人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「Closing Time」

富士山もすっかり夏服
d0109373_16234241.jpg




父の日は恒例『TOP's』さんのケーキで一杯。
買った後であちこちお買い物に回ったので保冷剤も溶けちゃって、チョコの色が変わっちゃった。
しかもこの日はいつもお見掛けする大道芸人のNAOKI氏のパフォーマンスに見惚れちゃって。時折吹く強風の中でのディアボロパフォーマンスが傑作で(強風に流され取れずほったらかし)。
思わず拍手してしまい、角が潰れております。
d0109373_18495240.jpg






『ロバギター』さんが夏至までの1週間に開催された「夜ロバ」に伺いました。
御殿場は地元より湿度が低いので気持ちいい夜風が渡っていきます。
ほんのり蚊取り香のおしゃれな香り。
店内には静かにトム・ウェイツの歌声が流れています。
ああもうその大人のセンス。かっこよさに脱帽です。

食事は済ませてきたのに、この日の特別メニューのフレンチトーストのそれはそれは麗しい香りに心乱されつつ、夏至なので赤い木苺ミルクティーをいただきました。
仕事帰りに、カフェで、贅沢な時間を過ごせるなんて。なんて贅沢。
日々の雑事も雑念もきれいな夜に溶けて流れ去るようです。
d0109373_16275739.jpg





ストロベリームーンを撮った写真も、グレープフルーツに見えちゃいますわ
♪ Grapefruit moon, one star shining, shining down on me みたいな
d0109373_18484219.jpg





d0109373_1940855.jpg






さまざま細々とした事案に追われているうちに
d0109373_16252923.jpg




6月が過ぎ去っていくようです。
d0109373_16263680.jpg




それでもなんとか大事なく。
d0109373_1627862.jpg




「Every new beginning comes from some other beginning's end」
d0109373_192346100.jpg

by august22moon | 2019-06-23 23:00 | 季節 | Comments(0)

クレイグ・ガレスピー監督作 『アイ,トーニャ』 wowow放映

d0109373_22495079.jpg事件当時は、スポ魂ドラマによく登場した敵対事件が実際に起こってしまった印象でした。
排除させて勝ってどこが嬉しいんだと。なにがそこまで彼女を追い詰めたのかと疑問ばかりが残りました。

主演のマーゴット・ロビーが製作も兼ねる今作の冒頭で、真実か否かは見る側に委ねると断りが出ているだけあって、トーニャ側の証言だけでストーリーは進んでいきます。
本人の証言はともかく、実行犯依頼者の証言で真実はどうなのかもう充分って感じです。
製作側が描きたかったのは、アスリートらしからぬ背景なのかな。

実年齢差以上にトーニャ本人はマーゴット・ロビーより若々しく、普通の女の子という風貌なので、まったく似ていないし似せてもいないので、ちょっとあの粗野な生活が実話に見えない。
それほど酷い環境すぎて唖然。
日本人選手で紹介されるのは、早朝練習に自ら運転して子供を送り迎えし、ダブルワークや少しでも賃金の高い力仕事までして高額になる練習費用を捻出するご両親の苦労ばかり。
家の中で練習環境を作り厳しく育てるかたもいますが、あくまで強くするため。
女性アスリートの全てが、純粋にスポーツだけに取り組んで、汗と涙の青春を送ったひとばかりではないでしょうけれど。

トーニャも練習は頑張ったんでしょうけれど、しかしブレードでタバコを踏み消すのは、論外。
真摯さがあったとしても、台無し。
唯一の救いは、コーチが彼女の才能を認めてきちんと育てようとしてくれていたこと。
バイト先にまで来て再起を呼び掛けて。決して見捨てなかった。

当時の芸術点という表現力に於いての差が、トーニャを悩ませるひとつに挙げられています。
なぜ採点が低いのか審判に詰め寄って返ってきた答えが「芸術点」。
「芸術といわれるスパイラル」のミッシェル・クアン選手。ドラマチックなアシュリー・ワグナー選手。女優の演技を見せられているような優美なネドベージェワ選手。
ジャンプも重要だけれどその技術だけでは評価されない。数少ないアーティストとしての技量も問われる競技。

それを受けて、ピンクの衣装にする単純なところが、彼女の理解の浅さでもある。
ふたりの差はそんな衣装にも表れていて、それがふたりをより対象的に見せています。
ナンシー・ケリガンはヴェラ・ウォンデザインの現代にも通じる洗練された衣装。
トーニャは重そうなほどラインストーンがふんだんに付いて今も時折ロシア辺りで見られる装飾過多ですが、それはまだ華奢な若い選手だから。
トーニャはそれを部屋で自分で縫い付けているところが、彼女の選手としての環境を表しています。

全体的にシニカルな仕上がりなんですが、肝心のリレハンメル五輪での登場前の場面は、印象的。
靴紐のトラブルはどんな状況だったのか。
現在のようにいろんな海外大会のようすが見られない時代でしたので、初めてふたりの氷上対決と期待していたのに、肝心の本番にあんなことになるとは。
奇妙な事件に相応しい、妙な結末。
マーゴット・ロビーはかなり訓練したようでスケーティングも頑張っているのですが、この時の焦るようすが巧かった。
初めて「トーニャ」に同情しました。
かつて、さまざまな挫折を乗り越えて復帰した女子テニス選手が、復帰劇を書こうとするジャーナリストに「出版するなら自分で書く。誰にも自分を語らせない。」と答えていて、それはいかに辛い闘いだったか分からせるに充分な言葉でしたけれど。

トーニャというひとはこうして自分を描かれることは、正当化されることと解釈して大歓迎だったのだろうなと感じる作品でした。

同じフィギュアでは、スルヤ・ボナリー選手もとても印象的でしたから、映像化されそう。



映画
by august22moon | 2019-06-21 23:00 | 映画 | Comments(0)

梅雨の塩梅

梅雨入りした週末に打ち込んでほったらかしにして、現在梅雨真っ盛り。
6月の大仕事も、最後に少々躓きかけましたが、無事終了。
ペアを組んでやる仕事なんですが、4月に異動されてきた方は、とても仕事がやり易い方で、終日一緒にいても気を遣わなくていいので、楽です。
4月以降気が滅入るようなこともなく、2年ぶりにのびのびと仕事ができています。
日曜の夜の憂鬱も無くなったけれど。
あまりにのびのびし過ぎているなぁと時折己を諭しながら。


さて。日に寄って着るものの調節必須な季節ですので、毎晩翌日の気温と共に天気を確認していたのに、その朝に限って傘を忘れ、駅の売店で長傘を買いました。

以前にも間に合わせで購入したことがありました。そうやって傘は増えていくのですね。
おしゃれな傘をと専門店へ行っても選べないでいるのに。
ある朝、行く人行く人皆、長傘を持っているので、あれ?今日の予報は大雨だったのか?
折り畳み傘で背中もバッグもぐっしょりになったことを思い出し不安になって駅で長傘を購入。千円ならいいか、と。
骨も多く頑丈そうでしたし。

で、この度、同じタイプで色違いを購入。
「いい色でしたね」とレジの方。
そうなんです。
その昔CMで、花火や蚊など夏の風物詩を挙げている女性たちのひとりが、「あじさい」と言いながら、こんな色の傘を開いていたんです。
d0109373_221188.jpg

by august22moon | 2019-06-14 23:00 | 季節 | Comments(0)

細田守監督作 『未来のミライ』wowow放映

d0109373_23153168.jpg谷尻氏設計の家が斜面を活かしたような階段が多い家でユニーク。
横移動だけでなく縦や奥に移動するので、それに伴う感情も広がります。
でも、玄関や下の部屋に行くのに雨の日は傘差すのかしら。庇か屋根あった?
一見不便そうなところもデザイン性重視の若さが感じられます。
子供が階段を何度も登ったり下りたりするのも暗示的。
(どんなに泣いてだだこねても開けた扉をちゃんと閉めるのが可愛い)

画がとにかく素晴らしくて。
子供の体形、動き、態勢、バイクも直線道路をちゃんと疾走してるし。
風景も美しい。

若い方たちには『サマーウォーズ』や『時をかける少女』のほうがウケるのでしょうが、命の繋がりを描いた今作は一番見応えがありました。
お人形さんみたいな脚とか、横顔で大きく口を開けた時にこちら側だけに描かれるのも、若いひと向けには軽やかで楽しいのでしょうけれど。

子供の成長の過程をファンタジーを交えて表されるんですが、家族の歴史は遡るほどに劇的になっていく。
特に、ひいおじいちゃんの若いころのエピソードは、あれだけでは勿体ない。
おしなべてひとの動作が滑らかで筋肉がちゃんと動いて体重も感じられるんですが、空襲で海に投げ出されそこから泳ぎだす場面は感動的ですらありました。
全てが失われた辛さ生き残ってしまった辛さから一転、生きようとする決意が漲った水をかく腕。
ひいおばあちゃんとの‘かけっこ’のおはなしも、それに至る場面を見せずに始まるのがいい。
様々な出来事が積み重なって至ったあの夕暮れ。いいおはなし。

役所さんの穏やかで好々爺な役柄は珍しいので、さりげない口調が楽しかったです。
くんちゃんの声を子役にしなかったのは、どうゆう意図なんでしょうね。
「おじゃまじゃくし」や「そーすけのとこ きたー」を避けたのか
メイちゃんが「やだー」と号泣するとこちらも泣けてきますが、子供の声ではないと、また怒っちゃったと悔やむママのほうへ同情しちゃいます。




映画
by august22moon | 2019-06-03 23:00 | 映画 | Comments(0)

「とんできたかよほたるいっぴき」

スニーカーを新調しました。なんと10年ぶりです。
スポーティブなタイプが似合わないので、パトリックかルコックで迷っていましたが、突然現れたスピングルのメッシュに決めてしまいました。
お隣も新調したオールスター。
d0109373_16415875.jpg





さて週末。三島でホタル祭り第1弾です。白滝公園へのんびりお出かけ。
三島に入るとどこからか祭囃子のお稽古の音、水田から大合唱。
道すがらみかけたシロバネムノキも黄昏時に幻想的に揺れています。
d0109373_1641143.jpg




商工会議所のホール1階や白滝公園で屋台も出るお祭りではありますが、大社の夏祭りに比べたら小規模なのにどこの路地も通行人で賑やか。
開き始めた呑み屋さんへ吸い込まれていくかたがた多し。
大きな居酒屋も駅前にありますが、広小路界隈には小さくてもきれいでおしゃれなお店が多いのであちこち迷って、広小路に移転した『鶏小屋』さんへ。
しかし人気店だけあって既にお客さんでいっぱい。なんとかカウンター席が空いてとりあえず生です。
焼き鳥のおまかせセットとチャーハンをいただきました。美味しかったです。
d0109373_16551228.jpg






8時少し前に白滝公園へ。
商工会議所ホールでまたビール買っちゃって、放流場所の池の前へ。
桜川の川べりには、ジャパニーズディスタンスで若者や家族連れが座っていますが、ホタルはそっちへ飛んでいくのかなぁと横目に見て、やはり昨年と同じ場所で、放流を待ちます。
d0109373_1754714.jpg






が、その前に小学生のお子さんが水際に光るホタルを発見。夏の宵には条件がよければ見られるものだそうですから、確かに自生してるんですね。
20時ちょうどに籠を持ったかたが現れます。籠のなかで、かすかな緑色の光が見えます。
籠の中に何匹入っているのか、放流といっても、大量に光の尾が飛び立つわけでもなく、数匹がふわ~っと光ってみえる程度なんですけれど、それでも光がひとすじ見えるとその都度歓声があがって。
のどかな初夏の夜です。 
d0109373_1711942.jpg





あ、石橋のたもとの草むらに一匹めっけー
 


タイトル : 山頭火

d0109373_18585088.jpg

by august22moon | 2019-06-02 23:00 | 季節 | Comments(0)


出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
はじめまして
おいしいもの
観劇
季節
読書
映画
出来事
音楽
お買い物
テレビ
スポーツ
ラジオ
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
La chambre v...
時の花をかざしに
ビスケットの缶
雨の匂い
お茶の時間
ナムルのしっぽ
貧しきねこのかんづめ
ほんとはいいたかったこと...
ひびのきおく
貧しきねこのかんづめⅡ
ぐうたらチャコの楽しい毎日
おひとりさまの食卓plus
雑貨とカフェ ロバギター
emilog**

エキサイト以外のブログ

最新のコメント

naka0730さん、コ..
by august22moon at 12:50
こんにちはーԅ..
by naka0730 at 07:56
NK様、コメントをありが..
by august22moon at 23:00
初めてコメントさせていた..
by NK at 06:08
お忙しいところ、コメント..
by august22moon at 19:48
> frannyさん ..
by august22moon at 23:24
鍵コメ様 コメントありが..
by august22moon at 00:08
naka様、コメントあり..
by august22moon at 20:27
こんばんは。 先日はロ..
by naka0730 at 21:09

ファン

ライフログ


るきさん


黄色い本 (アフタヌーンKCデラックス (1488))


棒がいっぽん (Mag comics)


AKIRA(4) (KCデラックス 14)


ポーの一族 II 萩尾望都Perfect Selection 7 (フラワーコミックススペシャル)


半神 (小学館文庫)


百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)


天然コケッコー 1 (集英社文庫―コミック版)


半島を出よ (上)


予告された殺人の記録


葬られた夏―追跡下山事件


謀殺 下山事件 (新風舎文庫)


闇からの谺―北朝鮮の内幕〈上〉 (文春文庫)


ゴドーを待ちながら


破獄 (新潮文庫)


白夜を旅する人々 (新潮文庫)


容疑者の夜行列車


幻の光 (新潮文庫)


マイケル・ジョーダン リバウンド (文春文庫)


メキシコの青い空―実況席のサッカー20年


北の人名録 (新潮文庫)


変身 (角川文庫)


こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)


とん ことり (こどものとも傑作集)


きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)


サーカス! (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)


花の妖精たち (アルファベット)


フラワーフェアリーズ  (花の妖精たち 愛蔵版)


賢者のおくりもの


友だちのうちはどこ? [DVD]


ポネット [DVD]


イル・ポスティーノ [DVD]


リトル・ダンサー コレクターズ・エディション [DVD]


ディレクターズカット JFK 特別編集版 [DVD]


ダラスの熱い日 [VHS]


大統領の陰謀 [VHS]


ベニスに死す [DVD]


ヒート プレミアム・エディション [DVD]


裏窓 [DVD]


シックス・センス コレクターズ・エディション [DVD]


バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 3 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD]


普通の人々 [DVD]


A.I. [DVD]


ジュリア [DVD]


アルゴ [DVD]


セブン・イヤーズ・イン・チベット [Blu-ray]


ER 緊急救命室 I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]


ゆれる [DVD]


かもめ食堂


スウィングガールズ スペシャル・エディション [DVD]


金融腐蝕列島 呪縛 [DVD]


蜘蛛巣城 [DVD]


すいか DVD-BOX (4枚組)


野ブタ。をプロデュース DVD-BOX


『Q10』DVD-BOX


やっぱり猫が好き(1) [DVD]


The World of GOLDEN EGGS Vol.01 [DVD]


Story of My Life


A Horse With No Name & Other Hits

検索

記事ランキング

ブログジャンル

映画
本・読書