人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ヨルゴス・ランティモス監督作 『女王陛下のお気に入り』

d0109373_23162048.jpg 『ロブスター』も『聖なる鹿殺し』も見てないけれどだいじょぶかしらと、迷ったのですが。
アン女王役で主演女優賞にノミネートされたというオリヴィア・コールマンの演技が見たくて行ってみました。
持病に苦しみ疲弊していき、視力も落ち、ストレス発散に過食。召使たちは理不尽にヒステリーの標的とされる。
一目で、腹心にいいように操られて威厳も失われているのが分かる顔。
しかしラストは、逃れられない君主の孤独と女性としての悲運と自分の情けなさを初めて正面から受け止め、そこから歩いていくしかない覚悟が感じられる見事な表情でした。

映像も面白かったです。
宮殿の寝室や接見室などは、美術品が飾られ、絵画が掛けられ、絨毯のような細かい柄の織物が張り巡らされて、重厚というか圧迫感がある。
しかも、超広角レンズやローアングルで部屋全体を映すので、空間の余白が感じられない。
国内経済やフランスとの戦いを話し合っているにも関わらず、閉塞感が出て、女王が外に目を向けられてないのが強調されました。

女王の全てを掌握した幼馴染のサラから、サラを頼ってきた従妹のアビゲイルへと、アンの「お気に入り」が移っていくんですが、政治的にも影の実力者であったサラとは反対に、女王の弱点を突いて近づいていったアビゲイル。彼女は没落貴族であるために貴族に返り咲きたい野望が先行して、結局のところ女王の哀しみに真に寄り添っていたのではなかったことが最後に露呈してしまう。
浮かれて油断が出ちゃったねぇ

今度は自分が排除される番になったのを肌身に感じているエマ・ストーンの虚ろな横顔に、女王陛下の「お気に入り」であり続けたウサギたちが数を増やして被さるラストは、哀れな喜劇の幕切れで、ありました。


映画

by august22moon | 2019-02-24 23:00 | 映画 | Comments(0)

別の地図

寒さもちょっと治まって、どこからか沈丁花の香りが漂ってくる週末。
友人お薦めの中華料理屋さんへ。
深夜の飯テロ番組の再放送を見てしまい、やたらとちゃんぽんが食べたくなっておりました。
広東料理の『抜天』さんです。
点心メニューも豊富で迷ってしまいましたが、とりあえず初入店ですから、ベーシックに海老餃子を、目的のちゃんぽんと五目あげそばを頂きました。
魚介の出汁がスープにしっかり出ていて、美味しいですこと美味しいですこと。
餃子のエビもぷりっぷりで、大満足。ポットで供される烏龍茶も美味しい。バイト君もかわいい。
ごちそうさまでした。
食べたいものいっぱいでしたので、近いうちにまた行かなくちゃ。
d0109373_22531614.jpg




d0109373_0572173.jpg昨年10月にオープンしたばかりの絵本専門店『えほんやさん』へも初めて伺いました。
通りかかって初めて見た時は、なんか可愛いお店が出来てるーと気になっていていました。
店内は広くはないながら、とてもいいラインナップ。
プロだなぁと感服したのが、いわさきちひろ作品がなかったこと。

私の好きなピーター・スピア氏と林明子さんの絵本(こんとあきがありましたよ~)が置かれていました。スピアの絵本は1冊ありましたが、これが「せかいのひとびと」。あれぇーこれもしかしたら持ってないかもー。帰宅して本棚を確認してみたら、やっぱりなかった!次回伺って頂かなくっちゃ

個人商店が頑張っている三島市。地方で絵本専門店って難しいのでは?と思いましたが、こちらは絵本講座や読み聞かせなどいろいろと楽しそうなイベントが開催されて、若いオーナーさんのセンスとアイデアが満ちているようです。
こちらのオーナーさんは、遠く他県から移住されて来たとかで。お薦めのお店をいろいろ教えていただきましたと。それに、役所のひとも皆優しく対応してくれたし、信号のない横断歩道で車が停まって渡るのを待ってくれたのが地元ではあまり無かったので、温かい街だと思ったんですって。
三島、好印象なようでよかったぁ

書店スペースの奥が小さなカフェスペースになっていましたので、お食後のコーヒーを頂きました。
こちらの雰囲気がまた素敵で。ひとめぼれですたい。
御納戸色のレンガも、さりげないディスプレイも、床やカウンターの天板にペンキが垂れた跡があるのも素敵なセンス。
傍らの小さな冷蔵ショーケースにきれいなパッケージのペットボトルがありました。これ、職場に持っていくのにちょうどいいサイズ。
でてきたコーヒーカップが!偶然!それぞれのラッキーカラーだった!うれし
コーヒーも美味しかったです。ごちそうさまでした。

帰り際、どどーっと若い女性のお客さんが入ってこられて、店内身動き取れないほどになってきました。大盛況。

素敵なお店と出会えて、気分最高な週末となりました。
d0109373_2314912.jpg

by august22moon | 2019-02-23 23:29 | おいしいもの | Comments(0)

ロブ・マーシャル監督作 『メリー・ポピンズ リターンズ』

d0109373_22381795.jpg半月ほど前に見ました。

64年版を見ていないんですが、有名な作品ですから、だいたいのストーリーは知っていました。
初めて、明るい表情のエミリー・ブラントを見ました。
ツンとおすましした表情も、とても素敵。
雲間から傘をさしたメリー・ポピンズが舞い降りてくる場面は、ちょっと感動的。
群衆ダンスはとてもダイナミックでスピーディー。現代的な振り付け。

20年後という設定ですが、家族関係や父親の勤務先の銀行とのいざこざなど、前作を踏襲していて、メリー・ポピンズらしい、なんら裏切ることのない流れなんですが。
バンクス家の問題を描いている場面が長い気もして、もっとメリー・ポピンズの魔法が見たかったかな

頭取役のコリン・ファースも、バンクス家に対しては悪役ですけれど、スマートでかっこいい。
ディック・バン・ダイクの元気なのにビックリです。
この作品が64年から引き継がれていることを示すためには不可欠だったと、エンディングのメロディーを聞きながら気づきました。

なんとなく物足りないと感じるのは、あの有名な劇中歌がそのまま聞かれないこと、かなぁ
似た曲が作られていて、それはとても合っているんですけれど。
オリジナルを見ていないから、スクリーンで聞きたかったというのもあります。

なんやかんや言っておりますが、ともかく、新しいメリー・ポピンズが生まれたことは、喜ばしいこと。

世界にファンタジーは必要。


映画
by august22moon | 2019-02-20 23:00 | 映画 | Comments(0)

Colling

d0109373_21504015.jpg






また今年も
d0109373_21511910.jpg




この場所で
d0109373_21515392.jpg







d0109373_2201825.jpg





今年も咲いたのね~と見上げております。
d0109373_2154665.jpg

by august22moon | 2019-02-19 23:00 | 季節 | Comments(0)

M・ナイト・シャマラン監督作 『スプリット』wowow放映

d0109373_255092.jpgドキドキしましたー。
息が詰まったー

スリラーというのが、解離性同一性障害の演技を俳優さんのテクニック披露にさせていませんでした。

でも、演技は素晴らしかった。乗り替わる瞬間もきっちり演じて、マカヴォイお見事。
無双といっても過言では、ないかも。巧い巧い。
どうもシャマラン作品、オチがイマイチになることが多いのですが、今作は最後まで面白く見られました。
あれだけ至近距離から撃たれても不死身なのは、ビーストだからなわけで。
それはそれで納得ですし。

被害女性のケイシーの背景が、この女性の行動に大きく反映していて、そこがこのスリラーに、より不安感を与えていました。
冒頭、親切に声をかけてくれる友人への反応に、この女性がなにかを隠しているのが見て取れます。
友人の父がトランクに詰めているはずの荷物が散乱しているのをミラーごしに気付いても何も出来ない、まず、すくんでしまう。
でも、ここちょっと反応しなさすぎですけど。

しかし、虐待を受けてきたせいで、パニックにならない。恐怖をやりすごす術を知っている。多重人格の中の誰を利用すればいいか考え、最初に行動したのが、このケイシー。

監禁場所が普通の家屋じゃなく、明らかに地下というのも絶望感を煽っています。
せっかく部屋から脱出できても、なんであんな廊下が長い!?
ロッカーが複数在ったので、ってことは誰か来るんじゃない!?とちょっと安心させるも、場所の特定が付かないので、不安感を煽りました。
信頼している精神科医が女性でしかも高齢なので、もしバリーから狂暴な人格に替わったら対抗できる力はなさそうなので、こちらも不安。
穴も隙もなさそうで不安だらけ。

対抗力を持っていたのがケイシーのケヴィンと同じ子供の頃の虐待体験だったというのは、ラストの決意に満ちた視線も含め、巧などんでん返し。その女性警官に打ち明けるんだ!ケイシー!

つまり。
なぜケヴィンという男性が多重人格になってしまったかという、幼少期の悲劇が描かれないぶん、全編を通して引き込まれたのは、ケイシーという被害女性のほうでした。


映画
by august22moon | 2019-02-18 23:00 | 映画 | Comments(0)

デイミアン・チャゼル監督作 『ファースト・マン』

d0109373_23255992.jpgレイトショーで見て、ほぼ同時に終わったドアから、多分満席だったであろう多くのひとが出てきました。入口横のポスターを見てみると・・・「シティーハンター」
そんなに人気なのー


ライアン・ゴズリングが、アームストロング船長とは意外なキャスティングだと思っていたんですが、さすがに途中で過るんですよね。ご本人のお顔が。似てくるんです。

冒頭の海軍訓練機や、船体が崩壊しそうな「1秒に数回」という異常なスピン。
完全に人間の限界を超えている過酷な状況が再現されていて、演じている俳優さんたちの顔も判別できないほど。
今まで見た映像作品では、ここまで強烈な振動では描かれなかったので、事実はこんなだったのかと驚きました。ダメージが酷そう。
これ、4DXでも上映されていましたが、どこまでシートが揺れたんでしょ。こわいー

実直で生真面目だったというアームストロング氏ですが、その性格をかわれて新しいミッションに採用されても、喜ぶでもなく、静かに受け止める。会見ではジョークのひとつも言わない。仲間と楽しく過ごすことはあっても、はしゃぐようなことはない。
思えば、月面でのあの有名な第一声も、いかにもという言葉。
船内でも沈着冷静に行動しているんですが、いざ着陸させる時、振動の中に一瞬、ゴズリングが厳しい射るような目つきをするんですね。絶対に成功させるという強い信念の。軍人の目。
それまでに見なかった、ハッとするような。素晴らしかった。
そしてついに「The Eagle has landed」。

事実も想像の部分も、とても巧く表現されているんですが、ゴズリングが演じると、常に翳を感じるんですね。
圧倒的な孤独を。
それは、幼くして亡くなった娘さんのことが、ずっと残っていると感じられるんです。
感情を表に出さず、堪えてしまう質だから、よけいに。見ていて辛い。
1号の火災で亡くなった仲間の葬儀でも、遊んでいる子供たちの中に娘の姿を見てしまう。

アームストロングが月面でひとり、クレーターに近づいていったというエピソードを効果的に使っています。
困難を極めた国家の大事業である「アポロ計画」の中の、ひとりの人間のドラマとして、強烈に印象づけられました。
泣けちゃった。

遂に到達した月面は荒涼としてなにもない。
視線を巡らすけれど、なぜか脳裏に過るのは、幼い娘と過ごした緑豊かな初夏の景色。
虚空を指さす娘。優しく触れた眠っている娘の髪。
クレーターに近づいて行って、娘カレンのネーム入りのブレスレットを取り出す。
そのブレスは、吹っ切ろうとするようにデスクの引き出しに投げ入れたはずのもの。
それをクレーターの中に落とす。
ゆっくりクレーターに落ちていくブレスレット。
落ちていくわけですから、想像の行為なんですよね。
でもね、これ、ほんとうのことだったらいいな、と思いました。

カレンはお月さまにいて、「持ってきたよ」と声をかけたようです。
だから、最初に視線を巡らせたのは、娘の姿を探してみたんじゃないかと




映画
by august22moon | 2019-02-17 23:00 | 映画 | Comments(0)

お伊勢参り 内宮編

例年、倭姫宮と月讀宮もお参りして1日目を終わるところ、行けませんでしたので、いつもより少し早く起きて、7時3分の始発バスに乗って、まずは倭姫宮さまへお参りです。
セントレアに向かうと思しき飛行機が、いちいち近い。低い。

一の鳥居を潜って、おはようございま~すと声にだしてご挨拶してみましたら、木がざわわ。
7時20分はちっとも早くありませんよーと仰られたようです。

どなたも居ない静謐な空気の中をお参りできました。
d0109373_22363460.jpg





すぐにバスが来ましたので、中村町で下車して月讀宮へ。
参拝の方が数人いましたが、敷石を踏む音だけが響く静けさです。

毎回、御幸道路側の鳥居から入るんですが、後で宮司さまに伺いましたら、こちらは裏参道だそうで。
どちらからでも構いませんよと仰っていただきましたが、次は表から伺いましょ。
こちらの守衛屋の戸口にはお花が活けられていて、この日も枝ものと楚々としたお花が活けられていました。
お守りと御朱印を賜りまして、また来年。
d0109373_126816.jpg





宮司さまから、そちらからお帰りになるのでしたら葭原神社へもと教えていただきました。
なんと、いままで素通りしていました。
見事なクスノキが寄り添ったお社でした。

昨日バスを間違えたおかげで、いつも午後にお参りしていた別宮に、午前中お参りできました。
やっぱり朝のお参りは気持ちがいいですね。ありがたさも倍増です。
d0109373_2314611.jpg




9時少し前におはらい町に入りまして、五十鈴川カフェさんでモーニングをいただきました。
こちらは、レトロな和風建築であるのに、70~80年代の洋楽がBGMでかかっています。先ず聴こえてきましたのは、「We’re all alone」。ボズですよ。ボズ・スキャッグスが朝一で聴かれる幸せ!
♪ close the window calm the light

いい日の始まりを予感させます。コーヒーも美味しい。
ゆで卵もちょうどいい半熟。

♪ and it will be all ight ~

お賽銭用に小銭入れを持って行ったんですが、これが職場でちょっとなにか飲みたい時などに使う小銭入れ。取り出すたびに職場が過るよう・・・
で、スヌーピーグッズ屋さんや和風小物屋さんで小銭入れを仕入れていきました。
d0109373_20111735.jpg






さ、内宮にお参りです。
さすが三連休。すでに10時近いこともあって、たいへんな人出です。
d0109373_23191895.jpg






一礼して大鳥居を潜り、宇治橋を渡り、お札を収めて、五十鈴川の御手洗場で手を清めて
d0109373_2043274.jpg





瀧祭神さまをお参り。
d0109373_2049380.jpg




風日祈橋を渡って、風日祈宮さまをお参り。
d0109373_20522183.jpg





今年も日差しの中でお参りできました。
時折風が吹いて、これがまた冷たいんですけどね。
d0109373_20562423.jpg




中重御鳥居際参拝の方を拝見してゆっくりさせていただきました。
なんだか まいとし さりがたい

いろいろとあったけれど。今年こうゆう心持ちで伺うできたことに感謝です。
d0109373_2056466.jpg




それから、荒祭宮さまへ。
なにとぞなにとぞ。

どなたかにシャッターをお願いしようと、お手すきそうな方を探してキョロキョロしておりましたら、ご親切にもお声をかけて下さった方がいました。
ありがとうございました。

毎年見落として素通りしていた、四至神さま
d0109373_21285420.jpg





授与所で御朱印(大行列!)とお守りを賜りました。干支の土鈴と木彫り守りも。
土鈴はほぼほぼ豚さんで可愛い。
参集殿では、根付とか鈴をいただきました。
鈴には意味があると分かっていて、ちりちり鳴らないように帰宅後に紙を詰めますの

そして、子安神社と大山祇神社をお参りして
d0109373_20332863.jpg




また来年、伺えますように。
d0109373_23112315.jpg




一礼して大鳥居をくぐったところで、またきょろきょろしていると・・・
お声をかけてくださる方がいました!ありがたい
お仲間との記念撮影をお待たせしてしまいました。ほんとうにありがとうございました。

たいへんな人混みのおはらい町を戻ります。
ささ、本店さんで「赤福」いただいて。おかわり欲しいよぉと惜しみながらの~おぜんざい直行です。ああ、これでまた1年間いただけないんだわぁ 
お豆アレルギーですけどね、なぜか赤福さんの餡子では、さほどアレルギーが出ません。
ああ、おかわり欲しい
d0109373_23124586.jpg




で、おかげ横丁へ入って、シイタケ串とフランクと、松坂牛串をいただきます。
また来年まで食べられないのよーと惜しみながら。

ホテルで預かっていただいていた荷物を取りに戻って、伊勢ともお別れです。
d0109373_2043279.jpg




17時20分頃、名古屋着。
さ、こちらでは目的があります。駅を出て『NOJESS』さんのあるデパートへ直行。
地元では撤退してしまったもので。通販もありますが、やはり実際に目にしたくて行ってみました。
見るだけ見るだけと言っておきながら結局買うんですけどね。ネットで見るより華奢で、そこがまたよくて。

帰りの車中で頂くお弁当は、高島屋地下の食品街で。美味しそうなものがいっぱいで、いつもあれこれ迷ってしまいます。今回は、かに本家さんの巻き寿司。これ美味しいんです。以前『かに本家』さんで食事した時は必ずお土産に買っていました。
家で頂くように買った「赤福」。キャリーバッグに縦に入れるしかなかったので少し寄ってしまいました。ああ、なぜ12個入一箱しか買わなかったんでしょ。
次に買えるチャンスがあった時はぜーったい8個入りを二箱買うわっ
d0109373_20521319.jpg




今年は寒波もあって、寒い寒い二日間でした。

でも、今年も無事にお参りできて感謝感謝でした。
d0109373_21391563.jpg

by august22moon | 2019-02-16 23:00 | 季節 | Comments(0)

お伊勢参り 外宮編

今年も行ってまいりました。平成最後のお伊勢参りです。
真冬ですから、寒さ対策は万全なつもりでしたが、よりによって寒波襲来。
寒かったですぅ

例年通り、朝5時ちょっと過ぎに家を出まして(側溝の蓋の上だとキャリーバッグが爆音を立てるので、車が通らないのをいいことに車道を歩いてすみません)。
電車を乗り継いで7時半ごろに名古屋に到着。近鉄線に乗り換えました。
10分後にもありましたが、おにぎりひとつの朝ご飯がもう消化されちゃいまして。なにか仕込む時間が欲しくて20分ほど先の8時10分発の特急に乗りました。
で、つぶあんトーストという名古屋っぽいものを購入。
空腹でもないのに食べちゃう旅のはじまりはじまり。

で、ですね。車中でとんでもない忘れ物をしたことに気付きました。
なんと、御朱印帳を忘れたんです。いったい何しに行くんだ私。
忘れ物の神様は出発前に現れなかったのでありました。

9時31分伊勢市駅着。
ホテルで荷物を預かっていただいてから外宮へ。
毎年、初日は雲ひとつない快晴に恵まれるのですが、ちょっと雪混じりの小雨が降りました。
参道の伝統工芸品のお店で、伊勢木綿の御朱印帳を買いまして。
恒例『やとや』さんの姫にぎりを頂きました。ほかほかで、お腹すいてないのに美味しくいただけます。
d0109373_20282889.jpg






さ、外宮さんです。
d0109373_2173634.jpg




今年も無事参拝できましたことに感謝して。
御垣内のご参拝を拝見しながら、きりりと澄んだ空気を堪能しました。
d0109373_21325862.jpg





みなさんもれなく手をかざす三ツ石。あったかいんですかね?
多賀宮、土宮、風宮を参拝
外宮の授与所には御朱印帳がありましたので、やっぱり改めましてこちらで頂いて、御朱印を賜りました。
d0109373_21563186.jpg




それから、月夜見宮。
別宮の中で一番好きなお社です。清々しい。
梅が咲いていました。
d0109373_2185256.jpg






さ、お昼になりました・・・って、あまり空腹でもなかったので、どうしようか迷いまして。
でもここらあたりで頂いておかないと、おはらい町やおかげ横丁のお店はどこも大混雑だし。
やっぱり頂いちゃおうということになりまして。いつもの『じろべえ』さんで伊勢うどんをいただきました。美味しかった~ごちそうさまでした。
お店は入れ替わり立ち替わり満席の盛況です。

それから、外宮前のバスターミナルから、倭姫宮へ移動するつもりが、間違えて別の道を内宮まで行くバスに乗ってしまいまして。
午後1時近かったので、倭姫宮と月讀宮への参拝は明日にすることにして、近くの猿田彦神社を参拝してから、おはらい町に入りました。
d0109373_2110257.jpg





切妻の街並みを楽しみながら、妹は、昨年かわいい一粒パールのペンダントをいただいた『真珠SAKURA』さんで、もう少し大粒でほんのりピンクの淡水パールピアス。
d0109373_22565558.jpg





真っ直ぐ『赤福』さんへ行くつもりでしたが、橋近くまで続く大行列に、まずは一服と、『五十鈴川カフェ』さんでコーヒーとクリームの中に白豆が入ったロールケーキでひとやすみひとやすみ。
d0109373_2314413.jpg





d0109373_2355914.jpgお土産探しながらのんびり歩いて14時半頃、大鳥居前に着きました。
また明日改めて参りますとご挨拶して













途中の『天埜真珠』さんで、かなりなお手頃価格のかわいいリングを発見。
想い出に、ですね。おそろでやんすの。
まだまだ大行列の『赤福』さんを横目に「おかげ横丁」へ。
塩をかけただけのシンプルですけどむちゃくちゃ美味しい椎茸の天ぷら串。
揚げたてであっちあち
d0109373_2394020.jpg






松坂牛はここのを頂けばもうそれだけで満足な『団五郎茶屋』さんの松坂牛串をいただきました~。美味しかった~
路地奥にある『宮忠』さんで、おみやげ用のちいさな伊勢かざり。今年は大福神さま。
d0109373_23173490.jpg





少し行列が短くなった『赤福』さんへ。
回転が速いので20数人のお待ちも5分ほどで入れました。
3個が2個に減っただけでもショックなわたくしめ。
ちいさない?去年よりちいさなってない?なんて言っちゃう、食いしん坊であります。
ほうじ茶も濃くて美味しい。窯の隣りで淹れられているお茶は、茶葉を惜しみなく入れ替えてらっしゃるので、出涸らしのように薄くなることはありません。さすがです。ささ、頂き終えましたら、お向かいの『赤福ぜんざい』さんへ直行です。
こちらも大行列でしたが、10分ほどで着席できました。
待つこと暫し。ぜんざいです~。お餅もよく焼けていて美味しい美味しい。こちらのお茶も濃くて美味しい。塩昆布も小梅も正にいい塩梅。
1年ぶりの大満足です。次々お客さんがいらっしゃいますので、明日また来ますね~とお店を後に。
d0109373_23212456.jpg




d0109373_23305192.jpgこのように食べ通しなものですから、夕飯はどこでと考えてはいましたが、やっぱり食べられそうにないわけでして。
バスで戻った宇治山田駅のファミマで地ビールと、おつまみでお疲れ様にしました。
同じ構内のお土産コーナーで、ここにしかない「伊勢旅人」を購入。「雷鳥の里」みたいなお菓子です。「赤福」は賞味期限が短くて、職場や友人へのお土産には向かないので、このお菓子は重宝です。 

おはらい町を出たところにあるバス停から帰りのバスに乗ったのですが、途中、大渋滞にはまってしまい、20数分で宇治山田駅へ戻れるはずが1時間近くかかってしまいました。
住宅が立ち並ぶ車がすれ違うのもやっとの細い路地。こんな細道をよくバス路線にしたなぁとひやひやするような道だったんです。運転手さんによると、この道は普段は地元のひとしか利用しないそうで、こんなに車が入って来ることはないそうなんです。時は三連休。対向車線にはミニバンがずら~り。先に出発したバスの無線で誘導を依頼しているのが車内にも聴こえてきました。やがて、どちらから駆け付けたのか無線を持った方が現れました。その方だけでなく、沿道の住民の方まで出て来て、身動きがとれない車を、家々の庭先や駐車スペースへ誘導し、バスを通過させてくださっていました。
すばらしい連携プレー。思わず車窓から会釈。小さく拍手してるお客さんまでいました。

by august22moon | 2019-02-12 23:00 | 季節 | Comments(0)

立春

20度近くまで気温が上がって春の陽気になった立春の日。
箱根神社へお参りに行ってみました。
自宅から吉方位の東北東なので、いいかなと思いまして。
ここ数年、お参りにうかがえていませんでしたし、ちょうどいい日にお休みも取れましたので。
車では30分もかからないのですが、元箱根港行きのバスですと、途中であちこち観光処に寄るので1時間ほどかかりました。
さすがに箱根は肌寒いだろうと思ったのですが、そうでもなく。ぽかぽか。
平日なのに観光客で賑わっています。
もうね、アジア系の観光客さん以外カップルだらけです。
d0109373_22463159.jpg





元箱根港から徒歩数分で二の鳥居。
芦ノ湖沿いの道を歩くとすぐに三の鳥居。元箱根港から10分ほどで着きました。
木漏れ日の参道を進んでいきます。
d0109373_22572356.jpg






着きました~
d0109373_22594780.jpg





d0109373_2394881.jpgお参りして、おみくじ。
さすがにもう出ないだろうなーと諦め気味に、いつもどおり目に付いたおみくじを迷わず取ってみると・・・

五連勝ですぅ♪
ぃやったぁ~











ついつい色々頂いちゃいます。
休憩所の裏手の池を眺めていましたら、尾びれが見えるほどの高さまで鯉が跳ね上がりました。
これ、吉兆じゃないですか?
どおしましょ
d0109373_2311663.jpg





初めて、水上の鳥居まで降りてみましたが、記念撮影の大行列。
順番に次の方が撮ってあげています。
ここには、64年の東京五輪開催を記念して吉田茂氏の書になる「平和」の額が掲げられているそうです。湖上からしか見えないんですけどね。
木立の中の湖沿いの石畳を歩いてみました。
d0109373_23224945.jpg





その先は遊歩道になって、観光客の皆さんが記念撮影したりひと休みしたり長閑な光景が続きます。きらきら光る湖面を眺めながら歩いているだけでも楽しい。
d0109373_23312247.jpg




一の鳥居に戻りまして。『絹引きの里』さんで遅いランチ。
残念ながらご飯が終わってしまったとのことで、天ぷらうどんを頂きました。
美味しかった~ ごちそうさまでした。
d0109373_23341397.jpg




帰路もバスで。1時間に1本しかありませんので、結構混みあいました。
車内は中国や韓国からの観光客さんが多かったのですが、箱根路もだいぶ降りて来たあたりで正面に富士山が見えると、みなさん「フジサン!フジサン!」と盛り上がってらっしゃいました。
午前中は湧き上がるような雲に覆われていましたが、午後遅い時間にはその雲もなくなって、すっきり全容が拝めました。せっかく富士山が見えるところまで来られたのですから、見られてよかったですね。

by august22moon | 2019-02-05 23:00 | 季節 | Comments(0)

節分祭

お寺さんの梅がほぼ満開です。
d0109373_20493696.jpg




この日は節分。まずは午後1時に三嶋大社へ。
大社の境内の梅もきれいに咲いて季節の行事を彩ります。
d0109373_20535232.jpg





本殿での祭典後、舞殿で豆まきが行われます。
しかしこちらの年男さまたちは、73歳以上の崇敬者さんですので、豆もお菓子もみかんも遠くまで飛びません。最初に宮司様が四方に豆を撒かれますが、年男さんたちもほぼほぼこんな距離しか飛びません。
多くの方が一斉にこれに飛びつくので怖くて、少し離れたところで雰囲気を楽しみます。
d0109373_21125326.jpg





d0109373_21141520.jpgしかし、そんな私の前に立っていた初参戦の妹が、豆の入った袋をキャッチ。
よかったよかった

この日はお天気がよくて、日差しが眩しいほど。
豆まきを待つ間にご気分が悪くなる方もいたりして。
豆を拾おうとしてコケる方もいましたが、大事なく1時35分ごろに無事終了。










さ、それから小山町の冨士山東口本宮浅間神社さんへ。
こちらの節分祭は16時半から始まるので掛け持ちできます。
三島は晴れていましたが、富士山はすっぽり雲に覆われていました。
d0109373_21271088.jpg





早く着いてしまったので、先にお参り。
d0109373_21364486.jpg






d0109373_2144713.jpgさすが小山町。あちこち雪が残っています。
雪景色の似合うお社ですので、もっと積もらないかな

















それから富士山を拝みます。
d0109373_21354935.jpg





近くのコンビニでコーヒー飲んだりしている間にお時間となりました。
こちらは例年、各世代の年男年女のみなさんが豆まきをされます。
自己紹介の後、いよいよ豆まきです。
お若い方のスナップの効いた力強い遠投に、頭に当たったり指先をかすめたりするのでその都度イテッイテッ
結構な量のお餅やお菓子を、満遍なく投げてくださるので大盛り上がりです。
小学生も数十人いましたが、幼稚園児の多いこと。
目の前には、首から手作りの紙製の升を下げていた3歳くらいの女の子が、足元に落ちてきたお菓子やお餅を果敢に拾って升に入れています。
拾ったお菓子のいくつかはその子に貰っていただきました。(ブラックサンダーは食べたことがないのであげないというね)
楽しかった~

御朱印も賜りまして、社務所前に置かれた福餅もいただいてまいりました。
d0109373_2155366.jpg

by august22moon | 2019-02-04 23:00 | 季節 | Comments(0)


出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
はじめまして
おいしいもの
観劇
季節
読書
映画
出来事
音楽
お買い物
テレビ
スポーツ
ラジオ
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
La chambre v...
時の花をかざしに
ビスケットの缶
雨の匂い
お茶の時間
ナムルのしっぽ
貧しきねこのかんづめ
ほんとはいいたかったこと...
ひびのきおく
貧しきねこのかんづめⅡ
ぐうたらチャコの楽しい毎日
おひとりさまの食卓plus
雑貨とカフェ ロバギター
emilog**

エキサイト以外のブログ

最新のコメント

naka0730さん、コ..
by august22moon at 12:50
こんにちはーԅ..
by naka0730 at 07:56
NK様、コメントをありが..
by august22moon at 23:00
初めてコメントさせていた..
by NK at 06:08
お忙しいところ、コメント..
by august22moon at 19:48
> frannyさん ..
by august22moon at 23:24
鍵コメ様 コメントありが..
by august22moon at 00:08
naka様、コメントあり..
by august22moon at 20:27
こんばんは。 先日はロ..
by naka0730 at 21:09

ファン

ライフログ


るきさん


黄色い本 (アフタヌーンKCデラックス (1488))


棒がいっぽん (Mag comics)


AKIRA(4) (KCデラックス 14)


ポーの一族 II 萩尾望都Perfect Selection 7 (フラワーコミックススペシャル)


半神 (小学館文庫)


百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)


天然コケッコー 1 (集英社文庫―コミック版)


半島を出よ (上)


予告された殺人の記録


葬られた夏―追跡下山事件


謀殺 下山事件 (新風舎文庫)


闇からの谺―北朝鮮の内幕〈上〉 (文春文庫)


ゴドーを待ちながら


破獄 (新潮文庫)


白夜を旅する人々 (新潮文庫)


容疑者の夜行列車


幻の光 (新潮文庫)


マイケル・ジョーダン リバウンド (文春文庫)


メキシコの青い空―実況席のサッカー20年


北の人名録 (新潮文庫)


変身 (角川文庫)


こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)


とん ことり (こどものとも傑作集)


きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)


サーカス! (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)


花の妖精たち (アルファベット)


フラワーフェアリーズ  (花の妖精たち 愛蔵版)


賢者のおくりもの


友だちのうちはどこ? [DVD]


ポネット [DVD]


イル・ポスティーノ [DVD]


リトル・ダンサー コレクターズ・エディション [DVD]


ディレクターズカット JFK 特別編集版 [DVD]


ダラスの熱い日 [VHS]


大統領の陰謀 [VHS]


ベニスに死す [DVD]


ヒート プレミアム・エディション [DVD]


裏窓 [DVD]


シックス・センス コレクターズ・エディション [DVD]


バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 3 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD]


普通の人々 [DVD]


A.I. [DVD]


ジュリア [DVD]


アルゴ [DVD]


セブン・イヤーズ・イン・チベット [Blu-ray]


ER 緊急救命室 I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]


ゆれる [DVD]


かもめ食堂


スウィングガールズ スペシャル・エディション [DVD]


金融腐蝕列島 呪縛 [DVD]


蜘蛛巣城 [DVD]


すいか DVD-BOX (4枚組)


野ブタ。をプロデュース DVD-BOX


『Q10』DVD-BOX


やっぱり猫が好き(1) [DVD]


The World of GOLDEN EGGS Vol.01 [DVD]


Story of My Life


A Horse With No Name & Other Hits

検索

記事ランキング

ブログジャンル

映画
本・読書