人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

山崎棄貴監督作 『アルキメデスの大戦』

d0109373_21253973.jpg予想以上に面白かったです。
原作は未読ですので、数学者が巨大戦艦建造を阻むことで開戦を回避しようと挑むということぐらいの情報でしたので、クライマックスの面白さがより味わえました。

冒頭に坊ノ岬沖の海戦が描かれるので、フィクションとはいえ、大和は造られそこで息の根を止められるのは史実のまま。
場面はすでに米軍の波状攻撃に、高角機銃で応戦するのみで、戦況は決定的。
さらに絶望的にさせるのが、墜落した戦闘機から脱出した兵士を飛行艇が悠々救出していくのを、兵士たちが唖然と見ている場面。これは巧いと思いました。元々の大差を突きつけられた瞬間。

大和がゆっくりとその巨躯を傾けていき、撃たないままの主砲がぐらぐらと揺れるのも衝撃的ですが、重油の黒煙がまるで噴火のようにもうもうと空高く上がるのも衝撃的でした。

かなり忠実に描かれたらしきこの「最期」に向けて、なぜ戦況を読み誤ったのか日本はなぜ大和に固執したのかが描かれました。

スカウトされたかたちの数学者・櫂としてみれば、山本五十六らの言葉から、大戦を回避できると信じて造船予算の不正を暴くんですが。
これがまるで池井戸作品。なんとか学園問題も連想させて。
さまざまな妨害を受けて、平山造船中将の予算案を崩すまでが緊迫感がありました。
特に、決定会議が始まったところにも計算しながら駆け込み、計算が終わるまでの時間を稼ぐ(10分!)ために、戦艦の建造費を割り出す公式を発見したとしてそれを証明してみせる間に計算を仕上げさせるという土壇場の攻防で平山を充分追い詰められたし。
思わず拍手しちゃう事務方同様に、遂にやった!ユリイカじゃないですかー!と見るものを高揚させるんですが、そこからのさらなる二転三転の展開もたいへん面白かったです。
戦争は会議室で起きているわけです。
しかし、ほんとうのどんでん返しがこの後で。

この会議から造船研究所みたいな施設での平山の発言は衝撃的でした。
これは、田中泯さんのチカラによるところ大で、無理矢理な軍人の理屈にも圧倒的な説得力がありました。
二千人以上の戦死者を出した悲劇的な、あの、「最後」ではなく、「最期」に繋がりました。
本当に強かだったのは山本五十六のほうで、平山のほうが誠実にみえてしまうという、恐ろしさ。

「日本人は負け方を知らない」。
あの重い言葉がなければ、ロケ場所のせいで「造船は続ける!戦争は止めない!」なんて過ったままになるところでしたわ。

結局は平和のためではなく軍事利用されたわけで、開戦へのうねりに巻き込まれ絡めとられていたのを気付いた時の、菅田さんの演技がなかなかよくて。
言葉が出ないのがよかった。
山本五十六の乗船を向かえる時の呪詛を含んだ目からは、戦時下のエンジニアの真情を考えさせられました。

なんだか、堀越二郎にまでね、思い馳せてしまいました。


菅田さん演じる櫂が公式を板書する場面を設けていて、頭の中にその式が浮かんでいるように見えましたし、型だけではない真実味が感じられました。
(料理人を演じる時の調理中の食材への視線のような)
数学の先生って、直線とか曲線がフリーハンドできれいに書けるじゃないですか。菅田さん、数字だけでなく線も、何百何千回と書いた手慣れた線に見えました。
早口で喋ると滑舌が気になるところもありましたが、そこは軍人ではなく学者さんっぽくて反ってよかったかも。

菅田さんもよかったんですが、相棒となる田中少将役の江本佑さんがとにかく巧かった。
会議中、遂に計算が終わったと立ち上がった時なんて、最高です。
彼は軍人だから、開戦不可避と気付いているだろうし、山本案を採用させるべくの行動だし。櫂の信じている未来と彼の想像している未来は違う。それらをもっての櫂への寄り添い方が絶妙。
きっと原作にもっと深く描かれている田中の背景や性格を表現しているんだろうと思わせました。



映画
by august22moon | 2019-08-31 23:00 | 映画 | Comments(0)

構造主義

d0109373_182237.jpg黄色いTシャツの方々のご準備が始まった日。

















d0109373_187085.jpg待ち合わせの間に「♪ 込み上げる衝動買いが(込み上げる衝動が今 の空耳)」で『ete』さんのレイヤーシリーズのウエーブ。
4月の大仕事に向けてお守り替わりにピンときたリングを手あたり次第に買ってしまったのに。のにのに。
勤務中にも着けやすいかな













用事を済ませたのが、お夕飯にはちょっと早い時間。
どうしようかねーと歩いていて、通りかかったラーメン屋さん『RAMEN LAKAN(ラメンラカン)』さんです。ラカン?羅漢?
いつも通りかかるたびに気になっていたんです。お待ちの椅子も並んでいるほどだから人気店なんだろうと。
この日、ちょうど通りかかった時に、それはそれは香ばしい出汁の香りがしてきまして。
メニュー板の「冷たい煮干しラーメン」にも惹かれて初入店です。
入るとすぐに券売機。初心者緊張の券売機です。まもなく3人のお客さんが入ってみえたので、券売機をお譲りしました。ご常連さんらしく迷いなく素早くボタンを押される。重複メニューの連打も滑らか。おお~

で、われわれは、煮卵トッピングの「冷たい煮干しラーメン」と、「塩ラーメン」。
煮干しラーメンのスープが美味しいですこと。さっぱりして、完食しても罪悪感ない感じ。
空腹でもないから美味しく食べられるかなんて杞憂。するすると食べられちゃいました。
ストレートの細麺はコシが強くて、まるで冷麺。つるつる
塩のスープも出汁がくっきりして美味しゅうございました。
d0109373_19235293.jpg





店内は若々しいオシャレな空間。BGMもなんの曲かわかりませんがオシャレ
スタッフさんもいい感じ。
スープの跳ね防止のエプロンのご用意があるようでお薦めくださったり、他のお客さんにも細かい心遣いをされているのが聞こえてきました。
昨今のラーメン屋さんの特徴ですが、炒飯や餃子がない代わりに唐揚げがありました。次回お腹に余裕があるときには是非。

いやしかし
いろんなラーメンがあるもんですねぇ

by august22moon | 2019-08-27 23:00 | おいしいもの | Comments(0)

夏彩

さて、本年も誕生日がやってまいりました。
お友達からもメッセージをいただいてありがたい一日です。
『ジヴェルニー』さんのアレンジメント。
アンティークアジサイ、トルコキキョウのほか、ルビームーンというマメ系の植物、ダウカス、フジバカマなど秋を感じさせるラインナップ。薄紫色のクレマチスがさり気無く加えられています。
よい眺め。
d0109373_1255722.jpg





バースデーケーキは、『佐野菓子店』さんで用意してくれました。桃のケーキです。
以前よくいただいていた『かつまたケーキ店』さんはクリームが絶品だったのですが、このケーキのクリームが『かつまた』さんにそっくり。甘すぎずでもコクがあるというか・・・
懐かしさとともに美味しくいただきました。カットすると桃がごろごろ。
薄く引かれたラズベリージャムも、桃の瑞々しいさわやかな甘さを邪魔せず、とっても美味しかったです。
d0109373_20451818.jpg





d0109373_16162696.jpgこちら『石ころ屋』さんでシーブルーカルセドニーとペリドットのブレスは自分で自分にプレゼント。他の石を探しに行った時に出会った小さな石がきれいで。
それに誕生石のペリドットを一粒。
サードニックスも誕生石ですが、二十歳の記念にいただいた指輪があるせいか、持ちたいとは思わなくて、ペリドットにしてみました。色合いも合いますし、最近グリーン系にも目が行ってしまいます。あんなにおピンクおばさんでしたのに。

by august22moon | 2019-08-26 23:00 | 出来事 | Comments(0)

水曜日のジョバンニ

水曜の夜のことであります。
富士市にあるケーキ屋さん『佐野菓子店』とカフェと珈琲豆販売の『STERNE』さんがコラボして水曜の夜にだけ開店される『ヨルカフェ』へ初めてうかがいました。
週末ではなく週の真ん中にやるというのも面白いですね。

すでに駐車場はいっぱい。もう満席かなぁ 座れるかなぁ
どきどきしながら階段を上がって行きます。
d0109373_22585927.jpg





d0109373_2305080.jpgさり気無い看板がいい感じ。
駐車場の状態では満席っぽいですけれど、この静寂。
ほんとに営業してるのかしらと訝しくなるほど、物音ひとつ聴こえてきません。












ドアを開けると軽快な音楽が零れて来て、見渡せば店内はほぼ満席。
いろんなデザインの椅子や小さなコーヒーテーブル。
店内装飾は無く、天井のASTREかな?シンプルだけどおしゃれな照明がやさしい灯りを店内に満たしています。
壁に設えられたベンチに座りました。そこだけはテーブルがないので、物静かな『さのかし』オーナーさんが「テーブルがなくて・・・茶店みたいな感じで」
お忙しくテンテコマイなはずなのに、緩やかな空気を纏ってらして。
こちらも穏やかな気分になります。

フロアと厨房を仕切る古材のカウンターでオーダー。
『佐野菓子店』さんのケーキはズコット。いろんな種類の中から洋ナシ入りをチョイス。
もうひとつはクラシックショコラ。
d0109373_2325572.jpg




d0109373_2338473.jpgドリンクは『STERNE』さん。「STERNEブレンド」のホットと、「憂鬱を吹き飛ばせ愛子ブレンド」(ちょっとなにいってるかわからない系)のアイスコーヒーを、特に憂鬱ではありませんでしたがいただいてみました。

持ち帰りでチャイとコーヒーソーダ。


楽しかった~
ごちそうさまでした。

ドアを出ると、お待ちの方々で行列でした。

結局、ケーキやチャイでお腹も満たされてしまい、お夕飯代わりになってなってしまいました。
仕事帰りに遥々ケーキをいただきに行くってなんだか贅沢な夜遊びですこと。

by august22moon | 2019-08-24 23:00 | おいしいもの | Comments(0)

宝石とお面

お祭りに行きました。
三日間のお祭りの最終日です。夕風も涼しいころテクテクお出かけ。
先ず『ビアリッツカフェ』さんでひとやすみしてから、ぶらぶら大社まで
d0109373_2238478.jpg





汗だくで、ワインバー『HATERUMA』さんでレモンスカッシュ。
出店してると必ず買うお好みの『たこやき亭』さんと、最近嵌った「クロワッサンたい焼き屋」を買って。去年頂いて美味しかったあんかけ焼きそばのお店は仕込み中だったので帰りに買いました。
d0109373_2247325.jpg





容器に惹かれて流行りもの。黒くない、しかもストローで吸い込めないタピオカミルクティー。
これなんだろーと挑戦してみた「ハットグ」。韓国のアメリカンドックですね。しかし、衣食べてる感覚しかないのでした。
d0109373_22585573.jpg




8時から大社の大鳥居前で始まる、当番町のしゃぎりの競り合いまでまだだいぶ時間があり再度『ビアリッツカフェ』さんで「チーズとろとろホットドック」。プロセッコと氷入りワインといただきます。おいしかった~
バスクチーズケーキもあったのに、忘れたーんー無念ー
d0109373_23450100.jpg





頃合いもよく、再び大社前へ。思えばよく行ったり来たりしたものですわ
途中、かわいいお店を見かけて遊んでみました。
「宝石すくい」ですって。指輪とかいろんな形のプラスチックを、オタマで掬う遊び。
可愛いリングがあったんでそれをひとつ掬いましたら、お店のかたが「それだけじゃお金貰えないよー」とおまけを入れてくれました。
傍らで覗き込んでいたお子さんに貰っていただきました。いやもうね、驚くほど天使級の可愛さだったものですから。アクアマリンとペリドットですよ~オバサンはこのトパーズリングがあればいいからね~
d0109373_23135087.jpg




他にもガラス細工屋さんで、ブタさん。
お祭りでは食べ物以外興味を示すこともない私が珍しいですこと。

ちょっとお祭りらしいことしてみました。
d0109373_23493069.jpg




大鳥居を超えたところにある階段に立って始まるのを待っていましたら、女性が階段を降ろそうとしていたベビーカートが滑り落ちそうになって一瞬ヒヤリ。手を差し伸べかけたところでなんとか堪えたと思ったのですが、支えきれず再び滑り落ちそうに。素早く男性3人が駆け寄って来て押さえてくださり、無事着地。
階段は5段ほどですが、ひやりとしました~。

ささ、そんなこんなで、始まりました。
2ヶ月前から三島のあちこちで聞こえたシャギリ。
夜間照明もない公園や広場でも稽古をされているところうを通りかかったこともありました。

外国人さんも数人。楽しんでらっしゃるごようすでなにより
d0109373_23344463.jpg




当番町の山車が集う真ん中で、山車部長さんが仕切ってらっしゃいます。
休憩タイムを知らせるのに、時間を確認するのがスマホ、という時代です。
d0109373_23574568.jpg




大社前にミニーちゃんのサンダルの落とし物でーす。
お子さんたちのシャギリ舞台が建てられていたあたりの玉垣に置きました。
d0109373_002429.jpg






途中、プラザホテルでちょこっと涼んでから帰りましたが、
お土産に買ったたこ焼きやクロワッサンたいやきを置き忘れてまた戻り。
やっぱり結局汗だく
 

タイトルのお面は、地面にふたつのお面を置き、それぞれに手を置いて全体重をかけていた2-3歳のお子様が面白かったので。
d0109373_21204591.jpg

by august22moon | 2019-08-20 23:00 | 季節 | Comments(0)

「オリオン座の肩口で」

今年も棚経はお盆入りの2日前。住職によると今年も先週末から棚経に回ってらっしゃるんですって。
前日までにお掃除や買い出し。お花は今年も『ジヴェルニー』さんで。トルコギキョウ、ワックスフラワー等々に、なぜか片方にだけ木苺の葉が添えられているのが面白いさすがアーティストなお作品。おかげで素敵な精霊棚になりました。
灼熱の日々にお供えは出しっぱなしにもできないので夜になると冷蔵庫に収めてます。
でもお花は水揚げをよくする鮮度保持剤を入れるくらいしかできません。

住職さまが棚経にお越しくださるのが、14時~16時。
30分くらい早くいらしたこともあるので、例年、13時過ぎたらスタンバイです。
最近は予定の2~30分過ぎにはいらしてたのに、今年は15時30分到着。
ウトウトしかけた頃でした。
d0109373_20122848.jpg






で、入り日前日ですがお参りツアー。
親戚のお寺は桜の巨木がちょうど木陰をつくってくれていますが、ウチのお寺と祖父母のお寺は炎天下。曇りがちで風もありましたが、やっぱり汗だく。
『喫茶リマ』さんで涼んで帰るのでありました。
d0109373_20142268.jpg




d0109373_15581078.jpg





お花は毎日お水を替えて保持剤を入れたら、右側のトルコききょうや他も少しは萎れちゃいましたけど、ほぼほぼ持ちました。
で、15日にラベンダー色のトルコききょうを足しました。
d0109373_160163.jpg






タイトル : 先月亡くなったルトガー・ハウアーを世界に知らしめたと言っても過言ではないロイ・バッテイの最期の言葉、「Tears in Rain モノローグ」もしくは「Cビームスピーチ」から。(ペルセウス流星群の時期ですが)
部分的には詩のよう。
「I've seen things you people wouldn't believe.
 Attack ships on fire off the shoulder of Orion.
 I've watched c-beams glitter in the dark near the Tannhäuser Gate.
 All those ... moments will be lost in time, like tears...in rain. Time to die」

by august22moon | 2019-08-17 23:00 | 季節 | Comments(0)

片淵須直監督作 『この世界の片隅に』NHK放映

d0109373_17275561.jpgだいぶ前に日本映画専門チャンネルだったかのCSで見たんですが、中抜けで。今回ようやく全編拝見。

これはとにかく原作が素晴らしいんでしょうね。
戦争の悲劇を描いた作品は数あれど、なぜこんなに注目を浴びたか。若いひとたちにも共鳴したのは、すず役の能年玲奈さんのキャラクターとあまりにぴったり嵌っていたことばかりではないでしょう。
テンポがとてもよくて、あちゃーとかあれぇとか反応するやいなやポンポン画面も時間も移っていく。
すずが不慣れな天秤棒で周囲のひとたちに当ててしまう場面は、別のアニメ作品になったかのよう。ド根性カエルみたいで爆笑場面にしています。
昏い筈の戦前から戦後の時代をコミカルに描写したのが、惹きつけたのかも。
それが後半の、この世界の片隅で慎ましく生きているなんの罪もない人々が等しく傷つけられた地獄を、より鮮烈にさせます。


姪とともに片腕まで奪われるという残酷な運命が衝撃的ですが、近所の家の軒先に行き倒れていた兵士が、広島から徒歩で逃げてきたその家の息子だったと後々分かるというエピソードがあまりに痛烈でした。
広島で出会った女の子の運命もあまりに辛いのですが、同じ右腕の記憶からその子が思わず抱きついてくるのは、すずに出会えてよかったと安堵させます。
見ず知らずの孤児に家族みんなが、奪われた晴美が戻ってきたように受け入れるのが、心の持ちようでしか立ち直れない哀しさを感じました。
とにかく風呂へと慌てる家族の中で、すずが「最後のほうがいいでしょう」と、相変わらずの大らかな口調で言うのがよかった。




映画
by august22moon | 2019-08-11 23:00 | 映画 | Comments(0)

ジョシュ・クーリー監督作『トイストーリー4』

d0109373_1653072.jpgこのシリーズで初めてスクリーンで見ました。
夏休み満喫中のお子たちで賑やかです。

字幕版は時間的に合わず吹替版でしたが、まあ、戸田恵子さんの巧いこと。
アニメの細かい動きに寸分違わずお見事な表現で、ボーに命を吹き込んでいます。

ボイスボックスをあげるというエピソードはしみじみといいお話ですが、ギャビーギャビーの当初の振る舞いとお付きの腹話術人形がホラーなんですけど、お子さまたちは大丈夫でしょうか。

意外な展開のラストは、好みが分かれるところでしょうが、長年その成長を見守ってきたご主人を失った喪失感がずっと心の底に在ったということなんでしょうか。
忠誠心を信条としてきたおもちゃが新しい「ストーリー」を自分で選んだというファンタジーらしいラストでした。
キャンピングカーのサイドオーニングに乗ってしまう場面では、そのまま仲間のところに戻っちゃうってことになるのかと思いきや、でしたけど。

「3」ほど衝撃的ではないけれど、楽しいおはなしでした。
とにかく表情や仕草が繊細で的確で、おもちゃたち活き活き。

こうゆうおはなしをみていると、誰もが子供のころに遊んだおもちゃや人形のことを思い出すんでしょうねぇ


映画
by august22moon | 2019-08-06 23:00 | 映画 | Comments(0)


出会った本、映画の感想。日々のこと。


by august22

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
はじめまして
おいしいもの
観劇
季節
読書
映画
出来事
音楽
お買い物
テレビ
スポーツ
ラジオ
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

フォロー中のブログ

うちの食卓 Non so...
La chambre v...
時の花をかざしに
ビスケットの缶
雨の匂い
お茶の時間
ナムルのしっぽ
貧しきねこのかんづめ
ほんとはいいたかったこと...
ひびのきおく
貧しきねこのかんづめⅡ
ぐうたらチャコの楽しい毎日
おひとりさまの食卓plus
雑貨とカフェ ロバギター
emilog**

エキサイト以外のブログ

最新のコメント

naka0730さん、コ..
by august22moon at 12:50
こんにちはーԅ..
by naka0730 at 07:56
NK様、コメントをありが..
by august22moon at 23:00
初めてコメントさせていた..
by NK at 06:08
お忙しいところ、コメント..
by august22moon at 19:48
> frannyさん ..
by august22moon at 23:24
鍵コメ様 コメントありが..
by august22moon at 00:08
naka様、コメントあり..
by august22moon at 20:27
こんばんは。 先日はロ..
by naka0730 at 21:09

ファン

ライフログ


るきさん


黄色い本 (アフタヌーンKCデラックス (1488))


棒がいっぽん (Mag comics)


AKIRA(4) (KCデラックス 14)


ポーの一族 II 萩尾望都Perfect Selection 7 (フラワーコミックススペシャル)


半神 (小学館文庫)


百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)


天然コケッコー 1 (集英社文庫―コミック版)


半島を出よ (上)


予告された殺人の記録


葬られた夏―追跡下山事件


謀殺 下山事件 (新風舎文庫)


闇からの谺―北朝鮮の内幕〈上〉 (文春文庫)


ゴドーを待ちながら


破獄 (新潮文庫)


白夜を旅する人々 (新潮文庫)


容疑者の夜行列車


幻の光 (新潮文庫)


マイケル・ジョーダン リバウンド (文春文庫)


メキシコの青い空―実況席のサッカー20年


北の人名録 (新潮文庫)


変身 (角川文庫)


こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)


とん ことり (こどものとも傑作集)


きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)


サーカス! (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)


花の妖精たち (アルファベット)


フラワーフェアリーズ  (花の妖精たち 愛蔵版)


賢者のおくりもの


友だちのうちはどこ? [DVD]


ポネット [DVD]


イル・ポスティーノ [DVD]


リトル・ダンサー コレクターズ・エディション [DVD]


ディレクターズカット JFK 特別編集版 [DVD]


ダラスの熱い日 [VHS]


大統領の陰謀 [VHS]


ベニスに死す [DVD]


ヒート プレミアム・エディション [DVD]


裏窓 [DVD]


シックス・センス コレクターズ・エディション [DVD]


バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 3 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD]


普通の人々 [DVD]


A.I. [DVD]


ジュリア [DVD]


アルゴ [DVD]


セブン・イヤーズ・イン・チベット [Blu-ray]


ER 緊急救命室 I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]


ゆれる [DVD]


かもめ食堂


スウィングガールズ スペシャル・エディション [DVD]


金融腐蝕列島 呪縛 [DVD]


蜘蛛巣城 [DVD]


すいか DVD-BOX (4枚組)


野ブタ。をプロデュース DVD-BOX


『Q10』DVD-BOX


やっぱり猫が好き(1) [DVD]


The World of GOLDEN EGGS Vol.01 [DVD]


Story of My Life


A Horse With No Name & Other Hits

検索

記事ランキング

ブログジャンル

映画
本・読書