人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ガイ・リッチー監督作 『アラジン』

d0109373_143449.jpgウィル・スミスのセリフ回しが聞きたかったんですが吹替版しか上映時間が合わなくて。
山寺さんはむろんかなりな実力者なんですけどね。
でもアラジン役の中村倫也さんが、歌をはじめセリフが巧くて、一語一文字に感情が込められて平坦なセリフ回しになっていませんでしたので、ストレスもなく最後まで楽しめました。
ジャスミンを送り届けたあと、魔法の絨毯に倒れこみながら「やった」と呟いた声は、いかにも中村倫也、という感じでした。
なんだか佐藤健さんの声にも似ているような。

やはりウィル・スミスのチカラが作品を楽しくしていて、アニメ版のことなど過りません。
あのロビン・ウイリアムズのマシンガントークは圧倒的な可笑しさがありましたが、軽快・軽妙さという点では現時点でウィル・スミスの右に出る俳優さんはいないでしょうね。
アラジンが街中を逃げ回る場面も面白かったですし、ジャスミンもきれいで。

帰り途で口ずさむ歌がある作品って楽しい。
♪ a whole new world ~


映画
by august22moon | 2019-07-30 23:00 | 映画 | Comments(0)

真行草

d0109373_2235963.jpg職場の文具入れ替え第2弾です。
ハサミ、カッター、ステイプラーを新調。『ふたば商会』さんという文房具専門店さんが決算セール全品3割引だったので、補充品まで買ってしまいました。愛するマッキーをなんで1本しか買わなかったかなー5本くらい買えばよかったー うー
デザインに惹かれて買ったピンクのボタンが付いてる小型ステイプラーが、留めた時に針の裏側がフラットにならないのが難で、別タイプをあらたに購入。
あとは、ネーム替りのステッカーが欲しいな
なぜもっと早く全交換しなかったのか。引き出し開けるたびにちょっと気分がいいです。


さて。21日はお寺さんの大施餓鬼会でした。
毎年この日は曇っていたり、あまり暑さが厳しくないのですが、この日も曇りで風もあって少し涼しかったです。
お経を読まれるお坊さんは他のお寺さんからいらして、以前は住職以外4人だったのが6人になり、読経がさらに迫力。
朗々と発せられるご真言は、魔をも払うようです。
d0109373_23374186.jpg



終了後、いただいた塔婆を供えておりましたら、お向かいのかたに声をかけられ、しばらくお話。
なんと90歳。背筋もピンとされて、お腰も曲がってない。お肌もきれいで、シミもなくてらっしゃる。秘訣はいったいと伺うと、長く茶道を続けていたくらいかしらーと微笑んで。

はは~ん あの美肌はお茶菓子効果?
・・・ちゃうちゃう
d0109373_051885.jpg

by august22moon | 2019-07-29 23:00 | 季節 | Comments(0)

河瀬直美監督作 『Vision』 wowow放映

d0109373_215762.jpgだいぶ前に見たんですけどね

ちょっとよくわかんないままで

スピリチュアルなおはなしである場合、作家の言わんとするところのどこかひとつでも腑に落ちるところがあれば、自ずと全体が伝わってくると思うのですが。

ジュリエット・ビノシュの芝居じたい、あまり心情が伝わってきたことがないもんですから、いったいこの女性はほんとうに「vision」なんつー未知の植物を探しに来たのか。
遂に吉野の森に到着したという感慨すらも受け取れません。

一番の疑問と不満は、ジャンヌがなぜ智との関係性を変えてしまったのか。
旅人と山守という緊張感のある距離をなぜ壊したのか。
そこに至る心の変化が見えない。
それが森の神秘ということなんでしょうかね。それならばもっと幻想的に魅せてほしかった。

一旦帰国するっていうのも、この物語にどうゆう意味をもたらすのか理解できず。
アキという老女も、千年生きてるとかファンタジックなこと言ってる不思議な存在なようなんですが、それにしては活き活きとしてる。目が不自由なのかどうかはっきりせず。
後々、ジャンヌとは関りがあったのに、ジャンヌは初対面のように振舞う。

で、おはなし進んで、「vision」なる植物のことはまったく触れられなくなり・・・
なんのために遠路遥々?
それがメタファーだったとしても、どこかで彼女の真意を覗かせてくれればvisionどうなった?とならないんですけど。
千年というキーワードもなんだったのか。

りんという青年が現れてからは、まだ筋がでてきたんですけど。
最初のうち、ちょこちょこお世話しないとダメという場面があり。普通の生活ができないコなのかな?10歳?妖精?という不思議ちゃん。
でも、そんなところが、演じる岩田さんの透明感で、無理のない流れに感じました。
『植物図鑑』でのかなり非現実的な役柄も、不自然さが軽減されましたし。
薄く目を開いた時に涙が溜まっていたという表情は印象的でした。

あの時捨てた子供を探してっておはなしなら、まだすんなりしたかも。

冒頭に出てくる田中泯さん演じる猟師の緊迫した場面と、森山未来さんの鹿が撃たれて倒れる姿を彷彿とさせた倒れっぷりは見事でした。



映画
by august22moon | 2019-07-27 23:00 | 映画 | Comments(0)

「雲をも響もし 夜風にわすれて」

思うところありまして。
(大したことではないんですけどね)
d0109373_2273071.jpg






職場のデスクの引き出しには、以前勤務していた方が使っていた文具が詰まっていました。
まさに「詰まっていた」という表現がぴったりくるほどたくさん。
油性マジックペン各色。ボールペン各種。フリクション各色。シャープペンシル替え芯。消しゴム。懐かしき砂消しゴム(!)。スティック糊。ホチキス。修正テープ・・・
ボールペンは太字ばかりで好みではないので、ほぼ使わず。
好みの筆記用具はペンケースに入れて使用していました。


4月以降の仕事の環境に少々の変化があり、それは自分にとってはやりやすくてありがたい変化となったんです。

しかし、その新しい環境によって生じ始めた自分の内の変化に、いささか躊躇が出始めました。

なんとか気分を改めよう引締めようと思いついたのが、引き出しの大掃除。
先輩が残していってくれたものを移動するのは気が咎めたのでそのままになっていましたが。全ての遺産を、残留思念を、一掃。
ニュートラルな気分に立ち入れた、ような気がします。いや、初心かな

(見えないと思いますが、とんぼがわんさか飛んでたんです)
d0109373_22263544.jpg





少し前のこと。ランチはちゃんぽんだーと勇んでいざ『抜天』さんへ。美味しかったんで。3回目かな?
ところが!店頭に「貸切」の張り紙。あちゃー
その日はちゃんぽんのことしか頭になかったので、『グラバー亭』さんへ。
以前伺った時に、ちょっと甘いかなと思ったんですが、あれは勘違いだったんじゃないかというほど、美味しくいただきました。
『喫茶リマ』さんでゆったりモカを味わいながら、リベンジで行ってみる?となりまして。
今回は無事、『抜天』さんに入店できました。

最近ちゃんぽんに嵌っておりまして。私は「特製皿うどん」。
揚げそばの好きな友人は「五目揚げそば」。
ところが、皿うどんのほうも揚げ麺。パリパリの。いやーんメニューにfriedってなんてんじゃーん。しかもdeep fried だよー 見落としにもほどがありますー
でも美味しいからいっか
と、たいへん美味しくいただきました。ごちそうさまでした。
d0109373_2251385.jpg




こうゆうのは、『抜天』さんではなんて言えばいいんでしょ
d0109373_22533199.jpg




妹が友人からのいただきもの
『源 吉兆庵』さんの「陸の宝珠」。マスカットオブアレキサンドリア求肥でくるんでお砂糖を塗したお品。上品で爽やかな甘さで絶品です。
右下は、「和風ぜりぃ」シリーズの金魚。
どちらも美しい夏の和菓子です。ごちそうさまです。
d0109373_231248.jpg




d0109373_23312167.jpgタイトル : 「ポラーノの広場」
by august22moon | 2019-07-16 23:00 | 出来事 | Comments(0)

夏越大祓

6月30日のことです。
今年も冨士浅間神社さんの「夏越大祓」へ伺いました。
当日は雲行きも怪しく今にも泣きだしそうな空。裾野に入ってしばらくすると霧が流れてきました。
御殿場は完全に切りの中。
小山町へ入ると少し霧も晴れてきました。
ひんやりとした空気の小山町はまだアジサイが蕾です。
前日までの雨で、信しげの滝は勢いよく流れています。
社務所前で人形と紙片と藁の入った包みと、奉唱文、大祓詞の書かれた紙をいただいていきます。
降っているともいないとも分からないほどの小雨の中、拝殿内での氏子総代方や氏子青年会のみなさまの神事が済むのを待ちます。
d0109373_21401315.jpg





16時半。茅の輪前にみなさまが集まり、茅の輪くぐりの神事が執り行われました。
d0109373_22522957.jpg










人形を流していただき、神事は終了。
いつしか霧も晴れて薄日が差していました。
d0109373_2243234.jpg






さて改めまして茅の輪と記念撮影をと戻ると、みるみる境内に霧が流れてきました。
d0109373_22262712.jpg






d0109373_22441649.jpg






d0109373_22154345.jpg






d0109373_23103079.jpg清々しい心持ちで

今年後半も無事過ごせますように
by august22moon | 2019-07-09 23:00 | 季節 | Comments(0)

六分儀

d0109373_23135237.jpg雨続きで一層始末が悪くなる天然パーマの髪をなんとかしようとはするのですが全て徒労。という季節真っ最中でございます。
でも、仕事帰りにお外がまだ薄っすら明るいと得した気分になる季節でもあります。

もう先週のことなんですけどね。食事へ行く予定でしたが、待ち合わせ場所が『ビアリッツカフェ』さん近く。素通りできるはずもなく。









生ビールでお疲れさま~となりました。
あれ?以前より華やかな感じ?と思いましたら、カールスバーグに変えたそうで。やはりバルとしての拘りがおありなんですね。
レバーパテ、クミンが効いたミートソースパスタ、チーズプレートには、バジル等のハーブが混じったフロマージュダフィノア。中央はホールで食べたいほど美味しかったチーズケーキ。ドライフィグやクリムゾンが添えられています。どれも絶品でございました。
d0109373_23565361.jpg





ワインはオーストラリアの白とフランスの赤。キティ。
チーズプレートに合わせた白をとお願いして、スイートベルモットで楽しく締めました。
d0109373_0522744.jpg




その次の週末は職場の暑気払い。
お腹いっぱいおいしいもの食べて、若いコたちのジョークに笑い、普段あまりお話できない方々ともお喋りできて、楽しい一夜を過ごしました。
女性陣に「昨日の夕飯は?」と尋ねるおとこのこがいて、その前日に偶然見つけた記憶にない料理の写真のことを思い出したので、それを作ったことにして答えるというね。
皆さんきちんとお夕飯作ってらっしゃるのでとてもほんとのことは言えず・・・

by august22moon | 2019-07-06 23:00 | おいしいもの | Comments(0)

ヤヌス・メッツ監督作『ボルグ/マッケンロー』wowow放映

d0109373_219128.jpgウィンブルドン開幕に合わせた放映。
制作国がスウェーデン、デンマーク、フィンランドということで、スウェーデン人がちゃんとスウェーデン語で喋るので、ルードヴィヒがイタリア語喋ってるけど仕方ないねって気分で見続けることがありませんでした。







実在の人物を描くのにやはり似ていることは重要だと思わせるほどボルグの再現がパーフェクト。
顔立ちは勿論のこと、猫背気味な背中、バックハンドの時の左肘の引き具合、トップスピンを打った後の体の開き具合・・・完コピです。
FILAのマークの有無を確認しないと分からない写真もあります。
d0109373_22365055.jpg





でもポケットからオガクズみたいな粉をグリップに付ける場面はなかったような。

シャイア・ラブーフはマッケンローの、どこか悲しそうなやり場のない苦しさが伝わってきて、彼の求めているものがなんだったのか気付かされるようです。
(いやしかしまさかシャイア・ラブーフがマッケンローを演じて違和感がないとは!)

恩田陸氏だったかの小説に、「シュテフィ・グラフは対戦相手ではなく自分と闘っている」という表現がありましたが、まさにボルグはこのタイプ。
マッケンローがミスジャッジにも抗議しなかったのは、自分とだけ闘っていた故なのではないかと感じました。


(キプリングの詩の前のふたり。壁にこの詩の一説を記すクラブのセンスったら)
d0109373_22341660.jpg





ボルグが、子供のころは荒っぽくてコーチが手を焼いたというのは知っていましたが、悪童呼ばわりされていたマッケンローは逆に親の期待に応えようとする優等生タイプだったというのが意外で面白い背景です。
ご本人たちは、フィクションとして距離を置いているようですが、若き日のボルグに似ているコを見つけてきたなぁと感心していたら、なんと実の息子さんだったとは。


あの頃は、wowowもなかったので中継のあるのは全英だけ。80年のウィンブルドン決勝は見ていたのですが、あまりに長くて途中寝てしまい、目が覚めてもまだ決まらずまた眠くなってを繰り返して、ようやく終わったーという記憶です。
息の詰まるような決勝の緊張感は、フィクションで再現しようとしても無理。製作側もそれは承知で、そこに重きは置いていませんでした。

寡黙で冷静な試合運びの印象とは裏腹に身内に向ける冷徹な態度は、試合中における沈着冷静さを保つためのようです。
五連覇を成し遂げなければ忘れられるという王者の苦悩をじっくり追っています。
達成しても尚、新たな決意が滲んだラストの昏い表情にもそれは感じられました。



映画
by august22moon | 2019-07-01 23:00 | 映画 | Comments(0)


出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
おいしいもの
観劇
季節
読書
映画
出来事
音楽
お買い物
テレビ
スポーツ
ラジオ
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
La chambre v...
時の花をかざしに
ビスケットの缶
雨の匂い
お茶の時間
ナムルのしっぽ
貧しきねこのかんづめ
ほんとはいいたかったこと...
ひびのきおく
貧しきねこのかんづめⅡ
ぐうたらチャコの楽しい毎日
おひとりさまの食卓plus
雑貨とカフェ ロバギター
emilog**

エキサイト以外のブログ

最新のコメント

naka0730さん、コ..
by august22moon at 12:50
こんにちはーԅ..
by naka0730 at 07:56
NK様、コメントをありが..
by august22moon at 23:00
初めてコメントさせていた..
by NK at 06:08
お忙しいところ、コメント..
by august22moon at 19:48
> frannyさん ..
by august22moon at 23:24
鍵コメ様 コメントありが..
by august22moon at 00:08
naka様、コメントあり..
by august22moon at 20:27
こんばんは。 先日はロ..
by naka0730 at 21:09

ファン

ライフログ


るきさん


黄色い本 (アフタヌーンKCデラックス (1488))


棒がいっぽん (Mag comics)


AKIRA(4) (KCデラックス 14)


ポーの一族 II 萩尾望都Perfect Selection 7 (フラワーコミックススペシャル)


半神 (小学館文庫)


百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)


天然コケッコー 1 (集英社文庫―コミック版)


半島を出よ (上)


予告された殺人の記録


葬られた夏―追跡下山事件


謀殺 下山事件 (新風舎文庫)


闇からの谺―北朝鮮の内幕〈上〉 (文春文庫)


ゴドーを待ちながら


破獄 (新潮文庫)


白夜を旅する人々 (新潮文庫)


容疑者の夜行列車


幻の光 (新潮文庫)


マイケル・ジョーダン リバウンド (文春文庫)


メキシコの青い空―実況席のサッカー20年


北の人名録 (新潮文庫)


変身 (角川文庫)


こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)


とん ことり (こどものとも傑作集)


きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)


サーカス! (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)


花の妖精たち (アルファベット)


フラワーフェアリーズ  (花の妖精たち 愛蔵版)


賢者のおくりもの


友だちのうちはどこ? [DVD]


ポネット [DVD]


イル・ポスティーノ [DVD]


リトル・ダンサー コレクターズ・エディション [DVD]


ディレクターズカット JFK 特別編集版 [DVD]


ダラスの熱い日 [VHS]


大統領の陰謀 [VHS]


ベニスに死す [DVD]


ヒート プレミアム・エディション [DVD]


裏窓 [DVD]


シックス・センス コレクターズ・エディション [DVD]


バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 3 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD]


普通の人々 [DVD]


A.I. [DVD]


ジュリア [DVD]


アルゴ [DVD]


セブン・イヤーズ・イン・チベット [Blu-ray]


ER 緊急救命室 I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]


ゆれる [DVD]


かもめ食堂


スウィングガールズ スペシャル・エディション [DVD]


金融腐蝕列島 呪縛 [DVD]


蜘蛛巣城 [DVD]


すいか DVD-BOX (4枚組)


野ブタ。をプロデュース DVD-BOX


『Q10』DVD-BOX


やっぱり猫が好き(1) [DVD]


The World of GOLDEN EGGS Vol.01 [DVD]


Story of My Life


A Horse With No Name & Other Hits

検索

記事ランキング

ブログジャンル

映画
本・読書