレンダーとポストカードを頂きました。

ガラス作品の『103craft』さんで、ガラスのオブジェ。
中がね、吹雪で雪が渦巻いてるみたいな模様。下のほうに、小さい気泡が規則的に渦巻いているんですが、これは華道で使われる剣山の上を転がした跡だそうです。
クリスマスのような風景に箔が貼られて、その、細い三日月が素敵で。ひとめぼれ。
d0109373_2336279.jpg




この「小径」の先が、キャンプファイアー用に円形に開けていて、そこにひとだかりが出来ているではありませんか。
みなさん口々に、凄い凄いと感嘆の声。なになに?と覗いてみると、なんとゆうことでしょう。なにやら、パフォーマンスが行われているではありませんか。
まるで、三月うさぎのお庭で開かれているアリスのマッドティーパーティー。
テーブルの上のカトラリーやカップもアンティークで凝っています。
でも、見たこともない造形で、初めて見るお茶会です。

ゆ~ったりとした動きは、まさに終わらないお茶会の様相。
時間も空間も完全に支配して、不思議な世界が展開していました。
d0109373_21285876.jpg




ふと見ると・・・
「ちばえん」先生たちのパフォーマンスではありませんか~!

暫くするとお茶会が終わった面々が、小径を練り歩いて来ました。
マッドハッター氏と記念撮影していただきました。
近くで見ると物凄いクオリティー。てぃむ・ばーとんもまっつぁおでしょうて
最後のアートクラフトフェアを飾るにふさわしい、上質なパフォーマンスでした。
d0109373_221278.jpg





それから、『Cimicuri(チミクリ)』さんというお洋服屋さんで、落ち着いたブルーのブラウス。
こちらのお洋服はどれも落ち着いた色合いとシンプルなデザインがとても素敵でした。
北杜市からお越しになったそうですが、御殿場がこんなに寒いとはと仰ってました。
外に終日居るんですからたいへんですよね。風がないのがせめても。
『cottind』さんでハンカチ。
天然石やビーズで作られたアクセサリーの『Applepheromone』さんで、ラブラドライトの入ったシルバーグレイのトーンが美しいリングと珊瑚色のピアス。黄色と紺色の『うつわ ははみや』さんの陶器製のピアス。富士市の『sinilintu』さんの、ほんとはもっと深いグレーのニット帽。
d0109373_2214019.jpg






16時の閉場まで、たっぷり楽しみました。
シャトルバスで、駐車場へ。
薄暗くなった駐車場のその先は斜面。眼下に街の灯りが瞬いていました。
d0109373_2331853.jpg





d0109373_2334622.jpg





さ、アークラ締め括りに『ロバギター』さんです。
御殿場市街に来ると、暖かく感じます。
ホットスパイスミルクティーとバターリーミルクティーをいただいて、ほっ 
d0109373_238055.jpg

by august22moon | 2018-11-07 22:58 | お買い物 | Comments(0)

♪ ソーダ水の中を

横浜の日本大通りで開催される「グローバルサンデーマーケット」へ行ってきました。
こちらの通りは初めて歩いたのですが、洋風の建物が多くて異国情緒が味わえる街ですね。
「ランチャンアヴェニュー」なんていつかお食事したいわぁ

通りには海外の作品から日本人作家さんの手作り作品のブースが並んで、たいへんな盛況でした。
突き当りの講演の向こうは横浜スタジアム。この日は阪神戦で、ベイスターズばかりでなくタイガースのユニフォーム姿の父子さんやお兄さんたちをたくさん見かけました。
横浜駅からベイスターズのポスターがあちこちに貼られていました。
ホームスタジアムのある街っていいですね。試合のある日は特に活気が出て。
ちょうど筒香選手のフラッグがあったので記念撮影。

多くのフードブースの中から、ドイツソーセージのホットドック、タイのガパオライスにレモンスカッシュ。
辛いもの苦手なくせにどーしてガパオライスにしちゃったんでしょう。
ひーふー言いながらも美味しくいただきました。ごちそうさまでした。
d0109373_22554784.jpg





小さなパールピアスやら天然石のビーズと真鍮のパーツが付いたシルクコードのブレスなんかとね、出逢いました。
このビーズの種類を尋ねると・・・「わかんなくなっちゃって・・・すみません」とのこと。可愛い(笑)多分クリソプレイズとアイオライトなのではないかとね、思います。そうゆうことにしときましょ。
その他にもソックスやらいろいろと楽しい出会いがありました。楽しかったー
d0109373_23201677.jpg




それから、前の広場がパンフェスで大変なことになってる赤レンガ倉庫へ。
大行列を横目に、倉庫内へ。
こちらも初体験。いつも遠くから眺めるだけだったのですが、こんなに様々な店舗が入っているんですね。
で、みなとみらいの東急スクエア。
静岡に無くなっちゃった「madu」さんをゆっくり拝見したり。
ここでだったかな?京都や九州の物産展を開催していたので、大好きなかるかん饅頭買っちゃった。
ああ~なんで10個入りにしなかったかな~5個じゃ足りなかった~

スヌーピーが特に好きってわけではないのですが、スヌーピータウンでバスタオルやら限定ハーバーやら。
このハーバー、実は初めて頂きます。
妹が大好きなんですが、好きだけに買ってきたり頂いたりしても1個も分けてくれないんですよ。
で、自分用に1箱購入。
d0109373_23291543.jpg




海岸通からみなとみらい辺りはのんびりと散策される方やベンチでひと休みされてる方々もいて、賑やかでした。
蒸し暑さはありましたが海からの少し秋を含んだ風が気持ちよかったです。
この古さと新しさが混在する街は、ひとの歩幅や視野に合わせて計算されているようで、そこが居心地をよくしている気がします。
東京の臨海副都心なんて、巨大で広大すぎて、宇宙に放り出されたみたいになっちゃうのよ


帰りの新横浜駅は、日産スタジアムから試合観戦を終えたそれぞれのチームユニフォーム姿のマリノスサポーターとレッズサポーターが流れて来ました。
レッズサポーターのほうがご機嫌かな?と見えましたが・・・やっぱり。

あのベイスターズユニフォーム姿の父子さん。がっかりしてるでしょうねぇ



タイトル : 「海を見ていた午後」
d0109373_0584463.jpg

by august22moon | 2018-09-18 22:00 | お買い物 | Comments(0)

戦記

先月のこと。スマホを5Sから、ようやく機種変更しました。
もうだいぶバッテリーの減りも早くなって、勤務中や未使用中は電源を落としておかないと夜までもちませんでした。
8+や9もありますが、またすぐ年1の新作が出るのでしょうが、とりあえす8にしてみました。
複雑怪奇な契約内容によると2年で買い替え時らしいので、いいかなと。

しかし新機種となるとさすがアップルさん。様々驚きの便利さがあると同時に、ひじょーにメンドクサイ。
カメラひとつとっても、便利なんだか余計なんだかな機能いろいろ。
メールも、あらやだこんなことになってるの!?みたいなね
皆さんきっとご自分であちこち触って試して理解していくんでしょうが、お店の方にあれこれ質問しまくって、あっという間に2時間経ってしまいました。


こちら喫茶『リマ』さんで一服してからの、『ディチョット』さんのマルゲリータ。久し振りだったので定番でいってみました。前菜が付きまして。美味しいポタージュとブロッコリのキッシュ。まだ外は明るい時間に生ビールの幸せ
d0109373_22152279.jpg




帰宅してからいろいろいじって、ああそういえばそんなこと言ってたなぁこのことかぁ連発。
世の人はこんなことサラリとやってのけてるんですなぁ。道行く歩きスマホの若者や電車内でスマホ見ている人たちを見る目が変わります。
みなさんすごいわぁ


さてこちら、久し振りにお外で頂くハンバーグです。静岡県内には「さわやか」というハンバーグが人気のファミレスがありますんです。でもファミレス自体あまり行く機会がないのでこの日ようやくの初体験。ランチタイムも終わった時間なのに店内にはお待ちの方が6組も!。
で、こちらの看板メニューである、俵型の「げんこつハンバーグ」初体験です。鉄板で供されまして、スタッフさんがゴツめのナイフで二分割して断面を鉄板に押し付けるようにしてからソースをかけるパフォーマンスオンザテーブル。ソースが跳ねるので紙のランチョンマットで防ぐんですが、ご指示が店内の喧噪とジュージュー音で聞こえ難いの。ん?え?とパフォーマンスの進行を妨げます。スミマセン。この一連の作業、厨房でやっていただいても構わないんですが・・・こうゆうのが楽しいお客さんが多いんでしょうね。

d0109373_22561711.jpgいろんなセットがあったんですが、「かんぱいドリンク付きセット」にしようかとして止めといてよかったんですのよ。近くのテーブルではスタッフさんの「楽しいお食事に。カンパーイ」の音頭で乾杯しちゃってるじゃありませんか。はぁ~止めといてよかった~。でもそんなパフォーマンスを、お隣の湘南の風な男子がちゃんと受けて「かんぱーい」とやってたりして微笑ましい光景もございました。
評判どおり、ハンバーグというよりステーキを頂いているような肉々しいと表現された方がいましたが。いかにもそのとおり。
ごちそうさまでした。 

by august22moon | 2018-06-07 23:00 | お買い物 | Comments(0)

武装

これは4月中旬の写真。
もうスズランが咲いていました。
d0109373_20272575.jpg




さてさて。
ようやく自分にとって大仕事が一段落しました。
今年は方法をちょっと変えて取り組んでみまして。気負わず無理せずを心掛けたためか、だいぶ気も楽になって、なんとかスムースな仕上がり、となりました。
業務の準備はもちろん、昨年の経験を踏まえて、失敗したところや不足だった部分はさらに注意を怠らず。
d0109373_2038269.jpg




しかし、当日が近づくにつれて、心配を通り越して不安だらけになってしまっていました。
どんなに準備しても、もしまた前回のように気付かないところで失敗してたなんてことになったらと。
それで、縁起がいいといわれているもの(気の向くもの)に頼ってみちゃおうと。
(全て受け入れないのが、天邪鬼なとこですね)

周囲から「赤い下着」がいいと薦められて、赤い下着を買ってみたり
(下着メーカーさんたら、コーナー作って揃えてあるじゃありませんの)
カツを食べたり。芦ノ湖のお気に入りのお店までは行く時間がなかったので、せめてもの箱根三元豚。
以前、やはり縁起担ぎで伺ったら、翌日奇跡的に好成績を上げられたことがあったという縁起のいいお店で。
何か自分に自信を与えてくれるものや気分のよくなるペンダントやリングも身に着けて。
(そんなことに気を取られすぎて大仕事初日は腕時計を忘れるというね。やれやれ)
やれることは全てやったんだから安心せいと気合入れて当日を向かえました。
どれが功を奏したのか、なんとかソツなくやり通せたのでありました。
d0109373_20451758.jpg





それでも課題は残りました。上司が担当した部分だったのですが、私が気を利かせていれば防げたところでもありました。
しかしこの「気を利かす」というのが、今の上司の性格上なかなか難しいんですね。
タイミングを巧く図っていかないと。
それに。
大仕事が一段落して安心して気が抜けたのか、最後にダメダメだったんです。
業務上の失敗というのではないんですが。満足いく締め括りではありませんでして。
結局、猛省で終わったその夜。
d0109373_20454242.jpg




背中丸めて向かったのは
沼津の『石ころ屋』さんです。
だいぶ前に作っていただいたブレスをリメイクしていただこうかと、縁起担ぎの日々に考えてはいたんですが、臨時休業と重なって叶わず。
この日の反省から、やはりオニキスを外して、もっと自らの問題点に目を向ける指標というかよすがとなるようなものと入れ替えようと、伺いました。

店頭には可愛いディスプレー。
最近人気のアニメ『ラブライブサンシャイン』のキャラに合わせたブレスなんだそうです。
沼津ではかなり盛り上がってるんですね
ラッピングバスや電車ばかりか、駅舎の写真を撮ってる方も見かけたことがあります。
d0109373_21314494.jpg






さて。私のブレスですが
オニキスは残しておいたほうがいいとのアドバイスを受け入れて2個だけ入れ替え。
d0109373_21282310.jpgお勧めの中からクリソプレーズとアンバーというはじめましての石。

5月もいろいろとある月ですし。

闘いは続くのであります。

やれやれ

by august22moon | 2018-04-25 23:02 | お買い物 | Comments(0)

満足度

あれは16年初夏。
映画『スポットライト』で、記者役のレイチェル・マクアダムスが持っていた黒のトートバッグの、クタッとした質感が素敵で。
ちゃんと映る場面はほとんどなかったのですが、無造作にデスクに置くところなんていい感じで。
どこを見ているのかと呆れられそうですが、ちょうどこの頃、新しい黒トートが欲しかったので、よけいに気になってしまったのでした。
それからあちこち探していましたら、目に入るんですねぇ。道行くひとの持つ黒トートが。
なぜか男性の持つバッグのほうが探している型に近いものが多くて。
それどちらでお求めで?と喉まで出かかる言葉を飲み込む日々でありました。

で、結局このデザインとは違う、がっしり型の縦長トートを買ったのでした。ちょっと使い難さもありましたがデザインのユニークさに一目惚れだったのでした。
d0109373_222373.jpg






でもまだどこか諦めきれてなかったんでしょうねぇ
一目惚れバッグがあったのにも関わらず。
年が明けて、『LA LA LAND』ですよ。
ちらりとしか映りませんでしたが、黒トートが出てきましたのよ。
これはちょっと持ち手が短めですけど。
デザインとしては赤のトートが気になりました。あれの黒がいいな
(この作品でエマ・ストーンはグリーンのドレスの時以外は、瞳の色と同じオリーブ色のペンダントしていて、それも素敵でした。)
d0109373_23352939.jpg





昨年夏、また別のデザインで素敵なトートと出会ってしまい購入。
凝ったデザインで、柔らかいいい革で、黒に近い焦げ茶色で、お気に入りです。
他にもベージュのトートにも出会って、これでもうしばらくはバッグ買わないわーと満足していました。
しかし、先日の暴風雨に焦げ茶色のバッグがびしょ濡れになってしまったのでした。
これから梅雨の時期。雨の日は合成皮革のバッグじゃなきゃと思っていたところで、ドミニクが現れたのです。
マクアダムスが演じたのは主婦でもある記者なので、機能的な黒トートを毎日愛用しているのですが、ドミニクはスパイとなってそれらしい様々なファッションに身を包んでいるのに(誘惑ドレスだけでなくいろいろと支給されてたんですねきっと)パーティー以外のどの場面でもこの同じ黒トート。
似たデザインがないかなぁ
d0109373_22413134.jpg





と、探すともなくふらりと入ったお店で。
なんとこのドミニクバッグと似たようなデザインのトートに遭遇。
店員さん、最後の1個ですなんてお上手を仰る。

あちらは勿論ハイブランドでしょうから(やっぱりでぃおーるかしら)、あれに比べたら細部はかなりざっくりしているんですが、底に鋲も着いてしっかりしていて内ポケットもあって機能は充分。雨の日にも安心の合成皮革。
お値段も迷うこともないかなりなプチプラ。
(行列大人気店の美しいケーキや高級店の芸術品のようなケーキをTVで見て、同じのは食べられないからとりあえずコンビニで似たようなケーキ買う。あの感じとお考えください。)

で、この1年半で4個目の購入となりました。
さすがに荷物を入れて下げるとサイド部分が妙に型崩れしますが、気軽に持てるタイプなので雨の日に重宝しそうです。

そういえば、レイチェル・マクアダムスもジェニファー・ローレンスも効き肩は私と同じ右、でした。

by august22moon | 2018-04-21 23:00 | お買い物 | Comments(0)

真綿を詰めるように

年々短く感じる1年間。特に11月は早く感じるのに、今年はそうでもなかったような。


6年ほど前まで『石ころ屋』さんという天然石屋さんでいくつもブレスを作っていました。
その後、オーナーさんのご都合でお店を閉められてしまったのですが、最近お店を再開されたそうなんです。
ぃやった~
d0109373_22271579.jpgで、早速。
おかげで緩んでたゴムも直して頂けたのであります。













ずっとアメシストだけのが欲しかったので、人気と評判のお店を何軒か回りましたが、ピンとこなくて。ようやく。
d0109373_3163297.jpg一番下のが私のです。
ボタンカットを6ミリ玉と交互にして、濃い紫だけのつもりでしたがラベンダーアメシストがきれいでしたので。
干支が梵字で掘られた石はあまり興味がなかったのですが、守護本尊といわれると大事にしたいと思いはじめまして。阿弥陀様というのも決め手になりました。
どうせ入れるならやはり大日如来と考えていたので6ミリ玉で入れてみました。












お直しに伺った際に出会ったユナカイトを使って根付を作りました。
紐は黄色で。裾のビーズは、ユナカイトと相性がいいと勧められたスモーキークォーツです。
店長さんに教えて頂きながら編むのですが、さほど複雑な編み方ではないにも関わらず、覚えが悪いうえにぶきっちょなものですから、ヨレヨレな出来上がりになってしまいました。
d0109373_2313830.jpg




いつもどんな事態にも楽観的な上司が傑作なジョークを飛ばしまして。思わず吹き出して、その後も思い出し笑いが止まらないの。

今は小さな問題だが積み重なって大きな問題となるという報告を受けて、それはまさに真綿で首を絞めるよう・・・と例えるところを、

「真綿を鼻に詰めるように・・・」

事態を重くみることはないと安心させるためにジョークで返されたのでしょうが。
それじゃ解決策無いってことじゃないですかぁ終わってるじゃないですかぁ

おかげでムカついたことも忘れられました。
これからイライラしたら思い出すようにしましょ
今も思い出すたび、胸がじわじわ

by august22moon | 2017-12-02 23:00 | お買い物 | Comments(0)