<   2018年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「こっち見るの~?」

d0109373_23282138.jpgやっぱり今年も、あっと言う間に12月です。

夏以降、「平成最後の」という冠詞が付くようになりました。
平成最後の冬
平成最後のクリスマスということですね。















11月に、来年の手帳を買ったんです。ここ数年、同じようなマンスリーと数ページのメモが付いているタイプです。
軽いのがいいんです。仕事用には別のノートがあるので、簡単なスケジュールやメモが書ければ。
ビニールのカバーがされているので、お気に入りのお店のショップカードや、きれいな絵なんか差し込んでオリジナル感を出しておりました。
今年もお気に入りタイプを早々に購入していました。


(街はあちこちキラッキラです。
静岡の青葉公園にはメリーゴーランド。
お子さんを乗せて、パパママじいじばあば撮影会。
「こっち見るの~?かわいい~。・・・見た目もとっても可愛い」
と密林さんのCMが蘇ります。)

d0109373_234111100.jpg






(先日、妹が誕生日でして。
『ジヴェルニー』さんでお願いしたお花を贈りました。
深紅のユリのアレンジメントは、お友達からのプレゼント。
『カフェ・コムサ』でお食事して帰ると宅配便が送られてきて、開けたらフリージアの香りが解き放たれて、部屋中に満ちました。
ケーキは『ベルアメール』さんの飲み物系で。
よき1年を。)

d0109373_055782.jpg





しかしなぜか、いろいろ気になってきちゃったんですねぇ
好みに合ってはいたけれど、来年はなんか違う、って気分が芽生えてきて。

中でも特に、目に留まった手帳は、いいロゴだなぁと気になっていたもの。
でも、使い勝手が好みではなくて買わなかったんです。
それは「Rollbuhn」。
かっこいいロゴです。
もう買ってあるのに、ノートタイプを買ってしまいました。
で、どうしましたかと言いますとね。
中綴じの表紙だけを外して切って、ビニールカバーと本体の間に差し込んでみちゃいました。オリジナル版Rollbuhnの完成。なかなかよいではないのぉと、満足していました。

しかし、ノート本体を無駄にした罪悪感のせいか、だんだんそれもなんだか・・・になってきた自分がいます。
ダメダメ。2冊も手帳を無駄にする気なのっ

試着せずサイズ間違えたスカートより色違った~な口紅よりボトル倒してドバーッと流れたシャンプーより使いきれなかったキャベツより一層、無駄にすると罰が当たりそうな気がします。
手帳って。

結局。これ完璧!っていうのがないのがいけないんですよね。
どこかで妥協しなくては。

雨が降った翌日の富士山。
あっという間に冬の装いです。
d0109373_005251.jpg

by august22moon | 2018-12-14 23:23 | 季節 | Comments(0)

森を飾る

三島市営公園「楽寿園」で開催された「楽寿の森マルシェ」へ行ってきました。

こちらでは静岡県東部で活動される「ママさん作家さんたち」が出店。
お客さんたちも親子連れが多く、とても賑やかでした。

早くも門松が飾られた駅前入園口。まだ紅葉が見られました。
d0109373_23544594.jpg




d0109373_0244668.jpg




ところどころに紅葉の残る明るい森の小径を進んでゆくと
ああもうカレーのいい香りが流れてきていますよ。
今回3件くらいあった気が・・・
d0109373_23575123.jpg




まずは「こもれびエリア」で、『ganmoバーガー』さんで、どら焼きです。
がんものバーガーもとても美味しいと評判のお店ですが、絶賛お豆アレルギーの真っ最中で断念。無念。
『柿田川湧水カレー』さんのミニポークカレーとタンドリーチキンカレー。
ライスが多めでチキンも大きくて、お席が空くまでウロウロしながら持っていて、手首やられるかと思いました(笑)
『COFFEE CART SHAKA』さんのコーヒーとともにいただきます。
d0109373_002099.jpg




くまなく拝見して回りまして。
正門へ続く「はじまりのエリア」へ向かいます。
木枠に白い布を張ったブースが素敵な、天然石やドライフラワーのお店『N・homeworks』さんで、ブラックルチルのペンダントに出会いました。
作家さんもお手伝いされている娘さんもとてもおきれいな方。
石たちがどれもとても美しくて、素敵なお店でした。
ショップカードを頂かなかったので、HPかインスタを検索したんですが見つけられなくて。
実行委員会のフェイスブックにも載ってないし。
またどこかで逢えるといいんですけど
d0109373_111355.jpg



正門前の、『かしまし屋』さんで、シートの素材で作ったトートやニットのトート。
正門を出たところでは『WACKY』さんというお洋服屋さんでセーター

「森のこみち」にて『Kaco』さんとおっしゃる可愛いイラストを加工したブローチ。
(作家さんも可愛いかた!)
「ヒカリのエリア」に戻って『Atelier Crea』さんのアメジストのペンダントトップ。
『HAUSKA』さんでリバティプリントのトートとポーチ。布製の髪留め。
『B.』さんで布製のピアス。
d0109373_115557.jpg




正門へ向かうのに、多分初めて小浜池の南側の小径を通りました。
水面に雲が映って。穏やかな初冬の景色です。
小浜池から「はやの瀬」があり、源兵衛川に続いています。
夏はここからホタルが放たれて、川伝いにホタルが飛んでいきます。
d0109373_1325842.jpg






楽寿園の中は、きれいな気が流れている感じで、とても楽しくて、気持ちがよかったです。
d0109373_1381660.jpg





正門前の紅葉した木に、すてきなオーナメント。
d0109373_204549.jpg



さ、イベント後は
d0109373_140236.jpg




『ロバギター』さんです。
バターリーミルクティーとホットスパイスミルクティーです。

御殿場のアートクラフトフェア後もそうですが、手作りのぬくもりあるお作品たちに出会ったあとのほっこりした余韻を壊さないためには、『ロバ』さんの雰囲気が必要。
d0109373_147010.jpg

by august22moon | 2018-12-09 23:00 | お買い物 | Comments(0)

ブライアン・シンガー監督作 『ボヘミアン・ラプソディー』2回目

d0109373_2317313.jpg先日ようやく2回目。
地元ではどんなヒット作でも、公開2週間も経てば客席はぽつりぽつりなのが当たり前なので、小声で歌えちゃうかな?とレディースデーのしかもレイトショーで見に行きました。
が、お客さんが結構入っていて。
歌えないじゃん!

応援上映もありましたが、行きませんでした。
一緒に笑い声をあげたり驚きの声をあげるのは楽しいんですよ。
むしろ、ダースベイダーが出てきたら、おお~っと驚けば?なんてね思うんですよ。
ジェイソン・ボーンが、屋上から隣のアパートの窓に飛び込んだら、イェ〜イ!と歓声あげれば?と思うんです。
でも一緒に歌ったりするのは好きくないの。
『アナ雪』はいいの。あれは子供たちが歌うからいいんです。
世界的人気の日本人作家のファンが集うお店なんて、ぞっとしますのよ。
(ライブで歌ったし。「手をとりあって」を。一緒に行った友人は、日本語部分を全て観客に歌わせたので、「憶えてないな、あれ」と笑ったっけ。)

2回目ですから、フィクション部分や時系列の違いなど落ち着いて見られました。
YOUTUBEでライブ・エイドも見直して。
その再現力が完璧と評判ですが、ラストの4人の立ち位置まで同じなんですよね。
3人を振り向いた時のラミ・マレックの表情が、万感の思いが籠っているように見えました。

ライブ・エイドまでの道のりが巧みな構成で、やっぱり泣けちゃった。
こうして、ライブ・エイド前に発病が診断されてたこととすると、セットリストの歌詞全てが、心に響いてくる。
ドラマチックな歌詞に込められた、身を削るような言葉。
プロデューサーの無知に、遠い目で多くを語ろうとしなかった。
ブライアンたちは、どれだけ気付いていたのかな。
知的な彼らのことだから、察していて、血と涙の滲んだその言葉たちを黙って受け入れていたのかな。

特にブライアンの描き方がとてもよくて、彼がいかに包容力のあるひとだったかが描かれていると、改めて感じました。
和解を求めるフレディに、3人だけで話したいと退室を求めた時、理由を尋ねるマネージャーに、なんとなくだと答える。
もう既に許してる表情。準備はできていたという表情。
メイ博士、おとなだ。
ジョンも人柄が表情に巧く表されていて、言い争いの最中に「Another One Bites The Dust 」のリフを弾き始めるなんていかにもジョンらしい。
フレディの告白を聞いてなにも言わずただ静かに涙を流しているのも、彼らしい。

似てないロジャーも、演奏中のおくちムーをちゃんとやってくれてたし
しかし、フレディの新居で、食事を断って帰ると言った後の、あのハグがね、凄い気になって。
ハグする前のやりとりが、簡単すぎやしないか。
なんだろう、あの別れは。


IMBbで見つけたメイ博士親子(笑)と、傑作な加工。
d0109373_0174495.jpg





d0109373_0181271.jpg




来日シーンがカットされて「’39」が聴かれないことより、「'39」が選曲されてたことが嬉しい。
いつか完全版で見られるかも、ですものね。
あの、いかにも天文物理学を専攻していたブライアンらしい歌詞が好きだったんです。

一番好きな曲はと考えると、1曲に絞れないんですけど。
「ボヘミアン・ラプソディー」ではなかったんですよね。
でも、今頃になってではあるけれど、強烈な詩。

憂さ晴らしのように「Keep Yourself Alive」や「Brighton Rock」を繰り返し聴いてたかなぁ



映画

by august22moon | 2018-12-07 23:00 | 映画 | Comments(0)

紅葉狩り

伊豆市にある「修善寺 虹の郷」へ行ってみました。
12月2日まで、庭園の紅葉がライトアップされていて、とてもきれいだったと友人のお薦めを受けまして。
見頃は過ぎているようですが、まだ充分楽しめました。
来場客減少で市の振興財団が来年3月末で経営から撤退するそうで、今後は管理者を公募されるそうです。
存在は知っていましたが、予想以上に楽しめそうな施設でした。
入ると、お土産屋さんが立ち並んでいるんですが、これが基本的に中世イギリス風。
二階建てバス、ビートルズのPOP、英国王室のお写真、ロムニー鉄道まで。
ハンプティーダンプティーもいますよ。
・・・なぜイギリス?
施設内をもっと進めば、カナダ村っていうのもあるそうで、かなり広大。
50万㎡もあるんですって。
d0109373_159362.jpg




クリスマスイルミネーションコーナーに流れるは「Happy Xmas ~war is over~」
徹底してます。

既に紅葉が見事な階段を下って行くと「伊豆の村」と名付けられた特産物屋さんやお食事処が並ぶエリアがありました。
風はありませんが、冷え込む夜ですからおでんやお蕎麦で温まっていかれる方が多かったです。
d0109373_159276.jpg





d0109373_205439.jpg







d0109373_2273968.jpg





さらに進んで日本庭園へ。
d0109373_352780.jpg







d0109373_293724.jpg






d0109373_210753.jpg





池に木々が映ってとてもきれいです。
d0109373_2112195.jpg






木橋を渡って池の向こう側へ。
東屋や池に張り出した月見台のような休憩場所があって、落ち着いた雰囲気です。
d0109373_2133398.jpg








d0109373_2295561.jpg「伊豆の村」に戻りまして、お餅入りぜんざいで温まります。
甘くて美味しかったです。
焼き椎茸。伊豆は厚くて大振りな椎茸が特産ですが・・・こんな大きいのが出てくるとは思わずびっくり。美味しかったです。ごちそうさまでした。

こちらの施設はみなさんそうだったんですが、とくにこちらの店員のおにいさんが、爽やかでいい感じ。










串団子、特大いちごの苺大福、尺鮎の塩焼き・・・
美味しそうなものばかり
d0109373_216654.jpg





d0109373_2205839.jpg階段を降りてきた親子連れの、5歳ぐらいのお子さんが、なにやらご機嫌にくちずさんみながらひとり先立って降りていらしたので、なんのお歌?と尋ねましたが、ぴょんぴょん跳ねながら、どんどん階段を降りて行ってしまいました。
後から降りて来たおかあさまがニコニコと、「ダパンプなんですよー」。
よく聞いてみると、確かに「♪ かーもんべいびー」

・・・これがブームというものなんでしょうか。


見上げると夜空には星がいっぱい。

少し寒かったですが、隅々まで整備が行き届いて、美しい公園でした。
菖蒲の頃にまた来たいな


by august22moon | 2018-12-02 23:00 | 季節 | Comments(0)