桜色の雑記帳

august22.exblog.jp

出会った本、映画の感想。日々のこと。

<   2018年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

わたしったら、吹替の声がエドワード・ノートンだって分かっちゃったわー
しかもウェス・アンダーソン!しかもしかもストップモーションアニメですってー
(予告編『Isle of Dogs』)

d0109373_21422115.jpg『Last Rose of Summer』

心に残る素晴らしい作品でした。

終わり方もとてもよかったです。

どんな結末でも母ミルドレットの無念が晴れることはないでしょう。
残された家族の闘いは終わらないから。
でももう孤独な闘いではなくなったのが救い。

母親にとって敵ばかりの環境で、だからこそこの闘いを始めたのでしょうが、それにしても、こんなに辛いことになるなんて。
救いであるように見えた署長ウィロビーですが、余命幾何もないというのを被害者遺族に打ち明けるのは、狡い言い訳だと思うんですよ。私は。
本人にとってはたいへん辛いことでしょうが、遺族にはなんの関係もない。
ミルドレッドが表情一つ変えず跳ね返すのも当然。

ウィロビーがこうゆう始末をつけるとは驚きました。
妻への遺言にあった遺志は胸を突かれました。
病で弱った自分を最後の思い出にしたくないという願いはこの男らしい。
というかウディ・ハレルソンらしい決意。

サム・ロックウェル演じるディクソンが、どーしょーもないダメ警官。
警官以前に人としてダメなんですが、そこがまた巧い。巧過ぎて、レッド奴は身動き取れないぞ窓大きいぞなんて思っちゃったですよ。
オレンジジュースひっかけておやんなさいっストローの向きまで気にしてあげることないっレッドってばもー

ただこのディクソンの、老いた母親の助言まで鵜呑みに行動しちゃう単純さが、一周回って(笑)役に立ったりして、物語のキーになるというのも面白かったです。

当初からミルドレッドの味方である人物もいて、意外なところで手助けしてくれたり、期待しないでいた人が力になってくれたり、期待していた人は結局なんの役にも立たなかったり。
最後の希望がなくなったことがいいほうに転がっていくとは。展開に目が離せませんでした。


人は変わっていくもので。思いもよらぬことをするもので。

揺らがなかったのはミルドレッドだけだったかもしれない。



映画
by august22moon | 2018-02-25 23:00 | 映画 | Comments(0)

「見果てぬ夢」

王者氏のショートプログラムが気になって仕方のない先輩が、仕事中に突然仰いました。
「じかんきゅう、とりたい」
ふぁ?時間給かと思いましたら「時間休」ですって。
いや先輩そんなのありませんから。お昼休みまで我慢ですよ。
我慢しきれぬ先輩、スマホで結果を教えてくれました。
おー3位とはがんばったーはびちゃんも2位じゃないですかー
「1位見てよ。1位の得点を」
あ、失礼いたしました。
d0109373_21381661.jpg




金曜に『ビアリッツカフェ』さんへ。
帰宅して夕飯どうしようかとパンを食べちゃっていたところへお呼び出し。
タパスがキッシュで、すでに結構満腹気味なところなのに、敵は空腹で食欲絶好調。
美味しかったんですが、食べ過ぎてしまいました。
撮りませんでしたが赤とかキティーとか、白はさわやかなソービニヨン。美味しかった~

お店のTVではSPの結果が繰り返し流れていました。
何度も見たのにコケちゃうところで何度もヒヤッとしちゃうものですねぇ
d0109373_22223015.jpg








フリーの結果を見てから伺った『つきさむ』のオーナーさんも、王者氏の大ファンとのことでしたが仕事中ゆえ「まだ見られてないんんですよー」。
凄かったねーよかったねー惜しかったねーと会話が弾む。幸福な17日間ですね。
d0109373_2263297.jpg







d0109373_22155277.jpg見果てぬ夢を追い続けたラ・マンチャの男も優雅で美しかった。

Still strove with his last ounce of courage
To reach the unreachable stars

あ、これは
プーさんではありませんね、もちろん。

by august22moon | 2018-02-19 22:36 | 季節 | Comments(0)
お寺さんの梅が咲き始めていました。
紅梅は満開。
日差しは温かそうですが、まーとにかく風が強い日でした。
d0109373_2157331.jpg




あら、ちきゅうさん。
d0109373_2156322.jpg





そうそう、これは『つきさむ』さん1月のごはん。
sale目的でのんびり行ったのでもうランチは諦めていましたら、まだ残っていたというね。
新年早々縁起がいいわいなランチでした。
春巻き、ほうれん草のナムル、厚揚げのみぞれ煮、グリーンサラダ、お正月らしくお膾、でした。
デザートは豆乳プリン。紅白でこれもお正月らしいお作品でした。
右はいつかのプリンと、甘酒のカステラ。
d0109373_2282940.jpg






で、こちら「2月のごはん」。富士山に傘雲がかかっていると天気が崩れるの言い伝えどおり夕方から雨が降った日でした。
車麩ののり唐揚げ・豆苗のサラダ・切り干し大根の煮物・グリーンサラダ・ほうれん草とイチジクの白和え(美味しい!)
デザートは抹茶ロール。
大変美味しゅうございました。ごちそうさまでした。
d0109373_22312374.jpg






d0109373_23455554.jpgタイトル : 紀貫之
by august22moon | 2018-02-14 23:00 | おいしいもの | Comments(0)
富士山もだいぶ雪化粧が進みました。
御殿場はぐんと気温が空気が低くキーンと冷たく澄んでいました。
d0109373_21413596.jpg




商店街の並木の根本にや建物の影には、雪かきで寄せられた雪が残っていました。
触るとすでに氷のように固まっていました。
地元から少し北へ移動するだけでそこはもうほぼほぼ雪国。
ホームセンターの店頭では雪かき用スコップがずらりと並んでいます。
d0109373_21525411.jpg





さて、お久しぶりの「ロバギター」さんです。
小窓からも富士山がくっきり。
d0109373_22302216.jpg




ホットスパイスミルクティーと、さつまいもゴロゴロなチーズケーキ。
さつまいものほっくりした甘さとチーズのほんのりしょっぱさが合って、とっても美味しかったです。

タイトル : 「ロバ」さんでのBGM。どなたの歌か伺わなかったのですが、印象的なフレーズ。
歌詞のユニークな歌がよく流れているせいか、なぜかこちらに居るといろんな言葉が浮かんできます。
文学的な少々文学的な。

d0109373_22593225.jpg





そうそう、伊勢からの帰りに名古屋駅での事です。新幹線ホームの喫煙室で一服していました。隣の男性はスマホを操作してらっしゃいました。ふと気づくといつの間にかその男性は居なくなっていて、立っていたところにパスケースが落ちているではありませんか。落とし物だと拾うと、後ろにいた若い女性がお連れさんが落としたかもと仰ったのですが、お連れさんの若い男性は自分のではないと仰ってる。その方よりも年嵩の方だったような記憶がありました。返されたパスケースを受け取ってとりあえずホームで落とした方に気付きやすいように少し掲げ気味に持ちながら、僅かな記憶の服装や横顔の感じにピンと来る方はいないかきょろきょろ。そこへ発車のベル。気付かずこれに乗ってたらアウトだねぇやはり駅員さんに渡そうと歩き出したその刹那。
焦ったようすでポケットをまさぐりながら走って来る男性がっ!
あ、あの方だ!と、コレですか?と近づきました。お礼を仰って受け取るやいなや踵を返し発車のベルが鳴り終わった新幹線に飛び乗られました。飛び乗った直後、振り向いて再度会釈されました。
あーよかった間に合って。発車前に落としたことに気付かれて。そして駅員さんを探して反対方向に歩いていかなくて。でもあの方がまだ喫煙所に居る時に私が気付いていればあの方も焦らずに済んだなぁ早く渡せるように走って近づいたほうがよかったなーと反省しながらお弁当のカツ丼食べてたのでありました。

目撃情報って記憶が曖昧だったりするじゃないですか。
しかも私は記憶力がとことん悪いときていますから、視界の端でちらっと見ただけの人の記憶なんて錯覚同然。
でもこの時は、ほぼほぼ記憶と合致していたという奇跡でございました。

・・・仕事に活かしたい

by august22moon | 2018-02-11 23:00 | おいしいもの | Comments(0)

お伊勢参り2日目

4回目にして初めて晴れました~
雨も情緒があっていいのですが、やはり青空の下で揺れる御幌を拝見したいですもの。

でも、少し風があってこれがまた冷たい。
ともあれまずはモーニングです。
ホテルで朝食バイキングもあったのですが、おはらい町で軽く食べられるところを探しました。
カフェのオーナーさんらしき方が看板を出されていたので伺ってみると、五十鈴川カフェさんでやってますよと教えてくださいました。
で、朝一の五十鈴川カフェさんです。
小皿に入っているのはミルクバター。ミルクキャラメルみたいでした。
d0109373_1782066.jpg







ささ、内宮です。もう既に参拝の方がいっぱい。
d0109373_179976.jpg





昨年購入の神宮大麻をお納めしました。
1年間お守りいただいてありがとうございました。
d0109373_1795055.jpg







d0109373_1711832.jpg





d0109373_1822117.jpgちめたいぃ















d0109373_1822597.jpg瀧祭神

















正宮
木漏れ日がとても美しかったです。

光と影のなかにおわします
寒さで縮こまっていた背もぴんと伸びるようです。
今年もお参りさせていただいたことに感謝感謝です。

外玉垣越しに内玉垣南御門に向けて改めて感謝
d0109373_18271721.jpg






荒祭宮も木漏れ日の中
d0109373_19285064.jpg





神楽殿・神札授与所の前から左へ
今年は忘れずに風日祈宮橋を渡って風日姫宮へお参り。
雨の日は分かりませんでしたが、萱葺の屋根に日差しが当たっています。
d0109373_19323167.jpg





勾玉池横を通って参集殿でひとやすみ。
内宮で御朱印を賜ったところで御朱印帳がいっぱいになりました。いままでは崇敬神社の冨士東口本宮浅間神社の御朱印帳でしたが、ここで終わったのもなにかのご縁かもと、崇敬会の御朱印帳を購入しました。
今年はぜ~んぶ桃色です。
d0109373_213365.jpg





風はさらに冷たくなっていました。
子安神社と大山祇神社にお参りして、再び五十鈴川を渡ります。
また伺えますように。
d0109373_22245.jpg




d0109373_2231374.jpg橋を渡ると鳥居前でお子さんたちの威勢の良い声が。














おかげ横丁でお昼です。
毎年楽しみにしている「団五郎茶屋」さんの松阪牛串。柔らかくて絶品。美味しいー
でもこの前に既に、フランクやら松坂牛の肉まんをシェアしております。
それから、昨年は売り切れなのか無かった念願の椎茸の天ぷらをいっただきまーす
d0109373_2255525.jpg





で、再びの「赤福」さんです。
なんで3個じゃないかなぁーとかね思いながら頂くわけですよ
かなりな行列でしたが「赤福ぜんざい」さんへ。
あったまりますぅ
d0109373_2141723.jpg




本店さんで買うことに意味があるなんて言って、お土産の大行列に並んでウチ用に8個入り。
内宮では、五十鈴川の土で作られた土鈴と香り高い楠の戊戌も。
d0109373_22502957.jpg





で、ですね。買っちゃったです。ベビーパール。
正装用のは持っているので、カジュアルにも身に着けられるものをと前日に昨年も伺ったお店へ下見に寄る予定でしたが、もう閉店していて。
1回見てじっくり考えて翌日決めようと考えていたんですが、それも出来なくなり店頭で迷いに迷いまして。
お高いのと並べると、色合いも輝きも差は歴然だったんです。
昨年購入のペンダントもかなりお得なお値段したが自分にとってはラッキーアイテムになったということもあって、分相応な価格のものにしました。
やっぱりきれいだったなぁ思い切ってもよかったかなぁなんてちょっと悔やんだりもしましたが、こうして自然光の中で見ると、案外きれいに見えるので。
よかったかな

下はおはらい町にある真珠屋さんのペンダント。店構えも素敵です。
d0109373_22492636.jpg





名古屋駅に着いて、高島屋で夕飯用にお弁当を探しました。
食品階はそれはそれはたいへんな混雑。美味しそうなものがいっぱいですから混みあうのも当然。
あれこれ迷って、新幹線車内にぷんぷん匂いを撒き散らすほどの、「揚げたてをお出ししていますので、10分ほどお待ちください」のほかほかカツ丼。美味しかった~

実は私は1泊用のボストンバッグがもう買い替え時だったんですが、あちこち探しまわってもコレというものが見つからず。
もうこれにしちゃおうと、かなりお安い大きめバッグを購入しました。が、材質が滑らかな素材じゃなくて、エスカレーターのガラス壁に引っかかってヒヤリとする始末。
大きさ・価格の条件的には適度だったんですが、一応エルベシャプリエの店舗を見てみたりしました。お値段も驚くほど高いということもないのですが、年に1-2度の一泊旅行なので、じっくり選ぶことにしました。
ネックレスも買っちゃいましたしね。

名古屋からのアクセスが不便で、帰宅は夜遅くなってしまいました。
翌日になると背中が薄っすら筋肉痛。寒さで力が入っていたんでしょうね。
d0109373_231018100.jpg

by august22moon | 2018-02-07 23:19 | 季節 | Comments(0)

お伊勢参り1日目

今年もお伊勢さんへお参りしてまいりました。
家を出るのがちょっと遅くなってしまったのですが、例年通りまだ星の瞬く朝5時過ぎに家を出まして。在来線から新幹線に乗り換え名古屋に7時半頃到着。
あれ?あれ?と近鉄線の乗り換え口に迷ってしまいましたが、無事7時50分発の特急宇治山田行きに乗りました。
9時20分頃、伊勢市駅到着。外宮参道にある「やとや」さんの姫にぎり5個セットをシェアして3度目の朝食です。
起きてすぐにおにぎり1個新幹線車中でサンドウィッチ2個食べてるのに
・・・旅の胃は無限大です。
で、モーニングコーヒーです。モカを頂きました。
参道の端では今年も干支木札が配布されていましたので、行列に並んで頂戴しました。
なかなか外宮に入りません。こんなことして1時間経ってます。

元は刃物屋さんである「菊一文字」さんはお守りや根付なども扱われているのですが、こちらでユニークな占いがありました。
一抱えもある木に沢山の杭が差し込まれていて(黒ひげゲームみたいな感じ)そこに書かれた番号のおみくじを頂くシステム。古代の神様になぞらえて占われるのですが、暴れん坊の神様が出たりしてと冗談を言っておりましたら、本当にスサノウ様でした。
d0109373_0223228.jpg





さ、いよいよ外宮に参拝です。
d0109373_23325320.jpg







d0109373_23111136.jpg





d0109373_0372832.jpg





今年も無事お参りさせていただいて感謝です。
d0109373_0472751.jpg





みなさんがパワーを感じ取ろうと手をかざしてらっしゃる「三ツ石」
d0109373_0481655.jpg





多賀宮、風宮、土宮へもお参り
d0109373_0435394.jpg






気温は低めでしたが、この日は風もほとんどありませんでした。
静謐な杜の中は空気まで清らかで気持ちがすっきりするようです。
d0109373_0463374.jpg






d0109373_105798.jpg別宮の月夜見宮へ















月の神様らしい、静かで美しいお宮です。
d0109373_121576.jpg




今年もお昼は、吉本さんのTV番組が流れる「じろべえ」さんで伊勢うどんをいただきます。
こちらの奥様お手製の根付をプレゼントされました。
ノートにどちらから来られたか書いてねとのことで、偶然見つけてとても美味しかったので毎年伺っていますと添えさせていただきました。
卵を溶かしてタレまで完食です。今年もごちそうさまでした。
d0109373_1144628.jpg





それから伊勢市駅へ戻って、バスで徴古館前で下車し倭姫宮。
杜は仄かに濡れた木の香りがしました。深呼吸しながら進みます。
d0109373_1254658.jpg





d0109373_1282190.jpgまたバスで中村町下車。
月讀宮到着。














d0109373_1301377.jpg






d0109373_1324689.jpg






バスはすぐ来そうでしたが、月讀宮から猿田彦神社へ徒歩で移動。
こちらでは交通安全のお守りを賜ります。
d0109373_1352248.jpg





おはらい町を通過して内宮大鳥居へ。明日また改めてお参りさせていただきます。
d0109373_1355245.jpg




おはらい町へ戻り、「五十鈴川カフェ」さんでひと休みです。
d0109373_1394839.jpg




来た時はたいへんな行列だった、「赤福本店」さんですがだいぶ落ち着いてきていたので、1年ぶりにいただきまーす。
美味しい~幸せ~ お番茶も美味しいですこと。
風も出てきましたが、床暖房が入っているのであったか~
ごちそうさまでした。また明日伺います。
さ、続きましてお向かいの「赤福ぜんざい」をいただきますよぉ
こちらは、注文を受けてからお餅を焼いてくださるのでちょっと待ちますが、焼き立てのお餅が美味しいー温かくてほっとする美味しさです。
ごちそうさまでした。また明日伺います。
d0109373_1441327.jpg






おかげ横丁の「宮忠」さんでお伊勢さんのお飾り。
そろそろ神棚が古くなってきましたので修理や取り換える場合のタイミングなどご相談させていただきました。
d0109373_1482310.jpg






今年は月夜見宮や月讀宮のお守りがあるのを初めて気づきまして。お名前に合った美しい黄色のお守りをいただきました。
4色ある外宮のお守りも4つ目。今年はピンクです。
厄除け守りも形は変わったのかな?
職場の先輩が崇敬神社のお守りを昼間はもちろんのこと寝る時は枕元に置いて、ご家族の大事な日には持たせるほど大切にされているのを聞いてからというもの、真似させてもらって夜寝る時に枕元に置いてみましたら、寝しなにネガティブなことを考えずに寝つきもよくなった気がしまして。今年は外宮の厄除けもいただくことにしちゃいました。
問題はこうして多すぎること。
ひとつのものを大切にするって素晴らしいことだと思うんです。
私は目移りするというのか、ひとつに絞れないんですよね
浅間さんのお守りだけでなく、内宮と外宮の開運守りもバッグの内側に提げています。
男子高校生がリュックにお守りをひとつ提げているを見かけると、とてもいいなぁと思いながら。
d0109373_2173389.jpg





d0109373_203661.jpgこの日は節分。
小さめでちょうどいいサイズでしたので今年はコンビニの恵方巻。
地ビールでおつかれさん。何気に選んだのですが、これがフルーティーでとても美味しかったです。

by august22moon | 2018-02-05 23:00 | 季節 | Comments(0)

once in a blue moon

オデコの腫れも3分の1ほどになりまして、爆笑するとツルような痛みがでるもんなんだなぁなんていうことが分かった先週末。
全豪オープンの準決勝の再放送を見ようとしておりました。夜も遅くなり、横になって見始めたのがいけませんでした。
結果は、いくら好調の若手とはいえ圧勝は想像がつきましたし、相手のリタイアも知っていて安心もあったので、試合開始間もなく寝ちゃったんです。
朝起きてびっくり。左目の目頭よりの瞼が濃い紫色の黒ずみ。鼻なんて眼鏡をかけて当たる部分がへの字型に黒ずみになってるじゃありませんか。
眼鏡かけたまま寝ちゃったから眼鏡が顔に押し付けられていたんですね。
黒ずみって日を追って濃くなるので、月曜日のメイクは苦労しました。
黒ずみはファンデでは完全に隠せないので、いつもはかけない眼鏡をかけて仕事してました。

感動的な涙の優勝スピーチ、「世界一美しいセルフィー」、そして空港で観衆に迎えられて凱旋・・・
鼻の黒ずみは1週間経っても消えません。

さて水曜日の夜。
ご近所の親子さんの、歓声が聞こえてきました。
お隣でも、道行く方々も夜空を見上げているもよう。
珍しく風もなかったので重装備で出てみました。
d0109373_21233613.jpg




21時過ぎて、風がないとはいえキンと冷え込んでいるので、時々は部屋に戻って温まるのでありました。
肉眼ではもっと赤く見えてきれいでした。
d0109373_21455527.jpg





腕をずっと上げていたので、腕が疲れちゃいました。
月が出た頃には雲が多かったのですが、晴れて星も見えて、珍しい現象が見られてよかったです。

お願い事ができるお月さまかな?
d0109373_2244544.jpg

by august22moon | 2018-02-02 22:17 | 季節 | Comments(0)

出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22